2019年5月15日投稿
13 views

ボトル交換が楽なウォーターサーバーは? 比較・ランキング

ウォーターサーバーの導入を考えている方も、すでにウォーターサーバーを契約している方も、ボトル交換の大変さに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

メーカーや機種によって、ウォーターサーバーのボトル交換の方法も大きく違ってきます。

  • ボトル交換が大変な時、どうすればいい?
  • ボトル交換が楽なウォーターサーバーを教えてほしい

そんな悩みをお持ちの方はぜひこの記事を参考にしてください。

ウォーターサーバーのボトル交換を楽にするには?

多くのウォーターサーバーは、12Lの水ボトルを採用しています。12Lというと重さにして12キログラムになります。

つまりウォーターサーバーのボトル交換とは、スーパーで売っているお米10キロより重い物を胸くらいの高さに持ち上げ、サーバーに取り付ける作業です。

一般的な男性ならできるでしょうが、力のない女性やお年寄りにとっては非常に重労働になります。


水田さん

ボトル交換を楽にする方法ってないのかしら?

水ナビ先生

もちろんあります。順番に解説していきますね。

12Lボトルよりも軽量ボトル

多くのウォーターサーバーは12Lボトルを採用していますが、10L以下の軽量ボトルも出している場合があります。

たとえばアルピナウォーターの場合。

8L 12L
780円(500mlあたり43.8円) 1,050円(500mlあたり43.8円)
ワンウェイボトル リターナブルボトル

12Lのボトルの他にも8Lのボトルも選ぶことが可能です。軽量ボトルの方が割高になるものの、ボトル交換は断然楽です。

8Lでも重いと感じるなら、フレシャスやアクアクララを選べば7Lボトルが利用できます。

軽量ボトルのデメリット
交換が楽になる軽量ボトルですが、デメリットもあります。軽量ボトルは水の容量が少ないため、頻繁にボトル交換が必要になってしまうのです。

軽量ボトルのメリット・デメリット

  軽量ボトル 12Lボトル
メリット 軽いためボトル交換が楽 割安
水が多いため頻繁に交換しなくていい
デメリット 12Lボトルより割高
水がすぐなくなるため頻繁に交換が必要
重いためボトル交換が大変

ボトル下置きウォーターサーバーならボトル交換が楽

ほとんどのウォーターサーバーはボトルをサーバーの上部に装着するタイプです。これだと、重いボトルを胸の高さくらいまで持ち上げて交換しなければなりません。

これでは交換の作業が大変ということで、最近はボトル下置き(足元交換)タイプのウォーターサーバーが出ています。

ボトル下置きタイプなら、交換のたびに水ボトルを持ち上げずに済み、交換が楽です。

下の動画が、ボトル下置きタイプのボトル交換の様子です。

ボトル下置きタイプのデメリット
ボトル下置きタイプのデメリットとして挙げられるのは、まず水の汲み上げ音がすることです。水がサーバー下部にあるため、ポンプで水をくみ上げなければならないからです。

ただ、これは水を汲んだ後に鳴る音なので気になるという方は少ないでしょう。 もう一つのデメリットは、災害などで停電になった際、水が出なくなるということです。

ボトルが上にある場合は重力で水を出すタイプも多く、電気がなくても水が出ますが、水を下からくみ上げる必要のあるボトル下置きタイプは、電気が切れると動かなくなります。

 

ボトル下置きタイプのメリット・デメリット

  ボトル上置きタイプ ボトル下置きタイプ
メリット 停電時も使える
水の汲み上げ音がしない
ボトル交換が楽
デメリット ボトル交換が大変 停電時は使えなくなる
水の汲み上げ音がする(音に敏感な人は気になる可能性あり)

パック式のウォーターサーバーもおすすめ

現在出ているウォーターサーバーのほとんどはボトル式のものです。そのため、人によってはサーバーとボトルを接続する作業が煩わしく感じられるかもしれません。

そんな人におすすめなのはパック式のウォーターサーバーです。パックの中に水が入っており、そのパックを取り換えることで水を交換するタイプです。サーバーとボトルを接続する必要がないため楽に交換できます。

まだそこまで豊富な種類が出ているタイプではありませんが、フレシャスの特定機種やキララのウォーターサーバーがパック式になります。

水道直結型ウォーターサーバーならボトル交換いらず

「ボトル交換をすること自体が面倒」と感じる方は、水道直結型のウォーターサーバーがおすすめです。水道直結型のウォーターサーバーは、水道水をろ過して綺麗な水に変えるタイプのウォーターサーバーです。

そのため浄水器とウォーターサーバーの中間のようなものと考えるといいでしょう。

水は水道水を使うため、水代がかからないこともこのタイプのウォーターサーバーのポイントです。

定額制ウォーターサーバーになるため、特に水を多く使う家庭などにはおすすめになります。

水道直結型ウォーターサーバーのデメリット
水道直結型ウォーターサーバーで利用されているろ過方式の多くは、浄水器と同じか、もしくは少し浄水能力の高い方式になります。

もちろん味や安全性には問題ありませんが、宅配水のメーカーと比べると水へのこだわりという点では物足りなく感じるでしょう。 (※サーバーレンタル料の高いものだと、RO水を飲める機種もあります)

また、サーバーレンタル料が高いため水の使用量がそこまで多くないと、かえって損になることもあります。

 

水道直結型ウォーターサーバーのメリット・デメリット

  宅配水ウォーターサーバー 水道直結型ウォーターサーバー
メリット こだわりの天然水やRO水が飲める ボトル交換が不要
定額制で水が飲み放題
デメリット ボトル交換が必要
水を使えば使うほど料金が高くなる
水のクオリティは宅配水ほどではない
レンタル料が高いため、水の使用量が少ないとかえって損

ウォーターサーバーをボトル交換で比較!

「ボトル交換が楽」という観点からウォーターサーバーを徹底的に比較し、おすすめを紹介していきます。

まずは比較表をご覧ください。

ウォーターサーバー31機種比較・ボトル交換の楽さ

メーカー/機種 外観 交換の楽さ ボトル位置 ボトル容量
コスモウォーター/smartプラス 下置き 12L
ワンウェイウォーター/smart 下置き 12L
アクアクララ/アクアウィズ 7Lボトル:◎
12Lボトル:◎
下置き 7L 
12L
アクアクララ/アクアファブ 7Lボトル:◎
12Lボトル:△
上置き 7L
12L
アクアクララ/アクアアドバンス 7Lボトル:◎
12Lボトル:△
上置き 7L
12L
アクアクララ/アクアスリム 7Lボトル:◎
12Lボトル:△
上置き 7L
12L
プレミアムウォーター/cado 7L:◎
12L:◎
下置き 7L
12L
プレミアムウォーター/amadanaウォーターサーバー 7L:◎
12L:△
上置き 7L
12L
プレミアムウォーター/amadanaスタンダード 7L:◎
12L:△
上置き 7L
12L
プレミアムウォーター/スリムサーバーⅢ 7L:◎
12L:△
上置き 7L
12L
フレシャス/Slat 下置き 9.3L
フレシャス/dewo 上置き 7.2L
※パック方式
フレシャス/dewo mini 4.7L
※パック方式
フレシャス/サイフォンプラス 上置き 7.2L
※パック方式
キララ 上置き 7.2L
※パック方式
サントリー天然水 上置き 7.8L
アルピナウォーター/スタンダード 8Lボトル:〇
12Lボトル:△
上置き 8L
12L
18.9L
アルピナウォーター/エコサーバー 8Lボトル:〇
12Lボトル:△
上置き 8L
12L
18.9L
ピュアハワイアンウォーター/スタンダード 8Lボトル:〇
12Lボトル:△
上置き 8L
12L
ピュアハワイアンウォーター/エコサーバー 8Lボトル:〇
12Lボトル:△
上置き 8L
12L
アクアセレクト/アクアセレクトライフ 上置き 8L
クリクラ/スタンダード 6L:◎
12L:△
上置き 6L
12L
クリクラ/省エネサーバー 6L:◎
12L:△
上置き 6L
12L
うるのん/スタンダード 上置き 12L
うるのん/スタイリッシュ 上置き 12L
うるのん/Grande 上置き 12L
ワンウェイウォーター/スタイリッシュ(卓上) 12L
ワンウェイウォーター/お掃除ロボット付きAcro 上置き 12L
信濃湧水/スタンダード 上置き 12L
信濃湧水/エコサーバー 上置き 12L
アクアセレクト/アクアセレクトサーバー 上置き 12L

この表も踏まえた上で、ボトル交換が楽なウォーターサーバーをタイプ別に紹介していきます。

おすすめのボトル下置きウォーターサーバー

ウォーターサーバーは数多くラインナップされていますが、ボトル下置きの機種は意外と少なく、まだ全部で5機種しか出ていません。

下がその比較表になります。

ボトル下置きのウォーターサーバー比較表

メーカー/機種 外観 交換の楽さ ボトル位置 ボトル容量
コスモウォーター/smartプラス 下置き 12L
フレシャス/Slat 下置き 9.3L
プレミアムウォーター/cado 下置き 12L
ワンウェイウォーター/smart 下置き 12L
アクアクララ/アクアウィズ 7Lボトル:◎
12Lボトル:◎
下置き 7L
12L

おすすめその1 コスモウォーター/smartプラス

交換の楽さ
ボトル位置 下置き
ボトル容量 12L
ボトルのタイプ ワンウェイ方式(使い捨て)
サーバーレンタル料 無料
水の料金
(500mlあたり)
79.2円

コストと機能のバランスが非常にいいのがコスモウォーターの特徴です。ボトル下置きのウォーターサーバーはレンタル料がかかる場合が多いですが、コスモウォーターは無料で借りることが可能です。

省エネモードやクリーン機能が搭載されており、チャイルドロックは3段階あるので小さな子どものいる家庭にもおすすめです。

サーバーはデザイン性が高く、グッドデザイン賞を受賞しています。おしゃれなサーバーを探している方にもおすすめです。

コスモウォーター/smartプラスのおすすめポイント

  • ボトル下置きのウォーターサーバーが無料で借りられる
  • 省エネモード、クリーン機能など、欲しい機能はそろっている
  • 3段階チャイルドロックで子どもがいても安全

おすすめその2 フレシャス/Slat

交換の楽さ
ボトル位置 下置き
ボトル容量 9.3L
ボトルのタイプ ワンウェイ方式(使い捨て)
サーバーレンタル料 900円or条件付き無料
水の料金
(500mlあたり)
80.2円

フレシャスのSlatは最新機能が詰まったウォーターサーバーです。

エコモード(4段階温度調節)や自動クリーン機能はもちろん、再加熱機能、常温水機能</span>まで付いています。レンタル料はやや高くなるものの、サーバーに対する満足感は非常に高くなるでしょう。

またそれだけでなく、<span class="font-red">ボトル位置が下であるのに加えて10キロ以下の軽量ボトル</span>である点もポイントです。そのため、今あるウォーターサーバーの中でもトップクラスで楽にボトル交換ができます。

フレシャス/Slatのおすすめポイント

  • ボトル下置きの上に9.3Lの軽量ボトル
  • デザイン性が高く高機能なウォーターサーバー
  • 常温水の機能が使える数少ないウォーターサーバー

おすすめその3 プレミアムウォーター/cado×PREMIUM WATER

交換の楽さ
ボトル位置 下置き
ボトル容量 12L・7L(PREMIUM3年パック)
ボトルのタイプ ワンウェイ方式(使い捨て)
サーバーレンタル料 1,000円
水の料金
(500mlあたり)
12L:76.7円
7L:117.1円

プレミアムウォーターのcadoも高機能なボトル下置きサーバーとして人気です。エコモードとクリーン機能はもちろんのこと、再加熱や4段階温度調節機能もあります。

さらに操作はタッチパネル式で、非常にスタイリッシュな外観です。

また3年契約を選べば12Lボトルが76.7円と安く利用でき、7Lボトルまで使うことができます。ボトル下置きの上に7Lとなると、ボトル交換は非常に楽になります。

cado×PREMIUM WATERのおすすめポイント

  • 3年契約すれば7Lボトルが使えて、ボトル交換がさらに楽
  • デザイン性が高く高機能なウォーターサーバー
  • タッチパネル操作のスタイリッシュな見た目

おすすめの軽量ボトルのウォーターサーバー

軽量ボトルを選べば、ボトル交換は楽に行えます。だいたい10L以下なら軽量ボトルと言え、交換が楽になるでしょう。

多くのメーカーが出しており、7Lのものから8Lのものまであるので、自分に合ったものを選びましょう。

軽量ボトルのウォーターサーバー比較表

メーカー/機種 外観 交換の楽さ ボトル位置 ボトル容量
アクアクララ/アクアウィズ 7Lボトル:◎
12Lボトル:◎
下置き 7L
12L
アクアクララ/アクアファブ 7Lボトル:◎
12Lボトル:△
上置き 7L
12L
アクアクララ/アクアアドバンス 7Lボトル:◎
12Lボトル:△
上置き 7L
12L
アクアクララ/アクアスリム 7Lボトル:◎
12Lボトル:△
上置き 7L
12L
プレミアムウォーター/cado 7L:◎
12L:◎
下置き 7L
12L
プレミアムウォーター/amadanaウォーターサーバー 7L:◎
12L:△
上置き 7L
12L
プレミアムウォーター/amadanaスタンダード 7L:◎
12L:△
上置き 7L
12L
プレミアムウォーター/スリムサーバーⅢ 7L:◎
12L:△
上置き 7L
12L
フレシャス/Slat 下置き 9.3L
フレシャス/dewo 上置き 7.2L
※パック方式
フレシャス/dewo mini 4.7L
※パック方式
フレシャス/サイフォンプラス 上置き 7.2L
※パック方式
キララ 上置き 7.2L
※パック方式
サントリー天然水 上置き 7.8L
アルピナウォーター/スタンダード 8Lボトル:〇
12Lボトル:△
上置き 8L
12L
アルピナウォーター/エコサーバー 8Lボトル:〇
12Lボトル:△
上置き 8L
12L
ピュアハワイアンウォーター/スタンダード 8Lボトル:〇
12Lボトル:△
上置き 8L
12L
ピュアハワイアンウォーター/エコサーバー 8Lボトル:〇
12Lボトル:△
上置き 8L
12L
アクアセレクト/アクアセレクトライフ 上置き 8L
クリクラ/スタンダード 6L:◎
12L:△
上置き 6L
12L
クリクラ/省エネサーバー 6L:◎
12L:△
上置き 6L
12L

おすすめのその1 フレシャス/dewo

交換の楽さ
ボトル位置 上置き
ボトル容量 7.2L
水容器のタイプ ワンウェイ方式(使い捨て)
パック式
サーバーレンタル料 500円or条件付き無料
水の料金
(500mlあたり)
79~81円(採水地による)

フレシャス デュオの最大の特徴は、水の容器がボトルではなくパック式だということです。そのため水交換の作業は、パックをサーバーに入れてボタンを押すだけ。ボトル式とちがって接続する手間がありません。

またパック式の利点として、ゴミがかさばらないことも挙げられます。ビニールのパックなので小さく折りたたんで捨てることができます。

またデザインにもこだわりがうかがえ、グッドデザイン賞を受賞しています。

  • 交換が楽なパック式の水容器
  • パック式だからゴミがかさばらない
  • デザイン性も高いウォーターサーバー

おすすめその2 クリクラ

交換の楽さ
ボトル位置 上置き
ボトル容量 12L・6L
ボトルのタイプ リターナブル方式(要返却)
サーバーレンタル料 無料(省エネサーバーは初回費用7,000円)
水の料金
(500mlあたり)
12L:52.1円
6L:66.7円

クリクラはRO水のウォーターサーバーのため、水代が安いのが特徴です。軽量ボトルの方が当然水は割高になります。それでも500mlあたりの価格が66.7円というのは非常に安く、利用しやすい値段です。

デメリットとしては、リターナブル方式のため使用済みのボトルを取っておかなければなりません。しかしゴミが出ないと考えればメリットとも言えます。

  • RO水だから水の料金が安い
  • 6Lと非常に軽量のボトルで交換がしやすい
  • リターナブル方式だからゴミが出ない

おすすめその3 アクアクララ

交換の楽さ
ボトル位置 アクアウィズ:下置き
その他の機種:上置き
ボトル容量 12L・7L
ボトルのタイプ リターナブル方式(要返却)
サーバーレンタル料 1,000円~1,500円
水の料金
(500mlあたり)
12L:50円
6L:64.3円

アクアクララは12Lボトルとは別に7Lボトルも選ぶことができるウォーターサーバーです。クリクラと同様、RO水のため水代が安く済むのがポイントになります。

サーバーレンタル料が1,000円~1,500円かかりますが、これは「あんしんサポート料」となっており、メンテナンス料も含まれているため安心できます。

また豊富な機能・デザインのウォーターサーバーを取りそろえているのもアクアクララの特徴です。自分にぴったりの機種を選びたいという方にもおすすめです。

  • RO水だから水代が安く済む
  • 様々な機能・デザインの豊富なラインナップから選ぶことができる

おすすめの水道直結型ウォーターサーバー

ボトル交換を楽にしたいなら、水道直結型のウォーターサーバーも選択肢に入ってくるでしょう。ウォーターサーバー自体にろ過する機能が付いており、水道水を綺麗な水に変えてくれるためボトル交換も不要です。

おすすめのその1 ウォータースタンド/ナノラピア ネオ

サーバーレンタル料:3,980円

ウォータースタンドは水道直結型ウォーターサーバー(定額制ウォーターサーバー)の人気メーカー。中でもナノラピア ネオは機能の高さ、コンパクトさ、レンタル料金の安さなどで人気のようです。

ウォータースタンドのろ過システムでは静電気吸着式が採用されており、他の水道直結型ウォーターサーバーよりも浄水能力が高いようです。

またウォータースタンドは機種の豊富さも特徴の一つです。まだ水道直結型ウォーターサーバーの種類が少ない中、このラインナップの多さは間違いなく魅力の一つです。自分にぴったりのものが見つけやすいでしょう。

おすすめその2 ダイオーズ/Purestピュレスト

サーバーレンタル料:2,980円~(RO膜タイプ:3,980円)

ダイオーズは定額制だけでなく宅配水のウォーターサーバーも扱っている大手のウォーターサーバー会社。それだけに、大手ならではの安心感があります。

ピュレストは温水・冷水機能はもちろん、再加熱機能も付いている優れもの。いつでも熱湯が使えて、水も使い放題なのでカップラーメンを作るなどちょっとしたことにも活躍します。

Q&A

ボトル交換の手順は?


水田さん

ボトル交換の手順を教えて

水ナビ先生

ボトル交換の手順は機種によって異なりますが、大まかには同じです。ボトル式のウォーターサーバーとパック式のウォーターサーバーに分けて説明しますね。

ボトル式ウォーターサーバーの場合

①空になったボトルを取り出す

まずは空になったボトルを取り出す必要があります。その際、ボトルの差込口を軽く拭くなど掃除するといいでしょう。毎回する必要はありませんが、時々掃除すると衛生的に使えます。水が直接触れる部分になるため、ここが汚れていると水の味が劣化したりします。

②ボトルの蓋に貼ってあるシールをはがす

ボトルの蓋に貼ってあるシールを必ずはがしましょう。これがはがれていないとうまく接続できないため、はがし忘れることはないと思いますが、しっかりと確認しておきましょう。

③ボトルを差し込み口に接続する

ボトルを差込口にセットします。

ボトル上置きのタイプの場合、うまくセットするコツはまっすぐに接続することです。ボトルが斜めになっていたりすると、うまくはまらないことになってしまいます。

ボトル下置きの場合は、ボトルをきちんと奥まで押し込みましょう。

パック式ウォーターサーバー(フレシャス dewo)の場合

①ウォーターパックが空になるまで水を出し続けてください。

②UNLOCKボタンを、UNLOCKランプが点灯するまで長押しします。

③NEEDLEボタンを長押しして、ウォーターパックからニードルを抜きます。ニードルが抜けるとNEEDLEランプが消灯します。

④ホルダーのふたを開け、空になったパックを外します。その後、ホルダー内を清潔な布などで拭いて、水気を取りましょう。

⑤新しいウォーターパックをセットし、ホルダーのふたを閉じてUNLOCKボタンを長押しします。

⑥UNLOCKランプが点滅するのを確認してから、続いてNEEDLEボタンを3秒長押しします。

⑦ウォーターパックにニードルが刺さったことを確認したら終了です。

空ボトルが邪魔にならないウォーターサーバーって?


水田さん

ボトル交換の後、空のボトルが邪魔にならないウォーターサーバーがいいわ。

水ナビ先生

それならワンウェイ方式のボトルを採用しているウォーターサーバーがおすすめですよ。ワンウェイボトルは使い捨て方式のボトルになるため、使い終わったらすぐに潰して捨てることが可能です。

また、フレシャスのようにパック式の水容器を採用しているところを選べば、ゴミがかさばらなくてさらに便利です。

新着記事


人気ランキング

コスモウォーター

天然水宅配No.1!累計出荷台数100万台超!グッドデザイン賞受賞の高機能サーバー!口コミ評価◎キャンペーンあり!

プレミアムウォーター

おしゃれママから高評価!豊富なサーバーバリエ、ママ向けプラン、選べる天然水に注目。新規契約プレゼントも!

アクアクララ

宅配水の超定番!誰もが好む独自製法のRO水が好評!サーバー種類も充実!低価格だから家庭・法人どちらにも。


PAGE TOP