2019年5月1日投稿
49 views

定額制ウォーターサーバーは本当にお得か? メリット・デメリット

ウォーターサーバーの契約を考えているものの、水代が高くなりそうで不安な方。あるいは現在契約中で、コストの高さに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そんなニーズに答えて出てきたのが、定額制ウォーターサーバーです。定額制ウォーターサーバーを検討中の方のために、宅配水のウォーターサーバーと比較し、解説していきます。

  • 定額制ウォーターサーバーって本当にお得なの?
  • 普通のウォーターサーバーや浄水器とはどう違う?
  • おすすめの定額制ウォーターサーバーを教えてほしい

定額制ウォーターサーバーとは、基本的に月々のサーバーレンタル料金のみで利用できるウォーターサーバーのことです。水道水を利用するタイプのウォーターサーバーなので、水代はかかりません。

定額制ウォーターサーバーには、利用料金が安いことをはじめ、様々なメリッ利用料金が安いトがありますが、意外と知られていないデメリットもあるのです。

定額制ウォーターサーバーを契約する上でぜひとも知っておきたいメリット・デメリットを解説していきます。また、おすすめの定額制ウォーターサーバーも比較・紹介していくのでぜひ参考にしてください。

定額制のウォーターサーバーとは?


水田さん

定額制ウォーターサーバーって、他の一般的なウォーターサーバーとはどう違うの?

水ナビ先生

一般的な(定額制でない)ウォーターサーバーは“宅配水のウォーターサーバー”であり、毎月水の入ったボトルを送ってくれます。宅配水の場合は、使用した水ボトルの本数に従って料金が発生します。

プレミアムウォーターやコスモウォーター、アクアクララなどがそうです。 それに対して定額制のウォーターサーバーは、水道水を利用するため水の料金がかからず、月々の支払いはサーバーレンタル料金のみになります。

ダイオーズやウォータースタンド、楽水ウォーターサーバー、CoolQoo(クールクー)などが有名ですね。

定額制ウォーターサーバーの最大の魅力は、どれだけ水を使ってもサーバーレンタル料金だけで済むという点です。他にかかるのは水道料金と電気代のみです。

ここで、定額制ウォーターサーバーと定額制でない(宅配水の)ウォーターサーバーを比較してみましょう。

  定額制ウォーターサーバー 宅配水ウォーターサーバー
水代 水道料金のみ 天然水(500ml):80円前後が相場
RO水(500ml):50円前後が相場
サーバーレンタル料 高い(2,980円~) 安い(無料の場合も多い)
初期費用 かかる場合が多い 不要
ボトル交換 給水タンク型:必要
水道直結型:不要
必要
フィルター交換 必要 不要
水の種類 RO水(純水のみ)
浄水
天然水
RO水(純水・ミネラルウォーター)
冷水・温水機能 あり あり


水ナビ先生

ご覧のとおり、定額制ウォーターサーバーは
“水代がかからない”
“ボトル交換が不要”
などのメリットがある反面、
“水の種類が少ない”
“サーバーレンタル料が高い”
“初期工事費用がかかる場合が多い”
といったデメリットもあります。
メリット・デメリットについてはまたくわしく解説していきます。

水道直結型と給水タンク型について

定額制ウォーターサーバーには、水道管直結型のウォーターサーバーと、給水タンク型のウォーターサーバーの2種類があります。

水道管直結型

水道管から直接水を給水するタイプのウォーターサーバーです。自動で給水してくれるのでボトル交換などは必要なくなります。

定額制ウォーターサーバーとしては、こちらの方が一般的です。 水道管直結型のデメリットとしては、設置の際に工事費用がかかる場合があること、水道から離れた場所に設置することができないことです。

また、設置場所を変更する際には再度工事が必要になります。 (工事と言っても、水道から分岐する管を取り付けるものなのでそこまで大がかりではありません)

給水タンク型

リターナブル方式(返却方式)のボトルは、使用済みのボトルを家にためておかなければなりません。ワンウェイ方式(使い捨て方式)のボトルなら、使用済みのボトルはすぐ潰して捨てることができ、邪魔になりません。

浄水器との違いは? RO膜と中空糸膜(ちゅうくうしまく)について


水田さん

ところで定額制ウォーターサーバーって、浄水器となにが違うの?

水ナビ先生

ポイントはサーバーの機能水の種類です。

サーバーの機能については簡単で、ウォーターサーバーの場合は温水と冷水がいつでも使えます。また、機種によっては常温水も使えます。

もちろん、チャイルドロック付きです。 水の種類の違いについては、大事なところなのでじっくり説明していきますね。

定額制ウォーターサーバーの水には2種類ある


定額制ウォーターサーバーの水の種類には、大きく分けてRO膜(逆浸透膜)によってろ過されたRO水(純水)と、中空糸膜などの技術によってろ過された浄水(普通の飲料水)の2種類があります。


水ナビ先生

RO膜(逆浸透膜)は、非常に強力な浄水フィルターです。よく「牛乳や海水からも真水を作れる」と紹介されている技術ですね。

RO膜は、水道水に含まれる塩素・カルキ、その臭いなどはもちろん、ミネラルや味まで取り除き硬度0に近い水にまでろ過します。いわゆるピュアウォーター(純水)です。

中空糸膜は浄水器でも利用されている技術ですから、中空糸膜を使っているタイプの定額制ウォーターサーバーの水は、基本的に浄水器の水と同じです。

ネットの記事を見ていると、定額制ウォーターサーバーの水はすべてRO水であるかのような記述も見られますが、実はそれは誤りです。正確には、RO膜を利用した定額制ウォーターサーバーのみがRO水を飲めるウォーターサーバーになります。

RO膜の特徴は、ほとんど無味無臭で誰でも飲みやすい飲料水が作れることです。また、水以外のほぼすべての物質を取り除くため、きわめて安全性が高いのも特徴です。

ただし、RO膜はコストが高くなります。定額制ウォーターサーバーでも、RO膜のタイプは中空糸膜のタイプより、約1,000円かそれ以上かかります。

中空糸膜とRO膜の料金の違い

ダイオーズの場合、中空糸膜タイプが月額2,980円であるのに対し、RO膜タイプは3,980円です。

また、RO膜の仕組みの問題として、水をろ過するたびに排水が出てしまうのです。排水の量は、純水1Lに対しておよそ2~3Lになります。つまり、RO膜のウォーターサーバーを使う場合、水道料金は2~3倍になると考えてください。

ここで、中空糸膜とRO膜の特徴をまとめておきましょう。

  中空糸膜 RO膜(逆浸透膜)
水の種類 ミネラルを含む浄水 純水
コスト 安い 高い
排水 なし あり(純水1Lに対して2~3L)

定額制ウォーターサーバーのメリット


水ナビ先生

定額制ウォーターサーバーについて一通り分かってきたところで、メリットをまとめていきます。

水の使用量をあまり気にしなくていい

何度も述べてきたように、定額制ウォーターサーバーの水の料金は水道代のみです。

そのため水を惜しまずに使いやすいということが言えます。RO膜のタイプのウォーターサーバーは排水が出るため水道代が2~3倍になりますが、それでも宅配水の値段よりは圧倒的に安くなります。

(宅配水のRO水のおおよその相場は、500mlあたり50円前後です)

そのため定額制ウォーターサーバーの水は、様々な用途で使うことができます。

お米を研いだり、炊いたりする

質の良い水で炊飯をすると、お米の味がおいしくなったり、ふっくら炊き上がったりします

料理に使う

定額制ウォーターサーバーはすべて軟水ですから、出汁をとったりする和食には向いています。

素材の味を活かす料理にもうってつけです。 温水・冷水がすぐに出ますから、時間短縮にもなります。

コーヒーや紅茶などを作るう

すぐに温水が出てくるため、手早く作れます。

カップ麺、インスタント食品に使う

宅配水のウォーターサーバーで天然水ともなると、値段が高くなるのでカップ麺に使うのには少しもったいないと感じることも。定額制ウォーターサーバーなら気兼ねなく使えます。

赤ちゃんのミルクを作る

すぐに温水が出るため、非常に調乳がしやすくなります。もちろん水はろ過されているので安心です。そのため赤ちゃんのいる家庭にもおすすめです。

ここに挙げたものはすべて宅配水のウォーターサーバーでも可能ではありますが、やはりコストパフォーマンスに優れた定額制ウォーターサーバーだからこそやりやすくなります。

定額制だから、水を使えば使うほどお得

定額制の最大のメリットは、やはり水を使えば使うほどお得になるという点です。

逆に、水の使用量が少なすぎる場合は宅配水の方が安くなる場合もあります。

宅配水と定額制の値段の差を比較してみましょう。

以下の表は、一人が1日につきコップ2杯(400ml)の水を飲んだ場合の使用量になります。

ちなみにこの量はあくまで目安で、水を多めに飲む場合、また料理や赤ちゃんの調乳などにも水を利用する場合、水の使用量はもっと増えます。

宅配水・天然水ウォーターサーバー(プレミアムウォーターの場合)

利用人数
水の量
(水の料金)
サーバー
レンタル料
月額料金
1人 12L(1,840円) 無料 1,840円
2人 24L(3,680円) 無料 3,680円
3人 36L(5,520円) 無料 5,520円
4人 48L(7,360円) 無料 7,360円
5人以上 60L~(9,200円~) 無料 9,200円~

宅配水・RO水ウォーターサーバー(アルピナウォーターの場合)

利用人数 水の量
(水の料金)
サーバー
レンタル料
月額料金
1人 12L(1,050円) 572円 1,622円
2人 24L(2,100円) 572円 2,672円
3人 36L(3,150円) 572円 3,722円
4人 48L(4,200円) 572円 4,772円
5人以上 60L(5,250円) 572円 5,822円~

【定額制・(中空糸膜)ウォーターサーバー(ダイオーズの場合)

利用人数 水の量
(水の料金)
サーバー
レンタル料
月額料金
1人 12L(水道代のみ) 2,980円~ 2,980円~
2人 24L(水道代のみ) 2,980円~ 2,980円~
3人 36L(水道代のみ) 2,980円~ 2,980円~
4人 48L(水道代のみ) 2,980円~ 2,980円~
5人以上 60L(水道代のみ) 2,980円~ 2,980円~

定額制・(RO膜)ウォーターサーバー(ダイオーズの場合)

利用人数 水の量(水の料金) サーバーレンタル料 月額料金
1人 12L(水道代のみ) 3,980円~ 3,980円~
2人 24L(水道代のみ) 3,980円~ 3,980円~
3人 36L(水道代のみ) 3,980円~ 3,980円~
4人 48L(水道代のみ) 3,980円~ 3,980円~
5人以上 60L(水道代のみ) 3,980円~ 3,980円~

水ボトルの注文・保管・交換が不要だから楽

宅配水のウォーターサーバーでは、毎月水が送られてきます。そのため、毎月業者から水を受け取らなければなりません。また、水が足りなくなりそうなら、新たに注文する必要があります。

業者から水を受け取った後、当然ボトルは次の交換まで家で保管しなければなりません。水ボトルは案外場所を取るものです。

定額制ウォーターサーバーの場合、水ボトルは不要なためこれらすべての手間がなくなります。そのため非常にストレスフリーに利用することができるでしょう。

RO膜のウォーターサーバーを選べば、RO水(純水)が使い放題

RO膜(逆浸透膜)のウォーターサーバーを選べば、自宅で純水が使い放題になります。RO膜によってろ過された水は、非常に純度の高い超軟水になります。

ミネラルも取り除かれているため栄養などもありませんが、癖がなくて誰にでも飲みやすく、きわめて質の高い水です。

もちろん中空糸膜のウォーターサーバーでも、水道水の持つカルキ臭さや癖は十分に取れ、飲みやすくなるでしょう。

定額制ウォーターサーバーのデメリット


水ナビ先生

今度は定額制ウォーターサーバーのデメリットを見ていきましょう。

工事・初期費用が必要

定額制ウォーターサーバーの多くは、初期に設置費用がかかります。これは水道管から水を引く工事が必要なため、必要な費用になります。これがおよそ4,200円から10,000円程度かかります。

レンタル料が高いため、水の使用量が少ないと損

定額制ウォーターサーバーは、サーバーレンタル料が高くなります。水代を取れない分、宅配水のウォーターサーバーよりレンタル料が高くなるのは当然と言えます。

そのため、月々に使う水の量があまりに少なすぎると逆に損することになります。契約の前に、一度自分が月に何リットル使っているのか見直してみるといいでしょう。

(宅配水との月額利用料の比較は、上記「定額制だから、水を使えば使うほどお得」をご覧ください)

水に対するこだわり・付加価値は薄い

水に対するこだわり・付加価値という点では、どうしても宅配水のウォーターサーバーには劣ります。

宅配水には「天然水」という種類の水が多く見られます。これは自然から採水した水を飲用に加工したもので、豊富なミネラルを含み味わい深いものになっています。

こういった天然水と比べると、定額制ウォーターサーバーの水はそこまでの付加価値を感じられません。


水田さん

ということは、RO水ならば定額制も宅配水も変わらないということ?

水ナビ先生

実はそうではないんです。RO水の場合でも、宅配水のウォーターサーバーの方がこだわりのあるものになっています。

たとえばRO水の宅配水業者であるアクアクララの場合。まずRO膜を使って水以外のあらゆる物質を取り除きます。そうしてできた純水(ピュアウォーター)に、さらにミネラルを加え、味を調節しておいしい水にしているのです。

そのこだわりが認められ、アクアクララのRO水はモンドセレクションを7年連続で受賞しています。

水田さん

なるほど、同じRO水でも宅配水ウォーターサーバーの方がこだわりが強いということね!
ちなみに中空糸膜タイプだと水の中にミネラルは含まれますが、これは水道水に含まれるミネラルがそのまま残ったものになります。

徹底比較&ランキング おすすめの定額制ウォーターサーバー

ここまで、定額制ウォーターサーバーのメリット・デメリットについて解説してきました。では、実際に定額制ウォーターサーバーにはどんなものがあり、どれを選べばいいのでしょうか。

比較していきましょう。選ぶときのポイントは【コスト/サービス】と【ウォーターサーバーのタイプ】になります。

コスト/サービス

  ウォータースタンド ダイオーズ 楽水ウォーターサーバー クールクー シャインウォーター
月額費用 2,480円~ 2,980円~ 2,980円~ 4,200円~ 3,000円
初期費用 0円~ 10,000円 5,000円~ 4,200円~ 0円
解約金 10,000円 1年未満:レンタル料3回分
2年未満:〃2回分
3年未満:〃1回分
残り契約月数×レンタル料の40%の解約金 1年以内:30,000円
2年以内:20,000円
3年以内:10,000円
初回契約:0円
2回目以降:5,000円
対応エリア 全国 全国 全国 関東、他(要問合せ) 全国
メンテナンス 無料訪問メンテナンスあり 不要(自動メンテナンス) 不要(メンテナンス機能あり) 無料訪問メンテナンスあり 自分で定期的に清掃

【ウォーターサーバーのタイプ】

  ウォータースタンド ダイオーズ 楽水ウォーターサーバー クールクー シャインウォーター
水道直結型 ×
給水ボトル型 ×
RO膜 〇(3,480円~) 〇(3,980円~) 〇(3,980円~) 〇(4,900円~) ×
卓上タイプ ×
床置きタイプ
チャイルドロック 〇※注
省エネモード 〇※注 ×

※注:機種による

いかがでしょう。定額制ウォーターサーバーの中でも、かなり値段に差が出ていることが見て取れると思います。初期費用や解約金がかかるもの、そうでないもの。

またメンテナンスの要・不要など様々なので、自分にとってどれが一番お得か考えた上で契約しましょう。

おすすめ第1位 ウォータースタンド

ウォータースタンドの
コスト/サービス
サーバーのタイプ
月額費用 2,480円~ 水道直結型
初期費用 0円~ 給水ボトル型
解約金 10,000円 RO膜 〇(3,480円~)
対応エリア 全国 チャイルドロック 〇※注
メンテナンス 無料訪問メンテナンスあり 省エネモード 〇※注
    卓上タイプ
    床置きタイプ

定額制ウォーターサーバーのおすすめランキング、第1位はウォータースタンドです。

おすすめポイントは、機種の豊富さです。

現在、10種類ものサーバーを扱っています。他の定額制ウォーターサーバーの会社が2~4機種ほどしか出していないことと比較すると差は歴然です。

温水・冷水機能が付いたものはもちろん、常温機能のあるものも。温水機能を省いた変わり、コンパクトで安い、という機種もあったりします。

コンパクトな卓上タイプもあれば、大容量の床置きタイプもあり、選択肢の高さでは群を抜いています。

機能や価格帯も様々のため、自分にぴったりのサーバーが見つけられるでしょう。

またウォータースタンドは、浄水フィルターに「静電気吸着式フィルター」を使っているようです。

通常の中空糸膜の浄水器より浄水能力が高いという点も魅力です。

もちろんRO膜のウォーターサーバーも選ぶことができます。

おすすめ第2位 ダイオーズ

ダイオーズの
コスト/サービス
サーバーのタイプ
月額費用 2,980円~ 水道直結型
初期費用 10,000円 給水ボトル型
解約金 1年未満:レンタル料3回分
2年未満:〃2回分
3年未満:〃1回分
RO膜 〇(3,980円~)
対応エリア 全国 チャイルドロック
メンテナンス 不要(自動メンテナンス) 省エネモード
    卓上タイプ
    床置きタイプ

定額制ウォーターサーバーのおすすめ第2位はダイオーズ。定額制だけでなく、宅配水のサービスもやっている大手の会社になります。

定額制ウォーターサーバーの機種は「ピュレスト」。お湯と水だけでなく、常温水も使える優れものです。また、再加熱ボタンを押せばいつでも95℃まで温度を上げることができます。

コーヒーや紅茶を入れる際、またカップラーメンを作る際にも非常に便利ですね。クリーン機能も搭載しているため、メンテナンスも不要です。

これだけの機能を持つウォーターサーバーを、月々2,980円から(RO膜は3,980円~)使えるのは非常にお得です。

人気メーカーならではの満足感と安心感があるウォーターサーバーです。

おすすめ第3位 楽水ウォーターサーバー

楽水ウォーターサーバーの
コスト/サービス
サーバーのタイプ

月額費用
2,980円~ 水道直結型
初期費用 5,000円~ 給水ボトル型
解約金 残り契約月数×レンタル料の40%の解約金 RO膜 〇(3,980円~)
対応エリア 全国 卓上タイプ
メンテナンス 不要(メンテナンス機能あり) 床置きタイプ
    チャイルドロック
    省エネモード

楽水ウォーターサーバーは、ダイオーズの「ピュレスト」のレンタルを行っている会社です。

そのためダイオーズでも楽水ウォーターサーバーでも、サーバーの種類は同じなのですが、サービス内容や料金プランなどが変わってきます。

たとえば月々520円の「安心パック」に入れば、サーバートラブル時に無料で訪問してサーバーの入れ替えサービスを行ってくれます。

ダイオーズのサービス内容と比較した上で、自分に合った方を選ぶのがよいでしょう。

新着記事


人気ランキング

コスモウォーター

天然水宅配No.1!累計出荷台数100万台超!グッドデザイン賞受賞の高機能サーバー!口コミ評価◎キャンペーンあり!

プレミアムウォーター

おしゃれママから高評価!豊富なサーバーバリエ、ママ向けプラン、選べる天然水に注目。新規契約プレゼントも!

アクアクララ

宅配水の超定番!誰もが好む独自製法のRO水が好評!サーバー種類も充実!低価格だから家庭・法人どちらにも。


PAGE TOP