ウォーターサーバー【安い順】ランキング!人気メーカーを月額コストで比較

「結局、一番安いウォーターサーバーはどれ?」

ウォーターサーバーの料金システムは、初心者の方から見ると少し複雑。
ネットで調べてみても、サイトによって「一番安いウォーターサーバー」は違っていたりします。

これでは、本当に自分にとって安いウォーターサーバーがどれなのか、分からなくなってしまいますよね。

しかしご安心ください。
安いウォーターサーバーを見つける方法は、実はシンプルです。

安いウォーターサーバーの見つけ方
  1. 1.トータルコストで比較する

    「水の値段+サーバーレンタル代+電気代」がウォーターサーバーのトータルコスト。

  2. 2.自分の利用人数に合ったものを選ぶ

    ※利用人数によって、安いウォーターサーバーのタイプが変わってきます。
    水ナビ編集部では1人~4人家族には「宅配水サーバー」を、5人以上の家族には「定額制サーバー」をおすすめしています。

この2つのルールを守ってウォーターサーバーを比較することで、自分にとって最安のサーバーを見つけることができます。

当サイトでは、ウォーターサーバー人気14社の月額料金を、利用人数ごとに徹底比較しました。
その結果をランキング形式で紹介していきます。

さらにランキングだけではなく、「目的別の格安サーバー」も紹介していきます。ぜひそちらもあわせてチェックしてみてください。

【徹底比較】安いウォーターサーバーランキング

さっそく安いウォーターサーバーランキングを紹介していきます。

「安いウォーターサーバーランキング」は、利用人数(=水の使用量)によって異なります。
下記の中から、自分が該当する利用人数を選んでください。

※下記のタブをクリックで、自分の利用人数にあったランキングをご覧になれます。

【利用人数1人(最低量)】
安いウォーターサーバーランキング

※【利用人数1人】の「安いウォーターサーバーランキング」は、各社の最低注文量の料金でランク付けしています。

第1位 アルピナウォーター

最安の機種 料金詳細
エコサーバー
エコサーバー
参考月額
1,342円~2,392円
水代
(0L~12L)
0円~
1,050円
レンタル 872円
電気代 470円
詳細情報
注文ノルマ
(毎月の最低注文量)
なし
水の種類 RO水
ボトルタイプ 返却・回収タイプ
ランニングコスト試算
月の注文量 月額費用 年間費用
0L 1,342円
12L 2,392円 28,704円
24L 3,442円 41,304円

【※参考】

  • 毎日コップ1杯ずつ飲む場合…月6L(2ヶ月に1回注文でOK)
  • 毎日コップ2杯ずつ飲む場合…月12L
  • 毎日コップ4杯ずつ飲む場合…月24L

アルピナウォーターは、水代が12Lあたり1,050円と業界最安のウォーターサーバー。

多くのメーカーが設けている「注文ノルマ」がないため、水ボトルの注文は自分の好きなタイミング、好きな量だけでOKです。

そのため、「ウォーターサーバーは導入したいが、一人暮らしのため水をあまり使わない」という方でも気軽に導入できるのが特徴です。

アルピナウォーターのメリット/デメリット

メリット

  • 水代が業界最安
  • 「注文ノルマ」なしのため、水をあまり使わない方にもおすすめ
  • 赤ちゃんのミルク作りや、プロテイン作りに適した超軟水

デメリット

  • ボトルは業者に返却するタイプのため、場所を取る
  • 配送エリア外だと配送料がかかる

第2位 アクアクララ

最安の機種 料金詳細
アクアスリム
参考月額
1,700円~2,900円
水代
(0L~12L)
0円~
1,200円
レンタル 1,000円
電気代 700円
詳細情報
注文ノルマ
(毎月の最低注文量)
なし
水の種類 RO水
ボトルタイプ 返却・回収タイプ
ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
0L 1,700円
12L 2,900円 34,800円
24L 4,100円 49,200円

アクアクララも、1位のアルピナウォーターと同様に「注文ノルマなし」のサーバー。
そのため、水の使用量が少ない一人暮らしでも安く利用できます。

アクアクララは、サーバーのラインナップが豊富なところも魅力のメーカー。

  • コスパ重視の「アクアスリム」
  • おしゃれな「アクアファブ」
  • 高機能な「アクアアドバンス」
  • カフェ機能搭載の「アクアウィズ」

などの中から、自分に合うものを選ぶことができます。

また、当サイトからアクアクララに申し込んだ方限定の、お得なキャンペーンも実施中です。

当サイト限定キャンペーン


12Lボトル合計6本(7,200円相当)を無料プレゼント!

さらに、以下の新規加入キャンペーンも実施中です。

  • 豪華景品を必ずプレゼント
  • 設置月はあんしんサポート料無料

アクアクララのメリット/デメリット

メリット

  • 水代が格安
  • 「注文ノルマ」なしのため、水をあまり使わない方にもおすすめ
  • 様々な機能・デザインのサーバーから、自分に合ったものを選べる

デメリット

  • ボトルは業者に返却するタイプのため、場所を取る

第3位 コスモウォーター

最安の機種 料金詳細
ECOTTO
参考月額
2,052円
水代(12L) 1,900円
レンタル 0円
電気代 125円
詳細情報
注文ノルマ
(毎月の最低注文量)
12L※
水の種類 天然水
ボトルタイプ 使い捨てタイプ

※12Lで利用するには、隔月で定期配送スキップをする必要があります。

ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
12L 2,052円 24,624円
24L 3,952円 47,424円

コスモウォーターの“ECOTTO(エコット)”は、電気ケトル付きウォーターサーバー。温水タンクがないため、お湯を使う際にはケトルで沸かす必要があるものの、電気代は一月あたり125円と業界最安です。

また、格安でありながら天然水が飲めるという点もポイント。
一人暮らしの方で、安く天然水を飲みたいという方におすすめです。

コスモウォーターのメリット/デメリット

メリット

  • 高品質な天然水が安く飲める
  • 電気ケトル付きだから熱湯が使える(エコットの場合)
  • ボトルが使い捨てタイプだから、使用後すぐ捨てられて場所を取らない

デメリット

  • 天然水のため、水代はRO水より高い

第4位 オーケンウォーター

最安の機種 料金詳細
らく楽サーバー
参考月額
2,200円
水代(12L) 1,800円
レンタル 0円
電気代 400円
詳細情報
注文ノルマ
(毎月の最低注文量)
12L※
水の種類 天然水
ボトルタイプ 使い捨てタイプ

※12Lで利用するには、隔月で定期配送スキップをする必要があります。

ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
12L 2,200円 26,400円
24L 4,000円 48,000円

オーケンウォーターも、天然水としては格安のウォーターサーバーです。

隔月で定期配送スキップを利用すれば、実質月12Lの注文で利用できます。

オーケンウォーターのメリット/デメリット

メリット

  • ボトル下置きタイプだから交換が楽
  • ボトルが使い捨てタイプだから、使用後すぐ捨てられて場所を取らない
  • 格安のRO水タイプも選べる

デメリット

  • 天然水のため、水代はRO水より高い

第5位 プレミアムウォーター

最安の機種 料金詳細
スリムサーバーⅢ
参考月額
2,460円
水代(12L) 1,960円
レンタル 0円
電気代 500円
詳細情報
注文ノルマ
(毎月の最低注文量)
12L※
水の種類 天然水
ボトルタイプ 使い捨てタイプ

※12Lで利用するには、隔月で定期配送スキップをする必要があります。

ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
12L※ 2,460円 29,520円
24L 4,420円 53,040円

※12Lで利用するには、隔月で定期配送スキップをする必要があります。

プレミアムウォーターは、おしゃれなサーバーでおいしい天然水を楽しむことができるウォーターサーバー

機種のラインナップも多く、自分の気に入ったデザインや機能のサーバーを見つけやすいです。

ただし、レンタル料のかかるサーバーを選ぶと、月額料金も高くなってきます。安くおさえたい方は、レンタル無料のサーバーを選びましょう。

レンタル無料のサーバー
  • スリムサーバーⅢロング/ショート
  • amadanaスタンダードサーバー

3年パックでさらに安く使える


プレミアムウォーターの料金プランには、通常プランの他に「3年パック」もあります。
これは契約期間が3年と長くなるかわりに、料金が安くなるプランです。
(通常プランの契約期間は2年)
ウォーターサーバーを長く使うつもりの方は、3年パックの方がお得です。

プラン 契約期間 水の料金(12L)
通常プラン 2年 1,960円
3年パック 3年 1,840円

プレミアムウォーターのメリット/デメリット

メリット

  • おしゃれなデザイン
  • ボトルが使い捨てタイプだから、使用後すぐ捨てられて場所を取らない

デメリット

  • 天然水のため、RO水よりは水代が高い

6位以下

6位以下のウォーターサーバーについては、下のボタンをクリックでご覧になれます。

メーカー/サーバー 最低量 月額料金
6位 ネイフィールウォーター
12L 2,550円レンタル代0円+
水代1,950円+電気代600円
7位 サントリー天然水
11.7L 2,595円※注レンタル料0円+
水代1,875円+電気代720円
8位 信濃湧水
15.2L 2,770円レンタル代300円+
水代2,000円+電気代470円
9位 フレシャス
9.3L 2,786円※注レンタル料900円+
水代1,506円+電気代380円
10位 ピュアハワイアンウォーター
16L 3,476円レンタル代300円+
水代2,526円+電気代650円
11位 クリクラ
24L 3,830円レンタル料426円+
水代2,704円+電気代700円
12位 うるのん
22L 3,976円レンタル料300円+
水代3,163円+電気代513円
13位 キララ
14.4L 4,300円レンタル料1,200円+
水代2,300円+電気代800円

【利用人数2人(24L)】
安いウォーターサーバーランキング

第1位 アルピナウォーター

最安の機種 料金詳細
エコサーバー
参考月額
3,442円
水代(24L) 2,100円
レンタル 872円
電気代 470円
詳細情報
注文ノルマ
(毎月の最低注文量)
なし
水の種類 RO水
ボトルタイプ 返却・回収タイプ
ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
12L 2,392円 28,704円
24L 3,442円 41,304円
36L 4,492円 53,904‬円

【※参考】

  • 毎日コップ2杯分の水を使用…月12L
  • 毎日コップ4杯分の水を使用…月24L
  • 毎日コップ6杯分の水を使用…月36L

アルピナウォーターは、水代が12Lあたり1,050円と業界最安ォーターサーバー。

「注文ノルマなし」ーサーバーなので、注文量が少ない期間があっても問題ありません。

また、アルピナウォーターのRO水はほぼミネラルを含まない超軟水のため、赤ちゃんのミルク作りや、プロテイン作りに適しています。

アルピナウォーターのメリット/デメリット

メリット

  • 水代が業界最安
  • 「注文ノルマ」なしのため、水をあまり使わない方にもおすすめ
  • 赤ちゃんのミルク作りや、プロテイン作りに適した超軟水

デメリット

  • ボトル交換が重くて大変
  • ボトルは業者に返却するタイプのため、場所を取る
  • 配送エリア外だと配送料がかかる

第2位 クリクラ

最安の機種 料金詳細
省エネサーバー
参考月額
3,830円
水代(24L) 2,704円
レンタル 426円
電気代 700円
詳細情報
注文ノルマ
(毎月の最低注文量)
24L
水の種類 RO水
ボトルタイプ 返却・回収タイプ
ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
24L 3,830円 45,960円
36L 5,182円 62,184‬円

クリクラは業界でも歴史の長いウォーターサーバー。利用者も非常に多く、信頼できるメーカーです。

シンプルな機能・デザインのサーバーではありますが、それだけに誰にでも使い方が分かりやすいというメリットがあります。

クリクラのメリット/デメリット

メリット

  • 業界では歴史が長く、人気もあり信頼できる
  • 誰にでも飲みやすく味を整えたRO水
  • シンプルだから誰にでも使いやすい

デメリット

  • ボトル交換が重くて大変
  • ボトルは業者に返却するタイプのため、場所を取る
  • 注文ノルマがあり、月24L以上の注文が必要

第3位 コスモウォーター

最安の機種 料金詳細
ECOTTO
参考月額
3,925円
水代(24L) 3,800円
レンタル 0円
電気代 125円
詳細情報
注文ノルマ
(毎月の最低注文量)
12L※
水の種類 天然水
ボトルタイプ 使い捨てタイプ

※12Lで利用するには、隔月で定期配送スキップをする必要があります。

ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
24L 3,925円 47,100円
36L 5,825円 69,900円

コスモウォーターの“ECOTTO(エコット)”は、電気ケトル付きウォーターサーバー。温水タンクがないため、お湯を使う際にはケトルで沸かす必要があるものの、電気代は一月あたり125円と業界最安です。

どちらの機種も安全対策はしっかりされているので、小さな子どもや赤ちゃんのいる家庭にも安心です。

コスモウォーターのメリット/デメリット

メリット

  • 高品質な天然水を安く利用できる
  • ボトルが使い捨てタイプだから、使用後すぐ捨てられて場所を取らない
  • 電気ケトル付きだから熱湯が使える(エコットの場合)

デメリット

  • 天然水のため、水代はRO水よりも高い

第4位 信濃湧水

最安の機種 料金詳細
エコサーバー
参考月額
3,928円
水代(24L換算) 3,158円
レンタル 300円
電気代 470円
詳細情報
注文ノルマ
(毎月の最低注文量)
15.2L
水の種類 天然水
ボトルタイプ 使い捨てタイプ
ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
24L 3,928円 47,136円
36L 5,507円 66,084円

信濃湧水は、天然水メーカーでありながら11.4Lボトルを1,500円と格安で提供しています。(12L換算で1,579円)

なんと言っても、水代が安く設定されているため、注文量が増えても値段は安くおさえられるのが魅力です。

機能もデザインもシンプルなウォーターサーバーなので、「とにかく安く天然水を利用したい」という方におすすめ。

信濃湧水のメリット/デメリット

メリット

  • 天然水を最安の水代で利用できる
  • ボトルが使い捨てタイプだから、使用後すぐ捨てられて場所を取らない

デメリット

  • ボトル交換が重くて大変

当サイト限定キャンペーン

当サイト『水ナビ』から信濃湧水に申し込んだ方限定で、下記のお得なキャンペーンを実施中です。

  • 初回プレゼント:ボトル2本
  • 2回目プレゼント:ボトル2本

 =6,000円相当


※限定キャンペーンの申し込み方法

① 当サイトから信濃湧水の申し込みページにジャンプしてください。

申し込みフォームの「連絡欄」に「TCP004」と記載してください。

※上記の記入がない場合は、限定キャンペーンを適用できません。


第5位 アクアクララ

最安の機種 料金詳細
アクアスリム
参考月額
4,100円
水代(24L) 2,400円
レンタル 1,000円
電気代 700円
詳細情報
注文ノルマ
(毎月の最低注文量)
なし
水の種類 RO水
ボトルタイプ 返却・回収タイプ
ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
12L 2,900円 34,800円
24L 4,100円 49,200円
36L 5,300円 63,600円

アクアクララは、サーバーのラインナップが豊富なところが魅力のウォーターサーバー。

  • コスパ重視の「アクアスリム」
  • おしゃれな「アクアファブ」
  • 高機能な「アクアアドバンス」
  • カフェ機能搭載の「アクアウィズ」

などの中から、自分に合うものを選ぶことができます。

さらに当サイトから申し込んだ方限定のキャンペーンも実施中。
今なら12Lボトルを合計6本無料プレゼント(7,200円相当)
ぜひこちらもチェックしてください。

アクアクララのメリット/デメリット

メリット

  • 水代が格安
  • 「注文ノルマ」なしのため、水をあまり使わない方にもおすすめ
  • 様々な機能・デザインのサーバーから、自分に合ったものを選べる

デメリット

  • ボトル交換が重くて大変(※アクアウィズをのぞく)
  • ボトルは業者に返却するタイプのため、場所を取る

6位以下

6位以下のウォーターサーバーについては、下のボタンをクリックでご覧になれます。

メーカー/サーバー 月額料金
6位 オーケンウォーター
4,100円レンタル代0円
+水代3,600円+電気代500円
7位 プレミアムウォーター
4,420円レンタル料0円
+水代3,920円+電気代500円
8位 ネイフィールウォーター
4,500円レンタル代0円
+水代3,900円+電気代600円
9位 サントリー天然水
4,566円レンタル料0円
+水代3,846円+電気代720円
10位 フレシャス
4,600円レンタル料0円
+水代3,850円+電気代750円
11位 うるのん
4,609円レンタル料300円
+水代3,796円+電気代513円
12位 ピュアハワイアンウォーター
4,740円レンタル代300円
+水代3,790円+電気代650円
13位 キララ
5,834円レンタル料1,200円
水代3,834円+電気代800円

【利用人数3人(36L)】
安いウォーターサーバーランキング

第1位 ワンウェイウォーター

最安の機種 料金詳細
smart
参考月額
4,196円
水代(36L) 3,750円
レンタル 0円
電気代 446円
詳細情報
注文ノルマ
(毎月の最低注文量)
36L
水の種類 RO水
ボトルタイプ 使い捨てタイプ
ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
24L※
36L 4,196円 50,352円
48L 5,446円 65,352‬円

※注文ノルマは36L~

【※参考】

  • 毎日コップ4杯分の水を使用…月24L
  • 毎日コップ6杯分の水を使用…月36L
  • 毎日コップ8杯分の水を使用…月48L

ワンウェイウォーターは、RO水12Lあたり1,250円と格安で提供しているメーカー。

特に“smart”は、レンタル料無料でありながら、エコモード搭載で電気代も安く、非常にコスパの高いサーバーです。
ボトルも下置きタイプのため、水の交換が楽なのも嬉しいポイント。

ただし、水ボトルの注文ノルマは月36Lと、やや多めに設定されています。
そのため水の使用量が少ない一人暮らしの方にはおすすめしませんが、3人以上の家族の方には非常におすすめです。

ワンウェイウォーターのメリット/デメリット

メリット

  • 水代が格安
  • エコモード搭載で電気代も格安
  • ボトル下置きの便利なサーバーがレンタル料無料(smart)

デメリット

  • 注文ノルマが36L~と多いため、水の使用量が少ない人には向かない

第2位 アルピナウォーター

最安の機種 料金詳細
エコサーバー
参考月額
4,492円
水代(36L) 3,150円
レンタル 872円
電気代 470円
詳細情報
注文ノルマ
(毎月の最低注文量)
なし
水の種類 RO水
ボトルタイプ 返却・回収タイプ
ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
24L 3,442円 41,304円
36L 4,492円 53,904‬円
48L 5,542円 66,504円

アルピナウォーターは、水代が12Lあたり1,050円と業界最安のウォーターサーバー。
そのため、注文量が増えても月額コストは安くおさえられます。

また、アルピナウォーターのRO水はほぼミネラルを含まない超軟水のため、赤ちゃんのミルク作りや、プロテイン作りに適しています。

アルピナウォーターのメリット/デメリット

メリット

  • 水代が業界最安
  • 「注文ノルマ」なしのため、水をあまり使わない方にもおすすめ
  • 赤ちゃんのミルク作りや、プロテイン作りに適した超軟水

デメリット

  • ボトル交換が重くて大変
  • ボトルは業者に返却するタイプのため、場所を取る
  • 配送エリア外だと配送料がかかる

第3位 クリクラ

最安の機種 料金詳細
省エネサーバー
参考月額
5,182円
水代(36L) 4,056円
レンタル 426円
電気代 700円
詳細情報
注文ノルマ
(毎月の最低注文量)
24L
水の種類 RO水
ボトルタイプ 返却・回収タイプ
ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
24L 3,830円 45,960円
36L 5,182円 62,184‬円
48L 6,534円 78,408円

クリクラは業界でも歴史の長いウォーターサーバー。利用者も非常に多く、信頼できるメーカーです。

シンプルな機能・デザインのサーバーではありますが、それだけに誰にでも使い方が分かりやすいというメリットがあります。

クリクラのメリット/デメリット

メリット

  • 業界では歴史が長く、人気もあり信頼できる
  • 誰にでも飲みやすく味を整えたRO水
  • シンプルだから誰にでも使いやすい

デメリット

  • ボトル交換が重くて大変
  • ボトルは業者に返却するタイプのため、場所を取る
  • 注文ノルマがあり、月24L以上の注文が必要

第4位 アクアクララ

最安の機種 料金詳細
アクアスリム
参考月額
5,300円
水代(36L) 3,600円
レンタル 1,000円
電気代 700円
詳細情報
注文ノルマ
(毎月の最低注文量)
なし
水の種類 RO水
ボトルタイプ 返却・回収タイプ
ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
24L 4,100円 49,200円
36L 5,300円 63,600円
48L 6,500円 78,000円

アクアクララは、サーバーのラインナップが豊富なところが魅力のウォーターサーバー。

  • コスパ重視の「アクアスリム」
  • おしゃれな「アクアファブ」
  • 高機能な「アクアアドバンス」
  • カフェ機能搭載の「アクアウィズ」

などの中から、自分に合うものを選ぶことができます。

さらに当サイトから申し込んだ方限定のキャンペーンも実施中。
今なら12Lボトルを合計6本無料プレゼント(7,200円相当)
ぜひこちらもチェックしてください。

アクアクララのメリット/デメリット

メリット

  • 水代が格安
  • 「注文ノルマ」なしのため、水をあまり使わない方にもおすすめ
  • 様々な機能・デザインのサーバーから、自分に合ったものを選べる

デメリット

  • ボトル交換が重くて大変(※アクアウィズをのぞく)
  • ボトルは業者に返却するタイプのため、場所を取る

第5位 信濃湧水

最安の機種 料金詳細
エコサーバー
参考月額
5,507円
水代(36L換算) 4,737円
レンタル 300円
電気代 470円
詳細情報
注文ノルマ
(毎月の最低注文量)
15.2L
水の種類 天然水
ボトルタイプ 使い捨てタイプ
ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
24L 3,928円 47,136円
36L 5,507円 66,084円
48L 7,086円 85,074

信濃湧水は、天然水メーカーでありながら11.4Lボトルを1,500円と格安で提供しています。(12L換算で1,579円)

なんと言っても水代が安く設定されているため、注文量が増えても値段は安くおさえられるのが魅力です。

機能もデザインもシンプルなウォーターサーバーなので、「とにかく安く天然水を利用したい」という方におすすめ。

信濃湧水のメリット/デメリット

メリット

  • 天然水を最安の水代で利用できる
  • ボトルが使い捨てタイプだから、使用後すぐ捨てられて場所を取らない

デメリット

  • ボトル交換が重くて大変

当サイト限定キャンペーン

当サイト『水ナビ』から信濃湧水に申し込んだ方限定で、下記のお得なキャンペーンを実施中です。

  • 初回プレゼント:ボトル2本
  • 2回目プレゼント:ボトル2本

 =6,000円相当


※限定キャンペーンの申し込み方法

① 当サイトから信濃湧水の申し込みページにジャンプしてください。

申し込みフォームの「連絡欄」に「TCP004」と記載してください。

※上記の記入がない場合は、限定キャンペーンを適用できません。


6位以下

6位以下のウォーターサーバーについては、下のボタンをクリックでご覧になれます。

メーカー/サーバー 月額料金
6位 コスモウォーター
5,825円レンタル代0円+
水代5,700円+電気代125円
7位 オーケンウォーター
5,900円レンタル代0円+
水代5,400円+電気代500円
8位 プレミアムウォーター
6,380円レンタル料0円+
水代5,880円+電気代500円
9位 ネイフィールウォーター
6,450円レンタル代0円+
水代5,850円+電気代600円
10位 サントリー天然水
6,489円レンタル料0円+
水代5,769円+電気代720円
11位 うるのん
6,507円レンタル料300円+
水代5,694円+電気代513円
12位 フレシャス
6,525円レンタル料0円+
水代5,775円+電気代750円
13位 ピュアハワイアンウォーター
6,635円レンタル代300円+
水代5,685円+電気代650円
14位 キララ
7,751円レンタル料1,200円+
水代5,751円+電気代800円

【利用人数4人以上(48L~)】
安いウォーターサーバーランキング

5人以上の家族には「定額制サーバー」もおすすめ!

5人以上の家族や、料理などで水を大量に消費する家庭には「定額制サーバー」もおすすめです。

一般的なウォーターサーバーは「宅配水サーバー」と呼ばれ、水を利用すれば利用するだけ料金も高くなる���組みになっています。しかし定額制サーバーの場合、自宅の水道水を利用するためいくら水を利用しても月額料金は変わりません。

くわしくはこの記事の中にある「定額制ウォーターサーバーについて」をお読みください。

第1位 ワンウェイウォーター

最安の機種 料金詳細
smart
参考月額
5,446円
水代(48L) 5,000円
レンタル 0円
電気代 446円
詳細情報
注文ノルマ(毎月の最低注文量) 36L
水の種類 RO水
ボトルタイプ 使い捨てタイプ
ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
36L 4,196円 50,352円
48L 5,446円 65,352‬円
60L 6,696円 80,352円

【※参考】

  • 毎日コップ6杯分の水を使用…月36L
  • 毎日コップ8杯分の水を使用…月48L
  • 毎日コップ10杯分の水を使用…月60L

ワンウェイウォーターは、RO水12Lあたり1,250円と格安で提供しているメーカー。

特に“smart”は、レンタル料無料でありながら、エコモード搭載で電気代も安く、非常にコスパの高いサーバーです。
ボトルも下置きタイプのため、水の交換が楽なのも嬉しいポイント。

水代が格安な分、注文ノルマは月36Lと、やや多めに設定されているものの、4人以上の家族であれば問題なく消費できるため、大変お得です。

ワンウェイウォーターのメリット/デメリット

メリット

  • 水代が格安
  • エコモード搭載で電気代も格安
  • ボトル下置きの便利なサーバーがレンタル料無料(smart)

デメリット

  • 注文ノルマが36L~と多いため、水の使用量が少ない人には向かない

第2位 アルピナウォーター

最安の機種 料金詳細
エコサーバー
参考月額
5,542円
水代(48L) 4,200円
レンタル 872円
電気代 470円
詳細情報
注文ノルマ(毎月の最低注文量) なし
水の種類 RO水
ボトルタイプ 返却・回収タイプ
ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
36L 4,492円 53,904‬円
48L 5,542円 66,504円
60L 6,592円 79,104円

アルピナウォーターは、水代が12Lあたり1,050円と業界最安のウォーターサーバー。
そのため、注文量が増えても月額コストは安くおさえられます。

また、アルピナウォーターのRO水はほぼミネラルを含まない超軟水のため、赤ちゃんのミルク作りや、プロテイン作りに適しています。

アルピナウォーターのメリット/デメリット

メリット

  • 水代が業界最安
  • 「注文ノルマ」なしのため、水をあまり使わない方にもおすすめ
  • 赤ちゃんのミルク作りや、プロテイン作りに適した超軟水

デメリット

  • ボトル交換が重くて大変
  • ボトルは業者に返却するタイプのため、場所を取る
  • 配送エリア外だと配送料がかかる

第3位 アクアクララ

最安の機種 料金詳細
アクアスリム
参考月額
6,500円
水代(48L) 4,800円
レンタル 1,000円
電気代 700円
詳細情報
注文ノルマ(毎月の最低注文量) なし
水の種類 RO水
ボトルタイプ 返却・回収タイプ
ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
36L 5,300円 63,600円
48L 6,500円 78,000円
60L 7,700円 92,400円

アクアクララは、サーバーのラインナップが豊富なところが魅力のウォーターサーバー。

  • コスパ重視の「アクアスリム」
  • おしゃれな「アクアファブ」
  • 高機能な「アクアアドバンス」
  • カフェ機能搭載の「アクアウィズ」

などの中から、自分に合うものを選ぶことができます。

さらに当サイトから申し込んだ方限定のキャンペーンも実施中。
今なら12Lボトルを合計6本無料プレゼント(7,200円相当)
ぜひこちらもチェックしてください。

アクアクララのメリット/デメリット

メリット

  • 水代が格安
  • 「注文ノルマ」なしのため、水をあまり使わない方にもおすすめ
  • 様々な機能・デザインのサーバーから、自分に合ったものを選べる

デメリット

  • ボトル交換が重くて大変(※アクアウィズをのぞく)
  • ボトルは業者に返却するタイプのため、場所を取る

第4位 クリクラ

最安の機種 料金詳細
省エネサーバー
参考月額
6,534円
水代(48L) 5,408円
レンタル 426円
電気代 700円
詳細情報
注文ノルマ(毎月の最低注文量) 24L
水の種類 RO水
ボトルタイプ 返却・回収タイプ
ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
36L 5,182円 62,184‬円
48L 6,534円 78,408円
60L 7,886円 94,632円

クリクラは業界でも歴史の長いウォーターサーバー。利用者も非常に多く、信頼できるメーカーです。

シンプルな機能・デザインのサーバーではありますが、それだけに誰にでも使い方が分かりやすいというメリットがあります。

クリクラのメリット/デメリット

メリット

  • 業界では歴史が長く、人気もあり信頼できる
  • 誰にでも飲みやすく味を整えたRO水
  • シンプルだから誰にでも使いやすい

デメリット

  • ボトル交換が重くて大変
  • ボトルは業者に返却するタイプのため、場所を取る
  • 注文ノルマがあり、月24L以上の注文が必要

第5位 信濃湧水

最安の機種 料金詳細
エコサーバー
参考月額
7,086円
水代
(48L換算)
6,316円
レンタル 300円
電気代 470円
詳細情報
注文ノルマ(毎月の最低注文量) 11.5L
水の種類 天然水
ボトルタイプ 使い捨てタイプ
ランニングコスト試算
注文量 月額費用 年間費用
36L 5,507円 66,084円
48L 7,086円 85,032円
60L 8,665円 103,980円

信濃湧水は、天然水メーカーでありながら11.4Lボトルを1,500円と格安で提供しています。(12L換算だと1,579円)

なんと言っても、水代が安く設定されているため、注文量が増えても値段は安くおさえられるのが魅力です。

機能もデザインもシンプルなウォーターサーバーなので、「とにかく安く天然水を利用したい」という方におすすめ。

信濃湧水のメリット/デメリット

メリット

  • 天然水を最安の水代で利用できる
  • ボトルが使い捨てタイプだから、使用後すぐ捨てられて場所を取らない

デメリット

  • ボトル交換が重くて大変

6位以下

6位以下のウォーターサーバーについては、下のボタンをクリックでご覧になれます。

メーカー/サーバー 月額料金
6位 オーケンウォーター
7,700円レンタル代0円+
水代7,200円+電気代500円
7位 コスモウォーター
7,725円レンタル代0円+
水代7,600円+電気代125円
8位 プレミアムウォーター
8,340円レンタル料0円+
水代5,880円+電気代500円
9位 ネイフィールウォーター
8,400円レンタル代0円+
水代7,800円+電気代600円
10位 うるのん
8,405円レンタル料300円+
水代5,694円+電気代513円
11位 サントリー天然水
8,412円レンタル料0円+
水代5,769円+電気代720円
12位 フレシャス
8,450円レンタル料0円+
水代7,700円+電気代750円
13位 ピュアハワイアンウォーター
8,530円レンタル代300円+
水代7,580円+電気代650円
14位 キララ
9,668円レンタル料1,200円+
水代7,668円+電気代800円

【5人以上家族におすすめ】水飲み放題の定額制ウォーターサーバーについて

上のランキングでは、「宅配水ウォーターサーバー」の安い順ランキングを紹介していきました。ここからは5人以上の家族や、料理などで水を大量に消費する方におすすめの、「定額制ウォーターサーバー」の安い順ランキングを発表していきます。

定額制ウォーターサーバーとは、水道水を利用するタイプのウォーターサーバーのこと。「ウォーターサーバー型の浄水器」と言ってもいいかもしれません。

宅配水サーバーとの最大の違いは、水をどれだけつかっても料金が変わらないところ。すぐに冷水・温水が出せるウォーターサーバーとしての便利さはそのまま、水代は水道料金のみで利用できます。
(ちなみに水道料金は、300リットルを利用した場合でも70円程度です。)

そのため、大家族の方など水の消費が多い家庭におすすめなのです。

安い定額制ウォーターサーバー【トップ3】

第1位 ハミングウォーター

サーバー 料金詳細
フローズ
参考月額
3,375円 +水道代
水代 水道代のみ
レンタル 2,900円
電気代 475円
※初期費用2,000円

ハミングウォーター「フローズ」は、タンクに直接水道水を注ぐだけで、フィルターによってろ過し、綺麗な水に変えてくれるウォーターサーバーです。

定額制ウォーターサーバーの中でも特にレンタル料が安いため、コスパを求める方におすすめ。

第2位 キララフレッシュサーバー

サーバー 料金詳細
キララフレッシュサーバー
参考月額
4,480円 +水道代
水代 水道代のみ
レンタル 3,980円
電気代 500円
※初期費用無料

「キララフレッシュサーバー」は「水道直結タイプ」の定額制ウォーターサーバー。水道水から自動で水を引っ張ってくるため、水の補給など面倒な作業は一切必要ありません。

サーバーラインナップも豊富で、コンパクトな卓上タイプを選ぶことも可能。

デザインも非常にスタイリッシュなので、インテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

第2位 ウォータースタンド

サーバー 料金詳細
ナノラピア ネオ
参考月額
4,480円 +水道代
水代 水道代のみ
レンタル 3,980円
電気代 500円
※初期費用はエリアによる

ウォータースタンドも、「水道直結タイプ」の定額制ウォーターサーバーを扱っており、面倒な水の補給が不要です。

機種のラインナップも豊富です。中には、常温水しか出ない代わりに格安で利用できるものもあるのでぜひチェックしてください。

目的別の格安ウォーターサーバーまとめ

ここまでは、ウォーターサーバーを「安い順ランキング」で紹介してきました。

しかし、「”ただ安いだけ”という理由で契約して、あとから後悔しないかな・・・」と心配な方もいるのではないでしょうか。
そんな方のため、ここからは「【目的別】格安ウォーターサーバー」を紹介していきます。

ウォーターサーバーにはそれぞれ“特徴”があります。その特徴をおさえた上で、自分にぴったりの格安サーバーを見つけていきましょう。ランキングと合わせてチェックしてもらえれば、次第に自分に最適の一台が分かってくるはずです。

以下、目的に合った格安サーバーを紹介しているので、下の中から自分の気になるものを選んでクリックしてみてください。

赤ちゃん向け格安ウォーターサーバー

クリクラ
クリクラの「クリクラサーバー」
レンタル料
(あんしんサポートパック料)
426円
水代(12L) 1,352円
電気代目安 700円
(※省エネサーバーの場合)
月額料金
(利用人数ごと)
2人 24L :3,830円
3人 36L :5,182円
4人 48L :6,534円
5人~ 60L :7,886円

※省エネサーバーは初期費用7,000円が必要です。

赤ちゃんのミルク作りに最適な、おすすめの格安ウォーターサーバーは「クリクラ」です。

赤ちゃんのいる家庭でまず気になることと言えば、「水の安全性」と「信頼できるメーカーかどうか」という点ですよね。

その点、クリクラは560の産院で使用された実績もある、信頼できるメーカーです。

また、水は特殊なフィルター(RO膜フィルター)であらゆる不純物を除去した、非常に安全性の高いRO水を提供しています。
もちろん赤ちゃんの体にもやさしい軟水のため、ミルク作りに使用してもまったく問題ありません。

クリクラでは、赤ちゃんのいる家庭向けのお得なキャンペーン「クリクラママ」を行っています。

「クリクラママ」の詳細

対象
妊婦または1歳未満の子どもがいる家庭


特典
水ボトルを最大9本プレゼント
=11,250円相当

選べるサーバーは3種類

クリクラでは現在、3つの機種のラインナップがあります。いずれもレンタル料(あんしんサポートパック料)として毎月かかるのは426円だけですが、機種によって初期費用が違うので気を付けましょう。

サーバー 初期費用
クリクラサーバー
床置き/卓上
無料
省エネサーバー
床置き/卓上
7,000円
クリクラ
Fit
通常:2,000円
再加熱機能付きタイプ:4,000円

省エネサーバーは料金が高いものの、月々の電気代が安くなるため、長く使う方は省エネサーバーがおすすめ。
クリクラFitはデザイン重視の方におすすめです。

クリクラの口コミ

全体評価 4.2点
 
なほさん 30
2020-03-07
コストパフォーマンス 4.0水のおいしさ 5.0使いやすさ/便利さ 5.0デザイン性 3.0サービス 4.0
美味しい水がすぐ飲めるのはやっぱり嬉しい。赤ちゃんのミルクにも便利
始めたきっかけは第一子の出産に合わせて。

知人からミルク作るのもウォーターサーバーなら早いし簡単!クリクラなら赤ちゃんにも安心の水質!と聞いて始めましたが、出産を待たずして冷たい水も温かいお湯もすぐ使えることに主人とどハマり。

タンクの交換も留守でも出来るシステムだしサーバー本体はレンタル料無料(タンクの使用本数により)なのでコスパもいいです。子供が生まれてからもミルクに大活躍しています。... 続きを読む

コンパクトな卓上タイプの格安ウォーターサーバー

アクアクララ/アクアスリムS
アクアクララの「アクアスリムS」
レンタル料(あんしんサポート料) 1,000円
水代(12L) 1,200円
電気代目安 1,000円
月額料金
(利用人数ごと)
1人 12L: 3,200円
2人 24L:4,400円
3人 36L:5,600円
4人 48L:6,800円
5人~ 60L:8,000円

「コンパクトな卓上タイプ」のおすすめ格安サーバーは、アクアクララの「アクアスリムS」。

テーブルや台の上にポットのような感覚で置くことができ、非常に便利です。一人暮らしのワンルームに置くのにも最適でしょう。

アクアクララは「注文ノルマなし」メーカーである点もポイント。水ボトルの注文は自分が必要な時だけでいいため、一人暮らしで水の消費量が少ない方にもぴったりです。

当サイト限定キャンペーンのお知らせ


現在、当サイトからアクアクララに申し込んだ方限定で、
12Lボトル合計6本(7,200円相当)
を無料プレゼント中です。

さらに、以下の新規加入キャンペーンも実施中。ぜひチェックしてください。

  • 豪華景品を必ずプレゼント
  • 設置月はあんしんサポート料無料

赤ちゃん向けのお得な料金プランもある!

アクアクララには、赤ちゃんのいる家庭向けのお得な料金プラン「子育てアクア」もあります。

「子育てアクア」プランの詳細


対象
妊婦または6歳以下の未就学の子どもがいる家庭


特典
・毎月500円OFF
・ママが喜ぶプレゼント

アクアクララの口コミ

全体評価 4.0点
 
にしやんさん 年齢無回答
2020-02-28
コストパフォーマンス 4.0水のおいしさ 4.0使いやすさ/便利さ 4.0デザイン性 4.0サービス 4.0
子供のためが自分のためになり、メリットあり
赤ちゃんが生まれたのでミルク作りの為に契約しました。ミルクを温めたり、お湯を沸かしたりしなくて便利です。子供のイタズラ防止のためにボタンタイプではないですが、今では子供が自分で水をコップに入れてのんでいます。思ったよりスペースを取らず何より水を飲む習慣が付いたこと健康にとても良かったと思います。

サービスについてはサーバーを年一でメンテナンス(サーバーごと入れ替え)していただけて軽い掃除とタンクの入れ替えぐらいしかする事は無いです。

水が常にある状況なので、飲み物がない理由でコンビニ行くこともなくなり、水以外はあまり飲まなくなったので、経済的にも金銭的にも満足しています。... 続きを読む

おしゃれな格安ウォーターサーバー

アクアクララ/アクアファブ
アクアクララの「アクアファブ」
レンタル料(あんしんサポート料) 1,300円
水代(12L) 1,200円
電気代目安 800円
月額料金
(利用人数ごと)
1人 12L:3,300円
2人 24L:4,500円
3人 36L:5,700円
4人 48L:6,900円
5人~ 60L:8,100円

「アクアファブ」はグッドデザイン賞を受賞したおしゃれなウォーターサーバー。

無駄な部分を削ぎ落したシンプルな見た目が魅力で、水の受け皿も本体に収納することができるというこだわりようです。

アクアファブの受け皿(トレイ)

デザインに凝ったウォーターサーバーは料金が高くなりがちですが、アクアクララはRO水メーカーのため、水代を1,200円(12L)と格安で利用できます

注文ノルマもないため、一人暮らしなど水の使用量が少ない方にもおすすめです。

「おしゃれなサーバーを、安く使いたい」なら、まずはアクアファブをチェックしてみてください。

アクアクララの「アクアファブ」

お得なキャンペーンも実施中!

アクアクララではお得なキャンペーンも実施中です。ぜひチェックしてください。


アクアクララの口コミ

全体評価 4.8点
 
匿名さん 30
2020-02-05
コストパフォーマンス 5.0水のおいしさ 4.0使いやすさ/便利さ 5.0デザイン性 5.0サービス 5.0
味が水道水とは全然違う

このウォーターサーバーを会社でも使っていて、馴染みがあったので契約しました。

うちは田舎暮しで水道水でもいいかなぁと思ってましたが、やはり全く味が違い、もはや水道水は飲用ではのめなくなりました。 お湯を沸かす手間も省けます。

料金的にも大分安くて、毎月大体3,000円くらいで使ってます。

... 続きを読む

天然水で格安のウォーターサーバー

信濃湧水/エコサーバー
信濃湧水の「エコサーバー」
レンタル料 300円
水代(11.4L) 1,500円
電気代目安 470円
月額料金
(利用人数ごと)
1人 15.2L:2,770円
2人 24L:3,928円
3人 36L:5,507円
4人 48L:7,086円
5人~ 60L:8,665円

信濃湧水は天然水サーバーでありながら、11.4Lあたり1,500円と格安で提供しているメーカー。

格安でありながら水の品質にもこだわり抜いているのが信濃湧水の特徴です。

信濃湧水の水源である「矢沢水源」はきわめて高い標高(1,220m地点)にあり、人が立ち入ることもないため、綺麗な自然環境がそのまま保全されています。
そのため、自然の風味そのままの、おいしい水を採水することができるのです。

※険しい山の中にある水源だからこそ、汚染されていない美味しい水を採水できる。

信濃湧水の水は、硬度が16㎎/Lと低めなため、クセがなく非常にすっきりとした飲み心地が特徴です。

ちなみにサーバーは「エコサーバー」を選ぶのがおすすめ。
省エネ機能で電気代を節約できるだけでなく、「自動クリーン機能」も搭載しているため、天然水を新鮮でおいしい状態にキープしてくれます。

当サイト限定キャンペーン

当サイト『水ナビ』から信濃湧水に申し込んだ方限定で、下記のお得なキャンペーンを実施中です。


  • 初回プレゼント:ボトル2本
  • 2回目プレゼント:ボトル2本

 =6,000円相当


※限定キャンペーンの申し込み方法

① 当サイトから信濃湧水の申し込みページにジャンプしてください。

申し込みフォームの「連絡欄」に「TCP004」と記載してください。

※上記の記入がない場合は、限定キャンペーンを適用できません。


信濃湧水の口コミ

全体評価 4.2点
 
Nikkoさん 20
2020-03-05
コストパフォーマンス 4.0水のおいしさ 5.0使いやすさ/便利さ 4.0デザイン性 3.0サービス 5.0
充実したサービス内容
味もよく、料金も安く、メンテナンスもしてもらえます。
なにより定期配送ではなく、好きなときに注文できるサービスなのがいいと思いました。

ボトル交換が楽な格安ウォーターサーバー

ワンウェイウォーター/smart
ワンウェイウォーターの「smart」
レンタル料 無料
水代(12L) 1,250円
電気代目安 446円
月額料金
(利用人数ごと)
2~3人 36L:4,196円
4人 48L:5,446円
5人~ 60L:6,696円

ワンウェイウォーターのsmartは、「ボトル下置きタイプ」で、ボトル交換が非常に楽なのが特徴。

一般的な「ボトル上置きタイプ」のウォーターサーバーはボトル交換が大変なのがネックです。

ウォーターサーバーのボトル交換(上置きタイプ)
ボトル上置きタイプのボトル交換

上の画像のように、約12㎏もある水ボトルを胸の高さまで持ち上げて交換しなければなりません。

しかしワンウェイウォーターのsmartは「ボトル下置きタイプ」のため、ボトルを高く持ち上げる必要はなく、楽にボトル交換を行えます。

ボトル下置きタイプのウォーターサーバー
「smart」は足元でボトル交換ができる

そんなワンウェイウォーターの欠点は、月々の注文ノルマが36Lとやや多めに設定されているところ。

ただし、3人家族以上であれば問題なく消費できる量になってきます。そのため家族におすすめのウォーターサーバーです。

ワンウェイウォーターの口コミ

全体評価 4.2点
 
らいとさん 20
2020-02-19
コストパフォーマンス 4.0水のおいしさ 4.0使いやすさ/便利さ 5.0デザイン性 4.0サービス 4.0
家族でお世話になっています。スマートな見た目も良い!
カラーの展開が多く、ピンクのデザインが可愛くて気に入っています。内容量もちょうどよくて、沢山飲んでも無くならない安心があります。

【よくある質問】安いウォーターサーバーに関する疑問を解消!

ここからは、安いウォーターサーバーに関するよくある疑問に答えていきます。

ウォーターサーバーの月額料金の相場っていくらくらいなの?

ウォーターサーバーの料金相場は、「天然水」と「RO水」で大きく異なります。

一般的に、水代はRO水の方が安くなります。
一方で、天然水はサーバーレンタル代無料のところが多いです。

ウォーターサーバーの各種料金相場

また、利用人数によっても月額料金は大きく異なってきます。

下の表が、利用人数別のウォーターサーバーの料金相場です。

ウォーターサーバーの月額料金相場(利用人数別)
※1水の使用量は、毎日一人コップ2杯の水(400ml)ずつ消費した場合。
※2注文ノルマがある関係で、一人暮らしの場合は水の注文が12Lの月と24Lの月が出てくることを想定して計算した。

天然水よりもRO水の方が安いのはなぜ? RO水の方が劣っているの?

RO水の方が安いからと言って、「天然水よりもRO水の方が劣っている」ということはありません。

RO水とは、ROフィルターを使ってろ過し、あらゆる不純物を取り除いた水のこと。非常に高度な技術で、水分子以外のあらゆる物質を取り除けるため、海水から真水を作り出すことも可能です。

どんな原水からでも、同じ品質の飲用水を作ることができるため、RO水は大量生産に向いています。そのためRO水の方がコストは安く済むのです。

注文ノルマって何?

毎月最低でも注文しなければならない、水ボトルの「最低注文量」のことです。

注文ノルマを達成できないと、別途手数料が発生するため気を付けましょう。

ウォーターサーバーの注文ノルマの例

「水代」と「レンタル代」以外に必要な料金はある?

冒頭でも紹介した通り、ウォーターサーバーの月額料金の基本は
「水代+サーバーレンタル料+電気代」
です。

ただ、メーカーによっては次の料金がかかる場合もあります。

送料

ほとんどのメーカーは、水ボトルは送料無料です。しかしメーカーや利用エリアによっては送料が必要な場合も。

メンテナンス料

ほとんどのメーカーが無料。もしくは毎月のレンタル料に含まれている場合が多いです。

定期配送停止手数料

注文ノルマのあるメーカーの場合、定期配送を休止(スキップ)する際に手数料が発生します。ただし、1ヶ月の停止は無料というメーカーが多いです。

初期費用

レンタルプランのウォーターサーバーで初期費用がかかることはほとんどありません。例外的に初期費用が必要なのは、クリクラの「省エネサーバー」「クリクラFit」のみです。

解約金

多くのメーカーは「最低契約期間」を設けており、その期間内に解約する場合は解約金がかかります。

ウォーターサーバーの電気代はどれくらい?

メーカー、機種によって大きく異なります。大体、500円~1,000円くらいの間だと思ってください。

ウォーターサーバーの電気代についてくわしく知りたい方は、下の記事でくわしく解説しているのでぜひご覧下さい。

ウォーターサーバーとペットボトル、どっちが安い?

結論から言えば、「ネットでペットボトルを箱買いする」のが一番安いです。

ただし「コンビニでペットボトルをバラ購入する」よりは、ウォーターサーバーの方が安いです。

ウォーターサーバーとペットボトルの料金比較表

また、ウォーターサーバーには「いつでも温水・冷水を出すことができる」というメリットもあります。
つまりウォーターサーバーには電気ケトルやポットの機能まで含まれているのです。こうした「便利さ」まで含めて考えると、ウォーターサーバーは決してコスパの悪いものではないと言えそうです。

ウォーターサーバーのお得なキャンペーン情報が知りたい

ウォーターサーバーのキャンペーン情報について知りたい方は、下記のページでまとめているのでご覧下さい。

まとめ

この記事では安いウォーターサーバーランキングを紹介してきました。

これまでもお伝えしてきた通り、安いウォーターサーバーを見つけるには、自分の利用人数に合ったものを選ぶことが重要です。

また、目的によってもおすすめの格安ウォーターサーバーは変わってきます。

ぜひこの記事を参考に、自分に合った格安のウォーターサーバーを選んでみてください。


PAGE TOP

ページのトップへ
チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!