ウォーターサーバーのボトル容量を解説!容量別のおすすめサーバーも紹介

ウォーターサーバーの水ボトルの容量は12Lが一般的です。

一人暮らしの方の一カ月当たりの水の消費量が15L程度なので、大体月1本から2本程度を消費することが想定されますね。

12Lの水ボトルは重いため交換するのが大変ですが、メーカーによっては7Lや4.7Lなどの軽量ボトルもあります。

ボトル容量は機種によっても異なるので、ウォーターサーバーを選ぶ際にはまず自分に合ったボトル容量を選ぶことが大切です。

そこでこの記事では、ウォーターサーバーの水ボトル容量の選び方をご紹介します。

具体的には、

  • 容量別のメリット・デメリット
  • おすすめの水ボトル容量
  • 容量別おすすめウォーターサーバー

などを解説します。
是非参考にしてくださいね。

※このページはすべて税込表示です

ウォーターサーバーの水ボトルの一般的な容量とは

ウォーターサーバーの水ボトルの容量は12Lが一般的です。

他には7L、8L、9Lなどがあり、小さいものだと4.7L、大きいものだと18.9Lのサイズがあります。

12Lは人によっては重いと感じる場合もあるので、不安な方は7~8Lがおすすめです。

水ボトル容量ごとのメリット・デメリット比較

水ボトルが小さい場合・大きい場合の各メリット・デメリットを表にまとめましたので、ご覧ください。

容量が小さい容量が大きい
メリット・軽くてボトル交換が楽
・早く飲み切るため衛生的に安心
・ボトル交換の頻度が少ない
デメリット・ボトル交換の頻度が増える
・ボトル本数が増えるので場所が必要
・重くてボトル交換が大変

それぞれのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

水ボトルの容量が小さいメリット

水ボトルの容量が小さいメリットは、なんといってもそのコンパクトさです。

軽いので、女性や高齢者でも持ち運びやボトル交換がとてもラク!
大きいサイズと比べて水を早く飲み切るため、衛生面でも安心です。

水ボトルの容量が小さいデメリット

水ボトルの容量が小さいデメリットは、ボトル交換の頻度が増えること。
そしてボトルの本数が増えるため在庫やゴミの置き場所を取ることです。

ただ、ボトル交換の頻度が増えてもボトルが軽いのであまり負担ではありません。

また、場所を取ると言っても、よっぽど物が多い家でない限りそこまで気にならないでしょう。

自宅にボトルを置くスペースがない方には、水の容器がビニール製で、小さく折りたたんでごみとして捨てることができるパック式ウォーターサーバーがおすすめです。

フレシャス dewo mini
月額料金
(24L換算)
5,651円
おすすめポイントパック式で交換が楽
・高いデザイン性
・コンパクトな卓上タイプ
詳しく見る▶
公式サイトを見る▶
※別途電気代330円がかかります。

パック式のウォーターサーバーについては、こちらの記事でさらに詳しく紹介しています。

水ボトルの容量が大きいメリット

水ボトルの容量が大きいメリットは、ボトル交換の頻度が少ないことです。

一度交換してしまえばしばらく交換が不要なので、頻繁に交換するのが面倒な方におすすめです。

水ボトルの容量が大きいデメリット

水ボトルの容量が大きいデメリットは、想像通りかもしれませんが重くてボトル交換が大変なことです。

ただ、重いと言っても軽量サイズと比べたら重量があるだけで、負担を感じず交換できる人も沢山います。

一度同じ重量のものや近い重量のものを持ち上げてみて、ボトル交換できそうか確認してみると良いですよ。

身近にある近い重量のものをいくつかまとめてみたので、参考にしてみてください。

スーパーにあるもの
お米1袋10Kg
みかんの入った
大きめの段ボール1箱
約10Kg
2リットルのペットボトル6本12Kg
身近な人・生き物
成猫2匹(1匹当たり5Kg)約10Kg
2歳の子ども1人約12Kg

▲ボトル容量のメリット・デメリットをもう一度見る

性別/世代別おすすめ水ボトル容量

性別・世代別のおすすめ水ボトルの容量を表にまとました。

20~59歳60歳以上
男性12L7~12L
女性7~12L4.7~7L

※数値は目安であり、実際は体格や好みによっても異なります。

12Lボトルは女性や高齢者にはやや重い

ウォーターサーバーの水ボトルで最も一般的である12Lは女性や高齢者にはやや重く、ボトル交換が面倒に感じるかもしれません。

もちろん人にもよりますし、持ち上げられないわけではありません。購入前に一度12kgのものを持ち上げてみて、ボトル交換が負担なくできそうか確認してみるのがベストです。

力のない人でも交換しやすいウォーターサーバー

ウォーターサーバーの中には、ボトルをサーバーの下部に設置する下置き型のものや、そもそもボトル交換がいらない水道水浄水型もあります。

ボトルの設置場所が下にある

下置き型のウォーターサーバーは、ボトルを高く持ち上げる必要がないため、力に自信のない方でも比較的楽に交換ができます。

コスモウォーター smartプラス
月額料金
(24L換算)
4,104円
おすすめポイント下置き型なのでボトル交換が楽
・使いやすくコスパもいい
・3段階のチャイルドロック
詳しく見る▶
公式サイトを見る▶
※別途電気代474円がかかります。

なお、ボトル交換が楽なウォーターサーバーの種類についてはこちらの記事でもまとめていますので、気になる方はぜひ目を通してみてください。

ウォーターサーバーの水ボトル容量比較表

当サイトがおすすめしているウォーターサーバーの容量を表にまとめました。

容量はもちろん、料金の目安も記載しているのでサーバー選びの参考にしてください。

水の種類容量水の料金月額料金
コスモウォーター天然水12L2,052円/12L(24L)4,104円
(48L)8,208円
エブリィフレシャス浄水した水道水3.3L
5.7L
ご自宅の水道料金3,300円
フレシャス天然水4.7L
7.2L
9.3L
2,078円/12L換算(24L換算)4,156円
(48L換算)8,312円
プレミアムウォーター天然水7L
12L
2,041円/12L(24L)4,082円
(48L)8,164円
アクアクララRO水7L
12L
1,404円/12L(24L)3,908円
(48L)6,716円
ハミングウォーター浄水した水道水7.9Lご自宅の水道料金3,300円
信濃湧水天然水11.4L1,872円/12L換算(24L換算)3,744円
(48L換算)7,488円
クリクラRO水5.8L
12L
1,590円/12L(24L)3,640円
(48L)6,820円
アルピナウォーターRO水7.6L
12L
18.9L
1,242円/12L(24L)3,254円
(48L)5,738円
サントリー天然水
ウォーターサーバー
天然水7.8L2,243円/12L換算(24L換算)4,486円
(48L換算)8,972円
ワンウェイウォーターRO水
(天然水もあり)
12L1,350円/12L(36L)4,050円
(48L)5,400円
amadanaウォーターサーバー
(プレミアムウォーター)
天然水7L
12L
2,041円/12L(24L)5,182円
(48L)9,264円
※別途電気代がかかります。

最新のおすすめウォーターサーバーランキングを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

容量別おすすめウォーターサーバー

「メーカー別の容量は分かったけど、実際どれを選べばいいの?」
「欲しい容量は決まったけど、どのサーバーを選べば良いか分からない」

そんな方に向けて、容量別におすすめのウォーターサーバーをご紹介します。

先に結論から言うと、以下のウォーターサーバーがおすすめです。

順番に解説していきますね。

コスモウォーター

水の料金(12L)2,052円水の種類天然水
レンタル料無料ボトルタイプ使い捨て方式
配送料無料配送地域全国(沖縄・離島をのぞく)
月額料金
(smartプラス)
(24L)4,104円
(48L)8,208円
ボトル容量12L
※別途電気代474円がかかります。

定番サイズの12Lの中ではコスモウォーターが一番おすすめです。

グッドデザイン賞を受賞するほどのデザイン性と、採水から48時間以内に出荷される天然水。お部屋をおしゃれに魅せながら、自然本来の美味しい水を味わえます。

さらに、コスモウォーターはボトルの設置場所が足元にあります。
持ち上げる必要がないため、12Lが重く感じる方でも簡単にボトル交換が可能です。

もっとくわしく知りたい方はコスモウォーターの口コミまとめ記事をご覧ください。

コスモウォーターのお得なキャンペーン

コスモウォーター「11周年記念キャンペーン」
コスモウォーターの新規契約キャンペーン
7月16日 までに新規契約すると、次の特典をプレゼント!
  • Amazonギフトカード 11,111円分(抽選11名)
  • Amazonギフトカード 1,111円分(抽選100名)
  • Amazonギフトカード 111円分(抽選1000名)
  • 期限: 7月16日 まで

    アクアクララ

    水の料金(12L)1,404円水の種類RO水
    レンタル料1,100円~3,300円ボトルタイプ返却方式
    配送料無料配送地域全国(沖縄・離島をのぞく)
    月額料金
    (アクアスリム)
    (24L)3,908円
    (48L)6,716円
    ボトル容量7L・12L
    ※別途電気代がかかります。

    重すぎず、交換頻度も多くない7Lサイズ。7Lの中ではアクアクララがおすすめです。

    アクアクララは12Lあたりの価格が1,404円~というお得な値段が特徴です。
    サーバーの種類も豊富にあり、自分に合った機能やデザインを選ぶことができます。

    特にアクアウィズという機種は、ウォーターサーバーには珍しい「コーヒーマシン一体型」のタイプになります。ウォーターサーバーの良質な水で、美味しいコーヒーを淹れられます。

    またアクアクララには注文ノルマがありません。
    好きな時に好きな分だけ購入できるのは、消費量が不安定な方にとっては嬉しいですよね。

    もっとくわしく知りたい方はアクアクララの詳細記事をご覧ください。

    アクアクララのお得なキャンペーン

    アクアクララ「かならずもらえるキャンペーン2024春夏」+当サイト限定キャンペーン
    アクアクララの新規契約キャンペーン
    9月2日 までに新規契約すると、もれなく次の特典をプレゼント!
  • 【当サイト限定】Amazonギフト券3,000円分プレゼント
  • 【当サイト限定】ボトル無料チケット4本分(6,000円相当)プレゼント
  • 「ソーダストリーム ガイア」または「レコルト エアーオーブン」もらえる
  • 12Lボトル2本分(約3,000円分)が初回999円
  • 設置月のあんしんサポート料無料
  • 期限: 9月2日 まで

    子育てアクアプラン
    アクアクララの子育てキャンペーン
    妊婦または未就学児がいる家庭は、もれなく次の特典を受けられます!
  • 毎月550円OFF(年間6,600円お得)
  • ママがよろこぶグッズプレゼント
  • フレシャス(天然水)dewo mini

    水の料金(12L)2,551円水の種類天然水
    レンタル料550円(条件付き無料)ボトルタイプ使い捨て方式
    配送料無料配送地域全国(沖縄・離島をのぞく)
    月額料金(24L換算)5,651円
    (48L換算)10,753円
    ボトル容量4.7L
    ※別途電気代490円がかかります。

    軽さを求める方には4.7Lサイズがおすすめです。このサイズを採用しているサーバーはただ一つ、フレシャスのdewo mini(デュオ・ミニ)です。

    軽量かつコンパクトな設計で、サーバー本体は卓上サイズ。
    部屋や机のちょっとした隙間に置けるので便利ですよね。

    小さいながらに高性能で、温水冷水が出せるのはもちろん、電気代も60%カット
    さらに「UV-LED」という殺菌効果のある紫外線を出すダイオードも搭載。
    サーバーを常に綺麗に保ちます。

    もっとくわしく知りたい方はフレシャスの詳細記事をご覧ください。

    フレシャス(天然水)のお得なキャンペーン

    フレシャス「水1箱分無料キャンペーン!」
    フレシャスの新規契約キャンペーン
    7月28日 までに新規契約すると、次の特典をプレゼント!
  • 水1箱分無料!
  • オリジナルグッズプレゼント
  • (抽選3名)STAN. IH炊飯ジャー当たる!
  • Slat+cafe限定「UCCドリップポッド24杯分」プレゼント
  • 期限: 7月28日 まで

    フレシャス「ママパパプラン」
    フレシャスのママパパプラン
    妊婦または未就学児がいる家庭は、もれなく次の特典を受けられます!
  • ハンドル付きストローカップ
  • 今治ハンドタオル
  • お子様の誕生月にお水1箱無料プレゼント
  • 水ボトルを使わない「水道水浄水型ウォーターサーバー」もある

    ここまでボトル容量ごとのおすすめウォーターサーバーをご紹介してきましたが、そもそも水ボトル自体を使わないのが水道水浄水型のウォーターサーバーです。

    水道水浄水型ウォーターサーバーのメリット

    水道水浄水型は水ボトルを使わないため、ボトル交換をする必要がありません。

    水道水を浄水するタイプのウォーターサーバー

    そのため、力に自信のない方でも手軽に利用することができます

    また、水代がご自宅の水道料金のみなため、かかる費用が実質レンタル料のみの定額制であることは、水の使用量が多いご家庭にはうれしい点でしょう。

    水道水浄水型ウォーターサーバーのデメリット

    水道水浄水型はその名の通り、浄水した水道水を利用するタイプのウォーターサーバーです。

    天然水ではないため、水の味にこだわりがある方は物足りなさを感じるかもしれません。

    ただし、水道水浄水型は浄水時に非常に高性能なフィルターを用いているため、水道水特有の味が消えており、おいしく飲める水になっています。

    高性能なフィルターでおいしい水に(画像はeveryfrecious公式を参考にしています)

    水道水浄水型についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

    おすすめの水道水浄水型ウォーターサーバー

    おすすめ① エブリィフレシャス(浄水) Tall

    水の料金ご自宅の水道料金
    レンタル料3,300円
    初期費用0円
    タンク容量5.7L
    ※別途電気代360円がかかります。

    エブリィフレシャスは給水タンクに水道水を注いで浄水するタイプのウォーターサーバーです。

    先に紹介したフレシャス Dewoの姉妹ブランドであり、Dewoと同じく高いデザイン性を備えています。

    常温水を含めた6段階の温度調節機能があり、SleepモードやECO機能を使えば電気代が最大約60%抑えられるなど、機能的にも充実しているのは魅力的ですね。

    現在、エブリィフレシャスは上野樹里さん出演のCMでも注目を集めています。

    もっとくわしく知りたい方はエブリィフレシャスの詳細記事をご覧ください。

    エブリィフレシャス(浄水)のお得なキャンペーン
    エブリィフレシャス「実質2ヶ月無料キャンペーン!」
    エブリィフレシャスの新規契約キャンペーン
    7月21日 までに新規契約すると、次の特典が受けられます!
  • 全員初月サーバーレンタル料(3,300円)無料
  • 全員Amazonギフト券 3,300円分プレゼント
  • (抽選3名)Dyson 空気清浄機能付タワーファンプレゼント!
  • (抽選300名)オリジナルグッズから1つプレゼント
  • 期限: 7月21日 まで

    おすすめ② ウォータースタンド アイコン

    水の料金ご自宅の水道料金
    レンタル料4,400円
    初期費用0円
    ※別途電気代518円がかかります。

    ウォータースタンド アイコンは水道に直接接続して浄水するタイプのウォーターサーバーです。
    水道直結なため給水タンクもなく、水の補給作業がまったくいらないのが大きな特徴です。

    なお、水道直結タイプのウォーターサーバーは工事が必要なため、初期設置費用が高いことが多いです。
    その点、アイコンは初期設置費用が無料なため、他のサーバーよりも比較的導入しやすくなっています。

    コンパクトでフラットなデザインとなっており、温度も3段階から選択可能。
    ただし、水道に直接接続するという都合上、キッチンなどの水回りにのみ設置可能という点には注意が必要です。

    もっとくわしく知りたい方はウォータースタンドの詳細記事をご覧ください。

    ウォーターサーバーの豆知識

    1ヶ月で必要なウォーターサーバーの水は1人あたり15L

    1ヶ月に使用するウォーターサーバーの水の量は、1人あたり15Lが目安です。
    料理にも使用する場合、18.5Lが目安になります。

    ただし、上記は自宅で活動する時間を3分の1としたときの計算。
    家にいることが多い人の場合、もっと多くの水を消費するかもしれません。

    1ヵ月で必要なウォーターサーバー水について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

    ウォーターサーバーのタンク容量は2L前後

    ウォーターサーバーには基本的に温水タンクと冷水タンクが積まれています。
    この2種類のタンクのおかげで、いつでも温水と冷水を出すことができます。

    タンクの容量は、一般的に2L前後。サーバーの大きさによっても異なります。

    ウォーターサーバーのタンクの基本構造

    ウォーターサーバー内部に温水タンクと冷水タンクがあります。
    それぞれのタンクにボトルから水が流し込まれ、温水タンクで加熱・冷水タンクで冷却されます。

    一般的に冷水タンクが上部、温水タンクが下部にあることが多いです。

    それぞれのタンクには保温効果があるため、常に加熱・冷却がされるわけではありません。無駄な電力の消費は極力抑える仕組みになっています。

    ウォーターサーバーから温水と冷水を出せる仕組み

    ウォーターサーバー内に積まれている温水タンクと冷水タンクが常に温度を保つため、
    いつでも温水・冷水が出せます。

    では、この温度はどのように保っているのでしょうか。
    温水・冷水それぞれについて解説します。

    温水を作る仕組み

    温水を作る仕組みは単純。
    金属棒に電気を通し、水を温めるというやり方です。
    電気ポットでも同じ温め方が採用されています。

    冷水を作る仕組み

    冷水を作る仕組みについては、以下2通りのやり方があります。

    • 電子式
    • コンプレッサー式

    電子式は、冷水タンク内にペルチェ素子という半導体素子を設置し、ペルチェ素子に電流を流すことで水を冷却するという仕組みです。冷却力は弱めですが、消費電力が抑えられます。

    コンプレッサー式は、圧縮機を使って冷却用のガスを圧縮し、タンク内に循環させることで水を冷やす仕組みです。冷却力が強い分、電子式と比べると消費電力は高めです。

    ウォーターサーバーの仕組みについては、こちらの記事でさらに詳しく説明していますので、興味がある方はぜひご覧ください。

    執筆者のプロフィール

    水ナビ編集部 

    これまで60社以上のメーカーを比較し、30機以上のサーバーを実際にレンタルして使ってきた水ナビ編集部が、あなたにぴったりなウォーターサーバーを見つけます。

    【監修者】中倉大吾

    株式会社スタークラフトの代表取締役社長を務めながら、水のスペシャリスト「アクアソムリエ」としても活動する。2013年5月からウォーターサーバーの比較メディアを運営開始。10年以上にわたってウォーターサーバー業界を見てきた豊富な知見を生かし、2019年にはより総合的でユーザーに寄り添ったウォーターサーバー比較サイトとして「水ナビ(当サイト)」を立ち上げる。また宅配水業界における正しい情報発信を推進するため、一般社団法人「日本宅配水&サーバー協会(JDSA)」の協賛会員に加盟。
    ※アクアソムリエは、日本アクアソムリエ協会の認定資格です。著者の所有資格について、詳細はこちらをご覧ください。またこちらからアクアソムリエ協会のプロフィールもご覧になれます。