フレシャスって高いの?187人の利用者にコスパについて聞いてみた!

「フレシャスは料金が高いってホント?」

フレシャスは数あるウォーターサーバーの中でも人気の高い天然水ウォーターサーバー。

おしゃれなウォーターサーバーで本格的な天然水が飲めることが特徴のフレシャスですが、ネットを見ていると「料金が高い」という口コミもちらほらあります。

「え!?フレシャスって高いの?」
「高いなら止めておこうかな・・・」

そんなふうに迷っている方も多いと思います

そこで今回は、

  • 実際のところフレシャスの料金・コスパはどうなのか?
  • 値段に見合った商品・サービスなのか
  • フレシャスはどんな人におすすめか?

こういった点について徹底解説していきます。

※この記事の料金はすべて税込です

【187人アンケート調査!】フレシャスって高いと思う?コスパと選んだ理由

ネット上でフレシャスの口コミを見ていると、「高い」「コスパが悪い」「安くしてほしい」等、料金面の悪い口コミもあります。

しかしながら、フレシャスがウォーターサーバー業界でも1、2を争う人気メーカーであることも事実。利用者の満足度が高くなければ、ここまで人気になっていないはずです。

そこで当サイトでは、実際にフレシャスを利用している187人を対象に料金価格についてアンケート調査してみました

フレシャスは高いと思いますか?

高いと思う 89人(48%)
妥当だと思う 75人(40%)
安いと思う 23人(12%)

アンケートの結果はご覧の通り、料金について「妥当」もしくは「安い」と感じている方が、52%と過半数でした

とはいえ、「高いと思う」と回答した方も48%でほぼ半数。フレシャスの料金については、人によって意見が分かれるようです。

ここで、それぞれの理由を見ていきましょう。

高いと思う理由

フレシャスを置いてからは、ムダに水を消費するようになり、ある月では1万円以上かかってしまったことがあり、さすがにお水にそこまで出せないと思い解約することにしました。

経済的事情もあるけど、やっぱり高いかな。水道水で十分だと思います。


水の違いがわからない人や、健康志向ではない人にはどれも同じに思えて、やっぱり高いかなと思う。

妥当だと思う理由

単に水を使うということを考えると高いかもしれないけど、そうじゃなく良質な天然水をいつでも飲める利便性の高さでこの価格は、まあ妥当かなと。

他のウォーターサーバーと比べればいささか高いけど、実際に乗り換えてフレシャスを使ってみると高いとは思わないです。買いに行く手間やお湯を沸かす面倒さがないですから。

フレシャスにしてからは水ばかり飲むようになったし、自販機やコンビニで飲み物を買わなくなりましたね。安いとは思わないけど、あるとホント便利だしこの価格は妥当ですね。

安いと思う理由

他社のウォーターサーバーと比べても価格差は大きなものではないし、むしろ機能性や使い勝手の良さを考えると安いでしょ。

おいしい天然水をこの価格で飲めるのはコスパいいかなと思いました。よく比べたらペットボトルの水と価格はそんなに変わらないし、温かいお湯も冷たい水もすぐ飲める便利さを考えたら安いのではないかな。

オシャレなウォーターサーバーを置ける満足感+天然水で健康的になれることを考えると安い。子供のジュース代も浮いたし、そういった総合的に見ればウォーターサーバーを置いて良かったですね。

フレシャスの費用は高いのか他社と比較!

フレシャスを使うのに月々いくらぐらいの費用がかかるのか?他社と比べて高いのかどうか?も気になるところですね。

ここではフレシャスの月額費用を他社と比較しながら解説していきます。

フレシャスの月額費用一覧

フレシャスの月額費用は機種によって異なります。

デュオ スラット サイフォン+ デュオミニ
機種
水代 【富士】
1,247円/7.2L
【木曽】
1,264円/7.2L
【朝露高原】
1,231円/7.2L
【富士】
1,626円/9.3L
【富士】
1,247円/7.2L
【木曽】
1,263円/7.2L
【富士】
999円/4.7L
サーバー代 550円
※水2箱(7.2L×8)以上購入で翌月無料
990円
※水3箱(9.3L×6)以上購入で翌月無料
無料
※水購入なしの場合翌月330円
550円
※水3箱(4.7L×12)以上購入で翌月無料
配送料 無料
月額費用
(24L換算)
【富士】
4,707円
【木曽】
4,763円
【朝露高原】
4,653円
5,186円 【富士】
4,157円
【木曽】
4,213円
5,651円

フレシャスの月額費用は「4,000円~5,500円近く」となります。

ただし、上記はあくまでもひと月に水1箱購入した場合の金額です。

水の消費量が多ければ月額費用は上乗せになりますし、逆に水の配送一時休止を使えば水の購入は2ヶ月に1回に減らし費用を抑えることもできます。

月額費用を他社と比較

フレシャスと他社ウォーターサーバーの月額費用を比較してみましょう。

メーカー(天然水) 24L換算 48L換算
フレシャス
デュオ
4,653円 8,756円
フレシャス
スラット
5,186円 9,382円
フレシャス
サイフォン+
4,157円 8,313円
コスモウォーター
smartプラス
4,104円 8,208円
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
3,974円 7,948円
プレミアムウォーター
Cado×PREMIUMWATERウォーターサーバー
5,074円 9,048円
信濃湧水
エコサーバー
3,741円 7,151円
キララ
キララスマートサーバー
5,431円 9,543円
メーカー(RO水) 24L換算 48L換算
クリクラ
省エネサーバー
3,380円 6,300円
アルピナウォーター
エコサーバー
3,227円 5,495円

※別途電気代がかかります。

同じ天然水のウォーターサーバーと比較すると、フレシャスの料金・価格は決して高いというわけではありません

フレシャスは他社ウォーターサーバーと比べて使い勝手や機能性、さらにはデザイン性も優れているなど、プラスαの付加価値があるのでそれを考えるとむしろ他の天然水ウォーターサーバーよりも安いと考えることもできます。

RO水のウォーターサーバーは水代が安いこともあり、さすがにフレシャスと比べると月額費用の差は大きいです。

RO水は天然水と比べて製造コストがかからず、全国どこでも作ることができるので配送料も抑えることができるので天然水よりも安い値段で提供できます。

単純に安いウォーターサーバーを使いたいならフレシャスではなくRO水ウォーターサーバーが良いでしょう。

フレシャスは解約金も高い?

フレシャスは一定期間メーカーと契約してサーバーをレンタルしたり水を配送してもらえるサービスです。

もし、期間が満了していない状態で解約すると解約金が発生します

これはフレシャスに限らず多くのウォーターサーバーで共通しています。

ウォーターサーバーの料金・価格は水代や電気代だけでなく、万が一解約するときに発生する解約金についても抑えておくことが大切です。

ウォーターサーバー(天然水) 最低契約期間 解約金
フレシャス 2年 1年未満の解約:16,500円
1年~2年未満の解約:9,900円
コスモウォーター smartプラス:2年 9,900円
ECOTTO:3年 20,900円
プレミアムウォーター 【基本プラン】設置後2年以内の解約
スリムサーバーⅢ(ショート・ロング)/amadanaスタンダードサーバー
10,000円(非課税)
【基本プラン】設置後2年以内の解約
cado×PREMIUM WATER/amadanaウォーターサーバー/QuOL
20,000円(非課税)
【PREMIUM3年パック】設置後3年以内の解約
スリムサーバーⅢ(ショート・ロング)/amadanaスタンダードサーバー
15,000円(非課税)
【PREMIUM3年パック】設置後3年以内の解約
cado×PREMIUM WATER/amadanaウォーターサーバー/QuOL
20,000円(非課税)
【プレミアムウォーターマムクラブ】設置後3年以内の解約  20,000円(非課税)
信濃湧水 1年 11,000円
キララ 1年プラン 5,400円
2年プラン 14,040円
3年プラン 19,440円
ウォーターサーバー(RO水) 最低契約期間 解約金
クリクラ なし 無料
アクアクララ
通常プラン:1年 6,600円
2年割プラン:2年 11,000円
アルピナウォーター 1年 5,500円~(※地域・機種による)

このようにメーカーや機種、料金プランによって解約金は異なります。

フレシャスの解約金は他社と比べるとやや高いですね。2年以上続けないと解約金が9,900円~16,500円かかるので、購入するときは慎重に考えたいところです。

フレシャスはこんな人におすすめ

ここまでフレシャスの料金・価格について解説してきました。

高いと感じるか安いと感じるか、それとも妥当だと感じるかは人それぞれの価値観によるところが大きいです。

ただ、フレシャスで得られるメリットを理解していれば多少の費用がかかっても使ってみたいと思う人もいるでしょう。

そこで、実際にフレシャスを利用している人に「なぜフレシャスを選んだのか?」「どこが気に入っているのか?」を調査しました。

水道水やペットボトルよりも高いお金を払ってまでフレシャスを選ぶからには、やはりそれなりの理由や満足感があるはず。

調査の結果から、どんな人にフレシャスがおすすめなのかご紹介します。

なぜフレシャスを選びましたか?


見た目にこだわる人

水代は高いと思うけど、そんなに消費しないのでそこまで負担だとは思ってません。それでもフレシャススラットを購入したのはオシャレだから。これに尽きますね。自慢じゃないけど、インテリアには結構こだわっていて、友人からも褒められたりしてます。

フレシャスを選んだ人、利用して満足している人の多くが「見た目重視」「デザインがオシャレ」と回答しています。

フレシャス デュオ フレシャス スラット

→公式サイトはこちら

フレシャスはグッドデザイン賞を受賞しているウォーターサーバーをラインナップしており、オシャレなウォーターサーバーを置きたい人、見た目にこだわりたい人に人気です。

使いやすさ・機能性を重視する人

他のウォーターサーバーと違って、操作しやすくストレスなく使えるのが気に入ってます。夜中に娘にミルクをあげるときも、エコモード最適な温度がすぐでるからミルクもすぐ作れて利用者のことを考えているなと思います。

フレシャスは利用者目線でデザインや機能が設計されていることもユーザーから好評です。

操作はボタン式でトレイが広めの作りなので、容器を置いたまま片手で注水が可能など、ウォーターサーバーにありがちなわずらわしさを排除しており、ストレスなく使えるのが特徴です。

また、エコモードは電気代が節約できるだけでなく、70℃の温水が使えるようになり、ミルク作りにも役立ちます。小さな子供がいる家庭にもフレシャスはおすすめです。

年配や腰痛持ちの人にも

前使ってたウォーターサーバーは水を注ぐときかかがまないといけなかったので腰が痛くて苦痛でした。フレシャスは上の方にボタンが付いているし、コップを置いたまま注げるからラクです。

フレシャスのウォーターサーバーは操作ボタンがサーバー上部にあり、さらに給水位置が高めなので腰を曲げなくても注水できます。

以外にも大人が使いやすい設計のウォーターサーバーは少なく、フレシャスはその数少ないウォーターサーバーの中の1つということです。

一人暮らしの人、部屋が狭いという人

賃貸だから部屋が狭くて床にウォーターサーバーを置くとさらに狭くなってしまうのでデュオミニを選びました。他にはないコンパクトサイズで窮屈に感じることもなく使えてます。

フレシャスは卓上型ウォーターサーバーが「デュオミニ」「サイフォン+ショート」の2種類あります。

フレシャス デュオミニ フレシャス サイフォン+ショート

→公式サイトはこちら

コンパクトサイズなのでテーブルやキッチンカウンターにも置けるので、スペースを活かした設置ができます。

床置き型とは違って部屋を圧迫することがないので、一人暮らしや部屋が狭いという方におすすめです。

フレシャスの「高い」を解決する方法

フレシャスを使いたいけど、どうしても料金・価格がネックになってて利用をためらっているという方もいるでしょう。

そんな方のために、フレシャスの「高い」を解決する方法をご紹介します。

長期利用を考えているなら購入がお得

これはフレシャスを長期利用することを前提とした方法になりますが、サーバーをレンタルではなく購入するというもの。

フレシャスのウォーターサーバーは、レンタルプランだけでなく購入プランがあります。

購入プランの場合、水代がずっと18%割引で購入することができます。※

ここで、レンタルと購入プランの両者の月額費用を比較してみると、次のようになりました。

レンタルプランの月額費用 購入プランの月額費用(一括:47,300円)
5,540円~ 36回払い:5,431円~
支払い完了後:4,056円~

※フレシャス・デュオ/『FRECIOUS富士』で比較。割引はキャンペーン期間のみ有効です。

購入プランの場合、サーバー代の支払い方法は36回払いと一括払いの2通りあります。

36回払いの場合、期間中はレンタルプランと月額費用の差はほとんどないですが、支払い完了後は1,000円以上安くなります。

長く利用することを考えているのであれば、購入プランにすることでフレシャスの「高い」を解決することができます。

水の消費が少ないなら一時休止サービスの活用がおすすめ

フレシャスの月額費用は5,474円~となります。これは、毎月最低水1箱(28.8L)を購入した場合の価格ですが、中にはひと月に水を消費しきれず余ってしまうという方もいるでしょう。

特に一人暮らしの方や、水をあまり消費しない方にとってはムダにお金を払うことになり、なおさら高いと感じてしまいます。

そこで、水の配送一時休止というサービスを使うことをおすすめします。

フレシャスは定期配送となるので毎月自動で水が届けられますが、一時的に配送を休止させることができます。

2ヶ月未満の休止であれば無料です。しかも何回でも利用可能です。

たとえば、1ヶ月目に水を1箱購入して、2ヶ月目は配送休止、3ヶ月目に水を1箱購入という風にすれば2ヶ月ごとに1箱の購入となります。

つまり、1ヶ月に水を2個(14.4L)購入すればいいので、フレシャス・デュオと『FRECIOUS富士87.2L)』の場合、月々の費用は3,044円で済むということになります。※

配送一時休止サービスを上手に使えば、月々の費用を抑えられますし、水が余ってしまうことも防げます。

ただし、2ヶ月以上連続で休止すると1,100円/月の手数料がかかりますので注意してください。

フレシャスは短期利用に不向き!高い解約金に注意

フレシャスのウォーターサーバーは2年未満の解約だと解約金がかかります。

1年未満の解約なら16,500円、1年以上2年未満の解約なら9,900円とウォーターサーバーの解約金としては高額です。

そのため、「試しに使ってみたい」「あわなかったら解約すればいいや」など長期利用を考えていない方には正直おすすめできません

ウォーターサーバーは実際に使ってみないと自分にあうのかどうかがわかりにくいですが、フレシャスが気になる方は、ショッピングモールや電気店で開催している試飲会に足を運んでみるのも一つの手です。

フレシャスは定期的に試飲会などのイベントを開催していたりします。そこで実際に試飲したり、使い勝手や機能を確認してみてから契約するかどうか決めるのが良いでしょう。


PAGE TOP

ページのトップへ
チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!