富士山の水の特徴とは?アクアソムリエがおすすめの水を紹介!

書いた人
野中智子

こんにちは!フリーアナウンサー&アクアソムリエの野中智子です。
新型コロナウィルスの猛威がいまだおさまらない中ですが、皆様いかがお過ごしですか。
再び発令された緊急事態宣言で、お家にいる時間がいつもより長くなって、お水の消費量も増えたという方が多いことかと思います。

2021年最初のコラムは、日本が誇る富士山に注目してみたいと思います。体力には全く自信のない私ですが、いつか元旦に富士山からのご来光を眺めてみたいな~と思っています!それほど、富士山は神秘的で、なぜか日本人が心惹かれてしまう山ですよね。そしてその富士山、私たちに美味しいお水も与えてくれています。
今回はそんな富士山のお水について紹介したいと思います。

(写真の富士山は、私が昨年1月に旅行した際のものです。確か本栖湖から撮影した写真だったかと思います。まだ世の中がコロナの脅威にさらされていなかったときで、昨年はこの旅行が最後になってしまいました…。)

著者:野中智子
NHK長野放送局と千葉放送局で契約キャスターを務めたのち、現在はフリーアナウンサーとして活動中。
アクアソムリエとしては、第一期のメンバーとして資格を取得。水の専門家としての一面も持ち合わせている。
ブログ:https://ameblo.jp/ive-chiko/
Twitter:@smilechiko

富士山の天然水の特徴とは?

水は、地上に降った水分が長い時間をかけて地層を浸透することで地下水となり、水になります。どんな地層を通過して濾過されてきたかで、水の味わいや含まれるミネラル成分も大きく変わってきます。日本は軟水の水が多いのですが、その軟水の中でも、富士山の麓で採取されるお水は特徴のあるお水なんです!富士山周辺で採水されたお水にはある成分が他よりも多く含まれていて、味わいに深みを与えてくれているんです。

その成分とは「バナジウム」です。自然界には量が少ないといわれるバナジウムは、玄武岩層を通り抜けてきた水に多く含まれるミネラルです。

富士山は、バナジウムを多量に含む玄武岩質のマグマを大量に噴出して形成された火山で、世界でも数少ない玄武岩でできた大きな成層火山です。その分厚い玄武岩層をじっくり浸透する間に、バナジウムを豊富に溶かし込んでいくため、富士山の伏流水にはバナジウムが高濃度に溶け込んでいるんだそうです。

そんな富士山周辺で採水されたオススメの水をいくつかご紹介します。

富士山周辺から採水されたおすすめ天然水

「富士山麓、湧水の郷から届きました。」

まずは、山梨県の名水の里・忍野八海近辺の厳選された場所で採水されたという、「富士山麓、湧水の郷から届きました。」

まずネーミングに、惹かれました(笑)。全くひねることもなく、ずばっとそのものを言い表していて、それでいてなんかほっこりする…。更に私自身が、忍野村の忍野八海を訪れたことがあり、旅の思い出と共に、あの透き通った水が湧いている様子が目に浮かんできて、より水を美味しく感じられる!

水の成分や採水地など難しいことは分からない、こだわりも特にないという方も多いと思いますが、そういう方も、旅行で行ったことがある、知り合いの出身地など、自分とつながりのある場所の水をセレクトすると、より味わい深く感じられるかもしれませんよ!そういう選び方もおすすめです!

さて、この「富士山麓、湧水の郷から届きました。」という水。栄養成分はというと…

栄養成分(100ml当たり)

カリウム 0.15mg
カルシウム 1.0mg
マグネシウム 0.37mg
バナジウム 54ug/L
硬度 40mg/L
pH値 7.8

採水地は「山梨県南都留郡山中湖村」。
ラベルには

日本の心の原風景。美しい湧水の郷、忍野村。山間にある美しい水と空気が流れる地、忍野村。国の天然記念物に指定される忍野八海は、富士山の雪解け水が80年の歳月をかけ濾過し、湧水となって8か所の泉をめぐっており、その水の美しさは全国名水百選に選定されています。

と、忍野八海の美しさをつい想像したくなるような魅力的な文言が並んでいます。

ミューバナディスス

ホームページを見てみると、

ミューバナディスは、バナジウムをはじめ、亜鉛やケイ素など約34種類のミネラルをバランス良く含んだミネラルウォーターです。富士山の玄武岩の層で永年かけてゆっくり浸透・濾過された深層水は他のバナジウム水よりも高濃度のバナジウムを含んでおり、多くのミネラル成分を含んでいます。ミューバナディスは理想的なバランスの天然水です
出典:ミューバナディス公式

と明記されています。

栄養成分を細かく見てみると…

栄養成分(100ml当たり)

カリウム 0.11mg
カルシウム 0.85mg
マグネシウム 0.30mg
バナジウム 63ug/L
亜鉛 47ug/L
ケイ素 18.1mg/L
硬度 34mg/L
pH値 7.4

このミューバナディスは、バナジウムだけではなく、亜鉛とケイ素の含有量が多いという点もおススメポイントです。亜鉛の含有量が多いので、味わいはまろやか、飲みやすく体にすっと入ってきます。

富士ミネラルウォーター FUJⅠ

ラベルには「創業昭和4年 バナジウムを多く含んだ弱アルカリ性の軟水タイプ。日本のナチュラルミネラルウォーターのパイオニア」と書かれており、長い歴史を感じることができます。

ホームぺージにも

富士の麓の標高約1,000mで採水された富士ミネラルウォーターは、弱アルカリ性の軟水。口あたりがまろやかで、4大ミネラルが含まれたナチュラルミネラルウォーターは、日本人に好まれやすい水質です。冷やさなくてもおいしくお飲みいただけ、お茶やコーヒーの抽出にも最適です。
出典:富士ミネラルウォーター公式

と書かれています。

栄養成分(100mlあたり)

ナトリウム 0.54mg(食塩相当量0.001g)
カルシウム 0.95mg
マグネシウム 0.36mg
カリウム 0.13mg
pH 8.0
硬度 38mg/L
バナジウム 60μg/L
採水地 山梨県富士吉田市

このお水はホテルやバーなどで多く親しまれているお水で、横浜のバーでバーテンダーをしている知り合いからも「オーセンティックなバーではウィスキーのロックのチェーサーにはFUJIの水」という話を聞きました。味わいがまろやかで、ウィスキーのうまみをより際立たせてくれるそうです。

みなさまのお墨付き 富士山系の天然水

ラベルには「世界遺産の一つ、富士山の麓。玄武岩層に磨かれた澄み切った地下水を汲み上げ、10ナノメートルの精密フィルターで非加熱ろ過した軟らかなナチュラルミネラルウォーター」と記載されています。

成分表示(100mlあたり)

ナトリウム 0g(食塩相当量0.001g)
カルシウム 1.1mg
マグネシウム 0.39mg
カリウム 0.15mg
pH 7.8
硬度 44mg/L
バナジウム 50μg/L

こちらは「◎みなさまのお墨付き」という西友のプライベートブランドのお水で、かなりお手頃なお値段なのがおススメポイントです。バナジウムが含まれているのに、2Lのペットボトル1本(税抜き)73円という、非常に有難いお値段です!

富士山の水をぜひ一度味わってください!

冬の晴れた朝などは東京からでも綺麗な富士山を眺めることができますが、そんな富士山が育んでくれた特徴のある美味しいお水を是非、皆様味わってみてください!富士山を思い浮かべながら飲むと、より美味しく感じられるかもしれませんよ!

執筆者のプロフィール

野中智子

NHK長野放送局と千葉放送局で契約キャスターを務めたのち、現在はフリーアナウンサーとして活動中。

アクアソムリエとしては、第一期のメンバーとして資格を取得。水の専門家としての一面も持ち合わせている。


PAGE TOP

ページのトップへ
チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!