ミネラルウォーターをおいしく飲める最適の容器は?ビン?ペットボトル?缶?

Writer
鶴田雅人

こんにちは。アクアソムリエの鶴田雅人です。

最近、ペットボトル以外の容器でお水が売られているのを、よく目にするなーと思っています。

他の飲料(例えば、コーヒーとかお酒とか...)では、多種多様な容器があるのは、半ば当たり前になっているので、お水にもその波が来た?と言えるのは、良いことだと思います。

ただ、じゃあそれぞれの容器の味はどうなの?とか、あるいはその背景(なぜなのか)とか、そういう部分をまとめた記事はなさそうなので、今回はミネラルウォーターの多様な容器と、その味について、少しだけ掘り下げてみます。

鶴田雅人

日本アクアソムリエ協会認定 アクアソムリエマイスター・公認講師。 水の味の違いに興味を持ち、国内外のミネラルウォーターを飲み比べている。 日本テレビ系列「月曜から夜ふかし」、 フジテレビ系列「99人の壁」など、メディアにも多数出演。

Twitter:https://twitter.com/aquasomme

先に、今回のまとめは、こんな感じです

【比較表】水をおいしく飲める容器はどれ?

容器 味わい
ビン
ペットボトル
紙パック
その他

ビン

ミネラルウォーターの歴史はビンから始まります。ヨーロッパには、紀元前から語り継がれる「泉」(あるいはスパやテルメ、採水地)は数多くありますが、一説によると、17世紀にマルバーンという地域で、瓶詰めのお水を販売したのが、その始まりだそうです。

日本では、19世紀後半、明治の始まり頃に、いくつかの炭酸水が瓶詰めで売られ始めました。
これが一応、日本におけるミネラルウォーターの始まりとされています。

その後、昭和4年に富士ミネラルウォーターが誕生したりして、歴史は進んでいきますが、長くなるので(笑)、本題に戻ります。

源泉から直接飲むような場合を除けば、ミネラルウォーターの味わいでいちばん優れているのは、ビンです。

コップをイメージしてもらうと分かりやすいかと思うのですが、
紙コップ、プラスチックコップ、ガラスのコップと並べて、いちばん臭いが移らないのは?と考えると、ガラスですよね。

レストランなんかで、紙コップやプラスチックコップが出てくることは、あまりないと思います。

同様に、レストランでミネラルウォーターを頼むとビンで出てくるのは、もちろん見た目の華やかさもありますが、それ以上にお料理の味を邪魔しない、という面があります。

また、炭酸の保ちが一番良いのもビンです。全く同じ銘柄の炭酸ミネラルウォーターでも、ペットボトルとビンを同時に開けて味わうと、ビンの方が炭酸がずっと強いのが、体験できると思います(例えば、サンペレグリノとか、ペリエなど)。機会があれば、ぜひ体験してみてください。

ペットボトル

歴史の話に戻りますが、ペットボトルの誕生は1960年代後半、使用開始は1970年代、と言われています。日本では1977年にしょうゆの容器として使われたのが始まりで、その後、大容量容器(1.5Lや2Lなど)が、飲料用として普及し始めます。

1980年代には、ミネラルウォーターはもちろん存在していましたが、レストランやバーユースが多く、家庭用に普及しはじめたのは、90年代と言われています。背景には、「六甲のおいしい水」のカレーと一緒の販促(当時、ハウス食品がスーパーのカレー売り場やお米売り場に、一緒に並べていたと聞いています)や、輸入ミネラルウォーターのブーム(エビアンなど)などがありました。

その後、1996年4月に小型ペットボトル(500mlなど)が解禁され、時間をかけて、今のような商形態、ラインナップになっていったわけです、長くなるのでこの辺でやめます(笑)。

さて、ペットボトル。現在の商形態を考えると、なくてはならないものかな、とは思います。

味の面では、ビンには劣りますが、缶や紙カップ(後述)ほど、臭いが付くとは思いません。

また、一口にペットボトルと言ってもメーカーは複数あり、さらに充填温度や殺菌方法などによっても異なる(加熱して熱いまま充填するか、そうでないか、オゾンを使うか、など)ので、ビンなどとは違い、「ペットボトルはこう」とは一概に言えないと感じています。

ただ、基本的には、ペットボトルは「あまり臭いはない。商品や、敏感な人によっては、PET臭を感じることがある」くらいの認識でいいのかなと。

ミネラルウォーター全体の割合から考えても、ペットボトルが大部分を占めるので、ここが基準、この感じを物差しにして良いのかなと思います。

時代は戻りますが、缶の歴史はペットボトルより古いです。それは缶詰というものの歴史を考えても明らかですが、日本の飲料における缶の歴史は、1960年代後半、炭酸飲料や缶コーヒーから始まったようです。

ミネラルウォーターでは、炭酸の銘柄を中心に缶のものが見られます。
また、缶は密閉性と殺菌性に優れているため、長期保存水(5年とか7年とか、それ以上とか…)の容器としてもよく用いられています。

味わいの面では、やはり多少の金属臭(アルミ缶であれば、アルミ臭)は気になります。
ですが、炭酸であればお酒の割り材とか、あるいは保存水として災害時の備えにする、ということでしたら、よろしいかと思います。

昨今では、マイクロプラスチック問題を受けて、缶の飲料を見直す向きもあるようです。実際に、ペットボトルから缶に自動販売機の商品を切り替える…といったことなども、一部では行われているようです。

紙パック

実は、先にお話しした六甲のおいしい水も、1983年の発売当初は紙パックでした。
紙パックは、今も昔もメインストリームではないのですが、やはりマイクロプラスチック問題やSDGsの関係で、見直す向きがあるようです。

技術的には、Tetra Pak(テトラパック)社の技術が高く、FSC認証(適切な森林管理が行われているか、あるいはその製品であるか)を受けたものもあるようです。

紙の内側をコートするなど、技術も重ねられていますが、ただ、やはりビンやペットボトルと比べると、臭いの付着があります。ミネラルウォーターは、お茶などに比べ、特に臭いが付きやすい飲料であるので、難しい部分もあるのかもしれません。

その他

ウォーターサーバー(ガロンボトル、BIB(=バッグインボックス))

最近はウォーターサーバーをお使いの方も多いと思います。お湯にお水に粉ミルクに、大変に便利なものですよね。

主にガロンボトル(大きなプラスチックのボトル)またはBIB(バッグインボックス。段ボール箱の中に、パウチされたお水が入っているもの)です。

ガロンボトル

BIB(バッグインボックス)

どちらも大枠ではプラスチックです。味わいの面では、ペットボトルに準じるものとしてよいと思います。

ただし、サーバーの場合は、むしろメンテナンスが重要で、万が一カビなどが生えてしまうと、大きく味わいを損なうことになります。健康面からもぜひ、定期的に決まったお手入れをお願いします。

パウチ

あまり数は多くありませんが、こうしたパウチ(大きなビニールパックのようなもの)に入ったミネラルウォーターもあります。注ぎ口の付いたチューブパウチ、注ぎ口がなくカットして使うもの、さまざまです。

当然、持ち歩きには不向きですが、家庭で1日で使い切るようなら、案外ごみがかさばらない、という意見もあるようです(これはうちの妻です)。
味や臭いの面では、これもプラスチックですので、ペットボトルに準じるものです。

なんとなくの印象ですが、非加熱※の商品が多い気がします。
(※“非加熱処理”という特殊な処理方法を用いた天然水)
ちなみに水素水などだと、密閉性の高いアルミパウチの商品もあるようです。これは味・臭いの面ではアルミ缶などに準じます。

リサイクルペットボトル/生分解性ペットボトル

まだ、研究中だったり、発展途上のものが多いですが…。
「ペットボトル」というものに対する、ひとつの持続可能な回答として、「リサイクルペットボトル」や「生分解性」というものがあります。

リサイクルペットボトル

「リサイクルペットボトル」は、単純明快、回収したペットボトルをもう一度飲料のペットボトルにする(ボトルtoボトルと言います)ものです。

日本のペットボトルの回収率は欧米諸国と比較しても高く、2018年の数字で91.5%だそうです。(ただし、リサイクルされたものの使いみちはさまざまで、すべてがボトルtoボトルというわけではありません。むしろ、ボトルtoボトルはかなり状態の良いプラスチックに限定されるそうです)

最近だと、コカ・コーラが、い・ろ・は・すで、100%リサイクルペットボトルを導入しましたね。これは材料集めや販路の大きさを考えると、大変にすごいことだと思います(土屋太鳳さんがCMしているやつです)。

生分解性のペットボトル

「生分解性」は、読んで字のとおり、生物が分解してくれるものです。身も蓋もなく言えば、「土に還る」ということです。ただ、これも基本的には条件が揃わないと難しく、現状では、コンポスト下で長時間、という環境ならば、というものが想定されているようです。

味わいはどちらも通常のペットボトルに劣らない

さて、味わいの話に戻りますと、どちらも市場に出ているものを飲んでみましたが、現状売られている他のペットボトルと、そう変わらないものでした。

まとめ

さてさて、冒頭でも触れましたが、
お水の容器別、味の違いについてまとめてみます。

容器 味わい
ビン
ペットボトル
紙パック
その他

何よりも、いちばん大切なのは、元のお水の質です。
それに勝るものはないのですが、じゃあ、「容器がどのくらいお水の味を損なわないか?」と聞かれたら、大枠ではこの表の感じになります。(同じ容器でも、個別のものにより、差はもちろんあります)

ビンはほぼ、元のお水のままの味わいを伝えてくれます。
また、長期の保存にも耐え、臭いの付着なども少ないです。
ペットボトルは、ペット臭が付くこともありますが、そこまで大きく味わいを損なわないものもありますので、これを標準としてよろしいかと思います。

缶や紙パックは、ビンやペットボトルと比べると、致し方ないですが、臭いの付着など、味わいが損なわれることが多いです。
その他プラスチック製のものは、ペットボトルと同じような感想です。

---------

と、色々と書きましたが、「ご自身がお好きなものを飲むのが一番」です。
冬にずっと室内にいると、水分が不足することもあるので、1日2L、できればお水で摂ることを心がけてみてください。

今回の話は、日々のお水選びのご参考にしてもらえればと思います。

執筆者のプロフィール

鶴田雅人

日本アクアソムリエ協会認定 アクアソムリエマイスター・公認講師。 水の味の違いに興味を持ち、国内外のミネラルウォーターを飲み比べている。 日本テレビ系列「月曜から夜ふかし」、 フジテレビ系列「99人の壁」など、メディアにも多数出演。


PAGE TOP

ページのトップへ
チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!