109 views

フレシャスは赤ちゃんのミルク作りにも人気の理由を解説!

赤ちゃんが生まれることをきっかけに、フレシャスのウォーターサーバーの利用を検討する家庭も多いです。

ただ、ウォーターサーバーはフレシャスの他にもたくさん種類があって結局どれが良いのかわからないと迷って決められない方もいらっしゃいます。

そこで今回は、フレシャスと他社のウォーターサーバーを比較し、赤ちゃんのミルク作りに最適なウォーターサーバーなのか解説していきます。

フレシャスは赤ちゃんのミルク作りに良いの?選び方のポイント解説


ポイント1:ミネラル成分が少ない軟水がおすすめ

赤ちゃんのミルク作りに使用する水は「ミネラル成分が少ない軟水」が適してます。

ミネラル成分を含んでいる方が良いように思うかもしれませんが、赤ちゃんに与える場合に限ってはミネラル成分は少ないほうが良いです。

粉ミルクには赤ちゃんに必要な栄養成分が十分に含まれています。

そのため、ミネラル成分を多く含んだ水(硬水)を使ってしまうと、赤ちゃんの内臓機能に負担がかかってしまいます

国産のウォーターサーバーの水は、ほとんどが軟水なので赤ちゃんのミルク作りに問題なく使えます。

もちろんフレシャスの天然水も軟水なので赤ちゃんのミルク作りとして使用できます。

さらに言えば、軟水も「軟水(硬度60mg/L未満)」「中軟水(硬度60~120mg/L未満)」に分かれます。

赤ちゃんへの負担を考えると、中軟水よりも軟水がより安心して与えられるのでおすすめです。

天然水とRO水はどっちが良いの?

結論を言えば、天然水とRO水はどちらも赤ちゃんのミルクに問題なく使用できます。

より安全性を重視するならRO水をおすすめします

RO水の元は水道水や河川水ですが、RO膜という一般の浄水器では取り除けない不純物も取り除く特殊フィルターで純水に近い状態の水を作り上げます。

RO膜はNASAでも採用されている最先端の技術で、放射性物質も除去できるほど安全性が高いです。

森永やピジョンがミルク用の水として売っているのも純水です。

そういったことも考慮すると、純水に近いRO水は安全性が高く、ミルク用の水として適していると言えます。

ただし、RO膜はミネラル成分も除去するので味気なく飲料水として使用するには不向きです。

人工的にミネラル成分を添加しているRO水もありますが、天然水と比較すると美味しさでは劣ります

天然水 RO水+ミネラル RO水
ミルク
離乳食
価格

天然水、RO水+ミネラル、RO水を用途別にまとめると上記のようになります。

赤ちゃんのミルク作りだけにウォーターサーバーを使うならRO水が良いでしょうし、家族も水を飲むというのであれば天然水が良いでしょう。

ポイント2:いたずら&ヤケド防止にチャイルドロックは必須機能

つかまり立ちをし始めた赤ちゃんは、ウォーターサーバーの給水レバーにちょうど手が届くぐらいの高さになります

誤って水を出したり、ヤケドする恐れがあるためチャイルドロックは必須機能です。

ウォーターサーバーによっては温水はロックできても冷水はロックできないものもあるので注意してください。

温水・冷水どちらもロックでき、自動でロックできるタイプは安全性が高くおすすめです。

また、操作ボタン類が赤ちゃんの手の届かない位置にあるウォーターサーバーはご操作を防げるのでより安心です。

このようにフレシャスのウォーターサーバーならサーバー上部にボタンがついているので赤ちゃんが触って水を出すこともありません。

ポイント3:衛生機能が備わっていると安心・安全

ウォーターサーバーを衛生的に使用するためには「ボトル内が清潔」「サーバー内が清潔」この2つが必須条件です。

ボトル内が清潔とは

ガロンタイプ(回収型)のボトルに多いのですが、注水するたびにボコボコと音を立ててボトル内に空気が入ってしまうものがあります。

空気にはチリやホコリが含まれているので、それらを含んだ空気がボトル内に入ってしまうのは不衛生ですよね。

ワンウェイ(使い捨て型)のボトルなら、注水するたびにボトルが圧縮され潰れていくので内部に空気が入らず衛生的です。

サーバー内が衛生的とは

ウォーターサーバーの外側は、利用者自身で定期的にメンテナンスして清潔に保つことができます。

しかし内部はそうもいかず、基本的に専門の知識を持った人でないとメンテナンス不可です。

メーカーによっては専門スタッフがメンテナンスしてくれますが、2年に1回程度のペースで行われるので、衛生面に不安があります。

そこでおすすめなのが、サーバー内を自動でクリーニングしてくれる機能です。

代表的な機能としては以下2つがあります。

熱水循環 UV除菌

熱水循環は、文字通りサーバー内に熱水を循環させて熱湯消毒する機能です。

UV除菌は、殺菌効果のある紫外線をサーバー内に照射して衛生的に保つ機能です。

衛生機能は、作動頻度が高いのでメーカーメンテナンスと違って常にウォーターサーバー内部を衛生的に保てるので安心です。

ポイント4:片手給水が可能なら赤ちゃんを抱っこしながらでもミルクが作れる

片手給水可能かどうか?は意外と見落としている方が多い部分です。

ウォーターサーバーの給水方法は、トレイにコップ等を置いたまま給水可能なものとそうでないものがあります。

このように、ミルクを作るときは「赤ちゃんを抱っこしながら」というケースもありますので、哺乳瓶をトレイに置いて片手で給水できると便利です。

フレシャスはデュオとスラットが片手給水に対応しています。

ポイント5:70℃以上の温水が出せるとミルク作りがスムーズ

WHO(世界保健機関)策定したガイドラインによれば、赤ちゃんのミルク作りには70℃以上のお湯を使用することを推奨しています。

70℃以上のお湯を使用することで、サルモネラ菌やサカザキ菌に感染するリスクを減らすことができるからです。

ウォーターサーバーの温水は80℃~90℃程度ですが、それよりも少し低めの75℃前後に温度設定可能なものもあります。

これなら電気ポットやガスでお湯を沸かして、冷水で冷ますという時間も短縮できます。

フレシャスはデュオとスラットがエコモード作動時に70℃前後の温水を出すことができるので、ミルク調乳もスムーズに行なえます。


水田さん

エコモード搭載のウォーターサーバーなら70℃の温水が必ず出せるの?

水ナビ先生

ウォーターサーバーによってはエコモード時は温水が出せないものもあるから注意してね。この点、フレシャスはエコモードでも70℃以上の温水が出せるから便利なんだ。

ポイント6:ボトル交換がラクだとママも大助かり

ウォーターサーバーのボトルは約12kgあり重いです。

それをサーバーの上まで持ち上げて水交換するのはなかなかの重労働と言えます。

中にはボトル交換が原因で腰を痛めてしまったという話も聞きます。

ママがボトル交換することを考えると、できる限り体に負担がかからない方法でラクに交換できるウォーターサーバーを選びたいですよね。

ボトル交換が大変 ボトル交換がラク

水ボトルは、サーバー下部にセットできるタイプが交換は断然ラクです。

フレシャススラットがサーバー下部にボトルをセットするタイプとなります。

デュオとサイフォン+はサーバー上部にボトルセットになりますが、4.7Lの軽量タイプのウォーターパックを採用しているので、こちらも同様に水交換がラクに行えます。

フレシャススラット フレシャスデュオ、サイフォン+

赤ちゃんのミルク作りにフレシャスと他社ウォーターサーバーを比較


宅配水を比較

宅配水を「水の種類」「硬度」の2つで比較しています。

メーカー/機種 水の種類 硬度
フレシャス
スラット

天然水

21
フレシャス
デュオ

20~21
コスモウォーター
smartプラス

30
プレミアムウォーター
Cado

25
サントリー
天然水サーバー

30
キララ
スマートサーバー

28
アクアクララ
アクアアドバンス

RO水

29.7
クリクラ
省エネサーバー

30
アルピナウォーター
エコサーバー

1

水の種類は、天然水はミルクや離乳食だけでなく飲料水としても最適です。

これに対してRO水はミルクと離乳食には適してますが、飲料水としては飲みやすさはありますが、美味しさは正直イマイチです。

赤ちゃんのミルクだけでなく家族もウォーターサーバーを使うなら天然水、ミルク専用ならRO水のウォーターサーバーがおすすめです。

チャイルドロックを比較

チャイルドロックは、温水・冷水がロック可能かどうか、自動ロックできるかどうかを比較します。

メーカー/機種 チャイルドロック 自動ロック
フレシャス
スラット

温水・冷水

温水・冷水
フレシャス
デュオ

温水・冷水

温水・冷水
コスモウォーター
smartプラス

温水・冷水

温水・冷水
プレミアムウォーター
Cado

温水・冷水

温水
サントリー
天然水サーバー

温水・冷水

温水・冷水
キララ
スマートサーバー

温水・冷水

温水・冷水
アクアクララ
アクアアドバンス

温水・冷水

温水
クリクラ
省エネサーバー

温水・冷水

温水・冷水
アルピナウォーター
エコサーバー

温水・冷水

温水・冷水

フレシャスだけでなく他社ウォーターサーバーも温水・冷水にロックが備わっており、なおかつ自動ロックできる機種が多いですね。

どれも安全性が高いので、赤ちゃんや小さな子どもがいる家庭でも安心です。p

フレシャスは、小さな子供の手が届きにくい位置に操作パネルがあるのでより安心して使用できます。

衛生機能を比較

衛生機能は「ボトル」「サーバー」それぞれに衛生的に保つ機能が備わっているか比較します。

メーカー/機種 ボトル衛生機能 サーバー衛生機能
フレシャス
スラット
フレシャス
デュオ
コスモウォーター
smartプラス
プレミアムウォーター
Cado
サントリー
天然水サーバー
キララ
スマートサーバー
アクアクララ
アクアアドバンス
×
クリクラ
省エネサーバー
× ×
アルピナウォーター
エコサーバー
×

衛生機能は天然水のウォーターサーバーが優れています。

フレシャスは、ボトル内もサーバー内も衛生的に保つことができ安心して赤ちゃんにミルクを与えられます。

片手給水を比較

赤ちゃんを抱っこしながらミルク作りする場合は、片手給水できるウォーターサーバーが便利です。

メーカー/機種 ボトル衛生機能 サーバー衛生機能
フレシャス
スラット

ボタン式
フレシャス
デュオ

ボタン式
コスモウォーター
smartプラス

レバー式
プレミアムウォーター
Cado

ボタン式
サントリー
天然水サーバー

ボタン式
キララ
スマートサーバー

ボタン式
アクアクララ
アクアアドバンス

ボタン式
クリクラ
省エネサーバー

コック式
アルピナウォーター
エコサーバー

ボタン式

給水方式はボタン式だと片手での操作もしやすいです。

トレイサイズは大きいほど哺乳瓶を置いたときも安定するので安心です。

フレシャスは、給水方式とトレイサイズどちらも片手給水に向いた作りなので、赤ちゃんを抱っこしながらでもミルク作りができます。

水の温度・設定機能を比較

水の温度と温度設定機能を比較してみましょう。

メーカー/機種 温水 エコモード
フレシャス
スラット

65~75℃
フレシャス
デュオ

70~75℃
コスモウォーター
smartプラス
×
加熱オフ
プレミアムウォーター
Cado
×
加熱オフ
サントリー
天然水サーバー

70~75℃
キララ
スマートサーバー
アクアクララ
アクアアドバンス

70~75℃
クリクラ
省エネサーバー
×
使用不可
アルピナウォーター
エコサーバー

65℃

いずれのウォーターサーバーも温水はミルクを溶かすのに最適な70℃以上となっています。

一方、エコモード作動時は温水の温度に違いがあります。

中には加熱オフや使用不可のウォーターサーバーもあります。

フレシャスはスラットがエコモードでも70℃以上の温水が出せます。

フレシャスデュオはエコモードでも温水が出せますが、70度を下回るお湯が出ることもあるので、エコモードでミルク作りするのはおすすめしません。

ボトル交換を比較

ボトル交換は「ボトル下置き」「軽量パック」のいずれかに当てはまるとラクです。

メーカー/機種 水交換のラクさ
フレシャス
スラット

9.3L
ボトル下置き
フレシャス
デュオ

7.2L
ボトル上置き
コスモウォーター
smartプラス

12L
ボトル下置き
プレミアムウォーター
Cado

12L
ボトル下置き
サントリー
天然水サーバー

7.8L
ボトル上置き
キララ
スマートサーバー

7.2L
ボトル上置き
アクアクララ
アクアアドバンス

12L
ボトル上置き
クリクラ
省エネサーバー

12L
ボトル上置き
アルピナウォーター
エコサーバー

12L
ボトル上置き

フレシャスはどちらのサーバーもボトル交換がラクに行なえます。

特にフレシャススラットは、ボトルが軽量でなおかつ下置きタイプなので女性でも簡単に水交換できます。

赤ちゃんのミルク作りにフレシャスを導入するメリット

赤ちゃんのミルク作りのために家庭にフレシャスを導入すると、どんなメリットがあるのかご紹介します。

ミルクを作る時間を大幅に短縮できる

フレシャスを導入する最大のメリットは、やはりミルクを作る時間を大幅に短縮できることでしょう。

ヤカンなどでいちいちお湯を沸かすのは手間と時間がかかります。

フレシャスのお湯は90℃前後に設定されているので、粉ミルクを溶かすのがスムーズ。

冷水も滅菌された安全性の高い水なので、お湯で溶かしたミルクを冷水で温度調節することができます。

エコモードにすれば70℃のお湯に設定も可能でよりミルク作りがスムーズに。

また、フレシャスなら片手で給水もできるので、赤ちゃんがぐずっているときでも抱っこしながらミルクを作ることができます。

衛生的な水を飲ませられるから安心

日本の水道水は世界一安全とされており、水質基準も厳しく安全性が高いです。

ただ、塩素消毒が必要なこと、排水管や貯水槽の汚れ、さらには放射性物質の影響も不安視されています。

水道水を飲水として使用する家庭は減ってきており、逆に水を購入する家庭が増えています。

フレシャスの宅配水は環境汚染の影響を受けにくい天然水を採水し、徹底された衛生管理のもと独自の水質検査を行っており、安全性の高い水を飲むことができます。

引用:フレシャスより

このように、専門機関による「放射性物質検査」も行っており安全性の確認もしています。

検査結果は公式サイトで確認できます。

ママの水分補給にも

授乳中のママは水分不足になりがちです。

水分が不足すると母乳の質が低下したり、便秘になったりするなどの影響があります。

質の良い母乳をあげる、健康管理のためにも適度な水分補給が必要です。

さらに、ママが口にしたものが赤ちゃんの栄養にもなるので、飲み物にも気をつけなければいけません。

フレシャスなら上質な天然水で水分補給が可能で安心・便利です。

出産後だけでなく妊娠中からフレシャスは活躍します。

離乳食を作るのにも便利

フレシャスはミルクだけでなく離乳食にも役立ちます。

離乳食は大量に作るわけではないので、そのためにわざわざ少量のお湯を沸かす必要がありません。

粉末タイプの麦茶やイオン水などの水分補給するときも便利です。

フレシャスを赤ちゃんのミルク作りに導入する際の注意点・デメリット

赤ちゃんのミルク作り用にフレシャスを導入するうえでの注意点とデメリットをご紹介します。

料金は割高

フレシャスの宅配水は水道水と比べて割高です。

便利な半面、コストもかかることも忘れてはいけません。

フレシャスを使用する場合の月々の費用は以下のとおり。

機種 水代 月額費用
フレシャス スラット 1,506円/9.3L 4,293円~/18.6L
フレシャス デュオ 1,155円/7.2L 5,450円~/28.8L
フレシャス サイフォン+ 1,155円/7.2L 5,300円~/28.8L

赤ちゃんのミルクを飲む量は段々と増えていきますので、実際には上記よりも月額費用が高くなると考えたほうがいいでしょう。

目安として、「生後7日目~1ヶ月は25L前後」「生後1ヶ月~3ヶ月は30L前後」「生後3ヶ月~12ヶ月は36L前後」の水を消費します。

加えて家族もフレシャスの宅配水を使用するならば、水の消費量は更に増えるので月額費用はさらに高くなります

ペットボトルの水は安いものだと50円台で購入も可能ですが、フレシャスの水は500mlに換算すると約80円です。

便利だからと安易に導入するのではなく、まずは家計に無理な負担がかからないかきちんと考えてからにしましょう。

一時的な利用なら解約金も忘れずチェック

赤ちゃんのミルク作りメインでフレシャスの利用を考えている方も多いのではないでしょうか。

その場合、ミルクを卒業したら解約すると思いますが、フレシャスは短期解約だと解約手数料を取られますので注意してください。

フレシャスの解約金は9ヶ月未満の解約は15,000円、9ヶ月以上2年未満の解約は9,000円の手数料がかかります。

短期解約を考えているなら、1年程度で解約可能なウォーターサーバーや解約料無料のウォーターサーバーを検討するほうが費用を抑えられる可能性もあります。

メンテフリーでも定期的なお手入れは必須

フレシャスはサーバー内の自動クリーン機能がついているので、メーカーによるメンテナンスは基本不要です。

ただし、サーバーの外側は定期的に手入れしないと汚れやカビの原因となります。

きちんと手入れしないと不衛生になるので、ノズルやトレイを拭くなどして清潔な状態を保つようにしましょう。

新着記事


人気ランキング

コスモウォーター

天然水宅配No.1!累計出荷台数100万台超!グッドデザイン賞受賞の高機能サーバー!口コミ評価◎キャンペーンあり!

プレミアムウォーター

おしゃれママから高評価!豊富なサーバーバリエ、ママ向けプラン、選べる天然水に注目。新規契約プレゼントも!

アクアクララ

宅配水の超定番!誰もが好む独自製法のRO水が好評!サーバー種類も充実!低価格だから家庭・法人どちらにも。


PAGE TOP

チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!