【徹底比較】クリクラVSアクアクララ!どっちにしようか迷っている方は必見です

クリクラvsアクアクララ

「クリクラとアクアクララ、どっちが良いの?」
「それぞれのメリット・デメリットは?」

クリクラとアクアクララどちらのウォーターサーバーにしようか迷っている方は多いのではないでしょうか?

両者は同じ「RO水」のウォーターサーバー。またどちらも水代が安いことが魅力の一つとなっています。
そう聞くと、一見似ているように思える二社ですが、実はそれぞれまったく異なる特徴を持っています。

そこでこの記事では、二社のメリット・デメリットを徹底比較した上で、それぞれどんな人におすすめなのかを徹底解説していきます。

※このページはすべて税込表示です

安いのはどっち?【クリクラVSアクアクララ】

まずはさっそく、一番気になるクリクラとアクアクララの月額料金を比較してみましょう。それぞれブランドの中で最安の機種で比較してみます。

サーバークリクラ
クリクラサーバー
アクアクララ
アクアスリム
水代1,590円/12L1,404円/12L
サーバー代460円
(あんしんサポート料)
1,100円
送料なしなし
最低注文量24Lなし
月額費用24L:3,640円
48L:6,820円
24L:3,908円
48L:6,716円
こんな人は
お得に使える!
家族で利用する一人暮らしの方
水の使用量が少ない
公式サイト→公式サイトはこちら→公式サイトはこちら

前提として、どちらもRO水のため水代が格安のウォーターサーバーです。そのためどちらも相場と比較すると安いと言えます。その上で比較してみましょう。

クリクラのサーバー代が460円と安いのに対し、アクアクララのサーバー代が1,100円と高いですね。

しかしクリクラには最低注文数(ノルマ)があるため、一人暮らしや水をあまり消費しないという方には少々厳しいかもしれません。

上記の料金比較をまとめると、次のようになります。

  • 一人暮らし、水の消費量が少ない方
    →アクアクララの方がお得に使いやすい
  • 家族で利用する、水の消費量が多い方
    →クリクラの方がお得に使いやすい

クリクラとアクアクララのメリット・デメリット

まずは、クリクラとアクアクララのメリット・デメリットを簡単にまとめたのでご覧ください。

クリクラのメリット・デメリット

メリットデメリット
● サーバー代が安い
● 解約金なし
● サポート体制が強い
● サーバーの種類が少ない
● 水の注文ノルマあり
● 最低限の機能しかない

アクアクララのメリット・デメリット

メリットデメリット
● サーバーの種類が豊富
● 水の注文ノルマなし
● 様々な機能が充実
● サーバー代が高い
● メンテナンス頻度が少ない
● 解約金が発生する

では、両者のメリット・デメリットをよりくわしく見ていきましょう。

クリクラのメリット・デメリット

クリクラは業界でも老舗の格安ウォーターサーバー。一度は目にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。そんなクリクラのメリット・デメリットを見ていきましょう。

クリクラのメリット

  • サーバー代が安い
  • 解約金なし
  • サポート体制が強い
サーバー代が安い

クリクラのウォーターサーバーは、どれを選んでもサーバー代(あんしんサポート料)が460円です。アクアクララは最低でも1,100円からなので、それと比べても非常に安いと言えます。

ただし、機種によって初期費用がかかってくるので、その点はお気をつけください。

サーバー初期費用
クリクラサーバー0円
クリクラFitカバーなし2,200円
カバーあり3,520円
クリクラFit(再加熱機能あり)カバーなし4,400円
カバーあり5,720円
解約金がない

ほとんどのウォーターサーバーは最低利用期間を設けており、期間内に解約すると所定の解約金がかかってしまいます。(9,000円~20,000円くらいが解約金の相場です)

しかしクリクラはいつ解約しても解約手数料は無料です。そのため気軽に試しやすいウォーターサーバーだと言えます。

サポート体制が強い

クリクラは業界でも老舗のウォーターサーバーメーカーです。そのためシェア率も高く、全国に500以上の営業所を構えているので、サポート体制が万全です。

何かトラブルがあったときは専任スタッフが迅速に対応してくれます。スタッフによるメンテナンスも1年に1回と頻度高く行ってもらえるため安心です。

サポート体制、営業力は他社を圧倒しており、その証拠に宅配水市場における「お客様満足度」を何年も獲得しています。

安心・安全にウォーターサーバーを使いたいという方からもクリクラは支持されています。

クリクラのデメリット

次に、クリクラの3つのデメリットを見ていきましょう。

  • サーバーの種類が少ない
  • 水の注文ノルマあり
  • 最低限の機能しかない
サーバーの種類が少ない

クリクラのウォーターサーバーは「クリクラサーバー」「クリクラFit」、そして「マルチサーバー クリクラShuwa」の3種類です。

「クリクラサーバー」はいかにも昔ながらのウォーターサーバーという見た目ではあるので、デザイン的に悪いわけではありませんが、味気なく感じる方も多いでしょう。

クリクラサーバー

新しく出た「クリクラFit」は現代的なデザインになっているため、インテリアにこだわりたい方にもおすすめです。

クリクラFit

とはいえ、デザインサーバーはこれしかないのも事実なので、色々な機種の中から選びたい方は物足りないかもしれませんね。

月24Lの注文ノルマがある

クリクラは3ヶ月に6本以上購入できない場合は月額1,100円のサーバーレンタル代がかかります。(460円のあんしんサポート料とは別でかかります)

通常はかからない料金のため、実質的なペナルティと考えていいでしょう。

月換算で言うと2本(24L)のペースで購入しなければなりません。他社と比べると平均的な量の注文ノルマと言えますが、人によっては水が多すぎて飲み切れない可能性もあります。

一人暮らしなど、水の使用量が少ない方は特に注意しましょう。

アクアクララのメリット・デメリット

水代が格安でありながら、機種のラインナップが豊富なことがアクアクララの最大の魅力と言えます。メリット・デメリットを確認していきましょう。

アクアクララのメリット

  • サーバーの種類が豊富
  • 水の注文ノルマなし
  • 様々な機能が充実
サーバーの種類が豊富

格安のRO水ウォーターサーバーでありながら、機種のラインナップが豊富なことがアクアクララの特徴です。それぞれ個性豊かなサーバーがそろっており、自分にぴったりの一台を見つけることができます。

アクアウィズアクアファブ

サーバー代:2,200円~サーバー代:1,430円~
参考月額:5,008円+コーヒー代参考月額:4,238円
【特徴】
・コーヒーメーカー付き
・ボトル交換が楽
【特徴】
・グッドデザイン賞金賞受賞のサーバー
アクアスリムアクアスリムS
サーバー代:1,100円サーバー代:1,100円
参考月額:3,908円参考月額:3,908円
【特徴】
・レンタル料の安いシンプルなサーバー
【特徴】
・コンパクトな卓上タイプのサーバー

デザイン重視のサーバーや、コーヒーメーカー付きサーバーもあるので、ぜひ比較してみてください。

水の注文ノルマなし

アクアクララは水の注文ノルマがありません

多くのウォーターサーバーは、「毎月最低でも注文しなければならない水の量」が決められており、ノルマを満たすことができないとペナルティとして別途手数料がかかってきます。

しかし、アクアクララならノルマがなく自分のペースで水を購入できるので、水が余ることも余計な手数料がかかることもありません。

一人暮らしなど、水の使用量が少ない方におすすめです。

様々な機能が充実

アクアクララの機種が豊富なことはすでに説明しましたが、その分機能性が充実したサーバーが多いことも魅力です。

特に「アクアウィズ」は、コーヒーメーカー付きのため自宅で手軽に本格派のコーヒーが飲めます。

アクアクララのデメリット

  • サーバー代が高い
  • メンテナンス頻度が少ない
  • 解約金が発生する
サーバー代が高い

アクアクララは水代が12Lあたり1,404円と、クリクラと比べてやすいですが、その一方でサーバー代が別途かかってしまうのがデメリットです。

クリクラのサーバー代(あんしんサポート料)は、どのサーバーを選んでも460円なので、それと比較するとアクアクララは割高と感じてしまうかもしれないですね。

業者メンテナンスの頻度が少ない

アクアクララのメンテナンス頻度は、2年に1度です。

これほど頻度が少ない前提として、近年では自動クリーン機能搭載タイプのサーバーが増えており、「業者メンテナンス不要」というメーカーも増えています。

その中で考えると、クリーン機能を搭載したウォーターサーバーでありながら、定期メンテナンスもしてくれるアクアクララは、かなりサポートがしっかりした方だと言えます。

しかしながら、クリクラが1年に1回の頻度でメンテナンスをしてくれることを考えると、人によってはメンテナンス頻度が少なく感じるでしょう。

特にアクアクララの方があんしんサポート料は高く設定されているだけに、不満に感じる場合もあるかもしれませんね。

ちなみに、アクアクララにもクリクラにも言えることですが、サポート料の中にメンテナンス代も入っているので、別途メンテナンス料などは不要です。

早期解約で解約金が発生する

多くのウォーターサーバー会社は最低利用期間が設けていますが、アクアクララの場合も期間内の解約は解約手数料がかかります

通常プランの場合、1年未満の解約で6,600円かかります。

そして「2年割プラン」もしくは「子育てアクアプラン」の場合は、2年未満の解約で11,000円かかってしまいます。

共通のメリット・デメリット

クリクラとアクアクララの両者に共通するメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリットデメリット
●安全でおいしいRO水
● 水代が安い
● 空ボトルのゴミが出ない
● 災害時に強い
● 専門スタッフが配送するから安心
● 無料お試しがある
● ボトル交換が大変

共通のメリット

安全でおいしいRO水が飲める

クリクラとアクアクララはどちらもRO水です。

RO水とは、原水である水道水を特殊フィルター「逆浸透膜システム」により、一般浄水器では除去できないナノレベルの不純物も除去した純水に近い水で安全性が高いです。

RO水はうまみ成分であるミネラルを配合しているので、天然水のように飲みやすくおいしい水です。

水代が安い

RO水は製造コストを抑えることができるので、12Lで1,500円台という天然水のウォーターボトルよりも安く提供することができます。

空ボトルのゴミが出ない

クリクラとアクアクララはどちらも、リターナブルボトル(回収型)を採用しているので、空ボトルは業者が水の配達時に回収してくれます。

使い捨て型ボトルのように自分でゴミを捨てる必要がなく環境に優しいです。

ボトルは使いまわしですが、しっかりと洗浄・除菌しているので衛生的で安心です。

災害時に強い

クリクラもアクアクララも、全国に製造工場と営業所があるので、災害で被害を受けてもその周辺の工場や営業所がカバーできる体制が整っています。

自社による配送なので、宅配業者委託のウォーターサーバーのように一般の荷物が後回しにされることもなく安定して水を供給できます

専門スタッフが配送するから安心

クリクラとアクアクララは、どちらも自社で配送を行っているウォーターサーバー。水の配送やサポートはすべて専門スタッフが対応します。

宅配業者委託のウォーターサーバーとは違って、気軽に相談でき安心して利用できます。

また、初回のサーバー設置も専任スタッフが行うので、面倒なセッティングを自分でやる必要はありません。

他社ウォーターサーバーにはないサポート体制で、安心感があるのがクリクラとアクアクララ共通の魅力でもあります。

無料お試しができる
(引用元:アクアクララ公式)

クリクラとアクアクララはどちらも1週間無料お試しサービスがあります。

ウォーターサーバーは実際に飲んだり使ってみないとわからないものですが、多くの場合は解約金がかかるので気軽に試すことができないのがネックです。

しかし、クリクラとアクアクララなら1週間12L分を無料で試せます。

水の味や使い心地を気軽に試せるのはありがたいですね。

共通のデメリット

どちらのウォーターサーバーも水ボトルは容量が12Lと重く、サーバー上置きタイプとなります。

利用者の口コミでも多くあがっていますが水の交換が大変です。

12Lボトルを持ち上げるのは力がいるので、女性や高齢の方には正直キツイです。

ただ、どちらも10L以下の軽量タイプのボトルを出しているので、力に自信がない方は利用するといいでしょう(ただし水代は割高になるので要注意です)。

また、アクアクララの中でもアクアウィズだけはボトル下置きなので、ボトル交換が楽なタイプになります。

クリクラとアクアクララを徹底比較

クリクラとアクアクララを「サーバーマシン」「サービス」の2項目で比較していきましょう。

なお、アクアクララは出ている種類が非常に多いため、代表としてアクアスリムで比較していきます。

サーバーマシンを比較

ウォーターサーバークリクラ
クリクラサーバー
アクアクララ
アクアスリム
給水方法コック式コック式
ボトル交換のラクさ
12Lボトル
サーバ上置き

12Lボトル
サーバ上置き
チャイルドロック
温水・冷水
(冷水はオプション)
自動ロック

温水・冷水
(冷水はオプション)
自動ロック
衛生機能
エアフィルター

エアフィルター
温度調節
サイズ305×350×990mm275×313×966mm
こんな人におすすめコスパ重視の方機能性重視の方
公式サイト→公式サイトはこちら→公式サイトはこちら

どちらも同じような仕様となっていますが、機能性は若干アクアクララのほうが上のようです。

ただしどちらも、ボトル交換が大変な上置きタイプなので、妥協するか、他のウォーターサーバーを検討するのが良いでしょう。

チャイルドロックは小さな子供がいる家庭では必須な機能です。どちらも温水・冷水をロックできるのでイタズラや火傷防止となり安全です。

衛生機能は、共通して「エアフィルター」が備わっています。ボトル内にゴミやチリが侵入するのを防いでくれます

サービスを比較

ウォーターサーバークリクラ
クリクラサーバー
アクアクララ
アクアスリム
宅配エリア全国
(沖縄・離島除く)
全国
サーバー設置専門スタッフ専門スタッフ
宅配料無料無料
配達日・対応エリア指定配達日
留守時は指定の場所or宅配ボックス
エリア指定配達日
留守時は指定の場所or宅配ボックス
支払い方法クレジットカード
代金引換
クレジットカード
銀行口座引き落とし
注文単位2本2本
注文ノルマ3ヶ月6本
月換算2本
なし
解約金なし【通常プラン】1年未満:6,600円
【2年割プラン】【子育てアクアプラン】
2年未満:11,000円
メンテナンス1年毎
無料
2年毎
無料
公式サイト→公式サイトはこちら→公式サイトはこちら

サービス内容も若干違いがあるのでよく比較したうえで決めるようにしましょう。

どちらも配送やサポートは自社の専門スタッフが対応します。

初回のサーバー設置や配送無料で対応してくれる点は自社配送の大きなメリットですね。

基本的に宅配エリアは全国ですが、クリクラのみ沖縄と離島はエリア外となりますので注意してください。

また、自社配送の注意点としては配達日がエリアによって決まっていることです。

不在時は再配達は受け付けておらず、予め指定した場所(基本は玄関先)か宅配ボックスに置かれます。ボトルを外に置きっぱなしにされるのが嫌だという方にはネックと言えるでしょう。

クリクラのみ注文ノルマありです。3ヶ月で6本以上購入しないと手数料1,100円/月かかります。

解約金はクリクラが無料、アクアクララは最低利用期間内に解約すると所定の手数料を取られます。

メンテナンス頻度はクリクラのほうが高いです。年に1回、専任スタッフが洗浄・殺菌・点検した新品同様のサーバーマシンと交換してくれます。

クリクラとアクアクララ赤ちゃん向けはどっち?

妊娠・出産をきっかけにウォーターサーバーの導入を考える方は多いです。

クリクラもアクアクララも赤ちゃん向けのウォーターサーバーとしても人気が高いですが、より最適なのはどっちなのでしょうか?

赤ちゃん向けのウォーターサーバーならではのポイントに絞って比較していきます。

ウォーターサーバークリクラ
クリクラサーバー
アクアクララ
アクアスリム
軟水(60mg/L)
チャイルドロック
衛生機能
温水
赤ちゃん向け
キャンペーン
公式サイト→公式サイトはこちら→公式サイトはこちら

結論だけ先に言うと、どちらも赤ちゃん向けのウォーターサーバーと言えます。

ただ、より機能や使い勝手にこだわるならアクアクララがおすすめです。

各比較項目を詳しく見ていきましょう。

ポイント1:ミネラル成分が少ない軟水であること

赤ちゃんの粉ミルクには必要な栄養成分が含まれているので、調乳に使用するのはミネラル成分が少ない軟水(硬度60mg/L未満)が最適です。

ミネラル成分が多いと赤ちゃんの内臓機能に負担をかけてしまうからです。

クリクラ硬度:30mg/L
アクアクララ硬度:29.7mg/L

クリクラもアクアクララも軟水なのでミルク調乳に向いていると言えます。

また、どちらも安全性の高いRO水なのも大きなポイントですね。

不純物を除去しているのでより安全性を追求する方におすすめです。

ポイント2:チャイルドロックが備わっていること

つかまり立ちし始めた赤ちゃんは、ウォーターサーバーの給水レバーに手が届くようになります。

誤操作を防ぐためにもチャイルドロック機能は温水・冷水に必須です。

クリクラ温水・冷水はオプション
自動ロック
アクアクララ温水フォーセット・冷水はオプション
自動ロック

どちらも冷水のみオプションで付けることができるので、サーバー設置の際に付け忘れないように注意しましょう。

また、解除したら自動でロックがかかるほうが設定忘れがなくより安心です。

ポイント3:衛生的であること

どちらも安全性が高いRO水ですが、サーバー内部が不衛生では意味がありません。

サーバー内は業者にメンテナンスしてもらう他ないですが、頻繁にやってもらえるわけではありません。

サーバーマシンが定期的に内部を清潔に保ってくれる機能がついていると衛生的です。

クリクラエアフィルター
アクアクララエアフィルター

クリクラもアクアクララも、ボトル内に侵入しようとするホコリやチリを除去する「エアフィルター」搭載です。

使用中にボトル内部に空気が入ってしまいますが、ホコリやチリが除去された空気なのでボトル内部の水はきれいな状態を保てます。

ポイント4:省エネモード時でも温水(70度以上)が使えること

粉ミルクは70℃以上の温水で溶かすことが推奨されています

どちらのウォーターサーバーも温水は70℃以上が常に出せるので、ミルク作りも素早くでき時短につながります。

クリクラ75~85℃
アクアクララ80~90℃

ポイント5:赤ちゃん向けキャンペーンがあること

クリクラとアクアクララどちらも赤ちゃんがいるご家庭向けの特典キャンペーンを実施しています。

クリクラ(クリクラSMILEキッズプラン)● ボトル3本+レンタル代=
1,460円(通常:4,840円)
● メンテナンス時、4本無料プレゼント
妊婦さん~7歳未満のお子様がいる家庭対象
アクアクララ(子育てアクアプラン)●【サンキューセット(9/30まで)】 ボトル2本+サーバー代初月無料:999円
● 対象期間中毎月550円割引
妊婦さん~6歳以下の未就学のお子様がいる家庭対象

どちらも特典内容が充実しているので、迷ってしまいますよね。

クリクラはボトル4本分が毎年無料でもらえるので、かなり嬉しいですよね。

一方でアクアクララなら、お子さんが小学校に入る前まで割引特典が適用されるので、お得感があります。

もし該当する方がいらっしゃれば、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

クリクラ・アクアクララはこんな人におすすめ

クリクラがおすすめの人アクアクララがおすすめの人
● 気軽にウォーターサーバーを使いたい方
● コスパ重視で選びたい方
● サポートがしっかりしていて安心感を重視したい方
● ウォーターサーバーは使いたいけど水の消費が少ない方
● 妊婦さんや赤ちゃんがいる方
● 沖縄在住の方
→公式サイトはこちら→公式サイトはこちら

クリクラはいつ解約しても解約金は無料なので、気軽にウォーターサーバーを使ってみたい方におすすめです。

また、コスパも良く費用を抑えつつも満足できる使用感を求めている方にも人気です。

アクアクララは注文ノルマがないので自分のペースで水を購入できます。一人暮らしの方や、水をあまり消費できない方におすすめです。

もし、妊婦さんや赤ちゃんがいらっしゃるご家庭で、割引特典の期間が長い方が良いと思われるのでしたら、「子育てアクアプラン」があるアクアクララをおすすめします。

ちなみに、クリクラは沖縄・離島はエリア対象外なので、該当される方はアクアクララ一択となります。

クリクラとアクアクララのQ&A

水は安全ですか?

水ナビ先生

原水は水道水ですが、逆浸透膜でナノレベルの不純物を除去したきれない水で安全性が高いです。また、赤ちゃんのミルクを作る際は煮沸の必要はなく、そのまま温水を使用できます。

水道水を使ってるけど放射性物質は除去できてるの?

水ナビ先生

クリクラとアクアクララで採用している逆浸透膜は、放射性物質(放射性ヨウ素I-131)を唯一濾過できる手段と発表されています。
参照→「独立行政法人放射線医学総合研究所」より

ノルマはありますか?

水ナビ先生

クリクラは3ヶ月で6本以上購入しないと1,100円の手数料がかかります。アクアクララはノルマがありません。

不在の時は勝手に玄関前に置かれると聞きましたが

水ナビ先生

あらかじめエリア担当者と不在時の対応について相談して決めます。不在時でも対面で受け取り希望の場合は、その旨を申し出れば玄関前に置かれることはありません。

水の配達時間は指定できますか?

どちらも時間指定はできません。エリアによって配達日も決まっているので、事前に確認しておくと良いでしょう。

執筆者のプロフィール

水ナビ編集部 

これまで60社以上のメーカーを比較し、30機以上のサーバーを実際にレンタルして使ってきた水ナビ編集部が、あなたにぴったりなウォーターサーバーを見つけます。

【監修者】中倉大吾

株式会社スタークラフトの代表取締役社長を務めながら、水のスペシャリスト「アクアソムリエ」としても活動する。2013年5月からウォーターサーバーの比較メディアを運営開始。10年以上にわたってウォーターサーバー業界を見てきた豊富な知見を生かし、2019年にはより総合的でユーザーに寄り添ったウォーターサーバー比較サイトとして「水ナビ(当サイト)」を立ち上げる。また宅配水業界における正しい情報発信を推進するため、一般社団法人「日本宅配水&サーバー協会(JDSA)」の協賛会員に加盟。
※アクアソムリエは、日本アクアソムリエ協会の認定資格です。著者の所有資格について、詳細はこちらをご覧ください。またこちらからアクアソムリエ協会のプロフィールもご覧になれます。