【使ってみた】日本最スリムのウォーターサーバーacure mine<アキュアマイン>をわくわくしながら使ってみた!

ウォーターサーバーを使ってみたいけど、家に置く場所がない。
ウォーターサーバーって、圧迫感があってインテリアの邪魔になりそう。

そんな方に朗報です!
ついに、とってもスリムでおしゃれ、しかも衛生的なウォーターサーバーが見つかりました。

その名は、acure mine<アキュアマイン>

acure mine<アキュアマイン>は、2020年5月に株式会社JR東日本クロスステーションより発売されたウォーターサーバーです。

acure mine<アキュアマイン>ロゴ
こちらのロゴ、駅の中にある自販機で見たことのある人もいるのでは?

日本最スリム(※JR東日本クロスステーション調べ)というacure mine<アキュアマイン>。

いったいどれだけスリムなのか?
天然水の味わいは?
月額料金は高いのか?

ワクワクしながらサーバーの届く日を待ちつづけ、使ってみました!

※このページはすべて税込表示です。

acure mine<アキュアマイン>はこんなウォーターサーバー!

オフィスに届いたacure mineはこんなかんじです。

acure mine<アキュアマイン>本体

おおー!思っていた以上にスリムです!

アキュアマインを囲む水ナビ編集部

「これならうちでも置けそう」
「操作レバーはどうやって使うの?」
「水の勢いが意外といいですね」

と盛況。
オフィスでも人気でした。

※「<」「>」をクリックして画像切替

アキュアマイン設置例 acure mine<アキュアマイン>設置例
acure mine<アキュアマイン> acure mine<アキュアマイン>
acure mine<アキュアマイン> acure mine<アキュアマイン>
acure mine<アキュアマイン>横面 acure mine<アキュアマイン>横面
acure mine<アキュアマイン>背面 acure mine<アキュアマイン>背面
acure mine<アキュアマイン>モデルさんが並んだところ acure mine<アキュアマイン>モデルさんが並んだところ
acure mine<アキュアマイン>を実際に使ってみた様子 acure mine<アキュアマイン>を実際に使ってみた様子
acure mine<アキュアマイン>操作部 acure mine<アキュアマイン>操作部
acure mine<アキュアマイン>のドリップトレイは取り外しが可能 acure mine<アキュアマイン>のドリップトレイは取り外しが可能
acure mine<アキュアマイン>のボトルカバーを外すと水ボトルが見えます acure mine<アキュアマイン>のボトルカバーを外すと水ボトルが見えます

ティッシュ箱よりも薄い幅約20cmのウォーターサーバー

acure mineは国内最スリム(※JR東日本クロスステーション調べ)のウォーターサーバー。
本体のサーバー部分はなんと幅20cmほど。

幅20cmのアキュアマイン

なんと、

ティッシュ箱よりスリムなアキュアマイン

ティッシュ箱より小さい!!

真ん中アキュアマイン、dewo(左・フレシャス)、smartプラス(右・コスモウォーター)

そのへんにあったdewo(左・フレシャス)とsmartプラス(右・コスモウォーター)と並べてもやっぱりスリムです!

台座は30cmのアキュアマイン

ただし、足元には台座があります。
台座部は約30cmです。
※台座部は取り外すこともできますが、使用時は安定のため装着が必要です。

スリムな分、水ボトルの容量は6.5Lとひかえめです。

アキュアマインのボトルと本体とモデルさん
アキュアマインのボトル

ボトルもサーバーも小さくて省スペースなので、
アパート・マンションでスペースが限られている
1人~2人暮らし

の方に特におすすめできそうです。

acure mineでも置けないなら、もうウォーターサーバーは諦めましょう!

アキュアマイン設置例

acure mine<アキュアマイン>

参考月額

5,534円

水代
(6.5L×4本)
5,400円
レンタル代
※3年プランの場合
0円
交換タンク代
※半年に1回
交換
550円
※別途電気代、約312円と初期費用3,300円が
かかります。

acure mine<アキュアマイン>使い心地は?

どんなにオシャレなウォーターサーバーでも、使いにくければ話になりませんね。
acure mine<アキュアマイン>の使い心地はどうでしょうか?

アキュアマイン操作部

acure mineの注ぎ口はレバー式です。

アキュアマインで水をそそぐ様子

水の勢いはやや強めで、深く押しすぎると水はねがあります。

注水口のスペースは幅11cm×高さ24cm×奥行き6cmほどと小ぶり。

アキュアマインの注水口のスペースは幅11cm×高さ24cm×奥行き6cmほどと小ぶり

実際に水を注いでみましょう。

アキュアマインをコップ、マグカップ、マイボトル、哺乳瓶で使う様子

コップ、カップ、マイボトル、ほ乳びんは問題なく使えました。

ソーダストリームの1L容器は使いにくく、直径18cmの片手鍋は入らないアキュアマイン

ソーダストリームの1L容器はドリップトレイを外しても注ぎにくく、すこし水をこぼしてしまいました。
直径18cmの片手鍋は入らず、使えませんでした。

ちなみに、ドリップトレイはしずく用の受け皿なので、カップなどを置きっぱなしにしないでくださいと注意書きがあります。

チャイルドロックの安全性は?

アキュアマインのチャイルドロック

温水レバーを手前に引きながら押すと温水が出ます。
一見してわかりにくいデザインで、力も必要。やや押しにくさも感じます。
小さい子どもが間違って熱湯を出してしまうことは少なさそうです。

その分、オフィスや薬局など公共の場所に置くと操作がわからない人が多そうです。

アキュアマインの操作レバーまでの高さは約97cm

操作レバーまでの高さは約97cmとかなり高めです。

左はacure mine<アキュアマイン>。右はクリクラFit(クリクラ)。
左はacure mine<アキュアマイン>。右はクリクラFit(クリクラ)。

acure mine<アキュアマイン>は、水を入れるときにも腰を折らずに使えるので、ストレスがありません。

レバーを離したあとにポタポタっと水が数滴垂れるアキュアマイン

ひとつ気になったのは、レバーを離したあとにポタポタっと水が数滴垂れることが何回かあったことです。
水滴はドリップトレイにとどまるぐらいの少量でしたが、気になる人は
レバーを離したあとにすぐにカップを離さないようにする
などのちょっとした工夫が必要だと感じました。

acure mine<アキュアマイン>ボトル交換しやすい?

acure mine<アキュアマイン>の水ボトルは6.5Lのワンサイズです。

アキュアマインのボトル
acure mine<アキュアマイン>は6.5Lボトルのみ取り扱い

ウォーターサーバーのよくあるサイズ展開は、12Lサイズと6Lサイズの組み合わせなので、メーカーとしては珍しく軽量タイプのみの取り扱いということですね。
(サーバーがこれほどにスリムなので、12Lボトルを乗せたらたしかに不安定になってしまいそうです)

水ボトルはサーバー上置きですが、軽いのでそれほど負担には感じませんでした。

アキュアマインは上置きだけど軽いから楽

キレイ好きにうれしい「交換タンク式」を採用

acure mineは内部のタンクを半年ごとに交換できます。
メンテナンス内部の汚れや菌をまるごとリセットできるのは、衛生面が気になる方には大きなメリットですね。

acure mineは内部のタンクを半年ごとに交換できます。
acure mine<アキュアマイン>の内部タンクを交換する様子

「内部タンクを交換」と聞くと身構えてしまいますが、付属の説明書にくわしく交換手順が書いてあったので、初めてでもしっかり交換することができました
一度出来てしまえば、2回目以降はもっとスムーズにできそうだと感じました。

交換の様子のダイジェスト写真はこちらです。

※撮影のためアルコール消毒のうえ素手で扱っています。実際には手袋をして交換してください。

空の水ボトルを外し、サーバーの上フタを外します。" 空の水ボトルを外し、サーバーの上フタを外します。
温水用の給水チューブを外します。 温水用の給水チューブを外します。
acure mineは内部のタンクを半年ごとに交換できます。 サーバーから古いタンクを抜き出します。
アキュアマインの古いタンクには水が入っている 古いタンクにはお水が入っていて、飲むこともできます。
アキュアマインの新しいタンクを用意 新しいタンクを用意します。
acure mineアキュアマインのボトルの結露カバーを付け直す 発砲スチロール製の結露カバーを付け直します。
acure mine<アキュアマイン>のタンクを入れ替える 新しいタンクをサーバーに入れます。
acure mine<アキュアマイン>の給水チューブをつなげる 温水用の給水チューブを接続します。
acure mine<アキュアマイン>の注水チューブ 注水チューブにねじれがないかチェックします。
温水チューブと冷水チューブの長さを同じに調整する。" 温水チューブ、冷水チューブの長さが同じになるように調整します。

もっと詳しく知りたい!
という方は、動画をご覧ください。

acure mine<アキュアマイン>はおいしさとキレイに自信

オシャレで衛生的なacure mine<アキュアマイン>ですが、実際の味はどうでしょうか?

オシャレで衛生的なacure mine<アキュアマイン>の実際の味を確かめる
イシイ(ライター)

acure mine<アキュアマイン>を口に含むと「えっ?」と驚くほどの甘さとまろやかさがありました。
軟水というのもあり、雑味がなく飲みやすいです。「オシャレ×おいしい」最強ですね。

編集部の他のライターにも飲んでもらい、感想を聞きました。

水グラスが4つ
ディレクターM

すごく甘く感じました!
これ、ほんとうに水だけの味なんですか?
おいしいですね。

ライターA

おいしい甘さですね。
セラミックフィルターを通した水に似ている気がします!
ミネラルが豊富そうで、いっぱい飲みたくなりますね。

ライターK

駅の自販機を運営している会社がウォーターサーバー作ってるんですね!
なめらかな口当たりが飲みやすいですね。好きです。

acure mine<アキュアマイン>の天然水は、4段階のフィルターを通して不純物を除去しています。水のおいしさだけではなく、衛生面にもこだわっているメーカーです。

東京近郊では定期的に販売イベントを開催しているようです。
→ acure mineお知らせ一覧
実際に試してみたいという方は、足を運んでみてはいかがでしょうか?

acure mine<アキュアマイン>の月額料金はハイクラス。電気代は安めでコスパ◎

スリムさ、デザイン性、水のおいしさ、衛生面に優れているacure mine<アキュアマイン>ですが、
気になるのはやっぱり料金ですよね。

acure mine<アキュアマイン>の月額料金はこのようになっています。

acure mine<アキュアマイン>

参考月額

5,534円

水代
(6.5L×4本)
5,400円
レンタル代
※3年プランの場合
0円
交換タンク代
※半年に1回
交換
550円
※別途電気代、約312円と初期費用3,300円が
かかります。

配送対応地域は北海道から九州までですが、一部エリアでは配送料が必要です。

acure mine<アキュアマイン>の配送料(税込)
北海道北海道1,100円/1配送につき
東北青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島無料
関東茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨
信越新潟、長野
東海岐阜、静岡、愛知、三重
北陸富山、石川、福井
関西滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
中国鳥取、島根、岡山、広島、山口220円/1配送につき
四国徳島、香川、愛媛、高知
九州福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島

北海道の方はやや割高ですが、それ以外の地域はほぼ送料なしか220円と、配送料は抑えられていますね。

acure mine<アキュアマイン>は、エコモードが無いのに電気代がかなり安めですね!

acure mine<アキュアマイン>は、エコモードが無いのに電気代がかなり安め

公式サイトではacure mine<アキュアマイン>の電気代は312円とありましたが、実測した電気代も同じぐらいでした。(10.71円/日=約321円/月)
節電したい方には、かなりおすすめできる機種です。

月額料金の相場としてはどうなのでしょうか?
acure mine<アキュアマイン>を24L換算して他の天然水の有名メーカーと料金比較するとこのようになります。

天然水ウォーターサーバーの月額料金比較
機種/メーカー月額料金(24L換算)
スリムサーバーIII(ロング)
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ床置き
3,974円
(※PREMIUM3年パック適用後)
smartプラス
コスモウォーター
コスモウォーターsmartプラス
4,104円
dewo
フレシャス
フレシャス(dewo)
4,654円
acure mine
<アキュアマイン>
acure mine<アキュアマイン>本体
5,534円
(※acure3年プラン適用後)

他の天然水ウォーターサーバーと比較すると、acure mine<アキュアマイン>はやや高めなことがわかりますね。

acure mine は、

  • なるべく出費を抑えてウォーターサーバーを使いたい
  • 北海道で安く使いたい
  • 水を多く飲む

という方にはあまり向いていません。

水ボトルが6.5Lと小ぶりなので、料理に多く使いたい方や大家族で消費量が多い方にとっては、交換頻度が高くなってしまいます。

月26Lの消費が基本プラン。あまり水を飲まない人は要注意!

ひとつ気をつけたいのは、acure mine<アキュアマイン>は毎月26L(6.5L×4本)の配送が基本だということです。
月に26Lというと、1日コップ4杯程度のペースなら次の配送までにちょうど飲み切ることができるぐらいの量です。

ただし、お水が余った場合は3ヶ月の休止ができます。
配送スキップを3ヶ月に1度使い、年4回の注文した場合の最低ノルマは約8.7L/月となります。
※休止中も、レンタル代0~550円/月と交換タンク料550円/月が必要です。(税込)
※3ヶ月以上休止する場合は、強制退会となります。

acure mine<アキュアマイン>のよくある質問

acure mine<アキュアマイン>のよくある質問をまとめました。

設置サービスはありますか?

サーバーもボトルも軽いので、女性ひとりでも設置はできました。

基本は自分での設置ですが、有料の設置サービス(税込13,200円)もあります。

ノルマはありますか?

利用規定数は、月26L(6.5L×4本)です。
(配送は6.5L×2本から。1本のみの配送はできません)
ただし、水が余った場合は、3ヶ月の配送休止が可能です。

配送を休止する(スキップする)ことはできますか?

カスタマーセンターに電話して聞いてみました。

 水が余った場合は、前回の配送から約3ヶ月間、休止することができます。
 ただし、休止中もレンタル料0~550円/月と交換タンク料550円/月が発生します。(税込)
 3ヶ月休止したあとは、一度配送を受ける必要があります。※3ヶ月を超えて休止する場合は、強制解約となってしまいます
 3ヶ月休止を使った後も、一度配送を受ければ再度3ヶ月利用休止を使うことができます。

他のメーカーでは、配送スキップには手数料が必要だったり「2ヶ月に一度」と条件が厳しかったりするので、acure mine<アキュアマイン>はかなり良心的に感じました。

プランの違いはなんですか?

acure mine<アキュアマイン>には基本プランとacure3年プランがあります。

契約期間サーバーレンタル料
基本プラン2年550円/月
acure
3年プラン
3年0円※

※2セット/月配送の場合に翌月分が無料です。
※初月及び、2セット/月未満の場合は550円/月

プランの大きな違いは、契約期間の長さと月々のサーバーレンタル料の有無です。

最低使用期間や解約金はありますか?

基本プランは2年、acure3年プランは3年です。
最低契約期間内に早期解約した場合、利用期間にかかわらず解約金は20,000円(不課税)です。

acure mineは赤ちゃんのミルクに使えますか?

使えます。

赤ちゃんは内臓が大人に比べて未発達なので、あまりに水の硬度が高い(ミネラル分が多すぎる)と、腹痛や下痢を起こしてしまうことがあります。
赤ちゃんの内臓が発達する2~3歳ごろまでは、ミルクや離乳食づくりには軟水を使うのが良いと言われています。

赤ちゃんのミルクに適しているのは軟水

acure mineは軟水なので、赤ちゃんのミルクづくりも安心して使える水です。

ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクを作る方法はこちらをご覧ください。

まとめ

スリムでオシャレ、おいしくて衛生的なあこがれウォーターサーバー、acure mine<アキュアマイン>を実際にレンタルして、使ってみました。

acure mine<アキュアマイン>は、サーバーデザイン、天然水の質、操作性や衛生についても文句なしの平均点以上の優良サーバーでした。
コスパを求める方にぴったりです。
とにかくびっくりするほどスリムで圧迫感がないので、狭いわが家にも置けそうです。

acure mine<アキュアマイン>のスペック
acure mine<アキュアマイン>
acure mine<アキュアマイン>全色
水代5,400円(6.5L×4本)
レンタル料(基本プラン)550円/月
(3年プラン)0円/月
タンク交換料550円/月
初期費用3,300円
配送料0~1,100円
月額料金目安
(3年プラン適用後)
5,534円
※別途電気代、約312円がかかります。
詳細情報
水の種類天然水
設置タイプ床置き
水の補充方法上部交換(ボトル)
最低契約期間2年~3年(プランによる)
※期間内に早期解約する場合、20,000円の解約手数料が必要です。

執筆者のプロフィール

イシイミヒロ

Twitter

水の専門家「アクアソムリエ」として、水ナビの記事執筆・編集を担当。
水ナビでの執筆をきっかけにウォーターサーバーの魅力を知りました。軟水よりも硬水が好きです。推しのサーバーは信濃湧水。
画面の向こうのあなたが「なるほど!」と思えるページづくりにこだわります。
※アクアソムリエは、日本アクアソムリエ協会の認定資格です。著者の所有資格について、詳細はこちらをご覧ください。

【監修者】中倉大吾

株式会社スタークラフトの代表取締役社長を務めながら、水のスペシャリスト「アクアソムリエ」としても活動する。2013年5月からウォーターサーバーの比較メディアを運営開始。10年以上にわたってウォーターサーバー業界を見てきた豊富な知見を生かし、2019年にはより総合的でユーザーに寄り添ったウォーターサーバー比較サイトとして「水ナビ(当サイト)」を立ち上げる。また宅配水業界における正しい情報発信を推進するため、一般社団法人「日本宅配水&サーバー協会(JDSA)」の協賛会員に加盟。
※アクアソムリエは、日本アクアソムリエ協会の認定資格です。著者の所有資格について、詳細はこちらをご覧ください。またこちらからアクアソムリエ協会のプロフィールもご覧になれます。