13 views

ウォータースタンドと宅配水ウォーターサーバーは何が違うの?知っておきたいメリット・デメリット

ウォータースタンドと宅配水ウォーターサーバー、自宅にウォーターサーバーを置くならどっちが良いんだろうと悩んでいませんか?

どちらにもメリットがあればデメリットもあります。じっくり比較検討して決めたいところです。

そこで今回は、ウォータースタンドと宅配水ウォーターサーバーを徹底比較してみたので解説していきます。

どちらにしようか迷っている人はぜひ参考にしてみてはどうでしょうか。

ウォータースタンドと宅配水ウォーターサーバー

ウォータースタンドと宅配水ウォーターサーバーそれぞれの特長をご紹介します。

ウォータースタンドとは

ウォータースタンドは、水道直結型のウォーターサーバーです。

水道とサーバーマシンを専用のホースでつなぎ直接水を供給する仕組みです。サーバーマシン内にある高機能フィルターで浄水して使用します。

宅配水のように、ボトル交換が必要なく保管場所に困ることもありません。

高い浄水能力で安全な水が飲める

ウォータースタンドは、水道水を浄水して使用するので浄水器と同じ位置づけと言ってもいいでしょう。

ただし、一般的な浄水器よりも高性能なフィルターを採用しているのが大きな違いです。

扱っているフィルターは2種類あり「ナノトラップフィルター」と「ROフィルター」です。

ナノトラップフィルター ROフィルター

不純物の除去率99.5%
ミネラルがあっておいしい

不純物の除去率99.9%
純水で安全

どちらも、不純物を除去する能力は一般浄水器を遥かに上です。ナノトラップフィルターの除去率は99.5%、ROフィルターの除去率は99・9%となっています。

水道水に含まれる塩素やカルキもしっかり除去するので臭いは気になりません。

ナノトラップフィルターは、ミネラル成分は残すのでおいしさを感じることができます。

ROフィルターは、放射性物質も除去できるほどの浄水能力があり、より安全な水を飲むことができます。

定額制で飲み放題

ウォータースタンドが宅配水ウォーターサーバーと大きく異なる点が料金体系です。

宅配水ウォーターサーバーは、ボトルを注文した分だけ費用がかさみます。

これに対しウォータースタンドは、主にかかる費用が月々のサーバーレンタル代のみ。

機種によってレンタル代は異なりますが、1番人気の機種で月額3,980円の定額制です。

水道に直結するので、水代は使用した水道水の分だけとなります。

ご存じのとおり水道料金は安く、1Lあたり0.2~0.3円程度で使用できます。

たとえば、宅配水ウォーターサーバーで24Lの水を使うと3,600円前後かかりますが、ウォータースタンドなら4.8~72.円程度の水道料で済みます。

水をたくさん使う家庭にはおすすめと言えるでしょう。

つまり、今まで通り水道水を使う感覚で安全でおいしい水を使うことができるのです。

初期設置もメンテナンスもすべて無料

ウォータースタンドを使用するには水道につなぐ工事が必要ですが、一般的に必要とされる工事費用は無料です。

また、半年に1回サーバーメンテナンスとフィルター交換がありますが、こちらも無料です。

ウォータースタンドでは、アフターサービスに必要な費用はすべてサーバーレンタル代に含まれているので、別途支払いが発生しません。

宅配水ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーというと、こちらの宅配水を使用するウォーターサーバーをイメージされる人が多いのではないでしょうか。

宅配水ウォーターサーバーは、ミネラルウォーターなどが入ったボトルをセットし好きなときに温水・冷水が使えます。

ボトルは宅配によって定期的に届けてもらうことができるので、自分でボトルを買いに行く必要がありません。

サーバーマシンは無料でレンタルできるところが多いですが、中にはサポート代などを含めて有料で貸し出ししているところもあります。

おいしさの天然水、高い安全性のRO水が選べる

宅配水ウォーターサーバーで採用されている水は大きく分けて「天然水」「RO水(RO水+ミネラル)」2種類あります。

天然水は、川や地下など自然環境から汲み取った水を、必要最小限の処理で雑菌を取り除いた天然のミネラル豊富な水です。採水地によって味が異なり、一般的にはまろやかさと深みがあっておいしいと好評です。

RO水は、河川水や水道水を、RO膜(逆浸透膜)という特殊フィルターで不純物を除去した純水です。ウォータースタンドでもRO膜採用の機種があり、仕組みは同じです。

ただし、宅配水ウォーターサーバーで扱っているRO水には、人工的にミネラル成分を添加して味を整えているものもあります。安全かつおいしい水を飲みたいという人に人気です。

基本的に天然水かRO水どちらかを扱っているメーカーが多く、中には複数の天然水をラインナップしているメーカーもあり、好みの水を選ぶことができたりもします。

ボトル方式は2種類

水が入ったボトルにも種類があり「リターナブル方式」「ワンウェイボトル方式」に分けられます。

リターナブル方式は、ボトルを再利用するタイプです。

使用済みになった空ボトルは、次回のボトル宅配時に回収してもらいます。

回収したボトルは、メーカー側で洗浄・殺菌するので何度も使えてゴミが出ないので環境に優しいのが特長。

ワンウェイボトル方式は、ボトルを使い切る方式です。使用済みボトルは、自分で破棄できるので次回の宅配時まで保管しておく必要がありません。

リターナブル方式に比べるとコストがかかるので値段はやや高めです。

ウォータースタンドと宅配水ウォーターサーバーの水を比較

ウォーターサーバーのメインである「水」を比較してみましょう。

ウォータースタンド
メーカー/機種 水の種類 容器 水の温度
ナノラピア ネオ RO水(ミネラル) なし 冷水
常温水
温水
プレミアムラピア ステラ 純水 なし 冷水
常温水
温水
宅配水ウォーターサーバー
メーカー/機種 水の種類 容器 水の温度
アクアクララ
アクアアドバンス
RO水(ミネラル) リターナブル 冷水
温水
クリクラ
省エネサーバー
RO水(ミネラル) リターナブル 冷水
温水
アルピナウォーター
エコサーバー
純水 リターナブル 冷水
温水
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
天然水 ワンウェイ 冷水
温水
コスモウォーター
smartプラス
天然水 ワンウェイ 冷水
温水
フレシャス
スラット
天然水 ワンウェイ 冷水
常温水
温水
サントリー
天然水サーバー
天然水 ワンウェイ 冷水
温水
キララ
スマートサーバー
天然水 ワンウェイ 冷水
温水

ウォータースタンドは水道に直結して使用するので当然ながら天然水の扱いはありません。水の種類はミネラルを含んだRO水と純水があり、どちらの水にするかは機種によって決まっています。

宅配水ウォーターサーバーは、天然水、RO水(ミネラル)、純水があり、扱っている宅配水はメーカーによって異なります。

「何に使うか」によって選ぶウォーターサーバーが変わってくるので、それぞれの特性をきちんと理解しておきましょう。

味にこだわるなら天然水がおすすめ

天然水は自然のミネラル豊富なため、おいしく感じる人が多いです。実際に、宅配水ウォーターサーバーでは天然水のほうが人気があります。

ただし、天然水はコストがかかるため料金は高めです。

高いお金を払ってでもおいしい水を飲みたいなどと強いこだわりがないのであれば、ミネラルを含んだRO水や純水でもいいのかもしれません。

ウォータースタンドは無料お試しがありますし、宅配水ウォーターサーバーでも一部のメーカーは無料お試しや試飲会を実施しています。実際に飲み比べてから決めるのも良いでしょう。

赤ちゃんの水はRO水か純水がおすすめ

天然水は確かにおいしいですが、実はミネラル豊富というのは赤ちゃんには適していません。

いずれも赤ちゃんにも安心して飲ませられる軟水なので問題ないですが、心配だという人はRO水(ミネラル)か純水のウォーターサーバーが良いでしょう。

ウォータースタンドと宅配水ウォーターサーバーどちらもRO水(ミネラル)と純水がありますが、赤ちゃんにも水を飲ませるという場合はウォータースタンドがおすすめです。

赤ちゃんは1日に何回もミルクを飲むので水を大量に消費します。当然、費用がかさんできますが、ウォータースタンドなら定額制なので水代を気にせず使えます。

ウォータースタンドは常温水も飲める

ウォータースタンドは、冷水と温水だけでなく常温水も使用できます。

宅配水ウォーターサーバーでも常温水が使える機種がありますが、現時点はフレシャス・スラットのみとなります。

冷たい水が苦手な人、健康を気遣う人、料理にも使いたい人にとっては常温水が使えるのは非常に便利でありがたい機能です。

ウォータースタンドと宅配水ウォーターサーバーの料金を比較

ウォータースタンドと宅配水ウォーターサーバーの月額費用、費用内訳を比較してみます。

月額費用 費用内訳
ウォータースタンド
メーカー/機種 月額費用
24L 48L 100L
ナノラピア ネオ 4,484円 4,489円 4,500円
プレミアムラピア ステラ 6,294円 6,308円 6,340円
宅配水ウォーターサーバー
メーカー/機種 月額費用
24L 48L 100L
アクアクララ
アクアアドバンス
4,250円 6,650円 12,300円
クリクラ
省エネサーバー
3,673円 6,173円 11,573円
アルピナウォーター
エコサーバー
3,442円 5,542円 10,042円
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
4,300円 7,980円 15,920円
コスモウォーター
smartプラス
4,250円 6,650円 16,265円
フレシャス
スラット
5,167円 8,155円 17,480円
サントリー
天然水サーバー
4,546円 8,392円 16,700円
キララ
スマートサーバー
5,833円 9,666円 17,900円
ウォータースタンド
メーカー/機種 費用内訳
水代 サーバー代 電気代
ナノラピア ネオ 0.2円/1L 3,980円 500円~
プレミアムラピア ステラ 0.6円/1L 5,980円 300円~
宅配水ウォーターサーバー
メーカー/機種 費用内訳
水代 サーバー代 電気代
アクアクララ
アクアアドバンス
1,200円/12L 1,500円 800円~
クリクラ
省エネサーバー
1,250円/12L 417円 756円~
アルピナウォーター
エコサーバー
1,050円/12L 872円 470円~
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
1,840円/12L 0円 620円~
コスモウォーター
smartプラス
1,900円/12L 0円 465円~
フレシャス
スラット
1,506円/9.3L 900円 380円~
サントリー
天然水サーバー
1,250円/7.8L 0円 700円~
キララ
スマートサーバー
1,150円/7.2L 1,200円 800円~

ウォータースタンドは水道水を使用するので、水道代はかかりますが単価が安いので使用量によって大きく変動することはありません。

これに対して、宅配水ウォーターサーバーは水の使用量によって月額費用が大きく変わってきます。

ウォータースタンドならコストを気にせず使えて安心

上記の表を見て分かるとおり、ウォータースタンドは水の消費量が増えても月額費用はほとんど変わりません。

飲水だけでなく料理やインスタントラーメン、米とぎなど費用を気にせず様々なことに使えます。

水の消費が少ないなら宅配水ウォーターサーバーもあり

宅配水ウォーターサーバーよりもウォータースタンドの方が圧倒的にコスパが良いですが、定額制ということもありサーバーレンタル代が高めです。

水をあまり使わなくても毎月4,000円以上の費用が発生するので、一人暮らしの人や水の消費が少ない人は要注意です。

宅配水ウォーターサーバーは、配送一時休止サービスを使えば購入ノルマを月間1本に減らすこともでき、月々の費用を抑えられます。

水の消費が少なく費用を抑えたいなら宅配水ウォーターサーバーのほうがおすすめです。

ウォータースタンドと宅配水ウォーターサーバーのサーバーを比較

水や料金だけでなくサーバーマシンを比較するのも重要です。

便利で使いやすい機種を選びたいところです。

水ボトル / 給水方式 クリーニング機能 / チャイルドロック 省エネ機能 / 温度調節
ウォータースタンド
メーカー/機種 水ボトル 給水方式
ナノラピア ネオ なし レバー式
※連続抽出可
プレミアムラピア ステラ なし タッチパネル式
※連続抽出可
宅配水ウォーターサーバー
メーカー/機種 水ボトル 給水方式
アクアクララ
アクアアドバンス
リターナブル方式
サーバー上部設置
ボタン式
クリクラ
省エネサーバー
リターナブル方式
サーバー上部設置
コック式
アルピナウォーター
エコサーバー
リターナブル方式
サーバー上部設置
ボタン式
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
ワンウェイ方式
サーバー上部設置
レバー式
コスモウォーター
smartプラス
ワンウェイ方式
サーバー下部置
レバー式
フレシャス
スラット
ワンウェイ方式
サーバー下部設置
ボタン式
サントリー
天然水サーバー
ワンウェイ方式
サーバー上部設置
ボタン式
キララ
スマートサーバー
ワンウェイ方式
サーバー上部設置
ボタン式
ウォータースタンド
メーカー/機種 クリーニング機能 チャイルドロック
ナノラピア ネオ × 温水
プレミアムラピア ステラ 温水
冷水
宅配水ウォーターサーバー
メーカー/機種 クリーニング機能 チャイルドロック
アクアクララ
アクアアドバンス
温水
冷水
クリクラ
省エネサーバー
温水
冷水
アルピナウォーター
エコサーバー
温水
冷水
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
× 温水
冷水
コスモウォーター
smartプラス
温水
冷水
フレシャス
スラット
温水
冷水
サントリー
天然水サーバー
温水
冷水
キララ
スマートサーバー
温水
冷水
ウォータースタンド
メーカー/機種 省エネ機能 温度調節
ナノラピア ネオ
常温水
プレミアムラピア ステラ
常温水
宅配水ウォーターサーバー
メーカー/機種 省エネ機能 温度調節
アクアクララ
アクアアドバンス

弱温水
再加熱
クリクラ
省エネサーバー
×
アルピナウォーター
エコサーバー

弱温水
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
×
コスモウォーター
smartプラス
×
フレシャス
スラット

常温水
弱温水
再加熱
サントリー
天然水サーバー
◯<>br />弱冷水
弱温水
再加熱
キララ
スマートサーバー
◯<>br />弱冷水
弱温水
再加熱

基本的な性能や使い方に大きな差はないですが、ウォータースタンドはボトル自体がいらないので、ボトルの交換や注文、受け取り、保管といった手間が一切ないです。

水道管にサーバーマシンをつなげる工事は必要ですが、一度つないでしまえば済むので手間はかかりません。しかも設置工事は無料です。

同じウォータースタンドでも、機種によって機能や使い勝手に違いがあるので注意してください。

今回比較対象となっているナノラピアネオとプレミアムラピアステラは、ウォータースタンドの中でも人気の2機種で機能性と使い勝手に優れています。

たとえば、便利な機能としてナノラピアネオとプレミアムラピアステラには連続抽出機能があります。

上図のように、水を出しっぱなし状態にすることができるので、水をたくさん使用するときに便利です。料理にも使用することを前提としたウォータースタンドらしい機能ですね。

ウォータースタンドと宅配水ウォーターサーバーのサービスを比較

続いてサービス面の比較です。

対応エリア / サーバー設置対応 定期メンテナンス / 違約金・解約料
メーカー 対応エリア サーバー設置対応
ウォータースタンド 35都道府県
無料
アクアクララ 全国
無料
クリクラ 全国
※沖縄・離島除く

無料
アルピナウォーター 関東・関西・中部・甲信越地域・四国地域
無料
プレミアムウォーター 全国
8,000円
コスモウォーター 全国
※沖縄・離島除く

2,500円
フレシャス 全国
※沖縄・離島除く
×
サントリー 全国
※沖縄・離島除く
×
キララ 全国
※沖縄・離島除く

8,000円
メーカー 定期メンテナンス 違約金・解約料
ウォータースタンド
6ヶ月ごと
無料
1年未満
10,000円
アクアクララ 1年~3年ごと
無料
6ヶ月~2年未満
6,000円~3,000円
クリクラ 1年ごと
無料
無料
アルピナウォーター
2年~4年
無料
1年未満
4,762円
プレミアムウォーター × 2年~3年未満
20,000円~10,000円
コスモウォーター × 2年未満
9,000円
フレシャス × 9ヶ月~2年未満
15,000円~9,000円
サントリー × 1年~2年未満
15,000円~9,000円
キララ × 1年~3年未満
18,000円~5,000円

見落としがちなのがサービス対応エリアです。

どの地域に住んでいても問題なく利用できると思いがちですが、メーカーによって対応エリアが異なります。

ウォータースタンドは今現在(2019年11月)35都道府県に対応しており、一部地域には対応していません。

宅配水ウォーターサーバーも全国対応と言いながらも沖縄県は対象外のところが多いです。ちなみにウォータースタンドは沖縄県は対応エリアとなっています。

その他ではメンテナンスもチェックしておきましょう。

ウォータースタンドでは半年ごとにフィルター交換、定期メンテナンス、タンク内清掃を行います。素人にはできないことを定期的に実施してくれて衛生的で安心ですね。

宅配水ウォーターサーバーでも定期メンテナンスはありますが、ウォータースタンドのように半年に1回という高頻度でやってくれるところはありません。

しかも、ウォータースタンドのメンテナンスは無料です。

アフターサービスも充実しているのは利用者にとっては大きな魅力と言えます。

ウォータースタンドと宅配水ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォータースタンドと宅配水ウォーターサーバー、それぞれのメリット・デメリットをまとめたのでご紹介します。

ウォータースタンドのメリット・デメリット

メリット

  • ボトルの受け取り・交換不要
  • 冷水・温水の他に常温水も飲める
  • 定額料金で飲み・使い放題
  • 6ヶ月1回無料で定期メンテナンスしてくれる

ウォータースタンドは水道直結なので、水ボトルの受け取りや交換が一切必要ありません。「水を使おうと思ったら、ボトルが空だった・・・」なんてこともないです。

機種にもよりますが、温水・冷水の他に常温水も飲めるのもウォータースタンドの特長です。

定額料金だからいちいちお金のことを気にせず水を使えるのがウォータースタンド最大のメリットと言えるでしょう。

宅配水ウォーターサーバーだと、料理や炊飯などに使いたくても「もったいなくて・・・」とためらってしまいますが、ウォータースタンドならそんなことも気にしなくて済みます。

また、半年に1回という高頻度で無料の定期メンテナンスがあるので安心して使えます。

デメリット

  • 天然水が飲めない
  • サイズ(主に奥行き)が大きめ
  • 置き場所が限定される

ウォータースタンドは、水道管から供給される水を浄水して使用するので当然ながら天然水は飲めません。

ナノラピアシリーズは、一応水道水に含まれるミネラルが残っていますが、やはり天然水と比べると味はイマイチという意見は多いです。ただ、不純物がほぼ含まれてないので食材の良さを引き立てることができコーヒーやお茶を飲むときや料理に最適です。

また、横幅と高さはコンパクトですが奥行きは思いの外あるので、置き場所によってははみ出てしまう恐れがあるので注意してください。

加えて、水道管にホースを繋ぐため、離れるとホースがじゃまになり置き場所が限定されてしまいます。

宅配水ウォーターサーバーのメリット・デメリット

メリット

  • 安心安全なおいしい水が飲める
  • 災害時の備蓄水になる
  • オシャレでインテリアとしても

主に天然水のウォーターサーバーに言えることですが、自然のミネラルが豊富なのでおいしいです。ろ過や沈殿、加熱処理などが施されているので安心安全に飲める点もポイントです。

宅配水は未開封なら半年~1年ぐらいに賞味期限が定められています。災害時の備蓄水としても使えるので、もしものときに役立ちます。

最近の宅配水ウォーターサーバーは、デザイナーや家電メーカーとコラボしておしゃれなデザインが多く、インテリアとしても最適です。

デメリット

  • 費用は割高
  • 置き場所に困る
  • ボトル交換が面倒

料金比較でもわかるように、宅配水ウォーターサーバーの費用は割高です。水を使えば使うほど費用がかさむため、費用を気にして水の使用を控えてしまいがちです。

宅配水ウォーターサーバーは床置き型が主流ですが、多少なりともスペースを圧迫します。卓上タイプもありますが、種類が少なく希望している機能がなかったりデザインがイマイチなどのマイナス面が目立ちます。

サーバーマシンだけでなく、ストックしているボトルや空ボトルの置き場所も必要ですから、特に部屋が狭い人は苦労するかもしれません。

また、水がなくなればボトルを交換しないといけません。サーバー下部にボトルをセットするタイプならラクに交換できますが、そもそもボトルを交換する作業が麺等に感じる人は多いです。

ウォータースタンドと宅配水ウォーターサーバーの比較まとめ

ウォータースタンドと宅配水ウォーターサーバーは、どちらかが優れているというわけではないことがおわかりいただけたのではないでしょうか。

「どれぐらいの量を、どのような目的で利用するか」をハッキリさせると適切なウォーターサーバーがわかります。

  • ウォータースタンド:費用を気にせず水をたくさん使いたい、安全な水を使いたい、料理や赤ちゃんのミルクに使いたい、飲用水以外にも使いたい人向け
  • 宅配水ウォーターサーバー:美味しい水が飲みたい、飲用水メインで使いたい、コーヒーやお茶をおいしく飲みたい

このように、ウォーターサーバーに何を求めるかで、ウォータースタンドにするか宅配水ウォーターサーバーにするか変わってきます。

ウォータースタンドと宅配水ウォーターサーバーの違いを踏まえて、自分のライフスタイルにピッタリなウォーターサーバーを見つけてください。

新着記事


人気ランキング

コスモウォーター

天然水宅配No.1!累計出荷台数100万台超!グッドデザイン賞受賞の高機能サーバー!口コミ評価◎キャンペーンあり!

プレミアムウォーター

おしゃれママから高評価!豊富なサーバーバリエ、ママ向けプラン、選べる天然水に注目。新規契約プレゼントも!

アクアクララ

宅配水の超定番!誰もが好む独自製法のRO水が好評!サーバー種類も充実!低価格だから家庭・法人どちらにも。


PAGE TOP

チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!