18 views

ウォータースタンドの安全性ってどうなの?水・衛生・システム3つの観点から解説

最近、宅配水にかわる選択肢として人気のウォータースタンド。

乗り換えを検討している人も多いことでしょう。

しかし、利用するにあたり気になるのが、「安心して使えるものなのか?」ではないでしょうか。

今回はウォータースタンドの安全性について水・衛生面・構造の3つの観点から解説していきます。

水の安全性

ウォータースタンドを利用するにあたり、最も気になるのが水の安全性ではないでしょうか。

宅配水とは違い、ウォータースタンドでは水道水を使用することから安全面や味について心配される人は多いです。

水道水について

ウォータースタンドの水の安全性については、ろ過した後の水もそうですが、ろ過する前の水道水についても気になっている人は多いことでしょう。

まずは、ウォータースタンドで使用される水道水の安全性について見ていきましょう。

日本の水道水が世界一安全と言われています。

これは国(厚生労働省)が定めた「水道法」による飲料水の水質基準をクリアし、安心安全な水を供給するよう義務付けられているからです。

水道水は、河川や湖沼、地下水を浄水場で浄化・消毒できれいな水にして各家庭に運ばれます。

水道水には塩素が含まれています。この塩素の臭いや味が気になるため、水道水をそのまま飲むのは抵抗があるという人は少なくないでしょう。

しかし、この塩素が含まれているからこそ日本の水道水の安全性が確保されています。

水道水に塩素が含まれているのは病原生物を消毒することが主な目的です。塩素には強い漂白と殺菌作用があります。殺菌した後は残留塩素となり各家庭の蛇口まで効果は維持されます。

ただ、塩素にはいくつかのデメリットもあり、飲用水の観点で言えば「塩素独特の味や臭いの付着」が挙げられます。

いわゆるカルキ臭のせいで、そのまま飲むことに抵抗があるという人は少なくないです。

日本の水道水は、厚生労働省の水道法により以下のように水質基準が定められています。

厳格な水質基準のもと水道水が作られているわけですが、水道管や貯水槽の衛生管理に問題があっては安全とは言えません。

事実、サビや汚れが発生している排水管や給水管、貯水槽は少なくなく衛生管理に問題があると指摘されています。

水道法は水が作られた直後の基準なので、各家庭に届けられた後もこの基準が保たれているわけではないのです。

水に安全性を求めるなら、普段の生活の中で衛生的で安全性の高い水を保つための配慮が必要になります。

ウォータースタンドは塩素も除去できて安全性が高い

日本の水道水はそのまま使っても安全性が高いとは言え、上記で説明したように不安要素は残ります。

特に安全性は高いとはいっても塩素の臭いや味が苦手という人は多いでしょう。

塩素は熱に弱いので、水道水を沸騰させることで除去できます。しかし、20分前後は沸騰させる必要があるので非常に手間がかかります。

安全のためとは言え、毎回沸騰させてから使用するのは正直面倒ですよね。

そこで出番となるのがウォータースタンドです。

ウォータースタンドのサーバーに搭載されるフィルターは塩素を始めとする様々な不純物や有害物質を除去してくれます。

下図は家庭用浄水器試験方法によるナノラピアネオのテスト結果です。

塩素やクロロホルム、トリハロメタンなどがしっかり除去されているのがわかります。

ウォータースタンドで使用される浄水フィルターの核となる「ナノトラップフィルター」は、浄水フィルターの性能クラスの中でトップレベルに値します。

他社の水道直結型ウォーターサーバーでは、ウルトラフィルターなどを採用しているモデルが多いですが、ウォータースタンドのナノトラップフィルターはその上をいく浄水能力があります。

ウォータースタンドは放射性物質も除去できる!

東日本大震災による原発事故で浄水場から放射性物質が検出されたことで水道水へ不安を抱くようになった人は少なくありません。

これをきっかけに宅配水型ウォーターサーバーが一気に注目を集める形となりましたが、ウォータースタンドの浄水フィルターは放射性物質をも除去する能力があります。

浄水フィルターは大きく分けて2種類あり、ナノトラップフィルターとROフィルターです。放射性物質を除去できるのはROフィルターとなります。

ウォータースタンドでは、このROフィルターを搭載したモデルはプレミアムラピアシリーズに分類されます。

プレミアムラピア ステラ プレミアムラピア S2
プレミアムラピア L2 プレミアムラピア ネオス2

ウォータースタンドと一般的な浄水器と大きな違いとも言えるのが不純物の除去能力です。

一般的な浄水器は残留塩素や鉄さびなどは除去できますが、分子レベルの不純物まで除去することはできません。

ウォータースタンドのプレミアムラピアシリーズに搭載されるROフィルターは唯一放射性物質を除去できる高性能浄水器なのです。

ウォータースタンドの水の注意点

ウォータースタンドは水道水に含まれる不純物を徹底的に除去することで安全性の高い水をつくりだします。

ただ、一度浄水された水は塩素も除去されているため雑菌繁殖しやすい状態であることを覚えておいてください。

これは浄水能力が高いものほど浄水後の水の劣化は早くなります。

ウォータースタンドの水はできるだけ早めに飲み切るようにしてください。

安全でおいしい水が楽しめる

水は毎日使うものだから安全であることはもちろんですが、味がおいしいことも大切ですよね。

ウォータースタンドは、搭載するフィルターによって2種類の水を選べます。

ナノトラップフィルター搭載のナノラピアシリーズは、不純物を除去しながらもミネラルは残すのでまろやかな味わいがある水となります。

ROフィルター搭載のプレミアムラピアシリーズは、不純物を99.9%除去しミネラルも取り除くので雑味がなくスッキリした味わいの水です。

ウォータースタンドの水は、安全なだけでなく利用シーンを考えて水の味を選ぶこともできます。

ウォータースタンド衛生面の安全性

ウォータースタンドの衛生面の安全性はどうでしょうか?

ここではウォータースタンドの衛生機能やサービスについて紹介します。

ウォータースタンドは万能じゃない!雑菌が繁殖することも

これはウォータースタンドに限った話ではなく、すべてのウォーターサーバーに共通して言えることでもあります。

まず、ウォーターサーバーは万能ではなく雑菌が繁殖しやすい環境にあります。

その理由は2つ考えられます。

塩素を除去している

ウォータースタンドの浄水フィルターは非常に高性能で水道水のあらゆる不純物を除去します。

これにはもちろん塩素も含まれており、塩素が取り除かれるため水道水と比べて痛みやすい水と言えます。

注水口は外気にさらされている

ウォータースタンドの注水口はつねに外気にさらされている状態です。言ってみれば菌やカビ、ホコリが触れやすい状態です。

さらに水を注ぐときに注水口に手が触れてしまったり、子供がイタズラして直接触ってしまうことも考えられます。

このように、サーバー内部や注水口に雑菌が入り繁殖してしまうことがあるのです。

半年に1度のメンテナンスで衛生面の安全性もバッチリ

どのウォーターサーバーでも注水口や外装などのお手入れは必須です。

手入れを怠ればカビやバイキンが繁殖してしまいます。

ただ、パーツを外して掃除したり、タンクの中を掃除するのは流石に大変ですよね。

ウォータースタンドはメンテナンス研修を受講した専門スタッフが定期的に訪問して掃除を含めたメンテナンスを実施します。

しかも、半年に1度という他社には真似できないような高頻度でメンテナンスしてくれるのも大きいです。

メンテナンスと一緒にフィルター交換もしてくれてメンテナンス代はレンタル料金に含まれているので余計な負担もありません。

除菌機能搭載のウォータースタンド

ウォータースタンドは定期メンテナンスがあるとは言え、毎日のように手入れして常に清潔な状態を保ちたいという人もいるでしょう。

そのような人は、除菌機能を搭載したモデルがおすすめです。

ウォータースタンドで唯一、自動除菌機能を搭載したのが「プレミアムラピア ステラ」です。

ステラは、電気分解方式で除菌水を生成し、循環・流路・コックそれぞれを除菌することができます。

たとえば、旅行で数日間サーバーを利用しなくても、サーバー内の水は常に新鮮で清潔に保てます。

プレミアムラピア ステラは他のモデルと比べて機能性が高いこともあり料金はやや高めではありますが、価格に見合った機能と使い心地を実現したモデルです。

衛生面でも安全性を求めるならプレミアムラピアステラがおすすめです。

ウォータースタンドを衛生的に使うためのコツ

定期メンテナンスや自動除菌があっても、衛生的に保つには利用者自身でのお手入れも必要です。

ここでは、以下4部位のお手入れ方法を解説します。

  • 外装
  • 抽出口
  • 受け皿
  • 水の循環

ウォータースタンドを清潔に保つために必須ですのでぜひ参考にしてください。

外装の手入れは週1回は行うようにしましょう。

清潔なふきんを使ってサーバー本体の表面や抽出口周辺を拭き上げましょう。定期的に拭くことでカビの発生リスクを抑えます。

また、冷却ファン搭載のサーバーは、空気の入口周辺にホコリが溜まりやすいので、ハケなどでホコリを取り除くことも忘れず行いましょう。

注水口も雑菌やカビが発生しやすい部位です。

特に、水を注いだときにはね上がって汚れが付着しやすいのでしっかりと拭き取ります。

ウォータースタンドのサーバーは注水口のカバーを取り外しできるので、外して拭くことも忘れずに。

また、注水口は水滴がついたままの状態なので定期的に綿棒で拭き取ることも大切です。

綿棒は毛羽立たないものを使いましょう。

意外と見落としがちなのが受け皿です。

数日使っただけでも受け皿には思いの外水が溜まっていたりしますので、それが原因でカビが発生してしまうこともあります。

受け皿はカンタンに取り外しできるので、外して中性洗剤で洗って水分を拭き取りましょう。

もし、3日程度水を出していない場合は1Lほど水を流してから使用するようにしてください。

ウォータースタンドのシステム・構造上の安全性について

最後はウォータースタンドのシステム・構造の安全性について解説します。

設置工事について

ウォータースタンドは宅配水型ウォーターサーバーとは違って水道とサーバーをホースで繋いで使用するシステムです。

そのため設置工事が必要となるのですが、「水道をいじって大丈夫なの?」「賃貸で勝手に取り付けしてもOK?」「水漏れしないの?」といった不安がある人も少なくないようです。

結論を言えば、ウォータースタンドの水道直結システムは至ってカンタンなもので、取付自体もごくごくシンプルで安全性の高いものです。

まずは、ウォータースタンドの取付様子をまとめた動画をチェックしてみてください。

水道の工事と聞くとドリルで穴を開けたり溶接でガッチリ固定するのではないか?と想像される人もいますが、全くそんなことはなく取付自体はカンタンなものです。

設置工事はすべての工程を含めて1時間程度で完了します。

また、ウォータースタンドは水道直結を売りにしているだけあり、様々な形状の水栓に対応しています。

また、水道直結で心配なのが引っ越しする際は元通りにできるのか?ということではないでしょうか?特に賃貸にお住まいの人は原状回復できるのか気になるところですね。

ウォータースタンドはマンションやアパートなど賃貸でも問題なく取付可能ですし、カンタンに原状回復できるので安心してください。

中には取付不可の水栓も少なからずありますが、そういった割合は全体の1%にも満たないのであまり不安視される必要もないでしょう。

事前に営業の方が水栓の形状を確認してくれますので、その点も安心してよいかと思います。

温水には安全のチャイルドロック搭載

ウォータースタンドは、水の温度帯が冷水・常温水・温水の3つが使用可能です。

特に、温水がすぐ使えるのは便利なことで、いちいち電気ケトルやヤカンでお湯を沸かす必要がありません。

モデルにより若干の違いはありますが、ウォータースタンドの温水の温度はおおよそ85~93℃という熱湯です。

「子供がイタズラしてヤケドしないか?」と心配になるかもしれませんが、ウォータースタンドの温水にはチャイルドロック機能が搭載されています。

これにより、カンタンにはお湯が出せない仕組みとなっており子供のヤケド防止になります。

ナノラピアネオ(レバー式)のチャイルドロックは以下のようになっています。

ナノラピアマリン(タッチパネル式)のチャイルドロックは以下のようになっています。

また、ウォータースタンドの場合、卓上型なのでキッチンカウンターなどにおけば子供の手が届きにくくなりいたずら防止になります。床置き型のウォーターサーバーと比べて注水口や操作ボタン類の位置が高くなり安全性が高いです。

ただし、温水にはチャイルドロックがついていても冷水と常温水にはチャイルドロックが付いていないモデルもあるのでその点は注意が必要です。

ヤケドはしないものの、イタズラして床が水浸しになってしまった・・・なんてケースも少なからずあるようです。

新着記事


人気ランキング

コスモウォーター

天然水宅配No.1!累計出荷台数100万台超!グッドデザイン賞受賞の高機能サーバー!口コミ評価◎キャンペーンあり!

プレミアムウォーター

おしゃれママから高評価!豊富なサーバーバリエ、ママ向けプラン、選べる天然水に注目。新規契約プレゼントも!

アクアクララ

宅配水の超定番!誰もが好む独自製法のRO水が好評!サーバー種類も充実!低価格だから家庭・法人どちらにも。


PAGE TOP

チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!