100 views

信濃湧水には卓上型ある?卓上型ウォーターサーバーの選び方

「信濃湧水のウォーターサーバーを使いたいけど置く場所がない・・・」
「ウォーターサーバーは大きいから部屋の雰囲気に合わないと困るなぁ」

信濃湧水ウォーターサーバーは床置き型だけでなく、卓上型もあるのをご存知でしょうか?

公式サイトでは床置き型サーバーしか案内がありませんが実は卓上型のウォーターサーバーも選ぶことができます。

卓上型は床置き型に比べて半分程度のサイズ感でコンパクトなところが魅力ですが、その見た目から性能は劣ると考えている方もいるかもしれません。

そこで今回は信濃湧水を始めとする卓上型ウォーターサーバーの特徴やメリット・デメリット、さらには選び方を解説していきます。

信濃湧水卓上のメリット・デメリットを解説。床置き型との違いは?

信濃湧水の卓上型ウォーターサーバーのメリット・デメリットを紹介します。

【メリット】

  • 限られたスペースにも設置できる
  • 使用状況に応じて高さ調節できる
  • 移動がカンタン

【デメリット】

  • エコサーバーがない
  • 床に直接置けない

メリット

限られたスペースにも設置できる

信濃湧水ウォーターサーバーの卓上型の魅力は、なんと言っても床置き型に比べてコンパクトなこと。

テーブルやラックの上などに置けて、見た目もスッキリとしています。狭い部屋でも置き場所に困りません。

一人暮らしの方や部屋が狭くてウォーターサーバーの置き場所が限られてしまうという方でも、設置場所に困りません。

信濃湧水の床置き型と卓上型のサイズはこのようになっています。

  床置き型(エコサーバー) 卓上型
31cm 30cm
奥行き 33cm 31cm
高さ 100.5cm 59cm
高さ(ボトルセット時) 125cm 82cm

また床置き型と卓上型では、限られたスペースの有効活用にも差が出ます。

このように、卓上型ウォーターサーバーなら床を広く使えて部屋をスッキリさせることができます。

使用状況に応じて高さ調節できる

床置き型のウォーターサーバーだと、高さを調節することはできません。しかし、卓上型はテーブルやラックなど置き場所によって高さを調節することができます。

ウォーターサーバーを置く上で特に心配なのが子供のいたずらです。

信濃湧水ウォーターサーバーには、チャイルドロックを搭載しているものの注水レバーは子供の手が届く高さにあります。何かの表紙でいたずらしてしまうケースもあります。

卓上型なら高さ調節することで、子供の手が届かないようにすることも可能です。

移動がカンタン

卓上型ウォーターサーバーは、床置き型に比べて重量が軽いので移動もカンタンです。

模様替えや、来客のために移動させようというときでもラクです。

デメリット

エコサーバーがない

信濃湧水の卓上型ウォーターサーバーの機能は、床置き型スタンダードサーバーと同じです。

チャイルドロックは備わっていますが、エコサーバーのようにダブルチャイルドロックではないですし、エコモードは備わっていません。

機能面は床置き型のエコサーバーに比べると劣ります

床に直接置けない

卓上型は、床において使用することを前提に設計されていません。

あくまでもテーブルや台の上において使用するウォーターサーバーです。

床においてしまうと、注水口が低いためホコリやゴミが付着して衛生面で問題があります。

信濃湧水卓上型の注意点

信濃湧水の卓上型ウォーターサーバーを使用するうえでの注意点は次の2つです。

耐荷重に注意

床以外であれば、基本的に置き場所に困らない卓上型ウォーターサーバーですが、置く場所には注意が必要です。

床置き型に比べて重量は軽いとは言え、サーバーマシンの重量は約13kgあります。これに12Lボトルをセットするので、サーバーマシン+水ボトルの重量は約25kgになります。

卓上型ウォーターサーバーを置く際は、25kgの重さに耐えられる場所を選ぶようにしてください

また、転倒防止ワイヤーはありませんので、不安定な場所においてしまうと落下でケガやヤケドする恐れもありますので、安定した場所を選びましょう。

置き場所のスペースを確認する

ウォーターサーバーは電化製品ですから、サーバーマシンの左右と奥行きに余裕がないと熱がこもってしまい故障の原因となります。

壁際などに置く際は、最低でも10cm程度の余裕をもたせて設置するようにしましょう。

また、水ボトルを交換するためにも上部にも余裕をもたせるようにしてください。余裕がないと水ボトルを交換しづらいです。

信濃湧水の卓上型は良いの?他社と比較してみた

信濃湧水もいいけど他の卓上型ウォーターサーバーも気になっている・・・という方のために、ここでは信濃湧水と他メーカーの卓上型ウォーターサーバーを比較していきます。

メーカー トータルコスト サイズ デザイン 衛生面 ボトル交換
信濃湧水
×
フレシャス
デュオミニ
×
フレシャス
SIPHON+
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
アクアクララ
アクアスリムS
×
クリクラ
省エネサーバーS
×
アルピナウォーター
×

今回は「トータルコスト」「サイズ」「デザイン」「衛生面」「ボトル交換のラクさ」の5項目で比較しました。

非常にバンランスに優れているのはフレシャスのSIPHON+です。フレシャスのデュオミニは、機能性や使い勝手は文句なしですが水が割高なため、月にかかる費用には注意が必要です。

信濃湧水は床置き型だと全体的にバランスの良いウォーターサーバーですが、卓上型は正直おすすめできない結果となりました。

信濃湧水の卓上型は、天然水のウォーターサーバーとしてはコスパが優れているので、デザインや機能性は気にせず単純においしい天然水を安く飲みたいという方におすすめです

比較1:トータルコスト

卓上型ウォーターサーバーのトータルコストを比較してみましょう。

ウォーターサーバーの月々の費用は「水代」「電気代」「サーバー代」の3つが基本となります。ウォーターサーバーによってはメンテナンス料がかかるものもありますのでよく確認しておきましょう。

月額費用は「24L(2人世帯の平均使用量)」「48L(4人世帯の平均使用量)」で算出しています。

メーカー 水代/L ※ 電気代 サーバー代 月額費用
(24L消費)
月額費用
(48L消費)
信濃湧水
1,500円/12L
(62.5円)
800円 0円 3,800円 6,800円
フレシャス
デュオミニ
925円/4.7L
(98円)
490円 0円~
※2ヶ月目以降注文が2箱以下なら540円
5,194円 9,408円
フレシャス
SIPHON+
1,154円/7.2L
(80円)
700円 0円 4,540円 7,680円
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
1,960円/12L
(82円)
630円 0円 4,566円 8,502円
アクアクララ
アクアスリムS
1,200円/12L
(50円)
1,000円 0円
サポート料1,000円/月
4,400円 6,800円
クリクラ
省エネサーバーS
1,250円/12L
(52円)
1,000円 0円
安心サポートパック料417円/月
3,913円 6,417円
アルピナウォーター
1,050円/12L
(44円)
800円 572円 3,472円 5,572円

※()内は500ml換算価格です。

比較の結果、アルピナウォーターやクリクラなどRO水のウォーターサーバーがトータルコストを抑えやすいことがわかりました。

信濃湧水はRO水ウォーターサーバーと比べると料金はやや高めですが、天然水ウォーターサーバーの中ではトータルコストを最も抑えることができます。

単純にウォーターサーバーを安く使いたい方は、RO水ウォーターサーバーが良いかもしれませんが、おいしい天然水を安く飲みたいという方は信濃湧水を選ぶといいでしょう。

比較2:サイズ

卓上型ウォーターサーバーは、床置き型よりもコンパクトですがサーバーマシンによっては思ったよりも大きいと感じることがあります。

特に、水ボトルをセットするタイプのウォーターサーバーは高さによる圧迫感があるので要注意です。

メーカー 幅×奥行き×高さ(cm)
信濃湧水
30×31×59
水ボトルセット時の高さ:82cm
フレシャス デュオミニ
25×29.5×47
フレシャス SIPHON+
30×34×77.5
プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ
27×35.4×82
アクアクララ アクアスリムS
27.2×42×48.7
水ボトルセット時の高さ:75.6cm
クリクラ クリクラサーバーS
27×46×51
水ボトルセット時の高さ:88.8cm
アルピナウォーター
30×31×59
水ボトルセット時の高さ:82cm

最もサイズが小さいのはフレシャスデュオミニです。

スッキリとしたサイズ感でキッチンに置いても圧迫感がありません。

その他のウォーターサーバーはサイズに大きな差はありませんが、念の為、確認はしておきましょう。

比較3:デザイン

卓上型ウォーターサーバーは、サーバーマシンの上に水ボトルがむき出しで置かれていて「いかにも家電製品」という雰囲気が出てしまっているものが多いです。

デザイン重視で選ぶなら、やはり水ボトルが見えないサーバーマシンがおすすめです。

フレシャス
デュオミニ
フレシャス
SIPHON+
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ

フレシャスとプレミアムウォーターは水ボトルが見えないor見えにくいので、オシャレなデザインの卓上型ウォーターサーバーが良いという方におすすめです。

特に人気が高いのがフレシャスデュオミニです。デザイン性だけでなくコンパクトで、機能性にも優れているので、見た目だけでなく使い勝手の良さでも選ばれています。

比較4:衛生機能

ウォーターサーバーを使用するうえで特に気になる衛生面。

サーバーマシンによって衛生面に差がありますので、新鮮なお水を楽しむためにも衛生機能が充実しているウォーターサーバーを選びましょう。

メーカー 真空構造ボトル 衛生機能
信濃湧水
× ×
フレシャス
デュオミニ

UV除菌
フレシャス
SIPHON+

熱水循環
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
×
アクアクララ
アクアスリムS
×
エアフィルター
クリクラ
クリクラサーバーS
×
HEPAフィルター
アルピナウォーター
× ×

衛生面を比較する場合は「ボトル構造」と「衛生機能」の2点をチェックしましょう。

ボトル構造は、水の量に応じて容器が圧縮され真空状態に近くなるタイプが衛生的です。ボトル内部に外気が入りづらいので、空気中に含まれるチリやホコリが侵入することがありません。

次に衛生機能は主に「空気中の雑菌を取り除くフィルター」と「サーバー内部を熱湯消毒するクリーンサイクルシステム」の2種類があります。

 

空気中の雑菌を取り除くフィルターは「クリーンエアシステム」「HEPAフィルター」などウォーターサーバーによって名称は異なりますが、基本的な仕組みは同じです。

 

クリーンサイクルシステムは、サーバー内に熱湯を循環させて、雑菌繁殖を防止します。「セルフクリーンシステム」「フレッシュ機能」など、ウォーターサーバーによって名称は異なります。

フレシャスデュオミニだけは、衛生機能に「UV除菌」を搭載しています。

紫外線による殺菌効果でサーバー内部を衛生的に保ちます。

比較表からもわかるとおり、衛生面はフレシャスが最も優れています。信濃湧水は、卓上型だと床置き型に機能面で劣っており、衛生機能が備わっていません。

衛生面を特に重視される方にはフレシャスシリーズがおすすめです。

比較5:ボトル交換のラクさ

卓上型ウォーターサーバーは、いずれも水ボトルをサーバー上部に設置するタイプなので足元に設置するタイプもある床置き型に比べるとボトル交換は大変です。

少しでもボトル交換をラクに済ませたいなら、容量が少ない卓上型ウォーターサーバーを選ぶといいでしょう。

メーカー 水容量/種類 ボトル交換のラクさ
信濃湧水
12L/ボトル ×
フレシャス
デュオミニ
4.7L/ウォーターパック
フレシャス
SIPHON+
7.2L/ウォーターパック
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
12L/ボトル ×
アクアクララ
アクアスリムS
12L/ボトル ×
クリクラ
クリクラサーバーS
12L/ボトル ×
アルピナウォーター
12L/ボトル ×

ボトル交換がラクなウォーターサーバーはフレシャスシリーズです。

フレシャスデュオミニは4.7Lの小容量ウォーターパックなので、交換が非常にラクです。ウォーターパック自体が軽いので女性でも交換しやすいです。

フレシャスSIPHON+は、7.2Lとデュオミニよりも容量はあるものの、12Lボトルに比べて水交換はラクです。

ウォーターパックは、使用後、小さく落ちたたんで捨てられるのでゴミが少なく扱いやすいのもポイントです。

新着記事


人気ランキング

コスモウォーター

天然水宅配No.1!累計出荷台数100万台超!グッドデザイン賞受賞の高機能サーバー!口コミ評価◎キャンペーンあり!

プレミアムウォーター

おしゃれママから高評価!豊富なサーバーバリエ、ママ向けプラン、選べる天然水に注目。新規契約プレゼントも!

アクアクララ

宅配水の超定番!誰もが好む独自製法のRO水が好評!サーバー種類も充実!低価格だから家庭・法人どちらにも。


PAGE TOP