184 views

信濃湧水の電気代はいくら?他社と比べて電気代が安いウォーターサーバーをピックアップ

信濃湧水は月にどれぐらいの電気代がかかるのでしょうか?

ウォーターサーバーは電源を入れっぱなしにしておかなければいけませんので電気代が気になるところです。

できることなら電気代が安いウォーターサーバーが良いですよね。

ただ、費用を安く抑えることを考えるなら大切なのはトータルでいくらかかるのか?をチェックしましょう。

電気代が安くても、サーバーレンタル代やメンテナンス代がかかることで結果的に損してしまっては意味がありません。

そこで今回は、

  • 信濃湧水の電気代
  • 他社ウォーターサーバーとの電気代比較
  • トータルコストが安いウォーターサーバーを目的別に紹介

以上の3点について解説していきます。

信濃湧水の電気代について

信濃湧水ウォーターサーバーは5℃~10℃の冷水、80℃~85℃の温水が24時間いつでも好きな時に飲めます。

ウォーターサーバーのメリットでもありますが、24時間稼働しているということで電気代が気になるところでしょう。

信濃湧水の消費電力は冷水が95W、温水が260W程度です。

電気代は月額でスタンダードサーバーが約800円~、エコサーバーが約470円~という計算になります。

ただし、使用する環境や条件で電気代は変わってくるので、上記の金額は一つの目安として覚えておきましょう。

信濃湧水の電気代を節約する方法

信濃湧水の電気代はエコサーバーは470円~、スタンダードサーバーは800円~となっていますが、あくまでも目安です。使い方次第では電気代が月1,000円をこしてしまうこともあります。

そう考えると信濃湧水の電気代は決して安いとは言えません。ここでは、信濃湧水の節電方法をいくつかご紹介します。

「電源オフ」は絶対やっちゃダメ!

節電と考えたとき、真っ先にやってしまいがちなのが電源オフではないでしょうか。

確かに、他の家電なら電源オフにして節電という手もありますが、ウォーターサーバーに関しては電源オフはやっちゃダメです。

ウォーターサーバーの水には塩素は含まれていないので、電源オフにしてしまうことで細菌が発生し、そのままの状態が続けば繁殖してしまう恐れがあるからです。

メーカーでも、電源オフしないよう推奨しているのでくれぐれも電源を切った状態にしないようにしましょう。

サーバーマシンの設置場所の工夫

ウォーターサーバーは、設置する場所によっても消費電力が変わってきます。

冷蔵庫は、左右と前後にスペースを設けることで放熱効果が上がって効率よく稼働させることができ、結果的に節電につながるのをご存知でしょうか?

これはウォーターサーバーにも同じことが言えます。ウォーターサーバーを設置する際は、左右前後に家具などが近づけすぎないように程よくスペースをあけるようにしましょう。

また、直射日光が当たる場所には置かないように注意してください。直射日光が当たることでサーバーマシンの温度が上昇してしまい、冷水を冷やすのに消費電力が上がってしまうからです。

電気代は室温も関係する?

サーバーマシンを置いている部屋の温度にも注意が必要です。

部屋の温度はサーバーが快適に稼働できる温度を保つようにしましょう。

目安は25℃前後となるようにしてください。部屋が暑くてもダメですし逆に寒くてもダメです。

信濃湧水と電気ケトル・電気ポットの電気代を比較!それぞれのメリット・デメリットも紹介

お茶を入れる際やミルクの調乳など、日常生活においてお湯が必要になることは多いです。

信濃湧水は、温水もすぐに注水できますがその際にかかる電気代は電気ケトルや電気ポットと比べてお得なのでしょうか?

ここでは信濃湧水と電気ケトル・電気ポットの電気代とメリット・デメリットを比較してみます。

電気ケトルの電気代

電気ケトルの消費電力は1200W程度のものが多いです。1Lのお湯を沸かすのに必要な時間は2分弱ですから、電気代は約2円となります。

たったの数円なので、仮に1日5回使用しても電気代は10円程度にしかならないので月額なら約300円と電気代はなかなか安いと言えるでしょう。

メリット お湯を沸かすのがカンタン。小型で軽量なので持ち運びもラク。必要な時に手軽にお湯を沸かせるので便利
デメリット 沸かしたお湯を長時間保温することができない。保温性に優れた電気ケトルもあるが、長時間保温するのには向いておらず、温度は下がりやすい。

電気ポットの電気代

電気ポットは電気ケトルと消費電力は近いです。ただ、沸かしたお湯は保温できますが、その場合は電源を入れっぱなしになるので、その分電気代はかさみます。

2Lの電気ポットなら1日に約25円の電気代がかかります。単純計算で月750円の電気代がかかります。

メリット 電源が入っている状態なら、保温機能によりお湯の温度は一定を保つことができるので、使いたいときすぐに使える。中には温度調節や消費電力を抑えた保温機能などを搭載した電気ポットもある。
デメリット 保温機能は便利な分電気代がかさむ。長時間使用しないときは電源オフにしておくのが良い。

信濃湧水の電気代

信濃湧水の電気代は、スタンダードサーバーが約800円、エコサーバーが約470円となります。

もっとも使い方次第で電気代は変わってくるので、あくまでも目安として捉えてください。

エコサーバーはレンタル代が300円ほどかかりますが、それでも電気代を含めてスタンダードサーバーよりもお得になる可能性があります。

メリット 温水・冷水がすぐに使えること。水ボトルの容量は12Lもあり電気ケトル・電気ポットの何倍にもなるので何回も水を継ぎ足してお湯をわかる手間がかからない。信濃湧水の天然水は高品質のため、水道水を沸かして飲むことに抵抗がある方にもおすすめ。
デメリット スタンダードサーバーはレンタル料が無料の代わりに電気代がやや高め。エコサーバーは電気代が安い分レンタル代がかかる。使用する天然水は水道水よりもはるかに高いのでトータルコストは高め。

結局どれがお得?

信濃湧水、電気ケトル、電気ポットの月額電気代を表にまとめてみましょう。

家電名 電気代(月額)
電気ケトル
300円
(1日に1Lの水を5回沸かす場合)
電気ポット
750円
(1日に2Lの水を沸かして保温する場合)
信濃湧水
470円~800円

比較の結果、最も電気代が安いのは電気ケトルです。

信濃湧水は、エコサーバーとスタンダードサーバーで電気代に大きな差があります。

エコサーバーはレンタル料はかかるものの、省エネモードで消費電力を抑えてくれるのでトータルで見ればスタンダードサーバーよりもお得です。

電気ポットのように保温機能もありますし、毎日水を入れて沸かす手間がありませんので使い勝手は電気ケトルや電気ポットよりも良いです。

また信濃湧水にはチャイルドロック機能が備わっており、電気ケトルのように小さなお子さんがいたずらしてヤケドするのとを防ぐことができます。

電気ポットにはチャイルドロックが備わっていますが、定期的なお手入れをしないと不衛生です。信濃湧水には、サーバーマシンが自動でメンテナンスし雑菌の繁殖を抑制し常に衛生的な状態です。

信濃湧水と他社ウォーターサーバーの電気代を比較

信濃湧水と主なウォーターサーバーの電気代を比較してみましょう。

メーカー 電気代
信濃湧水 470円~800円
プレミアムウォーター 500円~1,060円
コスモウォーター 465円
フレシャス 330円~680円
ワンウェイウォーター 400円~705円
アクアクララ 350円~1,000円
クリクラ 523円~1,283円
アルピナウォーター 470円~1,000円

信濃湧水同様に、他のウォーターサーバーでも機種によって電気代に差があります。エコサーバーをラインナップしているメーカーも多く、通常モデルよりも電気代が安くなる傾向にあります。

ただし、電気代が安くても他にかかる費用が高く結果的に月額費用が高くなることもあります。

そのため、ウォーターサーバーは電気代だけで比較せず月額費用で比較するようにしましょう。

次の章では、目的別にトータルコストの安いウォーターサーバーをご紹介しています。

信濃湧水は高い?安い?料金比較は電気代じゃなくトータルコストをチェックしよう

ウォーターサーバーにかかる費用は電気代だけではありません。

サーバーの機種によって電気代が違うだけでなく、水代やサーバーレンタル代も違いますし、中にはメンテナンス代がかかるウォーターサーバーもあります。

このようにウォーターサーバーは電気代の他にも様々な費用がかかります。費用の安さを重視するのであれば、電気代ではなくトータルコストを比較するようにしましょう。

とは言え、数百種類もあるとされるウォーターサーバーを比較するのは手間がかかり面倒ですよね。

ここでは、そんな方のために各社ウォーターサーバーの料金を比較し、本当に安くてピッタリなウォーターサーバーをご紹介します。

安いウォーターサーバーを選ぶなら料金体系を理解しておくことが大切

安いウォーターサーバーを選ぶなら、料金体系は必ず確認し理解することが大切です。

ウォーターサーバーには毎月かかる費用と一時的にかかる費用があります。

多くのウォーターサーバーには次の費用がかかります。

水代

ウォーターサーバーの費用の大部分を占める。ボトルの注文は2本以上と決まっていることが多く、1回の注文で2本分以上の水代がかかることに注意。
目安:RO水は12Lで1,000円~1,200円、天然水は12Lで1,500円~1,900円


サーバーレンタル代

サーバーマシンのレンタル代。デザインや機能性に優れたウォーターサーバーはレンタル代がかかることが多いので注意。
目安:0円~1,000円


電気代

エコモード搭載のサーバーマシンなら電気代は安く済む。
目安:400円~1,000円前後

水の消費量にもよりますが、ウォーターサーバーの月にかかる費用は4,000円前後と考えておくと良いでしょう。

ウォーターサーバーによってはこんな費用も発生する

ウォーターサーバーは、上記で紹介した費用の他にもかかる費用もあります。

特に注意したいのが、水代が安いRO水ウォーターサーバーです。

水代が安い代わりに、メンテナンス代やサポート代などと称して手数料が加算され、結果的に他社ウォーターサーバーと月額費用があまり変わらないということもあります。

契約する前に、どんな費用がかかるのかきちんと確認することが大切です。

初期費用

サーバー設置手数料、事務手数料として契約時に支払う費用。基本的に初期費用無しで利用できるウォーターサーバーが多い。
目安:0円~8,000円。


配送料

メーカーや配達地域によっては水ボトル1本ごとに配送料がかかる。
目安:0円~500円。


メンテナンス料・サポート料

サーバーマシンのメンテナンスや故障対応、ウォーターサーバーを快適に利用するためのサービス。サーバーレンタル料が無料の代わりにメンテナンス料がかかることがある。
目安:600円~1,000円(月額)。


配送停止手数料

注文ノルマがある場合、配送を一時的に停止するとかかる手数料。ウォーターサーバーによっては「◯ヶ月以上停止で△円の手数料」など一定条件を設けているものもある。
目安:


サーバー交換手数料

新品のウォーターサーバーと交換する場合に生じる手数料。ウォーターサーバーによっては一定期間以上の利用で無料交換できる。
目安:0円~15,000円


解約手数料

メーカーが定める契約期間内に解約すると解約手数料がかかる。サーバー引取手数料と称するメーカーもある。契約期間はメーカーやサーバーによって異なり、1年または2年と定めているところが多い。
目安:5,000円~20,000円

これらの費用は公式サイトをよく見ないと気づかないように記載されていることが多いので、利用規約やよくある質問を確認するようにしましょう。

とにかく安さ重視でウォーターサーバーを選ぶなら

サーバー コスモウォーター
水の種類 天然水
水代(1本) 1,900円/12L
水代(500ml換算) 79円
注文単位 12L×2本
サーバーレンタル代 0円
電気代 465円
月額費用 2,365円
サーバー アルピナウォーター
(エコサーバー)
水の種類 RO水
水代(1本) 1,050円/12L
水代(500ml換算) 44円
注文単位 12L×3本
サーバーレンタル代 872円
電気代 470円
月額費用 2,392円
サーバー プレミアムウォーター
(スリムサーバーⅢ)
水の種類 天然水
水代(1本) 1,840円
水代(500ml換算) 77円
注文単位 12L×2本
サーバーレンタル代 0円
電気代 620円
月額費用 2,460円

※水ボトルを月に1本消費する場合で算出しています。

コスモウォーターは水代が他のウォーターサーバーよりも高めですが、サーバーレンタル料やメンテナンス料など余計な費用がかかりません。また、エコモード搭載で電気代を安くでき、トータルで見ればお得です。

また、単に安いだけでなく使い勝手もよくユーザーの満足度が高いのもコスモウォーターの特徴です。

水ボトルは足元で交換するので重たいボトルを持ち上げる必要がなく、女性でもらくらく交換できます。グッドデザイン賞を受賞しており、インテリアに合わせやすいのも魅力です。

サーバーデザインも重視したいなら

サーバー コスモウォーター
水の種類 天然水
水代(1本) 1,900円/12L
水代(500ml換算) 79円
注文単位 12L×2本
サーバーレンタル代 0円
電気代 465円
月額費用 2,365円
サーバー フレシャス
(スラット)
水の種類 天然水
水代(1本) 1,506円/9.3L
水代(500ml換算) 80円
注文単位 9.3L×2本
サーバーレンタル代 900円
電気代 380円
月額費用 2,786円
サーバー プレミアムウォーター
(amadanaスタンダードサーバー)
水の種類 天然水
水代(1本) 1,840円
水代(500ml換算) 77円
注文単位 12L×2本
サーバーレンタル代 0円
電気代 1,100円
月額費用 2,940円

※水ボトルを月に1本消費する場合で算出しています。

デザインがオシャレで安いウォーターサーバーをお探しであれば、上記の3機種がおすすめです。

いずれも、水の配送は2ヶ月未満の停止であれば手数料は無料なので、ノルマはひと月1本にすることができ安く使うことができます。

衛生面・安全性が気になる・・・赤ちゃんも安心のサーバーなら

サーバー クリクラ
(省エネ)
水の種類 RO水
水代(1本) 1,250円/12L
水代(500ml換算) 52円
注文単位 12L×2本
サーバーレンタル代 417円
電気代 756円
月額費用 3,673円
サーバー アクアクララ
(アクアアドバンス)
水の種類 RO水
水代(1本) 1,200円/12L
水代(500ml換算) 50円
注文単位 12L×2本
サーバーレンタル代 1,500円
電気代 350円
月額費用 4,250円
サーバー プレミアムウォーター
(cado×PREMIUM)
水の種類 天然水
水代(1本) 1,520円
水代(500ml換算) 63円
注文単位 12L×2本
サーバーレンタル代 800円
電気代 620円
月額費用 4,460円

※水ボトルを月に1本消費する場合で算出しています。

赤ちゃんのミルク調乳や離乳食に使用するのにもウォーターサーバーは最適です。

いずれも、赤ちゃんに負担がかかりにくいRO水または硬度の低い天然水なので安心です。

サーバーには自動でタンク内を掃除したり、空気中のホコリやチリを除去するフィルターが備わっているので衛生面でも安心できるウォーターサーバーとなっています。

チャイルドロックは温水・冷水どちらにも付いているので、いたずらやヤケドを防止でき安全面も満足できます。

上記いずれのウォーターサーバーも赤ちゃん向けのキャンペーンを実施しており、赤ちゃんがいるご家庭はよりお得に利用することができます。

水はあまり使わない。一人暮らし向けのウォーターサーバーなら

サーバー コスモウォーター
水の種類 天然水
水代(1本) 1,900円/12L
水代(500ml換算) 79円
注文単位 12L×2本
サーバーレンタル代 0円
電気代 465円
月額費用 2,365円
サーバー アルピナウォーター
(エコサーバー)
水の種類 RO水
水代(1本) 1,050円/12L
水代(500ml換算) 44円
注文単位 12L×3本
サーバーレンタル代 872円
電気代 470円
月額費用 2,392円
サーバー プレミアムウォーター
(スリムサーバーⅢ)
水の種類 天然水
水代(1本) 1,840円
水代(500ml換算) 77円
注文単位 12L×2本
サーバーレンタル代 0円
電気代 620円
月額費用 2,460円

※水ボトルを月に1本消費する場合で算出しています。

一人暮らしの場合、水が消費しきれず余ってしまわないか心配される方が多いです。安く無駄なくウォーターサーバーを使いたいのであれば、水の注文ノルマがないor水の配送一時停止無料のウォーターサーバーがおすすめです。

コスモウォーターとプレミアムウォーターは注文ノルマがありますが、2ヶ月未満の配送停止は無料です。配送停止は繰り返し利用できるので、うまく活用すればノルマは1ヶ月に1本にできます。

アルピナウォーターは最低注文数が3本と多めですが、水代が安いうえに注文ノルマがありません。自分のペースで水を購入できるので、一人暮らしでも無理なく続けられます。

新着記事


人気ランキング

コスモウォーター

天然水宅配No.1!累計出荷台数100万台超!グッドデザイン賞受賞の高機能サーバー!口コミ評価◎キャンペーンあり!

プレミアムウォーター

おしゃれママから高評価!豊富なサーバーバリエ、ママ向けプラン、選べる天然水に注目。新規契約プレゼントも!

アクアクララ

宅配水の超定番!誰もが好む独自製法のRO水が好評!サーバー種類も充実!低価格だから家庭・法人どちらにも。


PAGE TOP

チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!