30 views

ワンウェイウォーターは赤ちゃんのミルク作りにも最適!

ワンウェイウォーターは赤ちゃんのミルク作りや離乳食を作るのに向いています。

宅配水は安全性が高く、ミルク作りに適切な温度のお湯がすぐに出せて非常に便利です。

今回は、なぜワンウェイウォーターは赤ちゃん向けウォーターサーバーなのか解説していきます。

ワンウェイウォーターは赤ちゃんが飲んでも大丈夫?知っておきたい基礎知識

ワンウェイウォーターを赤ちゃんのミルク作りに使うことを考えたとき、宅配水を使っても問題ないのか?と心配される人は少なくないでしょう。

結論を言えば、ワンウェイウォーターの宅配水は赤ちゃんのミルク作りや離乳食に問題なく使用できます。

ここでは、ウォーターサーバーを赤ちゃんに使用する際に知っておきたい基礎知識をご紹介します。

赤ちゃんのミルクに使う水は何が良いの?

赤ちゃんのミルクに使用する水は「ミネラル成分がほとんど含まれない純水」もしくは「ミネラル成分が少ない軟水」が適しています。

水には主にカルシウムとマグネシウムが含まれており、1000mlに含まれているカルシウムとマグネシウムの量を「硬度」という数値で表します。

カルシウムやマグネシウムが多く含まれている水が硬水、少ないのが軟水となります。

WHO(世界保健機関)によれば硬水・軟水を硬度で表すと以下のようになります。

硬度
軟水 0~60mg/L未満
中硬水 60~120mg/L未満
硬水 120~180mg/L未満
超硬水 180mg/L以上

「ミネラルウォーターは赤ちゃんのミルクに使ってはいけない!」なんて意見をしばしば聞くこともありますが、それは硬度の高いミネラルウォーター(硬水)に限った話です。

硬水にはカルシウムやマグネシウムなど便秘解消に役立つとされる成分が多く含まれています。

マグネシウムは体内に吸収されにくいので、小腸や大腸に長時間とどまり水分吸収を阻害します。これによって、水分がたまり軟便の人は下痢を引き起こしてしまうことがあるのです。

この作用を利用し便秘解消にマグネシウムを用いられるわけですが、内臓機能が未発達である赤ちゃんには負担になってしまいます

粉ミルクにはミネラルが十分含まれている

そもそも、赤ちゃんの粉ミルクには栄養素としてのミネラルが必要量含まれています。

硬度の高い水で作ると必要以上にミネラルを摂取してしまい、下痢を引き起こしやすくなります。

ワンウェイウォーターを含め国産のウォーターサーバーで採用されている宅配水の殆どは軟水なので、安心して赤ちゃんのミルクに使用できます

ワンウェイウォーターでおすすめの宅配水

ワンウェイウォーターでは、4種類の宅配水を扱っておりユーザーが好みのものを選ぶことができます。

赤ちゃんのミルクに使用することを前提に考えたとき、どれが良いのだろうか?と迷う人もいるでしょう。

上述したとおり、赤ちゃんのミルクに使用する水は純水もしくはミネラルが少ない軟水を選ぶといいです。

商品名 採水地 硬度
プラスプレミアム 京都 15mg/L
静岡 34mg/L
富士の銘水「彩(SAYA)」 静岡 68mg/L
京都山岳山麓「京の湧水」 京都 30mg/L
九州日田「天寿の水」 大分 62mg/L

ワンウェイウォーターの宅配水の中では、特にRO水の「プラスプレミアム」と天然水の「京の湧水」が硬度が低いので、赤ちゃんのミルク作りにおすすめです。

赤ちゃんにはRO水と天然水どちらがいいのか?

ワンウェイウォーターは、ウォーターサーバーでは珍しくRO水と天然水を扱っています。

両者の違いを簡単に言うと、

  • RO水は人工的に作られた水
  • 天然水は自然水

ということです。

より安全な水を選ぶならRO水

赤ちゃんに与えるものですから、より安全な方を選びたいところでしょう。

RO水と天然水、どちらも安全性が高いですが、より安全な方をあげるとすればRO水です。

一般的なRO水は、水道水をRO膜という特殊フィルターでろ過していますが、ワンウェイウォーターでは天然水をろ過しています。

RO膜は、どんな水でも純水にしてしまうほど有害物質を除去する能力があります。

天然水も汲み上げた水をそのままボトルに詰めているわけではなく、安全に飲めるようにろ過処理を施しているので安全ではあります。

ただ、ろ過処理は必要最低限なので、不純物がどうしても気になってしまう人にはおすすめできません

RO水は値段が安い

ワンウェイウォーターに限らずRO水はコストがかからないので、安い値段で提供することができます。

ワンウェイウォーターの天然水が12L1,900円なのに対し、RO水は12L1,250円で購入できます。

赤ちゃんは1日に何回もミルクを飲みますので費用もかさみます。

家族みんなでウォーターサーバーを楽しみたいというのであれば、天然水も選択肢に入ってくるかもしれません。

しかし、赤ちゃんのミルク作りが主目的でワンウェイウォーターを置くのであれば、費用が抑えられるRO水が良いでしょう。

ワンウェイウォーターで赤ちゃんのミルク作りするメリット

赤ちゃんのミルク作りに水道水を使用する場合、残留塩素の関係上、一度煮沸しなければいけません。

しかし、ワンウェイウォーターならカルキや有害物質は取り除かれているのですぐに使用できます。

お湯を沸かす、調乳する、冷ます、と時間をかけるのはお腹をすかせて泣いている赤ちゃんを待たせてしまい可愛そうですね。

それに、作る側としても気持ちが焦りストレスにもなります。ワンウェイウォーターなら、いつでもミルク作りに最適な温度が使えるのは嬉しい限り。

メリット1:手間と時間の削減

赤ちゃんのためにワンウェイウォーターを導入するメリットはなんと言っても手間を削減できることです。

ミルク作りに使用するお湯は70℃以上でなければいけませんが、ワンウェイウォーターならレバーを押せばいつでも70℃以上の温水を出すことができます

水道水の場合だと沸騰させたら冷まさないといけないので余計に時間がかかります。

ワンウェイウォーターなら面倒な温度調節もカンタンです。

メリット2:水の安全性

日本の水道水は世界一安全と言われていますが、やはり残留塩素は心配ですよね。

子を持つ親としては、より安全な水を与えたいとおもうところでしょう。

ワンウェイウォーターの宅配水は、独自の水質検査を行っており、また放射性物質の検査も定期的に実施して結果も公開しているので安心感は高いです。

また、RO水は逆浸透膜(RO膜)という一般の浄水器では除去できないナノレベルの不純物もしっかり取り除いているので、安全性という意味でも赤ちゃんのミルク作りに最適です。

ワンウェイウォーターを赤ちゃんのミルクに使用した場合の費用

ワンウェイウォーターは赤ちゃんのミルク作りに便利ですが、導入する上で気がかりなのが費用面ではないでしょうか。

ここでは、ワンウェイウォーターを赤ちゃんのミルクに使用する際の費用について解説していきます。

ミルク作りの水の消費量と水代

月齢 1回の調乳量(1日の回数) 水の月間使用量
~半月 80ml(7回) 8.4L程度
半月~1ヶ月 80ml~120ml(7回) 8.4L~12.6L程度
1ヶ月~3ヶ月 120~160ml(6回) 21.6L~28.8L程度
3ヶ月~12ヶ月 200ml(5回) 30L程度

上記は、赤ちゃんが1日にミルクを飲む量の目安です。

成長するにつれて水の消費量が増えていくのがわかりますね。

もし、ミルク作りだけでなく家族の飲用水としても使用する場合は、これに+20L前後の水を消費すると計算するといいでしょう。

ワンウェイウォーターを赤ちゃんのミルクに使用した場合の水代の目安は下記のようになります。

月齢 RO水 天然水
~半月 約873円 約1,327円
半月~1ヶ月 約873円~1,310円 約1,327円~1,990円
1ヶ月~3ヶ月 約2,246円~2,995円 約3,412円~4,550円
3ヶ月~12ヶ月 約3,120円 約4,740円

これに電気代465円をプラスすると月額費用はRO水で1,338円~3,585円、天然水で1,792円~5,205円となります。

ワンウェイウォーターは赤ちゃん向けなのか他社サーバーと比較検証!

赤ちゃんのミルクや離乳食のためにウォーターサーバーの導入を考える人は多いです。

ただし、ウォーターサーバーは種類が多いため「ワンウェイウォーターって本当に赤ちゃん向け?」「他にもっと最適なウォーターサーバーがあるのでは?」と考えてしまう人もいるでしょう。

そこで、ワンウェイウォーターと他社ウォーターサーバーを比較し、赤ちゃん向けなのかどうか検証していきます。

赤ちゃん向けウォーターサーバー選びのポイント

まず、赤ちゃん向けウォーターサーバーの選びかたとしては次の5つのポイントを抑えるといいでしょう。

  • ボトル・サーバーの雑菌対策
  • チャイルドロックの安全性
  • ボトル交換がラク
  • ミルク作りのしやすさ
  • 月額費用(24L換算、48L換算)

上記の比較ポイントを下記の表にまとめてみました。

衛生面・安全面 使いやすさ・機能性 月額費用
メーカー/機種 衛生面・安全面
雑菌対策 チャイルドロック
ワンウェイウォーター
smart
アルピナウォーター
エコサーバー
アクアクララ
アクアアドバンス
クリクラ
省エネサーバー
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
コスモウォーター
smartプラス
フレシャス
スラット
サントリー
天然水サーバー
キララ
スマートサーバー
メーカー/機種 使いやすさ・機能性
ボトル交換のラクさ ミルクの作りやすさ
ワンウェイウォーター
smart
アルピナウォーター
エコサーバー
アクアクララ
アクアアドバンス
クリクラ
省エネサーバー
×
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
×
コスモウォーター
smartプラス
フレシャス
スラット
サントリー
天然水サーバー
キララ
スマートサーバー
メーカー/機種 月額費用
24L換算 48L換算
ワンウェイウォーター
smart
2,965円 5,465円
アルピナウォーター
エコサーバー
3,442円 5,542円
アクアクララ
アクアアドバンス
4,250円 6,650円
クリクラ
省エネサーバー
3,673円 6,173円
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
4,300円 7,980円
コスモウォーター
smartプラス
4,265円 8,065円
フレシャス
スラット
5,167円 8,155円
サントリー
天然水サーバー
4,546円 8,392円
キララ
スマートサーバー
5,833円 9,666円

ボトル・サーバーの雑菌対策

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使用するなら、雑菌対策できているかどうかは非常に重要です。

ボトルとサーバーマシン両方を雑菌対策されているウォーターサーバーを選ぶといいでしょう。

メーカー/機種 ボトルの雑菌対策 サーバーの雑菌対策
ワンウェイウォーター
smart

ワンウェイ式
ボトル収縮

エアフィルター
熱水循環
アルピナウォーター
エコサーバー

リターナブル式
エアフィルター

熱水循環定期
メンテナンス
アクアクララ
アクアアドバンス
×
リターナブル式

UV除菌
定期メンテナンス
クリクラ
省エネサーバー

リターナブル式
エアフィルター

定期メンテナンス
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ

ワンウェイ式
ボトル収縮
×
コスモウォーター
smartプラス

ワンウェイ式
ボトル収縮

エアフィルター
熱水循環
フレシャススラット
ワンウェイ式ボトル収縮

熱水循環
サントリー
天然水サーバー

ワンウェイ式
ボトル収縮

熱水循環
キララ
スマートサーバー

ワンウェイ式
ボトル収縮

熱水循環

ボトルはワンウェイ式&収縮が衛生的

水ボトルはワンウェイ式(使い捨て型)とリターナブル式(回収型)があります。

リターナブル式は、使用済みボトルを回収した後、洗浄・殺菌して再利用します。

基本的にはリターナブル式も衛生面は問題ないですが、赤ちゃんに与える水が誰かが使用したボトルに入っていることを考えると抵抗があるという人は少なくないです。

また、ウォーターサーバーは使用する度にボトル内部に空気が入りやすいです。空気中にはチリやホコリなど雑菌が繁殖する元が含まれています。

収縮するボトルならボトル内部に空気が入りにくいので水を衛生的に保つことができます。

サーバー内の雑菌対策

ウォーターサーバーの内部は雑菌が繁殖しやすいので、定期的な洗浄が必要です。

とは言え、サーバー内部はお手入れができません。

そこでおすすめしたいのが自動クリーン機能(熱水循環)搭載のウォーターサーバーです。

代表的な機能は「熱水循環」です。※

熱水をサーバー内に循環させて熱湯消毒し雑菌の繁殖を抑えます。
※名称はメーカーによって異なりますが機能や効果は基本的に同じです。

チャイルドロックの安全性

つかまり立ちをし始めた赤ちゃんが手を伸ばすと、ウォーターサーバーのノズルに手が届く位置にあります。

誤って水を出してしまわないためにも、チャイルドロックの安全性が高いものを選びましょう。

メーカー/機種 チャイルドロック
温水 冷水
ワンウェイウォーター
smart

手動ロック

手動ロック
アルピナウォーター
エコサーバー

自動ロック

自動ロック
アクアクララ
アクアアドバンス

自動ロック

手動ロック
クリクラ
省エネサーバー

自動ロック

自動ロック
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ

自動ロック

自動ロック
コスモウォーター
smartプラス

自動ロック

自動ロック
フレシャス
スラット

自動ロック

自動ロック
サントリー
天然水サーバー

自動ロック

自動ロック
キララ
スマートサーバー

自動ロック

自動ロック

ワンウェイウォーターは温水・冷水ともにチャイルドロックを備わっています。

ロック設定は手動となりますが、大元を一度ロック状態にすれば注水するときは必ずチャイルドロックボタンを押しながらレバー操作しないと水が出ない仕組みです。

フレシャスやサントリー天然水サーバーのように、ボタンが高い位置にあればなお安全ですが、ワンウェイウォーターでも十分安全と言えます。

ボトル交換がラク

妊娠中や産後間もない時期は重いものを持つことはできません。

ウォーターサーバーのボトルは12kgあるので、それを高い位置まで持ち上げて水交換するのは困難と言えます。

メーカー/機種 容量/ボトル位置 ボトル交換のラクさ
ワンウェイウォーター
smart
12L/サーバー下部
アルピナウォーター
エコサーバー
12L/サーバー上部
アクアクララ
アクアアドバンス
12L/サーバー上部
クリクラ
省エネサーバー
12L/サーバー上部
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
12L/サーバー上部
コスモウォーター
smartプラス
12L/サーバー下部
フレシャス
スラット
9.3L/サーバー下部
サントリー
天然水サーバー
7.8L/サーバー上部
キララ
スマートサーバー
7.2L/サーバー上部

中には、サーバー上部にセットするものでも容量が少ないボトルもありますが、そうなると交換頻度が多くなります。

もっともラクに水交換できるのはサーバー下部にセットするタイプです。

この方法ならボトルをほぼ持ち上げずに済むので、負担も少なくラクに交換できます。

ワンウェイウォーターもサーバー下部にボトルをセットするので交換はラクです。

ミルクの作りやすさ

基本的に国産のウォーターサーバーは軟水仕様なので、どれでも赤ちゃんのミルク作りに適しています。

しかし、より作りやすい機能が備わっていたり使いやすいウォーターサーバーがあります。

ポイントは「70~75℃の温水が出せる」「片手給水できる」の2つです。

メーカー/機種 エコモード時の温水使用 片手給水の可否
ワンウェイウォーター
smart
×
レバー式
アルピナウォーター
エコサーバー

65℃

ボタン式
アクアクララ
アクアアドバンス
70~75℃
ボタン式
クリクラ
省エネサーバー
× ×
コック式
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
× ×
レバー式
コスモウォーター
smartプラス
×
レバー式
フレシャス
スラット

70~75℃

ボタン式
サントリー
天然水サーバー

70~75℃

ボタン式
キララ
スマートサーバー

60~70℃

ボタン式

ウォーターサーバーの温水は85℃前後ですが、エコモード使用時で75℃前後の温水が使用できれば冷ます時間も短縮できるようになり便利です。

片手給水できるかどうかは意外と重要です。時には赤ちゃんを抱っこしながらミルクを作るときもあり、そんなときでも片手で給水できるウォーターサーバーは重宝します。

ボタン操作で注水するウォーターサーバーや、ロックを常時解除できるレバー式のウォーターサーバーであれば片手でも給水が可能です。

ワンウェイウォーターは、75℃前後の温水は出せませんが、片手給水は可能です。

ミルクの作りやすさは他社にやや劣ります

月額費用(24L、48L)

赤ちゃんは、1日に何度もミルクを飲むので費用面が気になる人は、月額費用も比較しておきましょう。

メーカー/機種 24L換算 48L換算
ワンウェイウォーター
smart(RO水)
2,965円 5,465円
アルピナウォーター
エコサーバー
3,442円 5,542円
アクアクララ
アクアアドバンス
4,250円 6,650円
クリクラ
省エネサーバー
3,673円 6,173円
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
4,300円 7,980円
コスモウォーター
smartプラス
4,265円 8,065円
フレシャス
スラット
5,167円 8,155円
サントリー
天然水サーバー
4,546円 8,392円
キララ
スマートサーバー
5,833円 9,666円

赤ちゃんのミルク作りだけに使用するなら月々の水の消費量は約24L、家族も飲用水として使用する場合は48L前後消費すると考えたほうがいいでしょう。

ワンウェイウォーター(RO水)は今回比較した中で最もお得です。

とにかく、赤ちゃんのミルク作りを安く済ませたい人にはワンウェイウォーターは最適と言えるでしょう。

ワンウェイウォーターは赤ちゃん向けウォーターサーバー

以上の比較結果、ワンウェイウォーターは赤ちゃん向けウォーターサーバーと言えます。

温度調節機能など他社に若干劣る部分があるものの、水道水を使用するよりも大幅に時間短縮できますし、ストレスなくミルクを作ることができるでしょう。

ワンウェイウォーターを使用したミルクの作り方と注意点

ワンウェイウォーターを用いたミルクの作り方と注意点をご紹介します。

ミルク作りの流れ

ワンウェイウォーターでも、赤ちゃんのミルク作りの方法・流れは特別変わりません。

  • 使用する器具・場所の殺菌・消毒
  • 石鹸で手を洗い、清潔なタオルで拭く
  • 専用スプーンで哺乳瓶に粉ミルクを入れる
  • 70℃以上の温水を哺乳瓶に注ぎ溶かす
  • 哺乳瓶を水道の流水または冷水の入った容器に入れて冷ます

ミルクを作るのに使用する器具、場所、手などは必ず清潔な状態にしてから行います。

使用するお湯は必ず70℃以上です。これはWHO(世界保健機関)で推奨されていることで、70℃以上の温水でないと微生物を殺菌できないからです。

また、溶かしたミルクはそのまま与えると赤ちゃんが火傷してしまうので、人肌より少し暖かい40℃前後にまで冷まして下げましょう。

注意点

調乳に使用するお湯は70℃以上

すでに説明したとおりですが、ミルク作りのお湯は必ず70℃以上のものを使用してください。

粉ミルクには細菌が含まれており、殺菌するためには70℃以上のお湯でなければいけません。

また、WHO(世界保健機関)のガイドラインによれば、哺乳瓶に冷水をあてて冷ますよう指示されています。

ウォーターサーバーの冷水を哺乳瓶の中に入れて温度調節するわけではないので、間違えないよう注意してください。

作り置きしない

ミルクを作ってから2時間以上経過しているものは廃棄することが推奨されています。

面倒と思うかもしれませんが作りおきはしないでください。

定期的に手入れする

ワンウェイウォーターにはサーバー内部を自動で掃除する「クリーンサイクル」と、タンク内の水を清潔に保つ「クリーンエア」が備わっています。

衛生機能があるためメーカーメンテナンスはありませんが、定期的にサーバーマシンは掃除するようにしましょう。

いくら衛生機能がそなわっていても、水が出てくるノズルの内部や周辺、さらにはトレイなどもキレイにすることはできません。

放っておくと見た目が汚くなるだけでなく雑菌が繁殖する可能性があります。これではどんなにタンク内の水が安全でも、注水するときに水に細菌がついてしまいます。

こまめにサーバーマシンを掃除し、清潔な状態を保つようにしましょう。

新着記事


人気ランキング

コスモウォーター

天然水宅配No.1!累計出荷台数100万台超!グッドデザイン賞受賞の高機能サーバー!口コミ評価◎キャンペーンあり!

プレミアムウォーター

おしゃれママから高評価!豊富なサーバーバリエ、ママ向けプラン、選べる天然水に注目。新規契約プレゼントも!

アクアクララ

宅配水の超定番!誰もが好む独自製法のRO水が好評!サーバー種類も充実!低価格だから家庭・法人どちらにも。


PAGE TOP

チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!