124 views

クリクラってコスパ悪いの?水道水と比較してわかったメリットデメリット

「クリクラって水道水と比べてコスパ悪い気がする」
「安全面はクリクラと水道水どっちが上かな?」

クリクラの導入を考えるうえで、コストパフォマンスや安全面は気になるところですね。

水は毎日飲むものですから、コストは抑えたいですし安全なものを選びたいところ。

今回は、クリクラのコストパフォーマンスや安全面を水道水・ペットボトルと比較して検証していきます。

クリクラと水道水のコスパを比較

水を選ぶ際の判断基準として重要視される方が多いのがコスパではないでしょうか?

なんとなく水道水のほうがお得と思っている方が多いかもしれませんが、実際のところ価格面はどれぐらいの違いがあるのか理解している方は少ないでしょう。

では、クリクラと水道水の価格を比較してみましょう。

安価で利用できるのが水道水の最大の特徴

結論を先に言うと、クリクラよりも水道水のほうが断然安いです。

クリクラは12L単位で販売されているのに対し、水道水は1ヶ月の使用量に応じて料金請求なので、1Lあたりの価格を把握している方は少ないでしょう。

種類 500ml価格 1L価格
クリクラ 52円 104円
水道水 0.125円 0.25円

クリクラの宅配水は12L1,250円で販売されています。

同じように水道水を12L使用しても料金は3円程度にしかなりません。

比較してわかるとおり、水道水のほうが圧倒的に安いです。

クリクラと水道水を安全面で比較

クリクラを使ってみたいけど、水は安全なのかと心配する人は多いです。クリクラは水道水と比べて衛生面や安全面はどうなのでしょうか。

法律上は水道水の方が安全

クリクラを含めたウォーターサーバーと水道水どちらにも安全基準を定めた法律がありますが、その基準は異なります。

水道水は「水道法」によって安全基準が決められています。

成分基準値や細菌の有無などについてのチェック項目は51個もあります。これらすべての項目をクリアしてないと水道水として家庭に届けることはできません

水道水に対して、ウォーターサーバーで使用するミネラルウォーターの安全基準は「食品衛生法」で、チェック項目は39項目(殺菌・除菌工程ありの場合)と少ないです。

しかも全てのチェック項目が水道法と基準値が同じというわけではなく、一部緩やかに設定されています

クリクラなどのウォーターサーバーはおいしい水を飲むことが主な目的ですが、水道水の場合は長く飲み続けても人体に影響しない水が主目的です。

ウォーターサーバーは「美味しくて安全な水」を売りにしている会社が多く、一見水道水のほうが安全面は劣っているかのように思ってしまうでしょう。

しかし、安全基準がより厳しい水道法が適用される水道水のほうが法律上の安全面は上と言えます


水田さん

じゃあ、クリクラとか他のウォーターサーバーの水は安全じゃないってこと?

水ナビ先生

あくまでも「比較した場合」は水道水のほうが安全ということで、ウォーターサーバーの水も安全性は高いから安心して飲んでいいよ。

放射性物質の影響は?

2011年3月11日に起こった東日本大震災をきっかけに多くの方が水に対する不安を感じたことと思います。

クリクラなどのウォーターサーバーを設置する方が急増しましたが、そもそもウォーターサーバー自体は、放射能汚染は本当に大丈夫なのか?という疑問を持たれるのではないでしょうか。

クリクラの原水は水道水だということをご存じの方は意外と多いようですが、これを聞いて放射能に汚染された水を使っているのかと勘違いされる方もいらっしゃいます。

結論を言えば、クリクラの水は放射能に汚染されていない安全な水ですから安心して利用できます。

私達が普段使っている水道水は各水道局が定期的に放射能検査を実施し、その結果を公表しています。

クリクラが原水としている水道水もまたきちんと検査したものですし、そのまま飲用水として使用しても安全とされる水道水です

また、クリクラでは専門機関によって定期的に放射性物質検査を実施しています。上記のように検査結果も公表しているので、消費者である私達も安心です。

クリクラの原水は水道水

クリクラの宅配水の原水は水道水です。

これを聞くと、

「福島県の水道水も使ってるけど大丈夫なの?」
「水道水を使ってるのにどうして割高なの?」

と、思う方も少なからずいらっしゃいます。

まず安全面は先程も説明したとおりそのまま引用しても問題ない水道水を使用していますし、定期的に放射能検査も行い結果の公表も行っています。

そしてクリクラの水の最大の特徴とも言えるのが「ろ過方法」です。

クリクラの水はRO水と言い逆浸透膜という濾過膜を使い、ろ過します。

一般的にRO水ウォーターサーバーはどこもろ過方法が同じですが、クリクラで使用されている逆浸透膜システムは、宇宙開発の現場でも利用されている最先端テクノロジーのものを使用しています

これにより、放射性物質・化学物質・ナノレベルのウィルス・不純物を徹底的に除去することが可能になりました。

不純物が一切含まれない「純水」に近い状態の水を作ることができます。

このことからもクリクラの水は安全性が高いことがわかります。

クリクラはボトル内に空気が入るけど水は汚染されないの?

クリクラは、注水するたびにボコボコッと音を立ててボトル内に空気が入ります。

空気中にはゴミやチリなどが含まれており、雑菌が繁殖する原因となります。

そのためクリクラなどのリターナブルボトル(回収型)は、衛生面を心配される方が多いです。

ですが、クリクラには空気中のゴミを99.97%除去できるHEPA(ヘパ)フィルターが装備されています。

HEPAフィルターはクリーンルームでも使用されている高性能フィルターで、ボトル内に空気が入ったとしてもそれはHEPAフィルターフィルターを通過しているので、ミズノ安全な状態が保たれています。


水ナビ先生

HEPAフィルターは年に1回行うメンテナンスの時に交換されるから性能が低下する心配もありません。

クリクラはメーカーメンテナンスがあるからサーバー内も衛生的

水道水は大元が衛生的でも、水道管や貯水タンクが不衛生であれば意味がありません。

これはクリクラにも同じようなことが言えます。宅配水自体が清潔でも、サーバー内部が汚れていれば不衛生な水が出てきます。

クリクラでは、年に1回、メンテナンスライセンスを持つ専任スタッフが、サーバーマシンを清掃・洗浄・点検しているので安心です。

クリクラと水道水の味を比較

クリクラの水は水道水と同じように安全性が高いことがわかりました。

では、肝心の味はどうでしょうか?

クリクラと水道水の味について比較してみていきましょう。

水道水は安全性が高いが味・臭いに問題あり

水道水は、法律上はクリクラや他のウォーターサーバーと比べて安全です。

しかし、味に関してはウォーターサーバーの水に劣ります。

水道水の原水はダムや河川などの貯水池の水です。これらの水は非常に汚れており、塩素消毒が必須です。

しかも塩素消毒すると残留塩素がまじり有害物質を発生させます。

水道水特有のツンとした独特のカルキ臭さはこれが関係しているのです。

更に、マンションやビルにある貯水タンクや水道管に汚れやサビがあれば溶け込んで、味を不味くさせるだけでなく安全性にも問題がでてきます。

水道水は苦手で、水だけで飲むのは抵抗があるという方は少なくないでしょう。

クリクラはRO水だから美味しくないは嘘!?

一方、クリクラの水はどうでしょうか?

ウォーターサーバーの宅配水は「天然水」「RO水」の2種類があります。

一般的にRO水よりも天然水のほうがおいしいと答える方が多いですが、これの大きな要因は含まれているミネラル成分(カルシウム・マグネシウム・カリウム・ナトリウムなど)によるところが大きいです。

天然水には自然のミネラルが含まれており、日本人の馴染みのある軟水で飲みやすいのでおいしいと感じるのです。

RO水は、逆浸透膜によって不純物を取り除いているので天然水よりも安全性は高いですが、おいしさに関係するミネラル分も除去してしまうのです。

余計なものが一切入っていない無味無臭の水になってしまうため、おいしいと感じることがないのです。

クリクラはRO水ですが、おいしさに関係するミネラル成分を人工的にバランスよく加えてまろやかな水に仕上げています。

そのため、RO水でもおいしいと評判です。

実際に当サイトでもクリクラの水のおいしさについて100人以上の方にアンケート調査しましたが、8割以上の方がおいしいと回答しています

こんな場合はどっちが良いの?クリクラと水道水の得意分野

クリクラと水道水は「価格」「安全基準」「味」などに違いがあることがわかりました。

どちらの水にしても、そのまま飲むだけでなくコーヒーやお茶、料理など様々な用途で使われます。

使用用途によって最適な水は違ってきますが、クリクラなら幅広い用途に活用できます。

ここでは、クリクラと水道水それぞれの良さを活かした活用法をご紹介します。

おいしい水が飲みたい

水道水には塩素が含まれているため、安全には必要ですが臭いが気になる人にとってはクリクラのほうが美味しく感じられるでしょう。

クリクラは不純物をほぼ全て取り除いてから人工的にミネラル成分を加えているので、単純においしい水を飲みたいのであればクリクラがおすすめです。

料理に適してるのはクリクラ

水を料理に使用するなら、味と香りを引き立てられるものを選びたいところ。

クリクラには水道水のように塩素臭はありませんので、料理の味と臭いを引き立ててくれます。

特にクリクラはクセがなく匂いも少ないまろやかな軟水なので、ご飯や野菜の煮物など日本料理にあいます。

価格重視なら水道水が安い

価格面を重視するなら、断然水道水です。

クリクラの水は500mlあたり52円ですが、水道水は500mlあたり0.125円と1円もしません。

赤ちゃんのミルクはクリクラがおすすめ

赤ちゃんのミルク作りにはクリクラがおすすめです。

日本の水道水は高水準ですが、カルキが含まれているので一度沸騰させてからでないとミルクには使えません。

クリクラの水は、有害物質を取り除いた状態なので煮沸する必要はありませんし、ミルク作りに適した70度以上の温水がすぐに使えます。

赤ちゃんのミルクにはミネラルウォーターは不向きと言われたりしていますが、それはミネラル成分が多く含まれて硬水に限った話です。

粉ミルクには栄養成分がバランスよく含まれているので、必要以上にミネラルを与えると赤ちゃんの内臓機能に負担をかけてしまいます。

そのため、ミネラル成分が少ない軟水(硬度60mg/L未満)であればミネラルウォーターでも使用しても問題ありません。

クリクラの硬度は30mg/Lなので赤ちゃんのミルクにも使用可能です。逆浸透膜によって不純物はきれいに取り除かれているので安全面でも安心と言えます。

水道水にはないクリクラ5つのメリット

コスパ比較で、クリクラは水道水と比べてコスパは決してよくないと説明しました。

しかし、クリクラを始めとするウォーターサーバーには水道水にはないメリットがあります。

安全でおいしい水が飲める

安全面についてはクリクラも水道水も問題ないですが、クリクラはこれにプラスして「美味しく飲む」ことができるというメリットがあります。

赤ちゃんや小さな子供がいる家庭では特に安全面に気を使いますが、水が美味しくないと子どもたちだって飲みたいと思いません。

「クリクラを置いてから子どもたちがジュースを飲まなくなった」「水が大好きになった」という意見も多く見られるほど、クリクラの味の美味しさには定評があります。

温水・冷水がすぐ飲める

ウォーターサーバーの一番の特徴とも言えるのが温水と冷水がすぐに使えることです。

特に温水がすぐに使えるのは非常に便利。わざわざ電気ケトルやガスでお湯を沸かす手間なく、お茶やコーヒーがすぐ飲めます。

水を購入する手間が省ける

水道水を飲水としては使わず、スーパーやコンビニでペットボトルを購入している方もいるでしょう。

しかし、重たいペットボトルの水を大量に購入して持ち帰るのって大変ですよね。たとえ2L1本でも、なかなか厄介な重さです。

クリクラなら、業者の方が自宅に届けてくれるので、買いに行く手間と持ち替える手間が省けます。

冷蔵庫のスペースを占拠しない

ペットボトルの水を飲水として使用するとなると、基本的には冷蔵庫で保管する必要があります。

そうなると当然冷蔵庫内のスペースを専有するので、食材等が入れにくくなります。

クリクラが採用する12Lボトルと同等の量のペットボトルを入れてしまえば、あっという間に冷蔵庫内のスペースはなくなってしまいます。

クリクラなら、冷蔵庫のスペースには全く影響せず冷水をいつでも飲むことができます。

備蓄水になるから災害時にも役立つ

災害時は水道が止まってしまうこともあります。

そのような時に、クリクラの宅配水は備蓄水としても利用することができます。

クリクラはコック式サーバーなので、停電しても給水可能ですから、もしものときに安心です。

仮にサーバーが使えなくなってしまったとしても、このようにボトルだけで使用も可能です。

新着記事


人気ランキング

コスモウォーター

天然水宅配No.1!累計出荷台数100万台超!グッドデザイン賞受賞の高機能サーバー!口コミ評価◎キャンペーンあり!

プレミアムウォーター

おしゃれママから高評価!豊富なサーバーバリエ、ママ向けプラン、選べる天然水に注目。新規契約プレゼントも!

アクアクララ

宅配水の超定番!誰もが好む独自製法のRO水が好評!サーバー種類も充実!低価格だから家庭・法人どちらにも。


PAGE TOP

チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!