フレシャスとクリクラを比較!自分にピッタリのウォーターサーバーがわかる

今回はフレシャスとクリクラを比較し、それぞれどんなに人におすすめのウォーターサーバーなのかご紹介します。

オシャレなデザインで人気のフレシャス、安価で気軽に試せるクリクラ。

今回は「料金・価格」「宅配水」「サーバーの使い勝手・機能性」「サービス」を比較しています。

自分にはどっちがあっているのか迷っている方、選び方がわからないという方ははぜひ参考にしてください。

フレシャスとクリクラ比較【料金・価格編】


料金・価格の比較ポイント

【料金・価格の比較ポイント】

  • 月額費用(トータルコスト)を比較する
  • 月にどれぐらいの水を消費するのか把握する

ウォーターサーバーを導入するにあたり恐らく多くの方が最重要視するのがコストでしょう。

ウォーターサーバーを使うのに月々どれぐれいの費用がかかるかご存知でしょうか?

「水代だけじゃないの?」
「どれを選んでも費用はそんなに変わらないでしょ」

などなど、実はウォーターサーバーのかかる費用についてきちんと把握できていない人がほとんど。

ウォーターサーバーは基本的に「水代」「サーバーレンタル代」「電気代」の3つがコストとしてかかります。

また、ウォーターサーバーによっては初期費用やメンテナンス代など、初回契約時や定期メンテナンス時など月々の費用とは別に発生するものもあるので要注意です。

月額費用を比較するうえで大切なのが、毎月どのぐらいの水を消費するのかを把握することです。

飲水としてだけ使用するのか、料理にも使用するのか、一人暮らしで使用するのか、はたまた家族で使用するのかなど、使用する目的や人数によって水の消費量は違ってきます。

たとえば、水の消費量が多いなら基本的には水代が安いウォーターサーバーのほうが月々の費用は抑えられてお得です。

しかし、水代が安いウォーターサーバーはサーバーレンタル代が高い分、水をあまり消費しない方が選ぶと逆にコストが高く付いてしまい損する羽目になることもあるのです。

つまり、水の消費量によって安いウォーターサーバーは違うということです。

少しでも得するウォーターサーバーを選ぶなら、まずは月々どれぐらいの水を消費するのか把握するようにしましょう。

フレシャスとクリクラの料金・価格を比較

フレシャスとクリクラの水代、電気代、サーバー代は以下のとおりです。

ウォーターサーバー 水代 注文単位 電気代 サーバー代
クリクラ
省エネサーバー
1,250円/12L
(500ml換算52円)
1箱(12L×2本) 756円~ 417円
フレシャス デュオ 1,140円/7.2L
(500ml換算79円)
1箱(7.2L×4個)
※一時休止あり
330円~ 500円
※水2箱以上で無料
フレシャス スラット 1,506円/9.3L
(500ml換算81円)
1箱(9.3L×2本)
※一時休止あり
380円~ 900円
※水3箱以上で無料
フレシャス サイフォン+ 1,155円/7.2L
(500ml換算80円)
1箱(7.2L×4個)
※一時休止あり
680円~ 0円
※水0箱の場合300円

フレシャスはいずれも水の配送一時休止を利用可能です。

配送一時休止を利用することで、水の購入ノルマを月間1箱から2ヶ月毎に1箱にすることができます。

それぞれの月額費用はこのようになります。

ウォーターサーバー 月額費用
最低注文数※ 24L換算 48L換算
クリクラ
省エネサーバー
3,673円 3,673円 6,173円
フレシャス デュオ 2,786円 4,630円 7,930円
フレシャス スラット 3,110円 5,167円 8,155円
フレシャス サイフォン+ 3,140円 4,530円 8,380円

※一時休止を使用した場合。デュオとサイフォン+はボトル2個、スラットは1本となります。

水代はクリクラのほうが安いですが、フレシャスは水の配送一時休止サービスを利用することで、水の購入ペースを2ヶ月に1回へ変更できます。

そのため、最低注文数ではフレシャスが安いです。

しかし、水の購入量が多い場合はクリクラのほうが安いです。

【月額費用が安いのはどっち?】

  • 一人暮らしの方、水の消費量が少ない方
  • →フレシャスが安い

  • 家族で使う方、水の消費量が多い方
  • →クリクラが安い

フレシャスとクリクラ比較【宅配水編】


宅配水の比較ポイント

【宅配水の比較ポイント】

  • 自分がおいしいと思う方を選ぶ
  • 味を重視するなら天然水、安全性を重視するならRO水

ウォーターサーバーの宅配水は水道水やペットボトルの水と比べると基本的に割高です。

それでもウォーターサーバーを自宅に導入するのは「おいしい水を飲みたいから」でしょう。

口コミや評判を参考にするのも良いですが、味覚は人それぞれ違うわけですから、自分が飲んでみておいしいと思うほうを選ぶのが一番です。

契約してから自分には合わないと思っても、解約金がかかるから我慢して使い続けるなんてことだけは避けたいですよね。

クリクラもフレシャスも、ショッピングモールや電気店などで定期的に試飲会を開催しているので、足を運んで飲み比べてみると良いでしょう。

また、安全性を基準に選ぶ方もいるでしょう。天然水とRO水では採水地や水の処理方法が異なり、安全性もわずかながら違いがあります。

参考までに、利用者の口コミでは天然水のほうがおいしいという声が多く、味を重視するなら天然水を扱っているウォーターサーバーを検討すると良いかもしれません。

安全性では、天然水は必要最低限の処理を施すだけですが、RO水は一般の浄水器では除去できないレベルの不純物も除去しているので安全性を重視するならRO水のウォーターサーバーが良いかもしれません。

フレシャスとクリクラの宅配水を比較

ウォーターサーバー フレシャス クリクラ
採水地 朝露高原、富士、木曽 水道水
水の種類 天然水 RO水
成分 採水地によってミネラル成分の含有量が違う 人工的にミネラル成分を添加
処理方法 超精密ろ過フィルターで除菌処理 RO膜(逆浸透膜)でミネラル成分を含む不純物を除去
安全性 基本的に安全。環境に左右される可能性あり。 一般浄水器では除去できない不純物も除去。純水に近く安全性は高い。
【朝露高原】
スッキリ、雑味のない清涼感
【富士】
あまい後味、丸みを感じる
【木曽】
さっぱり、爽やかな飲み口。
まろやか、さっぱり
価格 高い 安い

このようにフレシャスとクリクラの宅配水は大きな違いがあります。

フレシャスの宅配水について

フレシャスの宅配水は天然水です。

採水地は3箇所あり、「富士」「木曽」「朝露高原」はそれぞれミネラル・硬度・味が異なり3種類の水を楽しめます。※

天然水を扱うウォーターサーバーは基本的に宅配水は1種類だけですが、フレシャスでは自分好みの水を選べるのが特徴です。

富士はまろやかな味わい、木曽は後味スッキリ、朝露高原はミネラルを感じる天然水です。

※サーバーの機種によっては天然水が選べません。

クリクラの宅配水について

クリクラの宅配水はRO水です。

元となるのは水道水で、これを逆浸透膜(RO膜)と呼ばれる特殊なフィルターでろ過し、余計な不純物を取り除いて作った水がRO水となります。

ナノレベルの不純物も取り除くことができ、水道水で懸念されている放射性物質も除去可能ですから安全性の高い水だと言えます。

逆浸透膜はミネラル成分も取り除いてしまうので、クリクラでは人工的にミネラル成分を加えて味を整えています。

通常、RO水は無味無臭のため、おいしいと感じませんがクリクラはミネラル成分が含まれているので安全かつおいしい水として好評です。

【どっちの宅配水を選べば良いの?】

  • おいしい水を飲みたい
  • →自然のミネラル豊富なフレシャスがおすすめ

  • 色んな味を楽しみたい
  • →3種類の天然水から選べるフレシャスがおすすめ

  • とにかく安全性を重視したい
  • →不純物がないクリクラがおすすめ

フレシャスとクリクラ比較【サーバー編】

サーバーの比較ポイント

【サーバーの比較ポイント】

  • オシャレ重視ならボトルが隠れているウォーターサーバー
  • サイズは余裕を持って置けるか確認する
  • ボトル交換は軽量ボトルor下置きタイプがラク
  • 注水方法はボタン式&ワイドトレイが使いやすい
  • 生活スタイルにあった機能を搭載しているか

毎日使うものだからこそデザインはもちろんですが、特に抑えておきたいのは「サイズ」「使いやすさ」「機能性」の3つです。

まずサイズについて。

ウォーターサーバーは、左右と奥行き10センチ以上を空けて置くのが原則です。サーバーと壁などの間にスペースがないとサーバー内部に熱がこもって故障する原因になってしまうからです。

予定している場所に余裕を持って設置できるのか、きちんと確認したうえで選ぶようにしましょう。

次に使いやすさ。

特に気をつけたいのがボトル交換の手間と負担です。実際にウォーターサーバーを使っている方から多くあがっている不満の声が「ボトルが重くて交換が大変」というもの。

ウォーターサーバーのボトルは重量が10kg以上あるものも多く、ボトルの設置位置が高いと女性や高齢者には重労働と言えます。

主にボトル交換を行う人が無理なく交換できるのかを考慮してウォーターサーバーを選ぶことも大切です。

最後に機能性です。

生活スタイルによってウォーターサーバーに求める機能は違います

温水と冷水が出るのは必須条件ですが、それに加えて温度を調節できたり、小さい子供がいる家庭ならチャイルドロック機能がついていて、なおかつロック解除が簡単にできないものだとより安心ですよね。

また、いつでもおいしくて安全な水を飲むためにサーバー内を自動でメンテナンスする機能、電気代を節約できる省エネ機能などもあります。

必要だと思う機能は必ずチェックと比較をするようにしましょう。

デザイン・サイズ比較

クリクラ 省エネサーバー フレシャス デュオ
287×357×993(ボトル未装着時)mm 290×363×1125mm
フレシャス スラット フレシャス サイフォン+
290×350×1110mm 300×340×1225mm

デザインにこだわって選びたいという方はフレシャスがおすすめです。

フレシャスはいずれもデザインがオシャレと好評です。

また、ボトルが見えないのでインテリアの雰囲気を壊すこともなく、様々な部屋にマッチします。

サイズは機種ごとに異なりますので、設置を考えている場所に余裕を持って置くことができるのか確認したうえで決めましょう。

先述しましたが、左右と奥行きは10cm以上スペースがないと放熱できず故障する恐れがあるので注意してください。

使いやすさ比較

サーバーを使いやすいかどうかの判断基準は「ボトル交換のラクさ」「水の注ぎやすさ」の2つです。

ウォーターサーバーのボトルは12L入りで、ボトル設置位置はサーバ上部が一般的です。重たいボトルを持ち上げるのは特に女性や高齢者には力がいり大変です。

クリクラ 省エネサーバー フレシャス デュオ
12L ボトル上置き 軽量ボトル(7.2L) ボトル上置き
フレシャス スラット フレシャス サイフォン+
9.3L ボトル下置き 軽量ボトル(7.2L) ボトル上置き

ボトル交換がラクに行える条件は「ボトル下置き」「軽量ボトル」のいずれかを満たしているウォーターサーバーです。

クリクラはどちらの条件も満たしていないのでボトル交換は大変です。

一方、フレシャスはどのウォーターサーバーもボトル交換がラクに行なえます。

続いて水の注ぎやすさを比較してみましょう。

クリクラ 省エネサーバー フレシャス デュオ
つまみ式 ボタン式 ワイドトレイ
フレシャス スラット フレシャス サイフォン+
ボタン式 ワイドトレイ レバー式

水を注ぐ操作もウォーターサーバーによってさまざま。

好みの問題もありますが、注ぎやすいポイントはコップなどをトレイに置いて片手で操作できるかどうか

また、料理にも使うのであれば、鍋など大きめの容器も置けるワイドトレイタイプがおすすめです。

以上、2つの条件をクリアしているのはフレシャスのデュオとスラットの2機種となります。

機能性比較

サーバーの機能性は「温度調節」「チャイルドロック」「衛生機能」の3項目を比較します。

温度調節

クリクラ 省エネサーバー フレシャス デュオ
冷水:4~10℃
温水:75~85℃
冷水:4~10℃
温水:80~90℃
弱温水:65~75℃
フレシャス スラット フレシャス サイフォン+
冷水:4~10℃
温水:80~85℃
弱温水:70~75℃
再加熱:90℃
常温水
冷水:3.5~8℃
温水:80~85℃

使用用途にあわせて水の温度を調節したい方は、温度調節可能なウォーターサーバーを選ぶといいでしょう。

この中で温度調節機能が優れているのはフレシャススラットです。

フレシャススラットは、再加熱機能と常温水機能も備わっており、幅広い温度に対応でき便利です。

チャイルドロック

クリクラ 省エネサーバー フレシャス デュオ
温水・冷水※
レバースライドで解除
温水・冷水
ボタン長押しで解除
フレシャス スラット フレシャス サイフォン+
温水・冷水
ボタン長押しで解除
温水・冷水
ボタンを押しながらレバーを押すと解除

※冷水はオプションとなります。

チャイルドロックの解除方法はサーバーによって異なりますが、いずれも小さい子供には簡単に解除できない仕組みとなっています。

ただし、解除方法を覚えてしまいイタズラや火傷を負うなどの事故も起きています。

より安全な手段として、子供の手が届きにくい位置に操作ボタン等がついているウォーターサーバーを選ぶことです。

フレシャス デュオ フレシャス スラット

このように、フレシャスなら子供の手が届きにくい位置にボタンが付いているので、誤って操作することもなくより安全です。

衛生機能

クリクラ 省エネサーバー フレシャス デュオ
ボトル内衛生機能 サーバー内衛生機能 ボトル内衛生機能 サーバー内衛生機能
HEPAフィルター 1年毎にメンテナンス 真空構造 熱水循環
フレシャス スラット フレシャス サイフォン+
ボトル内衛生機能 サーバー内衛生機能 ボトル内衛生機能 サーバー内衛生機能
真空構造 熱水循環 真空構造 UV除菌

ウォーターサーバーを安心して利用するには衛生機能が必須です。

衛生機能は「ボトル内」「サーバー内」の2種類あり、両方備わっているウォーターサーバーがより衛生的で安心です。

ボトル内の衛生機能は「ボトルが使用に応じて潰れる(真空構造)」「空気中の雑菌を取り除く(エアフィルター)」をチェックしましょう。

真空構造のボトルなら、ボトル内に空気が入りにくく衛生的です。

エアフィルターは、ボトル内に侵入する空気に含まれるチリやゴミを除去する機能で、ボトル内にはきれいな状態の空気が入ります。

サーバー内を衛生的に保つ機能はフレシャスのみとなります。タンク内に熱水を循環させて、熱湯消毒で雑菌の繁殖を防ぎます。

ただし、クリクラは年に1回専任スタッフがメンテナンスしてくれます。

【どっちのウォーターサーバーを選べば良いの?】

  • 使用状況に応じて温度設定したい
  • →温度調節可能なフレシャススラットがおすすめ

  • 子供のイタズラ・火傷が心配
  • →チャイルドロックが万全なフレシャスデュオとスラットがおすすめ

  • 衛生面が心配
  • →定期的にメンテナンスできるのが良いならフレシャスがおすすめ
    →業者の質の高いメンテナンスを受けたいならクリクラがおすすめ

フレシャスとクリクラ比較【サービス編】


サービスの比較ポイント

【サービスの比較ポイント】

  • 注文ノルマの有無
  • 一時休止サービスを無料で使えるか
  • 配達方法が自分の生活スタイルにあっているか

サービスもウォーターサーバーによって異なりますので必ず見比べましょう。

サービスが自分のライフスタイルにあっていないことがストレスになり、解約に至ることもあります。

サービスは「注文ノルマの有無」「配達方法」を確認しておきましょう。

水の消費が少ない方が注文ノルマありのウォーターサーバーを選んでしまうと、水を消費しきれずボトルが次々とたまっていく・・・なんて事態に。

仮に注文ノルマがあったとしても、配送を一時的に休止できるサービスがあれば無理なく続けられます。

配達方法は「自社配送」と「宅配業者」の2種類あります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、自身の生活スタイルにあうほうを選ぶようにしましょう。

注文ノルマ比較

クリクラ フレシャス
● 月間2本(24L)
● 配送一時休止は3ヶ月6本未満なら1,000円/月
● 月間2本(18.6L、スラット)
● 月間4本(28.8L、デュオ・サイフォン+)
● 配送一時休止無料(2ヶ月目は1,000円/月)

両サーバーともに水の注文ノルマがあります。

水の消費量が少ないと月々とボトルがたまっていく可能性があるので注意が必要です。

ただし、フレシャスの場合は配送一時休止が2ヶ月未満は無料で利用可能です。

たとえば、フレシャスデュオなら一時休止を使えば月間4本だったノルマを2ヶ月で4本にすることができます。

配達方法比較

クリクラ フレシャス
配達方法 自社配送 宅配業者
メリット ● 専門スタッフの対面サービスが受けられる
● 空ボトルを回収してくれる
● サーバーの設置をしてくれる
● 土日祝日も配送可
● 再配達可
デメリット ● 配達日はエリアごとに決まっている
● 基本的に再配達不可
● 不在時は玄関先に置いてかれる
● サポートは電話・メールのみ
● 空ボトルのゴミが出る
● サーバー設置は自分でやる

クリクラは自社の専門スタッフ、フレシャスは宅配業者が水の配送を行います。

専門スタッフが対応の場合、水の配送の他にボトル回収や故障時の対応、相談などウォーターサーバーを安心して利用できるサポート体制が整っているのが魅力です。

宅配業者が配送する場合、水の配送を柔軟に対応してもらえるのが魅力と言えます。再配達も可能なので、自分の都合に合わせてボトルの受け取りができます。

もちろん、どちらにもデメリットがあるので自分の生活スタイルにあう配達方法を選ぶのが良いでしょう。

【どっちのウォーターサーバーを選べば良いの?】

  • 月々の水の消費が決まっていない
  • →水の配送一時休止を無料で使えるフレシャスがおすすめ

  • 安心してウォーターサーバーと使いたい
  • →対面サービスを受けられるクリクラがおすすめ

  • 仕事などで日中は家にいないことが多い
  • →配送が柔軟なフレシャスがおすすめ

  • 空ボトルのゴミが増えるのはイヤだ
  • →ボトル回収してくれるクリクラがおすすめ

フレシャス・クリクラQ&A

赤ちゃんのミルクは天然水とRO水どっちがいいですか?

クリクラもフレシャスも赤ちゃんの内臓機能に負担になりにくい軟水ですから、どちらでも問題ありません。ただ、RO水は不純物を除去しているのでより安全性を重視するならクリクラを選ぶのが良いでしょう。手間を掛けずにミルク作りしたいなら使い勝手・・機能性が優れたフレシャス(スラット、デュオ)がおすすめです。

解約金はかかりますか?

クリクラはいつ解約しても解約金は無料です。

フレシャスは、機種に関わらず9ヶ月未満に解約する場合は15,000円、9ヶ月目~2年未満に解約する場合は9,000円の解約金がかかります。2年以上使用すればいつ解約しても解約金は無料です。

無料お試しサービスはありますか?

クリクラは1週間無料お試しがあります。フレシャスは残念ながら無料お試しはありません。ただし、ショッピングモールなどで試飲会場を特設していることも多いので、そちらを利用してみるのも良いかもしれませんね。

レンタルと購入どっちがお得ですか?

レンタルと購入それぞれメリット・デメリットがあります。

まず、レンタルのメリットは初期費用がほとんどかからず気軽に導入できること。デメリットは最低契約期間内に解約すると解約金がかかることです。

購入のメリットは、最低契約期間がなく解約金がかからないこと。ノルマもないので自分のペースで続けられます。デメリットは、購入資金が必要で初期投資が大きくなるのでハードルが高いことです。

単純にどっちがお得なのか?というと、どれぐらいの期間利用するのかによります。おおよそ3年以上の利用を前提としているなら購入、短期間の利用ならレンタルがお得になります。

新着記事


人気ランキング

コスモウォーター

天然水宅配No.1!累計出荷台数100万台超!グッドデザイン賞受賞の高機能サーバー!口コミ評価◎キャンペーンあり!

プレミアムウォーター

おしゃれママから高評価!豊富なサーバーバリエ、ママ向けプラン、選べる天然水に注目。新規契約プレゼントも!

アクアクララ

宅配水の超定番!誰もが好む独自製法のRO水が好評!サーバー種類も充実!低価格だから家庭・法人どちらにも。


PAGE TOP

チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!