104 views

クリクラと人気ウォーターサーバー徹底比較!あなたにおすすめはコレだ!

今回は、クリクラと人気のウォーターサーバーを「料金・価格」「使いやすさ・機能」「衛生面・メンテナンス」「安全面」「サイズ・デザイン」で比較しています。

安いウォーターサーバーを探している方、使い勝手の良さや機能性を重視している方、小さな子どもがいても安心して使えるサーバーを求めている方など、それぞれの条件・目的にあったウォーターサーバー比較の参考にしてください。

クリクラウォーターサーバーは本当に必要?ペットボトル・水道水と比較してわかるメリットとは

クリクラを始めとするウォーターサーバーは清潔でおいしい水がいつでも気軽に飲めるのが魅力です。

最近は一般家庭にも普及してきておりウォーターサーバーに興味を持たれる方も多くなりました。

しかし「クリクラは興味あるけど実際どうなの?」「冷静に考えたらウォーターサーバーって本当に必要かな?」という方もいるでしょう。

ここでは、クリクラとウォーターサーバーを比較する前に、抑えておきたいウォーターサーバーのポイントをご紹介します。

水道水で十分じゃないの?

日本の水道水は世界一安全と言われるほど安全性が高く、そのまま飲用として使っても問題ありません。

そのため、「水道水で十分」「ウォーターサーバーなんて必要ない」と考える方もいます。

しかし、いくら安全性の高い水道水でも、各家庭の蛇口に届くまでその安全性が保証されているわけではありません

水道水は必ず地下の水道管を通りますし、マンションなら貯水槽に溜められます。

水道管や貯水槽が汚れていたり劣化していたりしたらと考えると、実は、普段使用している水道水は不衛生なのでは・・・という不安があります。

また、水道水は必ず塩素で消毒しなければいけないので残留塩素という毒素のリスクも心配ですし、あの独特のカルキ臭や味が苦手という方も少なくないはずです。

実際のところ、水道水に含まれる毒素は微々たるもので人体に影響はないとされていますが、水は毎日使うものですから「安心して水を飲みたい」「常に不安な思いで水を使いたくない」と考えるのではないでしょうか。

このような理由から、ウォーターサーバーを利用する方が多くいるのも事実です。

ペットボトルの水を買ったほうが経済的じゃないの?

ウォーターサーバーの水はペットボトルと比べて高いという理由から嫌煙している方は多いです。

果たして本当にそうでしょうか?

たとえば、クリクラの宅配水とペットボトルの水の価格を比較してみましょう。

水の種類 販売価格 500ml換算価格
クリクラ 1,250円/12L 52円
サントリー南アルプスの天然水※ 1,981円/550ml×24本 75円

※2019年9月現在Amazonでの販売価格参照

ウォーターサーバーの水は購入単位が12Lと大きいため、単純に価格が高いと感じてしまっている方もいるのではないでしょうか。

500mlの換算価格で見れば、ウォーターサーバーのほうがペットボトルの水よりも安いのです。

また、ウォーターサーバーは安全性でもメリットがあります。

ペットボトルの水は発ガン性物質であるオゾンを殺菌に用いており、万が一残留すれば人体に影響を与えかねません。

クリクラは、RO膜でナノレベルの不純物も除去していますし、天然水でも細かく成分をチェックしているので、人が飲んでも安全な水だけが家庭に届けられるので安心して飲むことができます。

ウォーターサーバーの様々なメリット

【ウォーターサーバーのメリット】

  • あたたかいお湯・冷たい水がいつでも使える
  • 水を買いに行く手間がかからない
  • 重たい水を運ぶ必要がない
  • 子供がジュースよりも水を飲むようになって経済的、健康的
  • 冷蔵庫の場所を取らない
  • 赤ちゃんのミルク作りがラク

ウォーターサーバーは温水・冷水がいつでも使えます。

冷たい水を飲みたいとき、コーヒーやお茶など温かい飲み物を飲みたいときすぐに飲めるのはウォーターサーバーならではのメリットです。

水は定期的に自宅に届くので、買い物に行く手間が省けますし、重たい水を運ぶ必要もありません。

安全性が高い上にミネラル成分が必要以上に含まれていない軟水なので、赤ちゃんのミルク作りにも活躍します。

ミルクを溶かすのに必要な70℃以上の温水もすぐに使えるので、赤ちゃんが泣いているときでも手早く作れるので待たせることがありません。

また、大きな災害がおこったとき、安全な水を確保するのは簡単ではありませんが、ウォーターサーバーなら災害や事故に影響されず安全な水を飲むことができ、備蓄水としても活躍します。

デメリットは比較・選び方で軽減できる

【ウォーターサーバーのデメリット】

  • ボトルが重くて交換が大変
  • サーバーの置き場所、ボトルの保管場所に困る
  • ゴミが出る
  • 意外と費用がかかる

ウォーターサーバーはメリットだけでなくデメリットもあります。

口コミでも特に多い不満が「ボトル交換が大変」なところ。一般的なウォーターサーバーのボトルは12L=12kgもあり、持ち上げるのは重労働です。

他にも、サーバーはサイズが大きめで置き場所に困ったり、ボトルの保管が邪魔という不満点もあります。

ただ、これらのデメリットはどのウォーターサーバーにも当てはまるわけではありません。

比較・選び方次第でデメリットを軽減できる場合もあるのです。

クリクラと他社ウォーターサーバーの比較ポイント

まずは、クリクラと他社ウォーターサーバーの比較ポイントを抑えましょう。

ウォーターサーバーは用途や設置場所によって最適なウォーターサーバーが最適なウォーターサーバーが異なります。

自分にピッタリのウォーターサーバーを選びましょう。

比較ポイント1:宅配水の種類はRO水と天然水

ウォーターサーバーの宅配水は、RO水と天然水の2種類あります。

どっちが良いのかと迷う方が非常に多いですが、選び方のポイントは「ウォーターサーバーを主にどんな用途・目的に使うか?」です。

RO水と天然水、どちらにもメリット・デメリットがあるので自分の希望や用途にあうほうを選ぶようにしましょう。

RO水 天然水
● 主に水道水を原水としているウォーターサーバーが多い
● 逆浸透膜(RO膜)と呼ばれる特殊フィルターでミネラルを含む不純物を除去・処理した純水に近い水
● 安全性が高い
● あとからミネラルを人工的に添加しているものもある
● 低コストで製造できるので価格は安い
● 賞味期限が長め
● 原水は富士山麓、南アルプス、南阿蘇などの地下水
● 最低限の処理で済ませているので自然のミネラルが含まれている
● 自然由来の味わいでおいしい
● 採水地によってミネラル成分・硬度・味が異なる
● コストがかかるので価格は高め
● 賞味期限は半年未満

RO水はナノレベルの不純物も除去するので、水道水に含まれている塩素などもなく、安全性が高いです。そのため、料理やミルク調乳に最適です。

味の旨味を左右するミネラル成分も除去してしまいますが、あとから人工的に添加して味を整えているものも多いです。ただ、天然水とは違った味わいなので天然水にこだわりがある方は注意が必要です。

おいしい水を飲みたいからウォーターサーバーを置きたいと考える方が多く、「おいしい水=ミネラル豊富な天然水が良い」というニーズは高く、天然水は人気が高いです。


水田さん

天然水がおいしいって言う人が多いけど、私はあんまり違いがわからないのよね。それなら価格が安いRO水でもいいかなって思うわ。

水ナビ先生

結局、味覚は人それぞれだからね。自分が「おいしい」と思うものを選ぶのが一番だよ。契約してから自分の口に合わないと思っても、解約料がかかるから我慢しないといけないなんて失敗する人も多いんだ。試飲イベントなどで飲み比べすると良いかもね。

比較ポイント2:料金・価格はトータルコストで比較する

ウォーターサーバーの料金・価格はメーカーや機種によってさまざま。

何にどれぐらいの費用がかかるのか把握してないと、思っていたよりも高かった・・・なんてことにもなりかねません。

また、多くのウォーターサーバーは水の購入ノルマがあったり最低注文数が決まっていたりするので、ノルマをクリアできずムダな手数料を払うのは避けたいところ。

ウォーターサーバーの料金・価格の比較は水代だけでなくサーバー代や電気代なども含めたトータルコストを比較しましょう。

比較ポイント3:水ボトルの形状と交換方法

リターナブル ワンウェイ
● 硬いプラスチック素材
● 空ボトルは回収・洗浄して再利用する
● 使用するたびにボトル内に空気が入る
● コストは低め
● ボトル回収まで自宅で保管するので邪魔になる
● 柔らかいプラスチック素材のボトルorパック
● 空ボトルはゴミとして出せる
● 使用するたびにボトルが潰れていき外気が入りにくい
● コストは高め
● 簡単に潰せるからから貼らず置き場所に困らない

ウォーターサーバーのボトルの比較ポイントは「ボトルの形状」「交換方法」の2つです。

ボトル形状はリターナブル(回収型)とワンウェイ(使い捨て型)の2タイプあります。

リターナブルタイプは再利用するのでコストが抑えられますが、「空ボトルを保管しておく必要がない」「デザインがオシャレ」などの理由からワンウェイタイプが人気です。

サーバー上部に設置 サーバー下部に設置

ボトルの水が空になったら交換する必要があります。

サーバーの上部に設置するタイプと下部に設置するタイプがあり、設置位置は機種によって異なります。

水の入ったボトルはかなりの重さがあるので、女性や妊婦さん、背が低い方、高齢者には交換作業は特に大変です。

サーバー下部に設置するタイプなら重たいボトルをほとんど持ち上げる必要がないので交換もラクです。

また、サーバー上部に設置するタイプでもワンウェイ式のパックは軽量なのでラクに交換できます。

比較ポイント4:衛生面はクリーニング機能とメンテナンス

赤ちゃんや小さな子供がいる家庭では衛生面は特に気になることでしょう。

ボトル内部やサーバー内部が汚れていれば、宅配水がどんなに衛生的でも意味がありません。

サーバーマシンにクリーニング機能がついていれば、基本的にサーバー内部のメンテナンスは不要です。2~3年使用すれば新品のサーバーと無料で交換できるウォーターサーバーもあります。

サーバーマシンにクリーニング機能がついていなくても、メーカーが定期的にメンテナンスして衛生的に保つものもあります。1年または2年毎にメンテナンス済みのサーバーマシンと交換してもらえます。

比較ポイント5:安全面はこどもが操作しにくいものを選ぶ

小さな子供がいる家庭でウォーターサーバーを導入する場合は、安全面は重要視するポイントの一つ。

イタズラはもちろんですが、誤って温水を出してヤケドするなんてことがないようにしたいですね。

子供がいても安全に使うためにはチャイルドロックが温水・冷水についているのは必須。

これに加えて、ロックのかけ忘れを防ぐ自動ロック機能、より安全性を高める2重ロック機能などが備わっているウォーターサーバーを選びたいところです。

また、注水ノズルや操作パネルが子供の手が届きにくい位置についているウォーターサーバーなら、ご操作を防げてより安全です。

比較ポイント6:サイズは床置き型と卓上型の2種類

ウォーターサーバーは、床に設置する「床置き型」とテーブルやキッチンワゴンの上などに設置する「卓上型」の2種類あります。

どちらを選ぶかによって設置できる場所も変わってきます。

基本的な機能や費用はほとんど変わらないものが多いです。

床置き型だと高さは100cm程度で、安定感があるうえに転倒防止ワイヤーがついているので小さな子供がいる家庭でも安心です。ただ、置き場所を取るので設置場所をしっかり考えないといけません。

また、注水位置は低めなので大人の場合は腰をかがめないといけない機種が多いです。

トレイにコップ等を置ければいいですが、持ちながらじゃないと注水できないタイプだと身体に負荷がかかるデメリットがあるということは覚えておきましょう。

床置き型は設置場所が確保できないという場合は、卓上型で比較検討するのをおすすめします。

卓上型のウォーターサーバーは、ボトルのセット位置がサーバー上部にあるものが多いので、設置場所によっては高すぎて水交換が大変になることもあります。

サイズはコンパクトでも、キッチンに設置して威圧感が出てしまうこともあるので、自宅の間取りと照らし合わせて決めるようにしましょう。

クリクラと人気ウォーターサーバーを徹底比較

クリクラと人気のウォーターサーバーを「料金・価格」「使いやすさ」「衛生面・メンテナンス」「安全面」「サイズ・デザイン」で比較してみましょう。

料金・価格の比較

ウォーターサーバーは水代の他にサーバー代や電気代などもかかるのでトータルコストで比較しましょう。

サーバー
(RO水)
水代/本 サーバー代 電気代 トータルコスト
(24L換算)
クリクラ
省エネサーバー
1,250円/12L 417円 756円 3,673円
アクアクララ
アクアアドバンス
1,200円/12L 1,500円 350円 4,250円
アルピナウォーター
エコサーバー
1,050円/12L 872円 470円 3,442円
サーバー
(天然水)
水代/本 サーバー代 電気代 トータルコスト
(24L換算)
プレミアムウォーター
スリムサーバー
1,960円/12L 0円 620円 4,540円
プレミアムウォーター
cado
1,960円/12L 1,000円 620円 5,540円
コスモウォーター
1,900円/12L 0円 465円 4,265円
フレシャス
デュオ
1,140円/7.2L 500円 330円 4,630円
フレシャス
スラット
1,506円/9.3L 900円 380円 5,167円
信濃湧水
エコサーバー
1,500円/12L 300円 470円 4,000円
サントリー天然水サーバー
1,250円/7.8L 0円 700円 4,546円
キララ
1,250円/7.2L 1,200円 800円 6,176円

RO水は天然水と比べて水代が割安なため、月々の水の使用量が多い場合はRO水ウォーターサーバーがお得です

ノルマと一時休止

トータルコストは基本的にRO水ウォーターサーバーのほうが安いと説明しましたが、それはあくまでも水の使用量が多い場合に限ります。

水の消費が少ない場合は、安いウォーターサーバーが変わりますので注意してください。

サーバー
(RO水)
ノルマ 一時休止使用 トータルコスト
(最低注文数)
クリクラ
省エネサーバー
24L(2本) 3ヶ月72L(6本)未満は1,000円 3,673円
アクアクララ
アクアアドバンス
なし 3,050円
アルピナウォーター
エコサーバー
なし 2,392円
サーバー
(天然水)
ノルマ 一時休止使用 トータルコスト
(最低注文数)
プレミアムウォーター
スリムサーバー
24L(2本) 12L(1本)
無料
2ヶ月目:800円
2,580円
プレミアムウォーター
cado
3,580円
コスモウォーター
24L(2本) 12L(1本)
無料
2ヶ月目:800円
2,365円
フレシャス
デュオ
28.8L(4個) 14.4L(2個)
無料
2ヶ月目:1,000円
3,110円
フレシャス
スラット
18.6L(2本) 9.3L(1本)
無料
2ヶ月目:1,000円
2,786円
信濃湧水
エコサーバー
16L 3ヶ月48L(4本)未満は800円 2,770円
サントリー天然水サーバー
23.4L(3本) 11.7L
無料
2ヶ月目:1,000円
2,575円
キララ
28.8L(4個) 無料
2ヶ月目:1,000円
4,500円

ノルマありのウォーターサーバーでも、無料の一時休止サービスを使えば2ヶ月毎の購入に変えることができます。

このように、水の使用量によって月額費用が安いウォーターサーバーは違います。

月額費用をできるだけ安く抑えたい場合、まずは月々どれぐらいの水を消費するのかを把握するのが大切です。

解約金もチェックしておこう

いざ使ってみたら思ってたのと違ったという理由で解約を考える方は少なくないです。

しかし、ほとんどのウォーターサーバーはメーカーが定めた最低利用期間内に解約すると解約金がかかります。

メーカーや機種によって最低利用期間と解約金は異なり、最低利用期間は約1~2年、解約金は3,000円~20,000円ぐらいとなっています。

もしものときのことも考えて最低利用期間と解約金も比較しておくことをおすすめします。

ちなみにクリクラは最低利用期間がなく、解約金は無料です。

現時点で解約金なしで解約可能なのはクリクラだけです。

サーバーの使いやすさの比較

ウォーターサーバーは使いやすさを重視する方は「ボトル交換のラクさ」「注水のしやすさ」をチェックしておきましょう。

サーバー
(RO水)
ボトル交換のラクさ 注水のしやすさ
クリクラ
省エネサーバー

12L
サーバー上部に設置
つまみ式
アクアクララ
アクアアドバンス

12L
サーバー上部に設置

ボタン式
アルピナウォーター
エコサーバー

12L
サーバー上部に設置

ボタン式
サーバー
(天然水)
ボトル交換のラクさ 注水のしやすさ
プレミアムウォーター
スリムサーバー

12L
サーバー上部に設置

レバー式
プレミアムウォーター
cado

12L
サーバー下部に設置

ボタン式
ワイドトレイ
コスモウォーター

12L
サーバー下部に設置

レバー式
フレシャス
デュオ

7.2L
サーバー上部に設置

ボタン式
ワイドトレイ
フレシャス
スラット

9.3L
12L
サーバー下部に設置

ボタン式
ワイドトレイ
信濃湧水
エコサーバー

12L
サーバー上部に設置

ボタン式
サントリー天然水サーバー

7.8L
サーバー上部に設置

ボタン式
キララ

7.2L
サーバー上部に設置

ボタン式

サーバー下部に設置または軽量ボトルタイプのウォーターサーバーはボトル交換がラクに行なえます。

意外と見落としがちですが、注水のしやすさは注水方法とトレイの大きさが重要です。

注水方法はボタン・レバー・つまみの3種類あり、ボタン式ならトレイにコップを置いたまま片手で注水できるので使いやすいです。

フレシャス デュオ フレシャス スラット

また、トレイが大きいと大きめの器も置いたまま注水できるので料理でも活躍します。上図のように、フレシャスは鍋類も置いた状態で注水可能です。

料理にもウォーターサーバーを使いたいと考えているなら以上の2点は抑えておきたいところですね。

サーバーの衛生面・メンテナンス比較

ウォーターサーバーを衛生面を心配する方は多いでしょう。

今は、サーバー自ら内部を清潔な状態に保つ昨日が備わっているものも多く、基本的にはメーカーによるメンテナンスは不要です。

衛生機能が備わっていなくてもメーカーの専任スタッフがメンテナンス済みのサーバーを交換対応してくれます。

サーバー
(RO水)
衛生機能 メンテナンス サーバー交換
クリクラ
省エネサーバー
HEPAフィルター 1年毎 サーバー代417円に含む
アクアクララ
アクアアドバンス
エアフィルター 3年毎 サーバー代1500円に含む
アルピナウォーター
エコサーバー
熱水循環 4年毎 無料
サーバー
(天然水)
衛生機能 メンテナンス サーバー交換
プレミアムウォーター
スリムサーバー
ボトル圧縮 フリー 5,000円~10,000円
プレミアムウォーター
cado
ボトル圧縮
熱水循環
フリー 5,000円~15,000円
コスモウォーター
エアフィルター
ボトル圧縮
熱水循環
フリー 2年未満:5,000円
2年以上:無料
フレシャス
デュオ
ボトル圧縮
熱水循環
フリー 5,000円/1回
フレシャス
スラット
ボトル圧縮
熱水循環
フリー 5,000円/1回
信濃湧水
エコサーバー
熱水循環 4年毎 無料
サントリー天然水サーバー
ボトル圧縮
熱水循環
フリー 6,000円~12,000円
キララ
熱水循環 フリー 10,000円/1回

【各衛生機能について】

  • ボトル内の衛生機能
  • →「ボトル圧縮」は、水の量に応じてボトルが潰れていき外気が入りにくくボトル内の水を新鮮かつ衛生的に保つことができます。
    →「HEPAフィルター、エアフィルター」はサーバーに取り付けた特殊フィルターが外気に含まれるチリやゴミを除去する機能です。

  • サーバー内の衛生機能
  • →「熱水循環」は、サーバーのタンク内に熱水を循環させて、熱湯消毒と水の滞留を防いで衛生的に保つ機能です。

クリクラはボトル内の衛生機能はありますが、サーバー内の衛生機能はありません。ただ、メンテナンスは年に1回と他社に比べて頻度が高く衛生的に使用できます。

サーバー内の衛生機能が備わっているウォーターサーバーはメンテナンスフリーですが、長く使っていくうちにサーバーも汚れるので、サーバー交換も検討したほうが良いです。

安全面の比較

小さな子供がいる家庭では温水・冷水にチャイルドロック機能がついているウォーターサーバーを選ぶと安全性が高くおすすめです。

また使用後は自動でロックがかかれば設定忘れもありません。

サーバー
(RO水)
チャイルドロック 自動ロック 2重ロック
温水 冷水 温水 冷水
クリクラ
省エネサーバー
◯※
アクアクララ
アクアアドバンス
×
アルピナウォーター
エコサーバー
サーバー
(天然水)
チャイルドロック 自動ロック 2重ロック
温水 冷水 温水 冷水
プレミアムウォーター
スリムサーバー
プレミアムウォーター
Cado
×
コスモウォーター
フレシャス
デュオ
×
フレシャス
スラット
×
信濃湧水
エコサーバー
サントリー天然水サーバー
キララ

※オプション

クリクラは、冷水のみチャイルドロックがオプションとなります。

チャイルドロック機能が特に優れているのはコスモウォーターです。

コスモウォーターのチャイルドロックは「常時解除」「簡易」「完全ロック」の3パターンあり、使用環境に合わせて設定できます。

他にはフレシャスも安全性が高くおすすめです。

フレシャスの場合、ロック解除はボタンを3秒以上長押しする必要がありますし、そもそも操作パネルが子供の手が届きにくい位置にあるので誤操作防止になります。

サイズ・デザインの比較

サイズとデザインを床置き型・卓上型にわけて比較します。

契約後に置き場所に困るという失敗例も少なくないですから、きちんとサイズを確認しておきましょう。

また、ウォーターサーバーのデザインが部屋の雰囲気にあっていなくて悪目立ちしてしまうという失敗例もありました。

以前は、ウォーターサーバーといえばサーバーの上にボトルが設置された物が多く「いかにも家電」という見た目が多かったですが、最近はデザイン性が高いサーバーも多くラインナップされています。

床置き型で比較

クリクラ
省エネサーバー
クリクラ
クリクラサーバー
アクアクララ
アクアアドバンス
287×357×993※2. 305×350×1368 316×352×1242
アルピナウォーター
エコサーバー
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
プレミアムウォーター
cado
310×330×1250 270×337×1272 300×386×1150
コスモウォーター
smartプラス
フレシャス
デュオ
フレシャス
スラット
グッドデザイン賞受賞
300×340×1100
グッドデザイン賞受賞
290×363×1125
グッドデザイン賞受賞
290×350×1110
信濃湧水
エコサーバー
サントリー天然水サーバー キララ
310×330×1300 370×450×1240 184×300×1275

※1.サイズ表記は幅×奥行き×高さ(mm)となります。
※2.ボトル未装着時

ウォーターサーバーを設置するときは左右と奥行きにスペースを設けられる場所を選んでください。

スペースがあることでサーバーはうまく放熱でき故障の原因を防ぐことができます。

特に幅や奥行きがあるウォーターサーバーは設置場所に注意しましょう。

デザインはやはりボトルが見えないほうがオシャレですね。

特にグッドデザイン賞を受賞しているウォーターサーバーは見た目のオシャレ度だけでなく、使い勝手や機能性にも優れているので満足できるでしょう。

卓上型で比較

クリクラ
省エネサーバーS
クリクラ
クリクラサーバーS
アクアクララ
アクアスリムS
270×452×538※2 270×460×510※2 272×420×756
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
フレシャス
デュオミニ
フレシャス
サイフォンショート
270×354×820 250×295×470 300×340×775

※1.サイズ表記は幅×奥行き×高さ(mm)となります。
※2.ボトル未装着時

クリクラは卓上型のウォーターサーバーもあります。

卓上型は、コンパクトサイズなのでテーブルの上はもちろんですが、ラックやキッチンワゴンの上などにも置けて限られたスペースを有効活用できるのが最大のメリットです。

本体重量も軽いので使用環境に合わせて高さを変えたり移動させたりすることができます。

卓上型は種類が少ないので選択肢がかなり限定されてしまうのがデメリットです。

クリクラ比較に関する Q&A

メーカーによってキャンペーン内容が違うので迷ってます

確かにウォーターサーバーのキャンペーンはメーカーによって様々で迷ってしまいますが、大切なのは「キャンペーンの内容だけでウォーターサーバーを選ばないこと」です。サーバーによってはキャンペーンが魅力的でないものもありますが、長期的に利用することを前提とした場合、キャンペーンよりも宅配水や料金、サーバーの使い勝手が良ければ結果的に得することもあります。キャンペーンの比較は一つの目安ぐらいに考えておくのがベストです。

赤ちゃんのミルクに最適なのはどれですか?

国産のウォーターサーバーは赤ちゃんのミルク作りに最適な軟水を使用しているものが多いので、宅配水については軟水であれば基本的にどのメーカーでも問題ありません。プラスαとして考慮しておきたいのが、衛生機能を搭載していること、厳重なロックができるチャイルドロック機能を搭載していることでしょう。フレシャススラットやデュオは赤ちゃんのミルク作りとしても人気ですし、より安全性を重視するなら不純物を除去したRO水のクリクラもおすすめです。

ウォーターサーバーの比較で何を重視すれば良いのかわかりません

ウォーターサーバーで重視するポイントは人それぞれです。料金の安さを重視する人もいれば、デザインを重視する人、機能性に拘る人などなど・・・。大切なのは自分で譲れないポイントは何なのかハッキリさせること。また、ウォーターサーバーは機種によってメリットもあればデメリットもありますので、何が妥協できるか?をハッキリさせておくことも重要です。

無料お試しできるウォーターサーバーってありますか?

クリクラのウォーターサーバーは1週間の無料お試しサービスがあります。その他のウォーターサーバーは基本的に無料お試しはありませんが、ショッピングモールなどで試飲会を開催していることもあるので、足を運んでみると良いでしょう。

新着記事


人気ランキング

コスモウォーター

天然水宅配No.1!累計出荷台数100万台超!グッドデザイン賞受賞の高機能サーバー!口コミ評価◎キャンペーンあり!

プレミアムウォーター

おしゃれママから高評価!豊富なサーバーバリエ、ママ向けプラン、選べる天然水に注目。新規契約プレゼントも!

アクアクララ

宅配水の超定番!誰もが好む独自製法のRO水が好評!サーバー種類も充実!低価格だから家庭・法人どちらにも。


PAGE TOP

チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!