41 views

アクアクララはノルマなし!水の消費が少ない人・多い人どっちもお得って本当?

「ウォーターサーバーにはノルマがあるって聞いたけど、アクアクララは?」
「自分のペースで水を購入したいけど無理なの?」

ウォーターサーバーについて調べると水の購入ノルマがあることに知ります。

ノルマと聞くと不安になりますが、アクアクララには水の購入ノルマはありません。

毎月、無理して水を購入する必要はないですし、飲みきれなくてボトルがたまっていく・・・なんてこともありません。

ノルマなしと聞くとメリットだらけに思えますが、デメリットや注意点もあります。

今回はアクアクララとノルマについて解説していきます。

アクアクララはボトル購入ノルマなし

国産ウォーターサーバーのほとんどが水ボトルの購入ノルマを設けています。

12Lボトルなら月に2本、7L前後なら月に3本など、だいたいひと月に25L前後のボトルの購入ノルマがあるウォーターサーバーが多いです。

サーバー代無料としていても、毎月ボトルを買わないといけないので、実質的には無料でウォーターサーバーを利用できるわけではありません。

そのため、ウォーターサーバーを申し込む前に利用条件は確認することが重要です。

アクアクララにはノルマがない!けど別の費用負担があるから注意

アクアクララにはノルマがありません。

ノルマなしウォーターサーバーは数える程度しかなく、それだけ珍しいです。

都度注文なので、水がなくなりそうなときや必要なときに注文して水を届けてもらうことができます。

つまり自分のペースで水を消費したり購入したりできるということです。

ウォーターサーバーにありがちな「水を消費できず空けてないボトルがたまっていく」なんてこともありません。

ただし、ノルマがないからといって月額費用がかからないわけではありません。

アクアクララでは、水の配送からメンテナンスまでの料金を含んだ「あんしんサポート料」がかかります。

アクアクララは水を注文しない月でも、このあんしんサポート料だけは毎月払わないといけないということです。

あんしんサポート料はサーバーの機種と料金プランによって異なります。

機種 あんしんサポート料
アクアファブ 1,500円(2年割プラン1,300円)
アクアウィズ 2,000円(2年割プラン1,500円)
アクアアドバンス 1,500円(2年割プラン1,300円)
アクアスリム 1,000円

中にはあんしんサポートなんて要らないという方もいらっしゃいますが、このあんしんサポート料を払うことで定期的なメンテナンスや水の配送料、ノルマなし、故障時の対応などを賄っています。

料金が不明瞭で予想外の追加費用を請求するメーカーもありますが、アクアクララならあんしんサポート料を払うことで追加費用がなく安心です。

ボトルは2本から購入

アクアクララはノルマがないので必要なときに水を注文して購入できます。

ただし、1回の注文でボトルは2本以上、スリムタイプ(7L)は3本以上の購入となりますので注意してください。

「1本だけ欲しい」と言っても、必ず2本届けられるということは覚えておきましょう。

アクアクララのノルマなしによるメリット・デメリット!結局どっちが良いの?

アクアクララにはノルマがありませんが、ウォーターサーバーのほとんどはノルマありです。

一見すると、ノルマがないほうが消費者からも好まれて人気がでそうな気もしますが、あえてノルマありとしているのには、それぞれにメリット・デメリットがあるからです。

ノルマなしは良いことばかりではなく悪いこともあります。

ここではノルマあり・なしそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

購入ノルマなしのメリット・デメリット


メリット

ノルマなしのメリットは次の3つです。

  • 自分のペースで購入できる
  • 費用を抑えられる
  • 水が余る心配なし

定期配送だと、いちいち自分で注文しなくていいので忘れっぽい人や忙しい人には非常に便利です。

しかし、水の消費が少ない場合、定期的に水が届くと困りもの。ノルマを気にしなくていいので自分のペースで水を使って購入できます。

また定期配送だと、水を使い切る前に新しいボトルが届いてしまうこともあり、それが積み重なって気がつけば大量の未開封ボトルが・・・なんてことにもなりかねません。

ノルマがなければ不要なときは買わなくて良いわけですから、費用が抑えられますし、ボトルのストックが増えてしまう心配がいりません。

デメリット

ノルマなしのデメリットは次の3つです。

  • 毎月レンタル料はかかる
  • 自分で注文する手間がある
  • エリアにより配送日が決まってる場合も

ノルマなしのウォーターサーバーの欠点として、毎月レンタル料に相当する料金が発生します。アクアクララであれば「あんしんサポート料」です。

あんしんサポート料は1,000円~2,000円(機種により異なる)かかります。

これは水を使っていなくても必ず払わないといけません

「使ってないのに払うの・・・」と不満もあるかもしれませんが、ウォーターサーバーは基本レンタルして使うものなので割り切るしかないでしょう。

またノルマなしのウォーターサーバーは、自社配送を採用しています。自社配送の場合はエリアによっては水の配達日が決められている場合もあるので注意しましょう。

たとえば配送日が木曜日と決まっているエリアなら、金曜日に注文しても次回水が届くのは木曜日になるということです。

ただしアクアクララの場合、自社配送でありながら配達日を自由に選べるエリアがたくさんあることも事実です。自分がどのエリアに当たるか調べてみるとよいでしょう。

購入ノルマありのメリット・デメリット


メリット

購入ノルマありのメリットは次の3つです。

  • レンタルが無料のウォーターサーバーが多い
  • サーバーの種類が豊富
  • 無料の配送一時休止サービスが使える

ノルマありということは毎月一定数のボトル注文があるので、メーカーとしてはサーバー代などの費用を無料で提供しても採算がとれるわけです。

そのため、サーバーレンタル代無料のウォーターサーバーが多いです。

また、ほとんどのウォーターサーバーメーカーがノルマありを採用しているので、選べるサーバーマシンの機種も豊富です。

デザインに拘ったウォーターサーバー、機能満載のウォーターサーバーなど自分の希望するサーバーマシンを選べます。

ノルマありと聞くと身構えてしまう方もいますが、実はほとんどのウォーターサーバーメーカーは水の配送を一時的に休止できるサービスを提供しています。

ある一定期間内の配送休止なら無料で繰り返し利用できるところが多く、これによってノルマの負担を軽減させることができます。

一般的な一時休止サービスとしては2ヶ月未満の休止は無料で、2ヶ月以上連続で休止すると手数料がかかるというものです。

月間ノルマがボトル2本だった場合、配送休止サービスを使うことで月間ノルマを1本に減らすことができるのです。

デメリット

ノルマありのデメリットは次のとおりです。

  • 毎月決められたノルマのボトルを購入する必要がある
  • ノルマをクリアできないと手数料がかかる
  • 水を消費しきれず余ってしまう

言わずもがなですが、ノルマありということは毎月メーカーが決めた数のボトルを購入する必要があるということです。

ノルマをクリアできない場合は所定の手数料が月額料金として請求されます。

また、ノルマありだと自動的に届くので水を使い切ってない状態が続くとストックが次々と増えてしまうこともあります。

アクアクララとノルマなしウォーターサーバーを比較!

ノルマなしのウォーターサーバーはアクアクララだけではありません。

他にもいくつかノルマなしを採用しているウォーターサーバーがあるので、「ノルマなしが絶対条件」としている方にとっては、どのウォーターサーバーにしようか悩みどころでしょう。

ここでは、アクアクララと他社のノルマなしウォーターサーバーを比較したいと思います。

ノルマなしで料金が安いウォーターサーバーは?

ノルマなしのウォーターサーバーは、水をあまり使わない方におすすめです。

そのため、料金が安いウォーターサーバーが良いという方が多いので、ここでは料金の安さで比較しています。

メーカー/機種 月額費用(最低本数)
アクアクララ アクアファブ 3,300円
アクアウィズ 3,175円
アクアアドバンス 3,050円
アクアスリム 3,200円
アルピナウォーター スタンダードサーバー 2,622円
エコサーバー 2,392円
ピュアハワイアン スタンダード 3,372円
エコサーバー 3,142円

いずれも水ボトルの容量は12Lタイプを採用しており、ひと月に12L消費する場合で月額費用を算出しています。

では、料金が安い順にノルマなしのウォーターサーバーをご紹介します。

アルピナウォーター

スタンダードサーバー エコサーバー
水の種類 ボトル種類
RO水 リターナブル(回収型)
水代 サーバーレンタル代
12L:1,050円
18.9L:1,640円
スタンダードサーバー:572円
エコサーバー:872円
電気代 月額費用(最低本数)
スタンダードサーバー:1,000円~
エコサーバー:470円~
スタンダードサーバー:2,622円
エコサーバー:2,392円

アルピナウォーターは水ボトル12L1,050円クラストップレベルの価格の安さを実現したRO水ウォーターサーバーです。

1回の注文で3本以上の購入となりますが、それでも3,150円ですから破格の安さと言えます。

18.9Lボトルも選ぶことができ、こちらの価格は1,640円。500ml換算価格は43.3円と12Lボトルよりもさらにお得。

18.9Lボトルは容量が多い分、交換頻度が少なくなりますが重いので交換が大変です。価格差はそこまで大きなものではないので12Lボトルでも十分でしょう。

アクアクラア

アクアファブ アクアウィズ
アクアアドバンス アクアスリム
水の種類 ボトル種類
RO水+ミネラル リターナブル(回収型)
水代 サーバーレンタル代
12L:1,200円
7L:900円
アクアファブ:1,300円
アクアウィズ:1,500円
アクアアドバンス:1,500円
アクアスリム:1,000円
電気代 月額費用(最低本数)
アクアファブ:800円~
アクアウィズ:475円~
アクアアドバンス:350円~
アクアスリム:1,000円~
アクアファブ:3,300円
アクアウィズ:3,175円
アクアアドバンス:3,050円
アクアスリム:3,200円

アクアクララは家庭用宅配水のシェアナンバーワンを誇る人気のウォーターサーバーです。

サーバーマシンは4種類をランナップしており、中でも定番人気のアクアアドバンスはサーバー代が1,500円とやや高めですが電気代が350円とお得。

衛生機能も充実しており安心感の高いウォーターサーバーでおすすめです。

他にもスタイリッシュなデザインのアクアファブ、コーヒーマシン一体型のアクアウィズ、スタンダードモデルのアクアスリムなど、好みや目的に応じて選べるのもアクアクララの魅力です。

軽量タイプの7Lボトルは水交換がラクに行なえますが割高になるので注意してください。

ピュアハワイアン

スタンダードサーバー エコサーバー
水の種類 ボトル種類
RO水 リターナブル(回収型)
水代 サーバーレンタル代
12L:1,800円
8L:1,370円
スタンダードサーバー:572円
エコサーバー:872円
電気代 月額費用(最低本数)
スタンダードサーバー:800円~
エコサーバー:470円~
スタンダードサーバー:3,372円
エコサーバー:3,142円

ピュアハワイアンは、ハワイ産のミネラルウォーターを逆浸透膜でろ過した純水に近いRO水です。

不純物がほぼ含まれていない安全性の高さが魅力です。

12Lボトルは1,800円と他のRO水ウォーターサーバーと比べて高めの値段設定が残念ではあります。

水交換がラクに行える8Lボトルも選べます。

アクアクララとノルマありウォーターサーバー比較!格安なのはどっち?

水の消費が少ない方にはノルマがないアクアクララなどのウォーターサーバーがおすすめです。

しかし、ノルマありのウォーターサーバーでも配送を一時休止させることで月々の購入ノルマを減らして費用を抑えることも可能です。

ノルマなしウォーターサーバーだけだと選択肢が限定されてしまい、自分の欲しいと思えるウォーターサーバーが無いという方もいるでしょう。

そのような方は、ノルマがあっても配送一時休止サービスが使えるウォーターサーバーも選択肢に入れて選ぶといいでしょう。

ここではアクアクララとノルマあり(配送一時休止あり)ウォーターサーバーを料金で比較しました。

アクアクララとノルマありウォーターサーバーはどっちが安いのか?

アクアクララとノルマありウォーターサーバーの月額費用は以下のとおり。

メーカー/機種 月額費用(最低本数)
アクアクララ アクアファブ 3,300円
アクアウィズ 3,175円
アクアアドバンス 3,050円
アクアスリム 3,200円
コスモウォーター smartプラス 2,365円
プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ 2,460円
cado 3,460円
フレシャス スラット(9.3L) 2,786円
デュオ(7.2L) 3,110円
キララ スマートサーバー(7.2L) 4,300円

ノルマありウォーターサーバーは、月間の購入ノルマがボトル2本(12Lor9.3L×4)もしくは4本(7.2L×4)となっています。

しかし、配送一時休止を使うことで1ヶ月おきに水を購入すれば良くなります。結果的に月間購入ノルマを通常の半分に減らすことができます

最低本数で月額費用を比較するとノルマありウォーターサーバーのほうが安くなります。

水の消費が少なくて料金を抑えたいという方は、アクアクララもいいですが配送一時休止が使えるノルマありのウォーターサーバーも良いでしょう。

特にノルマありウォーターサーバーはデザインがオシャレだったり、高機能なサーバーがあるなど希望に沿ったサーバーマシンが揃っています。

その他にも違いはあるので、よく比較検討した上で選ぶようにしてください。

アクアクララはノルマを気にしなくても良い人にもおすすめ

ノルマを気にするのは水の消費が少ない人ですが、アクアクララの場合は水代が安いのでノルマを気にしなくても良い人にもおすすめです。

上記では、アクアクララとノルマありウォーターサーバーを比較して、ノルマありウォーターサーバーのほうが月額費用が安かったです。

しかし、水の消費量が多くなるとアクアクララのほうがお得になるのです。

実際に比較してみましょう。

アクアクララは水の消費が多い方も得する

アクアクララとノルマありウォーターサーバーを水の消費量24L、48Lで比較してみましょう。

月額費用(24L) 月額費用(48L)
メーカー/機種 月額費用(24L)
アクアクララ アクアファブ 4,500円
アクアウィズ 4,375円
アクアアドバンス 4,250円
アクアスリム 4,400円
コスモウォーター smartプラス 4,265円
プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ 4,300円
cado 5,300円
フレシャス スラット 5,167円
デュオ 4,630円
キララ スマートサーバー 5,833円
メーカー/機種 月額費用(48L)
アクアクララ アクアファブ 6,900円
アクアウィズ 6,775円
アクアアドバンス 6,650円
アクアスリム 6,800円
コスモウォーター smartプラス 8,065円
プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ 7,980円
cado 8,980円
フレシャス スラット 8,155円
デュオ 7,930円
キララ スマートサーバー 9,666円

24L比較ではアクアアドバンスのみが他社ウォーターサーバーよりも安いですが、48Lではアクアクララ全機種で他社ウォーターサーバーよりも安いという結果になりました。

アクアクララは水代が安いので、水の消費量が多くなるほどお得になるのです。

新着記事


人気ランキング

コスモウォーター

天然水宅配No.1!累計出荷台数100万台超!グッドデザイン賞受賞の高機能サーバー!口コミ評価◎キャンペーンあり!

プレミアムウォーター

おしゃれママから高評価!豊富なサーバーバリエ、ママ向けプラン、選べる天然水に注目。新規契約プレゼントも!

アクアクララ

宅配水の超定番!誰もが好む独自製法のRO水が好評!サーバー種類も充実!低価格だから家庭・法人どちらにも。


PAGE TOP

チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!