46 views

アクアクララと他社ウォーターサーバーを徹底比較!アクアクララが人気の理由

アクアクララと他社のウォーターサーバーで悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

ウォーターサーバーは、メーカーやサーバーマシンによって特徴や使い勝手の良し悪し、料金、サービス内容など異なります。

そうなると当然、自分にあったウォーターサーバーは人それぞれ違います。

アクアクララはたしかに人気の高いウォーターサーバーですが、人気だからという理由だけで選んでしまうと失敗する可能性が高いです。

自分がウォーターサーバーに何を求めているのか?何を重視しているのか?逆にどこで妥協できるか?を把握し、メーカー・機種ごとに比較して選ぶと失敗しにくいです。

そこで今回は、アクアクララと他社のウォーターサーバーを徹底比較していきたいと思います。

アクアクララと他社ウォーターサーバーを料金・価格で比較

アクアクララと他社ウォーターサーバーを比べるとき一番に確認しておきたいのが料金・価格ではないでしょうか。

ウォーターサーバーを使用するのにかかる費用は水代・サーバー代・電気代などが一般的ですが、他にもあまり知られていないような費用がかかるものもありますので、きちんと確認・比較して決めましょう。

料金・価格の比較ポイント

ウォーターサーバーの料金・価格を比較する理由としては「料金が安いウォーターサーバーを選びたい」からでしょう。

料金・価格を比較するときは次の3つのポイントを抑えることが大切です。

  • 月額費用を比較する
  • 月々の水の消費量を把握する
  • 水の消費が少ないなら「ノルマ」「配送一時休止の有無」を確認する

料金は「月額費用」をチェックする

ありがちな料金比較として「水代が安いから」「電気代がお得だから」など一つの費用の安さだけでウォーターサーバーを選んでしまうことです。

ウォーターサーバーの料金を比較するときは各費用ではなく、トータルつまり「月額費用」を見ることが大切です。

水代が安いウォーターサーバーでもレンタル代や電気代が高くて結果的に損してしまうこともあるのです。

月々の水の消費量を把握する

ウォーターサーバーの水を月にどれぐらい使用するかによって料金が安いウォーターサーバーは違ってきます。

基本的に水代が安いウォーターサーバーはサーバー代や電気代が高いため、水の消費量が少ないとお得感はありません

逆に、水の消費が多いと水代が安いウォーターサーバーはお得になる傾向にあります。

アクアクララは水代が安いので後者にあてはまりますから、料金で得したいなら水の消費が多い人におすすめのウォーターサーバーと言えます。

「月にどれぐらい水を使うかわからない」という人は、下記の表を参考にしてください。

家族の人数 飲用水に使用 飲用水+料理に使用
1人 20L 24L
2人 30L 36L
3人(夫婦+子供) 36L 48L
4人(夫婦+子供2人) 48L 60L
3人(夫婦+赤ちゃん1人) 54L 66L

飲用水だけに使用するか、料理にも使用するか、はたまた赤ちゃんのミルクにも使用するかで月々の水の消費量は違ってきます。

水の消費が少ない人は「ノルマ」「配送一時休止の有無」を確認する

特に水の消費が少ない、毎月の水の消費が不安定、一人暮らしの人などは「水の購入ノルマ」と「配送一時休止の有無」をチェックしましょう。

水の消費が少なくノルマを達成できそうにないのであればノルマなしのウォーターサーバーを検討するのがいいでしょう。

ただし、ノルマなしウォーターサーバーはサーバー代が高かったりサポート代がかかるなどのデメリットもあり、水を消費しない月があっても必ず費用がかかる点に注意が必要です。

また基本的にノルマなしのウォーターサーバーはRO水のみです。天然水はどこのメーカーもノルマがあります。

ノルマありのウォーターサーバーでも「配送一時休止」サービスを使用すれば、月々の購入ノルマを軽減させることは可能です。

たとえば、1ヶ月の購入ノルマが2本だとすると、配送一時休止を使うことで月1本にすることができます。

基本的に配送一時休止は2ヶ月未満なら無料で使用できるところがほとんどです。

以上のように、ノルマなしならRO水、天然水なら配送一時休止が無料で使えるウォーターサーバーといったように選ぶといいです。

月額費用の比較

料金詳細 月額費用 ノルマと配送一時休止
メーカー/機種 料金詳細
水代 ※1 サーバー代 ※2 電気代
アクアクララ
アクアファブ
1,200円/12L(50円) 1,300~1,500円 800円~
アクアクララ
アクアウィズ
1,200円/12L(50円) 1,500円~2,000円 475円~
アクアクララ
アクアアドバンス
1,200円/12L(50円) 1,500円 350円~
アクアクララ
アクアスリム
1,200円/12L(50円) 1,000円 700円~
アルピナウォーター
エコサーバー
1,050円/12L(43.7円) 872円 470円~
クリクラ
省エネサーバー
1,250円/12L(52円) 417円 756円~
コスモウォーター
smartプラス
1,900円/12L(79.1円) 無料 465円~
信濃湧水
エコサーバー
1,500円/12L(62.5円) 300円 470円~
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
1,960円/12L(81.6円) 無料 620円~
フレシャススラット 1,506円/9.3L(80.9円) 900円 380円~
キララ
スマートサーバー
1,250円/7.2L(86.8円) 1,200円 800円~
メーカー/機種 月額費用
最低本数 24L 48L
アクアクララ
アクアファブ
3,300円 4,500円 6,900円
アクアクララ
アクアウィズ
3,175円 4,375円 6,775円
アクアクララ
アクアアドバンス
3,050円 4,250円 6,650円
アクアクララ
アクアスリム
3,200円 4,400円 6,800円
アルピナウォーター
エコサーバー
2,392円 3,442円 5,542円
クリクラ
省エネサーバー
3,673円 3,673円 6,173円
コスモウォーター
smartプラス
2,365円 4,265円 8,065円
信濃湧水
エコサーバー
2,770円 3,770円 6,770円
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
2,460円 4,300円 7,980円
フレシャススラット 2,786円 5,167円 8,155円
キララ
スマートサーバー
4,300円 5,833円 9,666円
メーカー/機種 ノルマと配送一時休止
ノルマ 配送一時休止 配送休止手数料
アクアクララ
アクアファブ
なし
アクアクララ
アクアウィズ
なし
アクアクララ
アクアアドバンス
なし
アクアクララ
アクアスリム
なし
アルピナウォーター
エコサーバー
なし
クリクラ
省エネサーバー
24L(2本) 3ヶ月72L未満 1,000円
コスモウォーター
smartプラス
24L(2本) 2ヶ月目から 800円
信濃湧水
エコサーバー
16L 3ヶ月48L未満 800円
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
24L(2本) 2ヶ月目から 800円
フレシャススラット 18.6L(2本) 2ヶ月目から 1,000円
キララ
スマートサーバー
28.8L(4本) 2ヶ月目から 1,000円

※1.カッコ内は500ml換算価格です。
※2.アクアクララ、クリクラは安心サポート料が含まれています。

このように水の消費量ごとに月額費用が安いウォーターサーバーは違います。

解約金

ウォーターサーバーは利用時だけでなく解約するときもお金がかかる場合があります。

基本的にどのウォーターサーバーでも、定められた契約期間内に解約すると解約金が発生するので注意してください。

メーカー/機種 最低契約期間 解約金
アクアクララ
アクアファブ
【2年割プラン】2年以上 6,000円
【基本プラン】7ヶ月以上 3,000円
アクアクララ
アクアウィズ
【2年割プラン】2年以上 9,800円
【基本プラン】6ヶ月以上1年以上 6ヶ月未満の解約:6,000円
1年未満の解約:3,000円
アクアクララ
アクアアドバンス
6ヶ月未満 6,000円
1年以上 3,000円
アクアクララ
アクアスリム
6ヶ月 3,000円
アルピナウォーター
エコサーバー
1年以上 4,762円
クリクラ
省エネサーバー
なし 無料
コスモウォーター
smartプラス
2年以上 9,000円
信濃湧水
エコサーバー
1年以上 5,000円
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
【3年プラン】3年以上 15,000円
【基本プラン】2年以上 10,000円
フレシャススラット 9ヶ月以上 15,000円
2年以上 9,000円
キララ
スマートサーバー
1年以上~3年以上 5,000円~18,000円
※料金プランにより異なる

※料金プランにより異なる

最低契約期間はウォーターサーバーによって異なり、期間が短いほど解約金は高くなります。

ウォーターサーバーによっては、別途でサーバー返却費用がかかるものもあるのでしっかりと確認してください。

アクアクララは水の消費が多い人向けの料金設定

アクアクララはサーバー代や電気代は他社ウォーターサーバーと比べるとやや高めですが、水代は安いです。

家族の人数が多い家庭や、飲水の他に料理にも使うなど水の消費量が多い家庭ならアクアクララで水代がお得です。

逆に、水をあまり使わないという人で費用を抑えたいならアクアクララではなく、一時休止可能な天然水ウォーターサーバーを選んだほうがお得です。

アクアクララと他社ウォーターサーバーの宅配水を比較

ウォーターサーバーの水は「RO水」と「天然水」の2種類に大別されます。

さらに、RO水でもほぼ純水のRO水とミネラル配合のRO水(デザインウォーターとも言う)の2種類があります。

つまり、ウォーターサーバーの宅配水はより細かく分けると、

  • 純水のRO水
  • ミネラル配合のRO水(デザインウォーター)
  • 天然水

以上の3種類あるということになります。

RO水と天然水の違い

RO水と天然水は、採水方法やろ過方法が異なるので、水自体の安全性や味に違いがあります

天然水は、大自然の地層が長い年月をかけてろ過してできる地下水を使用しています。

自然のミネラルが豊富に溶け込んでおり、おいしく飲めるのが特徴です。

メーカーによって採水地が異なり、含まれているミネラル成分や含有量も様々です。

ろ過、沈殿、加熱処理などで処理はしますが、自然のミネラルを失わないためにそれ以外の化学処理は行いません。

RO水は、水道水や河川水を使用しRO膜という特殊フィルターでろ過して安全に飲める水にします。

このRO膜は0.0001ミクロンの極小フィルターでできており、ナノレベルの不純物も取り除くことができます

RO膜でろ過された水には不純物がほぼ含まれていない純水となるため安全性が高いです。

水の旨味を左右するミネラルも除去してしまいますが、メーカーによっては人工的にミネラルを添加して味を整えています。これがデザインウォーターにあたります。

宅配水を比較

メーカー/機種 宅配水
水の種類 安全性
アクアクララ
アクアファブ
RO水+ミネラル ◯飲みやすい
アクアクララ
アクアウィズ
アクアクララ
アクアアドバンス
アクアクララ
アクアスリム
アルピナウォーター
エコサーバー
RO水 △味気ない
クリクラ
省エネサーバー
RO水+ミネラル ◯飲みやすい
コスモウォーター
smartプラス
天然水 ◎美味しい
信濃湧水
エコサーバー
天然水 ◎美味しい
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
天然水 ◎美味しい
フレシャススラット 天然水 ◎美味しい
キララ
スマートサーバー
天然水 ◎美味しい

RO水+ミネラル、RO水、天然水いずれも安全に飲むことができます。

ただ、より安全性を重視するならRO膜でろ過しているRO水(RO水+ミネラルも含む)がおすすめです。

RO水には不純物が含まれていないので、通常の飲用水としてだけでなく赤ちゃんのミルク作りにも適しています。

ただし、純水のRO水はミネラルが含まれていないので美味しくないですから、おいしさも欲しいというのであればRO水+ミネラルの宅配水を選ぶといいでしょう。

安全でおいしい水を飲みたいならアクアクララがおすすめ

アクアクララの宅配水は安全とおいしさを追求した水です。

安全でおいしい水を飲みたいという方にはアクアクララの水がおすすめです。

天然水のように自然のミネラルが含まれている水じゃないとイヤという方には、アクアクララの水は物足りなさを感じるかもしれません。

逆に言えば、味に対してそこまで強いこだわりがないならアクアクララの水で十分満足できるでしょう。

加えてRO水は天然水ほど製造コストがかからないので水代が安いというメリットもあります。

安全でおいしい水をたくさん使う予定なら低コストのアクアクララの水が最適ですよ。

アクアクララと他社ウォーターサーバーのサーバーマシンで比較

ウォーターサーバーは機種によって機能や使い勝手に違いがあります。

自分の生活スタイルにあう機種を選ぶことが大切です。

冷水・温水の温度&温度設定機能

ウォーターサーバーは温水・冷水が出るのが基本的な機能ですが、機種によっては温度設定できるものもあります。

たとえば、冷たい水は苦手という方は弱冷水機能が付いているもの、カップラーメンを作りたいという方は再加熱機能がついているウォーターサーバーだと便利です。

メーカー/機種 水の温度 温度設定機能
アクアクララ
アクアファブ
冷水:5~12℃温水:80~90℃ なし
アクアクララ
アクアウィズ
冷水:5~11℃温水:85~90℃ 弱温水:70~75℃
再加熱:95℃
アクアクララ
アクアアドバンス
冷水:6~11℃温水:85~90℃ 弱温水:70~75℃
再加熱:90℃
アクアクララ
アクアスリム
冷水:5~12℃
温水:80~90℃
なし
アルピナウォーター
エコサーバー
冷水:5~10℃
温水:80~85℃
弱温水:65℃
クリクラ
省エネサーバー
冷水:4~10℃
温水:75~85℃
なし
コスモウォーター
smartプラス
冷水:6~10℃
温水:80~90℃
なし
信濃湧水
エコサーバー
冷水:5~10℃
温水:80~85℃
弱温水:65℃
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
冷水:6℃温水:85℃ なし
フレシャススラット 冷水:4~10℃
温水:80~85℃
常温水弱温水:70~75℃
再加熱:90℃
キララ
スマートサーバー
冷水:3~8℃温水:83~93℃ 弱冷水:10~18℃
弱温水:60~70℃
再加熱:90℃

アクアクララでは、アクアウィズとアクアアドバンスの2機種に温度設定機能が備わっています。

ただ、どちらも弱冷水機能はありません。

より温度設定にこだわりたいなら、フレシャスのスラットやキララのスマートサーバーあたりが良いでしょう。

チャイルドロック

どのウォーターサーバーにも搭載されていると言っても過言ではないのが「チャイルドロック機能」です。

赤ちゃんや小さい子供がいる家庭では必須の機能ですが、大人しか使用しない環境では逆に煩わしく感じてしまうもの。

使用環境に応じてチャイルドロック機能を選ぶのが良いでしょう。

温水のチャイルドロック 冷水のチャイルドロック
メーカー/機種 温水のチャイルドロック
ロック方法 常時解除の可否
アクアクララ
アクアファブ
自動ロック ×
アクアクララ
アクアウィズ
自動ロック ×
アクアクララ
アクアアドバンス
自動ロック2重ロックあり ×
アクアクララ
アクアスリム
自動ロック ×
アルピナウォーター
エコサーバー
自動ロック2重ロックあり ×
クリクラ
省エネサーバー
自動ロック ×
コスモウォーター
smartプラス
自動ロック2重ロックあり
信濃湧水
エコサーバー
自動ロック2重ロックあり ×
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
自動ロック2重ロックあり ×
フレシャススラット 自動ロック ×
キララ
スマートサーバー
自動ロック ×
メーカー/機種 冷水のチャイルドロック
ロック方法 常時解除の可否
アクアクララ
アクアファブ
ロックなし
アクアクララ
アクアウィズ
自動ロック
アクアクララ
アクアアドバンス
手動ロック
アクアクララ
アクアスリム
自動ロック※オプション
アルピナウォーター
エコサーバー
自動ロック
クリクラ
省エネサーバー
自動ロック※オプション
コスモウォーター
smartプラス
自動ロック2重ロックあり
信濃湧水
エコサーバー
自動ロック
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
自動ロック ×
フレシャススラット 自動ロック
キララ
スマートサーバー
自動ロック

子供がいる家庭は温水・冷水ロック&自動ロックがおすすめ

小さな子供がいる家庭では、チャイルドロックは温水・冷水どちらにも必須です。

加えて、自動でロックできるタイプがおすすめです。

手動だと設定を忘れてしまう恐れがあり、それによってイタズラや誤操作でヤケドや床が水浸しになってしまうかもしれません。

アクアクララでは、アクアファブのみ冷水にチャイルドロックが付いていないので選ぶ際は注意が必要です。

それ以外のアクアクララウォーターサーバは温水と冷水両方にチャイルドロック機能が付いているので安心です。

大人だけの使用環境なら常時解除できると便利

ウォーターサーバーを大人しか使わないのであれば、ロックを常時解除できるウォーターサーバーが使いやすいです。

注水の度にいちいちロックの解除操作する必要がないのでストレスなく使えます。

アクアクララは、どの機種も冷水のみ常時解除が可能です。

チャイルドロック機能はコスモウォーターが優秀

チャイルドロック機能で最も優秀なのがコスモウォーターです。

コスモウォーターは温水・冷水どちらもロックできるだけでなく使用環境に合わせた3パターンの設定が可能です。

コスモウォーターは注水を完全にロックすることもできますし、常に解除して1アクションで注水することも可能と柔軟に対応できます。

クリーンシステム・メンテナンス

ウォーターサーバーの水は衛生的で安全に飲むことができますが、肝心のサーバーマシンが不衛生だと結果として雑菌混じりの水を飲むことになります。

より安全な水を飲むにはメンテナンス機能搭載のウォーターサーバーや定期的にメンテナンスしてくれるメーカーを選ぶことが大切です。

クリーンシステム・メンテナンスは「ボトル内衛生機能」「サーバー内衛生機能」「定期メンテナンス」の3項目に分けて比較していきます。

ボトル内衛生機能

メーカー/機種 ボトル内衛生機能
圧縮構造ボトル エアフィルター搭載
アクアクララ
アクアファブ
×
アクアクララ
アクアウィズ
×
アクアクララ
アクアアドバンス
×
アクアクララ
アクアスリム
×
アルピナウォーター
エコサーバー
× ×
クリクラ
省エネサーバー
×
コスモウォーター
smartプラス
信濃湧水
エコサーバー
× ×
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
×
フレシャススラット ×
キララ
スマートサーバー
×

ボトル内衛生機能は文字通り、ボトル内の水を衛生的に保つ機能のことです。

ウォーターサーバーは使用中にボトル内部に空気が入ってしまいます。

空気中にはホコリやチリが含まれているので、それがボトル内部の水に侵入すれば雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

それを防ぐ方法としては「圧縮構造ボトル」と「エアフィルター」があります。

圧縮構造ボトルは、上の写真のように使用中にボトルが潰れる構造のものを言います。

水を使用する度にボトルが潰れることで真空状態に近く、内部に空気が入りにくいです。

リターナブルボトルを採用しているRO水ウォーターサーバーは、構造上ボトルは潰れないので内部に空気が入ってしまいます。

ただし、「エアフィルター」という機能を搭載しているウォーターサーバーであれば、ボトル内部に侵入する空気をキレイにすることができます。

フィルターでチリやゴミを除去した状態の空気がボトル内部に入るので、ボトルの水は衛生的に保つことが可能です。

アクアクララはリターナブルボトルですが、全機種にエアフィルターを搭載しているのでボトル内の水は常に衛生的です。

サーバー内衛生機能

サーバー内を衛生的に保つ機能は主に「熱水循環」「UV除菌」の2種類あります。

熱水循環は、温水・冷水のサーバー内に熱水を循環させて熱消毒で菌の繁殖を防止する機能です。

UV除菌は、殺菌効果のある紫外線を照射してサーバーを衛生的に保つ機能です。

メーカー/機種 サーバー内衛生機能
熱水循環 UV除菌
アクアクララ
アクアファブ
× ×
アクアクララ
アクアウィズ
×
アクアクララ
アクアアドバンス
×
アクアクララ
アクアスリム
× ×
アルピナウォーター
エコサーバー
×
クリクラ
省エネサーバー
× ×
コスモウォーター
smartプラス
×
信濃湧水
エコサーバー
×
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
× ×
フレシャススラット ×
キララ
スマートサーバー
×

アクアクララではアクアウィズとアクアアドバンスがサーバー内衛生機能を搭載しています。

アクアクララは全機種で専門スタッフによる定期メンテナンスが実施されますが、それだけでは衛生面が心配という方はサーバー内衛生機能を搭載している機種を選ぶといいでしょう。

定期メンテナンス

サーバー内衛生機能を搭載しているウォーターサーバーは、基本的にメーカーメンテナンスはありません。

ただ、2年~3年も同じウォーターサーバーを使っていると、衛生面はどうしても心配になりますよね。

メーカーによっては一定期間を過ぎると無料でメンテナンス済みのサーバーマシンと交換してくれるのでおすすめです。

メーカー/機種 定期メンテナンス
メンテナンス頻度 サーバー交換
アクアクララ
アクアファブ
1年ごと 無料
※安心サポート料に含む
アクアクララ
アクアウィズ
1年ごと 無料
※安心サポート料に含む
アクアクララ
アクアアドバンス
3年ごと 無料
※安心サポート料に含む
アクアクララ
アクアスリム
1年ごと 無料
※安心サポート料に含む
アルピナウォーター
エコサーバー
4年ごと 無料
クリクラ
省エネサーバー
1年ごと 417円/月
コスモウォーター
smartプラス
フリー 2年未満:5,000円
2年以上:無料
信濃湧水
エコサーバー
4年ごと 無料
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
フリー 5,000円~10,000円
※使用期間により異なる
フレシャススラット フリー 5,000円
キララ
スマートサーバー
フリー 10,000円

アクアクララは、衛生機能を搭載しているだけでなく、メーカーメンテナンスも実施しているので他社ウォーターサーバーと比べてより衛生的です。

メンテナンス代は毎月支払う安心サポート料に含まれているので別途請求されることはありません。

使いやすさ

ウォーターサーバーを使う上でネックとなるのが水ボトルの交換です。

大体のウォーターサーバーは、ボトルの容量が12Lなので重くて交換が大変です。

中にはボトル交換が原因で腰を痛めてしまった人もいるぐらいですから、ボトル交換をラクにしたい方は要チェックです。

メーカー/機種 使いやすさ
ボトル容量/セット位置 ボトル交換が楽
アクアクララ
アクアファブ
12L/サーバー上部
7L/サーバー上部
アクアクララ
アクアウィズ
12L/サーバー下部
7L/サーバー下部
アクアクララ
アクアアドバンス
12L/サーバー上部
7L/サーバー上部
アクアクララ
アクアスリム
12L/サーバー上部
7L/サーバー上部
アルピナウォータ
エコサーバー
12L/サーバー上部
8L/サーバー上部
クリクラ
省エネサーバー
12L/サーバー上部
6L/サーバー上部
コスモウォーター
smartプラス
12L/サーバー下部
信濃湧水
エコサーバー
12L/サーバー上部
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
12L/サーバー上部
7L/サーバー上部
プレミアムウォーター
cado(カドー)
12L/サーバー下部
7L/サーバー下部
フレシャス
スラット
9.3L/サーバー下部
キララ
スマートサーバー
7.2L/サーバー上部

アクアクララでボトル交換がラクなのはアクアウィズだけです。

ほかはすべてボトルをサーバーの上にセットしないといけないので、そういった意味では使いやすさは他社ウォーターサーバーに劣ります。

アクアクララのサーバーマシンは機能面は合格点!使い勝手はやや不満あり?

以上、サーバーマシンで比較した結果、アクアクララのサーバーマシンは機種にもよりますが機能面は合格点と言っていいでしょう。

特にアクアウィズとアクアアドバンスは快適に使用するための機能が充実しており、やや高額な安心サポート料を払ってでも十分満足できる出来です。

一方で、使いやすさはアクアウィズ以外は不満ありと言ったところです。

「ボトル交換の大変さでウォーターサーバー選びに失敗した」という人は口コミで数多く見かけます。

アクアウィズはボトル交換がラクですが、他のウォーターサーバーと違ってコーヒーマシン一体型なので使用する人が限定されるウォーターサーバーです。

特に女性や高齢の方が主に使ったりボトルを交換するという場合は、ボトル交換が大変なウォーターサーバーを選ぶのはおすすめできません。

アクアクララと他社ウォーターサーバーを配達システムで比較

水の配達システムは「自社配送」「宅配業者に委託」の2種類あります。

どちらも同じと考える方が多いですが、配達システムによってサービス内容に違いがあるのです。

配達システムを比較

配達システム1 配達システム2 配達システム3
メーカー/機種 配達システム
配達方法 配達時間
アクアクララ
アクアファブ
自社配送 平日営業時間内
アクアクララ
アクアウィズ
アクアクララ
アクアアドバンス
アクアクララ
アクアスリム
アルピナウォーター
エコサーバー
自社配送 平日営業時間内
クリクラ
省エネサーバー
自社配送 平日営業時間内
コスモウォーター
smartプラス
ヤマトホームサービス 土日祝日可
信濃湧水
エコサーバー
関東:自社配送
関東以外:宅配業者
関東:平日営業時間内
関東以外:土日祝日可
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
宅配業者 土日祝日可
フレシャススラット 宅配業者 土日祝日可
キララ
スマートサーバー
宅配業者 土日祝日可
メーカー/機種 配達システム
空ボトルの扱い サーバー設置・設定
アクアクララ
アクアファブ
スタッフが回収
アクアクララ
アクアウィズ
アクアクララ
アクアアドバンス
アクアクララ
アクアスリム
アルピナウォーター
エコサーバー
スタッフが回収
クリクラ
省エネサーバー
スタッフが回収
コスモウォーター
smartプラス
自分で破棄
信濃湧水
エコサーバー
自分で破棄 関東:◯
関東以外:×
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
自分で破棄 ◯設置手数料:8,000円
フレシャススラット 自分で破棄 ×
キララ
スマートサーバー
自分で破棄 ×
メーカー/機種 配達システム
不在時の対応 故障時の対応
アクアクララ
アクアファブ
玄関先などに置いて帰る スタッフが交換対応
アクアクララ
アクアウィズ
アクアクララ
アクアアドバンス
アクアクララ
アクアスリム
アルピナウォーター
エコサーバー
玄関先などに置いて帰る スタッフが交換対応
クリクラ
省エネサーバー
玄関先などに置いて帰る スタッフが交換対応
コスモウォーター
smartプラス
再配達 自分で梱包・発送
信濃湧水
エコサーバー
再配達 自分で梱包・発送
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
再配達 自分で梱包・発送
フレシャススラット 再配達 自分で梱包・発送
キララ
スマートサーバー
再配達 自分で梱包・発送

このように配達システムが違うだけで配達の時間や不在時の対応、故障時の対応は違ってきます。

自社配達の場合、初回のサーバー設置から水の発送、さらには故障時の対応などすべて自社のスタッフが対応します

これに対し、宅配業者に委託しているウォーターサーバーはサーバーマシンは玄関先まで持ってきてくれますが、それ以後はすべて自分でやらないといけません

サーバーマシンは15kg以上あるものが多く、設置場所まで持っていくだけでも大変です。中には自分でセッティングできず水が出ないといったトラブルが起きることもあります。

また、自社配達はスタッフとコミュニケーションが取れて、気軽に相談することができるのもメリットです。

ウォーターサーバーに関する専門的な知識をきちんと教育を受けているので、安心して任せられます。

もしもサーバーマシンに不具合が起きたり故障した場合もすぐ対応してくれます。

宅配業者に委託している場合、配達員に相談することはできず、基本的に電話かメールで相談する必要があります。

もし、サーバーマシンが故障した場合は、自分で梱包・発送して対応しないといけません

ウォーターサーバーを安心して使うならアクアクララがおすすめ

アクアクララなど配達システムが自社配達のウォーターサーバーは、専門スタッフ対応による安心感が大きなメリットです。

そのため、アクアクララは安心してウォーターサーバーを使いたいという方におすすめです。

宅配業者に委託しているウォーターサーバーは、自社配達と比べてアフターケアの質は良くないです。

ただ、土日祝日も配達可能ですし不在時は再配達で直接ボトルを受け取ることができるメリットがあります。

どちらの配達システムもメリット・デメリットがあるので、自分の生活スタイルにあった配達システムがあるウォーターサーバーを選ぶといいでしょう。

アクアクララをおすすめする理由

アクアクララは、他社ウォーターサーバーと比べて、水代だけでなく安心サポート料や解約金を含めたトータルコストがお得です。

水の注文ノルマがないので、水をあまり使わない方も無理なく続けられますし、逆に水代が安いので水をたくさん使うという方はお得になります。

RO膜で不純物を徹底除去しているので安全性が高く、家族の飲用水としてだけでなく赤ちゃんのミルク作りや離乳食など幅広い用途に使えるのも魅力です。

サーバーマシンは4種類から選ぶことができ、チャイルドロックや温度設定など快適に使用できる機能を搭載しています。

また、クリーンシステムや定期メンテナンスなど衛生面も充実しており、衛生的に使用することができます。

配達システムは自社配達を採用しており、サーバーの設置から故障時の対応まですべて専門知識を持ったスタッフが対応するので、安心してウォーターサーバーを使うことができます。

このように、アクアクララは他社ウォーターサーバーと比較してもコスト・宅配水・サーバーマシン・配達システムの全てで嬉しいメリットがあります。

アクアクララが人気な理由はおわかりいただけたのではないでしょうか。

新着記事


人気ランキング

コスモウォーター

天然水宅配No.1!累計出荷台数100万台超!グッドデザイン賞受賞の高機能サーバー!口コミ評価◎キャンペーンあり!

プレミアムウォーター

おしゃれママから高評価!豊富なサーバーバリエ、ママ向けプラン、選べる天然水に注目。新規契約プレゼントも!

アクアクララ

宅配水の超定番!誰もが好む独自製法のRO水が好評!サーバー種類も充実!低価格だから家庭・法人どちらにも。


PAGE TOP

チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!