アルピナウォーターとアクアクララ人気RO水ウォーターサーバーを徹底比較

「アルピナウォーターとアクアクララで迷っているけど、どんな基準で比較すればいいの?」

どちらもRO水ウォーターサーバーとして人気の高いだけあり、申込みに迷っている人も多いのではないでしょうか。

今回はアルピナウォーターとアクアクララを比較し、それぞれどんな人におすすめなのか?逆にどんな人にはおすすめできないのか解説していきます。

アルピナウォーターとアクアクララ比較の基準

ウォーターサーバーを選ぶ基準や重視するポイントは人それぞれ違いますが、何を比較すればいいのかわからない人は以下5項目を軸に比較してみるといいでしょう。

  • 宅配水(水の種類)
  • ボトル形式・宅配形式
  • サーバーマシンの使い勝手・機能・デザイン
  • ランニングコスト(月額費用)
  • サービス(対応エリア、配達方法、最低注文数など)

ウォーターサーバーは、メリットがあればデメリットもあるのですべての点で満足できるものはありません。

「重視する部分」「妥協できる部分」をハッキリさせたうえで比較するといいでしょう。

アルピナウォーターとアクアクララの宅配水を比較

アルピナウォーターとアクアクララの宅配水はどちらも「RO水」と呼ばれるものですが、中身は異なります。

アルピナウォーター アクアクララ
種類 RO水(純水) RO水+ミネラル
採水地 北アルプス
1Lあたりの水の成分 カルシウム:0.2
ナトリウム:0.6
マグネシウム:0.1
カリウム:0.1
カルシウム:9.8
ナトリウム:5.0
マグネシウム:1.2
カリウム:1.7
硬度 1.05 29.7
賞味期限 未開封:1年
開封後:1ヶ月
未開封:半年
開封後:2週間

アルピナウォーターは「純水」に近いRO水、アクアクララは「ミネラル添加」のRO水

アルピナウォーターをアクアクララは、どちらも原水をRO膜と呼ばれる特殊なフィルターでろ過します。

RO膜は、非常に目が細かく水分子以外を通さないので原水に含まれる不純物をほぼすべて取り除くことができます。

どちらも純水に近いRO水になりますが、その後の工程に違いがあります。

アルピナウォーター

アクアクララ

アルピナウォーターはRO膜でろ過した水をボトリングします。

これに対しアクアクララは、ろ過後に「カルシウム」「ナトリウム」「カリウム」「マグネシウム」のミネラル成分を配合してボトリングします。

つまり、アルピナウォーターはミネラルをほぼ含まない純水に近いRO水、アクアクララはミネラルを含んだRO水ということです。

水が美味しいのはアクアクララ?

水の味はミネラル成分の量によって左右されるため、バランスよく含まれていると甘みがありおいしく感じられます。

アクアクララの水は、日本人の味覚に合うバランスでミネラルを人工的に添加しています。

一方、アルピナウォーターはミネラル成分も除去しているので、アクアクララのように甘みを感じることはありません。

RO水は不純物を除去した安全性の高い点が魅力ですが、それに加えて美味しさも求めている人にはアクアクララの水がおすすめです。

では、アルピナウォーターの水はマズイのか?というと、そうではなくてミネラルを含めた不純物を一切含んでいない純水のRO水は風味や癖がなく飲む人を選ばないという特徴があります。

水の味にはそこまでこだわっていないという人はアルピナウォーターの水でも十分と言えるでしょう。

どちらも赤ちゃんのミルク作りにも最適

ウォーターサーバー導入のきっかけとして多いのが妊娠・出産。赤ちゃんのミルク作りや離乳食時にウォーターサーバーがあると便利です。

赤ちゃんは肝機能が未発達のため、ミネラル成分を多く含んだ水は負担となりお腹を壊したり体調不良の原因となります。

具体的にはミネラル成分が少ない軟水(硬度60mg/未満)が良いとされています。

アルピナウォーターの硬度は1.05、アクアクララは29.7とどちらも軟水なので赤ちゃんのミルクや離乳食にも最適です。

また、不純物を除去しているので安全性が高いのもポイントです。

アルピナウォーターとアクアクララをボトル形状と宅配方式を比較

ウォーターサーバーに使用するボトルはリサイクルタイプの「リターナブルボトル」と使い捨てタイプの「ワンウェイボトル」の2種類にわけることができます。

アルピナウォーターアクアクララ
ボトル形状

リターナブルボトル

ワンウェイボトル

リターナブルボトル
ボトル料金(1本)

【リターナブルボトル】
12L:1,050円
18.9L:1,640円

【ワンウェイボトル】
7.6L:780円

7L:900円
12L:1,200円
ボトル料金(500ml換算)

【リターナブルボトル】
12Lボトル:87.5円
18.9Lボトル:86.8円

【ワンウェイボトル】
7.6Lボトル:102.6円

7Lボトル:128.6円
12Lボトル:100円
宅配方式 リターナブル方式
ワンウェイ方式
リターナブル方式

アルピナウォーターはボトル形状がリターナブルボトルとワンウェイボトルの2種類あります。好きな方を選べるわけではなく、エリアに寄って選べるボトルが決まっています。

ワンウェイボトルはエリアに関係なく選択でき、リターナブルボトルはトーエルの配送エリア限定となります。

リターナブルボトルは12Lと大容量の18.9Lタイプの2種類あります。18.9Lタイプの方がお得ですが、重たいので交換が大変です。どちらかというと大人数で使用したり法人向けと言えます。

【トーエル配送エリア】

トーエルの配送エリアとは、アルピナウォーターの専門スタッフが利用者の自宅に直接配達できる地域のことです。対象となるエリアは東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城(一部)となります。これ以外のエリアは、大手宅配業者がボトルを配達します。

アクアクララはリターナブルボトルの取り扱いとなり、12Lボトルの他に軽量タイプの7Lボトルの取り扱いがあります。

7Lボトルはボトル交換がラクですが、割高になるので注意が必要です。

リターナブル方式とワンウェイ方式とは?

リターナブル方式

リターナブル方式は、使用済みボトルをメーカーの専門スタッフが回収して洗浄・殺菌した後、再利用する方式です。

ボトルを採用するので、ゴミが出ないので環境に優しくコストも抑えられるのが特徴です。

リターナブル方式は専門スタッフによる定期メンテナンスを実施します。
アルピナウォーターの場合は、2年または4年に1度、アクアクララは1~3年に一度メンテナンスがあります。※

ウォーターサーバーは、2年程度使えば内部が汚れたり雑菌が繁殖しやすくなるのでメンテナンスがあるのはありがたいですね。

また、毎回配達時は専門スタッフが自宅訪問するので気軽に相談できるというメリットもあります。

デメリットとしては、使用済みボトルは回収されるまで自宅保管なので、保管場所を取ること。水の消費が多い家庭だとスペース確保に苦労するでしょう。

※機種によってメンテナンスのタイミングは異なります。

ワンウェイ方式

ワンウェイ方式は、使い捨てボトルを採用しています。市販のペットボトルに使用されているものと近い素材だったり、ビニールパックを使っているメーカーもあります。

ワンウェイボトルは、使用後はカンタンに潰せてそのままゴミとして出せるので、業者が回収に来るまで自宅に保管しておく必要がありません。 一時的に保管して置かなければいけないですが、潰せてかさばらないので置き場所に困りません。

アルピナウォーターはエリアに寄ってワンウェイ方式を採用しています。

アルピナウォーターとアクアクララのサーバーマシンの使い勝手・機能・デザインを比較

アルピナウォーターとアクアクララのサーバーマシンを4項目で比較していきます。

  • ボトル交換
  • 安全面
  • 機能面
  • デザイン

ボトル交換方法を比較

メーカー 機種ボトル交換方法
アルピナウォーター エコサーバー ボトル上置き
スタンダードサーバー ボトル上置き
アクアクララ アクアアドバンス ボトル上置き
アクアウィズ ボトル下置き
アクアファブ ボトル上置き
アクアスリム ボトル上置き

ウォーターサーバーを使用するうえでの不満点として多いのが「ボトル交換が大変」というもの。

主流である12Lボトルは重たい上に、サーバーの上部にセットするのが大変です。

アルピナウォーターはエコサーバーとスタンダードサーバーどちらもボトル上置きとなります。アクアクララは、アクアアドバンス・アクアファブ・アクアスリムがボトル上置き、アクアウィズのみボトル下置きとなります。

ボトル交換をラクに済ませたいならボトル下置きが断然おすすめですが、アクアウィズはコーヒーマシンとセットのウォーターサーバーです。コーヒーマシンの必要性を感じない人にとっては不要なものなので、実質的には両者ともボトル交換は大変ということが言えます。

どうしてもボトルは下置きがいいという人は他メーカーのウォーターサーバーを検討するのがいいでしょう。

安全面を比較

小さなお子様がいる家庭では、ウォーターサーバーをイタズラしたりお湯を出してしまって火傷したりしないか安全面が心配ですね。

安全面ではチャイルドロック機能を比較しましょう。

メーカー 機種チャイルドロック
アルピナウォーター エコサーバー 温水・冷水ボタン式
自動ロック
2重ロックあり
スタンダードサーバー 温水・冷水
コック式
自動ロック
※冷水はオプション
アクアクララ アクアアドバンス 温水・冷水
ボタン式
自動ロック(温水のみ)
2重ロックあり
アクアウィズ 温水・冷水
ボタン式
自動ロック
2重ロックあり
アクアファブ 温水のみ
自動ロック
アクアスリム 温水・冷水
コック式
自動ロック
※冷水はオプション

チャイルドロックが付いていても、子供にカンタンに解除されてしまう簡素な作りのものもあるので注意してください。

イタズラや誤操作を防ぐサーバーの条件としては「ボタン式」「操作部分が手が届きにくい位置にある」等が挙げられます。

アルピナウォーターはエコサーバー、アクアクララではアクアアドバンスが上記の条件に該当します。

アルピナウォーター エコサーバーの操作パネル

アルピナウォーターのエコサーバーは、サーバー上部に操作ボタンが付いています。子供の手が届きにくい位置ですし、解除するには長押し操作が必要なので解除されにくいです。

注水後は自動でロックがかかるのでかけ忘れもなく安心です。

また、カバー内部にはスライド式のチャイルドロックを搭載しており、ここでロックを掛けた状態なら操作パネルでボタンを押しても反応しない仕組みです。

アクアクララ アクアアドバンスの操作パネル

アクアクララのアクアアドバンスも操作はボタン式です。

温水にはロック機能が常備されており、ボタンを押すと解除できます。

ロックボタンを長押しすると、操作パネル全面がすべてロック状態となりどのボタンを押しても作動しないように設定できます。

冷水もロックをかけるには、この方法でしかロックを掛けることができず、しかも手動操作なのでやや不便です。手動操作だとロックをかけ忘れてしまうこともあるので注意してください。

チャイルドロックの安全性はアルピナウォーターのほうが上と言っていいでしょう。

機能面を比較

最近のウォーターサーバーは、様々な機能を搭載した性能が高い機種が登場しています。

アルピナウォーターとアクアクララの各機種に搭載されている機能を比較していきましょう。

メーカー 機種機能
アルピナウォーター エコサーバー 省エネ機能
弱温水(65℃)
スタンダードサーバー
アクアクララ アクアアドバンス 省エネ機能
弱温水(70~75℃)
再加熱機能(95℃)
アクアウィズ 省エネ機能
弱温水(70~75℃)
再加熱機能(95℃)
アクアファブ
アクアスリム

省エネ機能搭載機種の電気代

ウォーターサーバーは電気代が高いイメージがありますが、省エネ機能搭載の機種なら月々の電気代を安く抑えられます。

アルピナウォーターとアクアクララで省エネ機能搭載の機種は次の3つです。

メーカー 機種電気代
アルピナウォーター エコサーバー 470円
アクアクララ アクアアドバンス 350円
アクアウィズ 475円

省エネ機能が付いていないサーバーの電気代は1,000円/月程度かかりますが、省エネ機能搭載の機種なら350円/月~で済ませられます。

年間換算すれば結構な差がつきますね。

温度調節機能

ウォーターサーバーは機種によって温水と冷水の温度が異なりますが、温水は80~90℃、冷水は5~10℃が一般的です。

メーカー 機種温度
アルピナウォーター エコサーバー 弱温水(65℃)
アクアクララ アクアアドバンス 弱温水(70~75℃)
再加熱機能(90℃)
アクアウィズ 弱温水(70~75℃)
再加熱機能(95℃)

省エネ機能を作動させると、温水の加熱機能を弱めて消費電力を抑えます。加熱を弱くすることで電気代を安くできますが、温水はぬるめになります。

赤ちゃんのミルクを作る目的でウォーターサーバーを導入される人も多いですが、粉ミルクは70℃以上のお湯で溶かすことが推奨されています。お湯の温度が低くなれば、冷ます時間を短縮できるのでミルク作りに便利です。

ただし、アルピナウォーターエコサーバーの場合は70℃を下回ってしまいますので、ミルク作りには使えないので注意してください。

アクアクララのアクアアドバンスとアクアウィズには「再加熱機能」が搭載されています。

通常の温水でもインスタントラーメンは作れますが、熱いお湯で好きなら再加熱機能搭載の機種がおすすめです。

アクアアドバンスは約90℃、アクアウィズは約95℃のお湯が出せます。

衛生面を比較

ウォーターサーバーは衛生面が心配という人も多いでしょう。

清潔な状態で使用するには、衛生機能の搭載の有無、定期メンテナンスの有無をチェックしましょう。

メーカー 機種衛生機能/メンテナンス
アルピナウォーター エコサーバー 熱水循環
4年に1度のメンテナンス
スタンダードサーバー エアフィルター
2年に1度のメンテナンス
アクアクララ アクアアドバンス エアフィルター
UV除菌
3年に1度のメンテナンス
アクアウィズ エアフィルター
UV除菌
1年に1度のメンテナンス
アクアファブ エアフィルター
1年に1度のメンテナンス
アクアスリム エアフィルター
1年に1度のメンテナンス
ウォーターサーバーの主な衛生機能は次の3つです。
  • エアフィルター
  • 熱水循環
  • UV除菌

エアフィルター

エアフィルターは、空気中に含まれるチリやホコリを除去しサーバー内部に侵入するのを防ぎます。

アルピナウォーターとアクアクララは、水を使用するとボトル内に空気が入りやすいガロンボトルです。

しかし、エアフィルターを搭載していればボトル内に入るのはクリーン化された空気のみなので水は新鮮な状態を保つことができます。

熱水循環

熱水循環は、サーバー内に熱水を循環させて殺菌する機能です。

アルピナウォーターのエコサーバーに搭載されています。

UV除菌

殺菌効果のある紫外線でサーバー内を清潔な状態に保ちます。

アクアクララのアクアアドバンスとアクアウィズに搭載されています。

定期メンテナンス

ウォーターサーバーは、利用者自身が定期的に手入れするのはもちろんですが、サーバー内部のメンテナンスも必須です。

上記で紹介したクリーン機能を搭載していることも大切ですが、タンクや注ぎ口、細かなパーツまでも清潔な状態を保つことはできません。

また、消耗品もあるので必要に応じて交換もしなければいけません。

そのため、ウォーターサーバーは定期的なメーカーメンテナンスが必要です。

アルピナウォーターとアクアクララ、どちらもメーカーメンテナンスがありますが、アクアクララのほうが1年に1度と高頻度です。

デザインを比較

ウォーターサーバーは家具と同じぐらいのサイズのため、お部屋の印象に大きく影響します。

インテリアを重視される人は、部屋の雰囲気を壊さないサーバー選びが重要です。

アルピナウォーター
エコサーバー スタンダードサーバー
アクアクララ
アクアアドバンス アクアウィズ
アクアファブ アクアスリム

従来のウォーターサーバーは、ボトルがむき出しで目立っていましたが、デザイン重視のウォーターサーバーはボトルが見えない作りで、見た目がスタイリッシュです。

アルピナウォーターは、ボトルが丸見えでやや古臭い印象があります。

これに対してアクアクララは、アクアファブやアクアウィズなどボトルが見えず、スタリッシュかつオシャレな見た目のサーバーをラインナップしています。

特にアクアファブはグッドデザイン賞を受賞しただけあり、ウォーターサーバーとは思えないくらいオシャレです。

アクアファブ ブラック

アクアファブ ホワイト

アクアウィズ

アクアクララはアルピナウォーターと比べてサーバーレンタル代がやや高めですが、その分機能面も充実しています。

アルピナウォーターとアクアクララ、どちらにしようか迷っている人はデザインで選ぶのもいいかもしれません。

アルピナウォーターとアクアクララをランニングコストで比較

ウォーターサーバーの月々かかる費用は「水代」「サーバーレンタル代(メンテナンス代含む)」「電気代」などがあります。

アルピナウォーターとアクアクララは基本的に年単位での契約となるため、ランニングコストは重要です。

月額料金 月額料金詳細
メーカー 機種月額料金
アルピナウォーター エコサーバー 24L換算:3,442円
48L換算:5,542円
スタンダードサーバー 24L換算:3,672円
48L換算:5,772円
アクアクララ アクアアドバンス 24L換算:4,250円
48L換算:6,650円
アクアウィズ 24L換算:4,875円
48L換算:7,275円
アクアファブ 24L換算:4,700円
48L換算:7,100円
アクアスリム 24L換算:4,400円
48L換算:6,800円
メーカー 機種月額料金詳細
アルピナウォーター エコサーバー 水代:1,050円
サーバー代:872円
電気代:470円
スタンダードサーバー 水代:1,050円
サーバー代:572円
電気代:1,000円
アクアクララ アクアアドバンス 水代:1,200円
サーバー代:1,500円
電気代:350円
アクアウィズ 水代:1,200円
サーバー代:2,000円
電気代:475円
アクアファブ 水代:1,200円
サーバー代:1,500円
電気代:800円
アクアスリム 水代:1,200円
サーバー代:1,000円
電気代:1,000円

上記の表を見比べてわかるように、ランニングコストはアルピナウォーターのほうが安いです。

アクアクララは、水代とメンテナンス代も含めたレンタル代が高いためコストを安く抑えたい人はアルピナウォーターがおすすめです。

どちらのメーカーも、軽量ボトルが選べますが1Lあたりに換算すると割高であることがわかります。

また、水ボトルの最低注文数もあわせてチェックしておきましょう。アルピナウォーターはノルマがありませんが、ボトルは3本~、軽量ボトルは6本~の配送となります。アクアクララの場合は12Lボトルが2本~、軽量ボトルは3本~です。

違約金もチェック

ランニングコストは別に、解約時に発生する違約金もチェックしておきましょう。

アルピナウォーターとアクアクララどちらも、最低契約期間内に解約する場合は違約金がかかります。

メーカー 機種違約金
アルピナウォーター エコサーバー 1年未満の解約:4,762円
1年以上の解約:0円
スタンダードサーバー 1年未満の解約:4,762円
1年以上の解約:0円
アクアクララ アクアアドバンス 6ヶ月未満の解約:6,000円
1年未満の解約:3,000円
1年以上の解約:0円
アクアウィズ

【2年割プラン】
2年未満の解約:9,800円
2年以上の解約:0円

【基本プラン】
6ヶ月以内の解約:6,000円
1年以内の解約:3,000円
1年以上の解約:0円

アクアファブ

【2年割プラン】
2年未満の解約:6,000円
2年以上の解約:0円

【基本プラン】
6ヶ月以内の解約:3,000円
7ヶ月以上の解約:0円

アクアスリム 6ヶ月未満の解約:3,000円
6ヶ月以上の解約:0円

機種と料金プランによっても違約金の条件が違うので注意してください。

アルピナウォーターとアクアクララのサービスを比較

意外と見落としがちなのがサービス面です。

アルピナウォーターとアクアクララは専門スタッフによる対応が基本ですが、サービス内容に微妙な違いがあるので注意してください。

アルピナウォーターアクアクララ
利用可能エリア全国(沖縄・離島除く)全国
配達方法

【関東エリア】
専門スタッフ

【北海道・本州・四国・九州】
宅配業者

専門スタッフ
配送料

【関東エリア】
無料

【本州】
350円/箱

【北海道・四国・九州】
600円/箱

無料
配送日

【関東エリア】
平日のみ・指定不可

【北海道・本州・四国・九州】
土日祝日可・指定可

平日のみ・指定不可
支払い方法クレジットカード・口座自動振替クレジットカード・口座自動振替
注文ノルマなしなし
最低注文数

【関東エリア】
7.6Lボトル:2箱(6本)~
12Lボトル:3本~

【北海道・本州・四国・九州】
7.6Lボトル:2箱(6本)~

7Lボトル:3本~
12Lボトル:2本~

アルピナウォーターは沖縄と離島はサービス対象外ですが、アクアクララは対応しています。

また、アルピナウォーターは関東エリア以外は宅配業者が対応となり、7.6Lの軽量ボトルしか選べません。

関東以外のエリアにお住まいで専門スタッフのサービス・サポートを受けたいという人はアクアクララを選ぶほうがいいでしょう。

アルピナウォーターとアクアクララ赤ちゃんがいる家庭向けはどっち?

赤ちゃんがいる家庭でアルピナウォーターとアクアクララどっちにしようか迷われている人もいるのではないでしょうか?

結論を言うと、

  • 価格重視なら「アルピナウォーター」
  • 機能性・使いやすさ重視なら「アクアクララ」

となります。

赤ちゃんに与える水はできるだけミネラル分が少ない軟水が推奨されています。ミネラル分が多いと、お腹に負担となってしまうからです。

前提として、アルピナウォーターもアクアクララもミネラル分が少ない軟水なので安心して使用できます。

価格重視ならアルピナウォーター

赤ちゃんに1日に与えるミルクの量は月齢にもよりますが、おおよそ720~1,000mlです。※下表参照

これを月に換算すると約24L~30Lとなります。

引用:明治「ほほえみクラブ」より

もし、パパとママの飲用水としても使用する場合は、月に48L~54Lの水を使用する計算です。※

アルピナウォーター
エコサーバー
アクアクララ
アクアアドバンス
月額料金(48L) 5,542円6,650円
月額料金(54L) 6,942円8,250円

水の使用量が多くなるほど、月額料金の差は大きくなるのでできる限りコストを抑えて使用したいならアルピナウォーターがおすすめです。

※1日にコップ2杯(200ml)の水を使用した場合

機能性・使いやすさ重視ならアクアクララ

機能性や使いやすさを重視するならアクアクララがおすすめです。

アルピナウォーター
エコサーバー
アクアクララ
アクアアドバンス
チャイルドロック
ボタン式
オールロック

ボタン式
オールロック
衛生機能
熱水循環
4年に1度メンテナンス

エアフィルター
UV除菌
3年に1度メンテナンス
弱温水 ×
65度

70~75℃
片手操作
赤ちゃん向けキャンペーン※ 初回お届けボトル4本無料 【子育てアクアプラン】
・対象期間中毎月500円OFF(通常よりも年間6,000円お得)
・小学校入学前までプラン継続OK

中でもおすすめなのがアクアアドバンスです。

アクアアドバンスは、操作パネルをオールロック状態にすることができ誤操作を防げて安全です。衛生機能とメンテナンスもあり清潔な状態で安心して赤ちゃんに水を与えることができます。

温水は70~75℃に下げて使用することができ、ミルク作りの時短になります。

また、赤ちゃんのいる家庭向けのキャンペーンも実施しており、期間中は毎月500円OFFで利用でき小学校入学前までプランが継続となります。使いやすさだけでなくお得感もありますね。

※2020年2月現在開催中のキャンペーンです

アルピナウォーター・アクアクララはこんな人におすすめ

アルピナウォーター、アクアクララそれぞれどんな人におすすめなのか解説します。

アルピナウォーターはこんな人におすすめ

  • とにかく安くウォーターサーバーを使いたい
  • 水をたくさん使いたいけど費用が心配
  • 水の消費が少ない、一人暮らしの人
  • ボトルは使い捨てが良い
  • 日中は家を空けていることが多い

アルピナウォーターは12Lボトルが1,050円と業界トップクラスの安さが魅力です。
水代が安いので、たくさん使いたい人におすすめです。

逆に、注文ノルマがないので水の消費が少ない人にも最適です。

RO水はリサイクルボトルを採用しているメーカーが多いですが、アルピナウォーターでは使い捨てボトルも選べます。

エリアによっては宅配業者が配達するので配達日や時間帯に融通を利かせることもでき、自分の都合に合わせてボトル受け取りしたい人にも使いやすいです。

アクアクララはこんな人におすすめ

  • 水に安全性とおいしさを求める人
  • 水の消費が少ない、一人暮らしの人
  • 赤ちゃんや小さな子供にも安心して飲ませたい
  • RO水でもデザインがオシャレなのがいい

アクアクララの宅配水は、不純物をきれいに取り除いた後にミネラルをバランスよく配合しています。安全なだけでなくおいしく味わえます。

アクアクララもノルマがないので、一人暮らしの人や水をあまり使わない人も自分のペースで続けられます。

アクアクララは安全性に加えて、使い勝手の良さや機能性の高さも魅力です。赤ちゃんのミルクもラクに作れる機能がついているので、妊娠・出産をきっかけにウォーターサーバーの導入を検討している人にもおすすめです。

グッドデザイン賞受賞のアクアファブやコーヒーマシン一体型のアクアウィズなど、デザイン性に優れたサーバーもラインナップしているので、デザインにこだわりたい人にもおすすめです。

アルピナウォーター・アクアクララよくある質問

一時的に休止することはできますか?


水ナビ先生

他メーカーのように配送の一時休止サービスはありません。またサービス自体を休止させることもできません。その場合は解約することになります。
アルピナウォーターとアクアクララはどちらも水の注文ノルマがありませんので、好きなタイミングで注文できます。
水を使わない月があっても毎月レンタル代は発生するので注意してください。

原水は水道水ですか?


水ナビ先生

アルピナウォーターは北アルプスの天然水をろ過して使用しています。アクアクララは水道水または河川水等を原水としています。どちらもROフィルターという水分子以外は通さない特殊なフィルターに通して不純物を除去しているので、原水は天然水でも水道水でも差はありません。どちらも安全性の高い水であることに変わりはありません。

放射性物質が心配です


水ナビ先生

ROフィルターは、ろ過によって唯一放射性物質を除去できる方法です。

平日は留守にしていることが多いのですが、再配達は可能ですか?


水ナビ先生

エリアや代理店などによって対応が異なりますが、基本的にどちらも再配達不可としています。宅配業者が配達するエリアであれば再配達は可能です。アクアクララは、どのエリアでも専門スタッフが対応するので、不在時は玄関前に置かれることもあります。

アルピナウォーターは月間3本の注文ノルマがあるのですか?


水ナビ先生

アルピナウォーターはノルマなしです。3本というのは最低注文数のことです。12Lボトルの場合、配達は3本から受け付けているという意味です。ちなみにアクアクララもんノルマはありません。

新着記事


人気ランキング

コスモウォーター

天然水宅配No.1!累計出荷台数100万台超!グッドデザイン賞受賞の高機能サーバー!口コミ評価◎キャンペーンあり!

プレミアムウォーター

おしゃれママから高評価!豊富なサーバーバリエ、ママ向けプラン、選べる天然水に注目。新規契約プレゼントも!

アクアクララ

宅配水の超定番!誰もが好む独自製法のRO水が好評!サーバー種類も充実!低価格だから家庭・法人どちらにも。


PAGE TOP

チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!