アルピナウォーターと他社ウォーターサーバー比較!選ぶ基準やおすすめの人を紹介

「アルピナウォーターを使ってみたいけど、他社のウォーターサーバーも気になる」
「どんな基準で比較して選べばいいの?」

今回は、アルピナウォーターと他社ウォーターサーバーを比較し、どんな人にアルピナウォーターはおすすめなのか?逆に向いてない人はどんな人なのか解説していきます。

アルピナウォーターと他のウォーターサーバーも気になってるけど、比較の仕方や選ぶ基準がわからない人はぜひ参考にしてください。

アルピナウォーターと他社ウォーターサーバーの比較ポイント

アルピナウォーターと他社のウォーターサーバー比較するときは、以下4つのポイントを中心にチェックして選ぶと失敗しにくいです。

  • 料金・価格
  • 水の種類
  • サーバーの使い勝手・機能性・衛生面
  • 配達方法

どんなウォーターサーバーにも良いところがあれば悪いところもあります。

重要なのは、「何を重視して」「どこを妥協できるか」をハッキリさせること。

自分の中で選ぶ基準をしっかり決めた上で比較すれば、アルピナウォーターが自分にあっているのかそうでないのか判断しやすくなります。

アルピナウォーターと他社ウォーターサーバーの料金・価格を比較

ウォーターサーバーを利用するうえで最も気になるのが料金・価格ではないでしょうか。

「払うのって水代だけじゃないの?」

と思われている人もいるようですが、ウォーターサーバーを利用するには水代以外にも払う費用があります。

料金は「トータルで月にいくらかかかるか?」で比較しないと想定していたよりも高いと後悔する羽目になるかもしれません。

料金を比較するときのポイント

料金を比較するからにはできるだけ安いウォーターサーバーを使いたいからでしょう。

アルピナウォーターと他社ウォーターサーバーの料金を比較するときのポイントは3つあります。

  • 月のトータルコスト
  • 水をどれぐらい使用するか
  • 購入ノルマと配送休止の有無

先述しましたが、料金はトータルコストで比較することが大切です。「単に水代が安い」「省エネでお得」などで判断するのではなく、合計でいくらの費用がかかるのか見るようにしましょう。

次に水をどれぐらい使用するかを確認します。水を飲む量によってお得なウォーターサーバーは違います

たとえば、アルピナウォーターは水代は安いですが、サーバーレンタル代がかかりますし電気代も決して安くはないです。そのため、水を使う量が少ないとお得感は得られません。

一方で、水の使用量が多い場合は水代が安いアルピナウォーターは得します。

下表は、ウォーターサーバーの水の使用量の目安となりますので参考にしてください。

使用人数 飲水だけに使用 飲水+料理に使用
1人 20L 24L
2人 30L 36L
3人(夫婦+子供) 36L 48L
3人(夫婦+赤ちゃん1人) 54L 66L
4人(夫婦+子供2人) 48L 60L

使用用途によって使用量は違ってくるので、ウォーターサーバーをどのように使うのかハッキリさせておくと、自分に最適なウォーターサーバーを選びやすくなります。

最後にノルマと配送休止の有無です。

ウォーターサーバーは基本的に水の購入ノルマがりますが、中にはノルマなしだったり水の配送を無料で休止できるウォーターサーバーもあります

たとえば、一人暮らしの人ですが月々の水の使用量は少なめですから、ノルマをクリアできない月もでてくるかもしれません。ノルマが不安であれば、ノルマなしのウォーターサーバーで検討するのがいいでしょう。

ノルマなしのウォーターサーバーは使わなくてもレンタル代がかかるので、毎月費用はかかるということは覚えておきましょう。

基本的に天然水ウォーターサーバーでノルマがないメーカーはありません。アルピナウォーターには購入ノルマがありませんが、宅配水はRO水です。

どうしても天然水がいいと言う場合は、配送休止を無料で利用できるかをチェックしましょう。一定の期間内であれば水の配送を無料で休止できるウォーターサーバーもあります。

月間のノルマが2本でも、配送休止を使うことで月1本の購入でOKとすることもできます。

料金・価格の比較

トータルコスト比較

【最低本数 / 24L / 48L】 【水代 / サーバーレンタル代 / 電気代】
メーカー/機種 最低本数 24L 48L
アルピナウォーター
エコサーバー
2398円 3454円 5566円
アルピナウォーター
スタンダードサーバー
2628円 3684円 5796円
アクアクララ
アクアアドバンス
3050円 4250円 6650円
ワンウェイウォーター
Smart
1705円 2953円 5449円
クリクラ
省エネサーバー
2529円 3885円 6597円
コスモウォーター
Smartプラス
2361円 4257円 8049円
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
2576円 4532円 8444円
信濃湧水
エコサーバー
2275円 3938円 7106円
フレシャス
スラット
2787円 5168円 9056円
メーカー/機種 水代 サーバーレンタル代 電気代
アルピナウォーター
エコサーバー
1,050円/12L 872円 約470円
アルピナウォーター
スタンダードサーバー
1,050円/12L 572円 約1000円
アクアクララ
アクアアドバンス
1,200円/12L 1,500円 約350円
ワンウェイウォーター
Smart
1,250円/12L 0円 約457円
クリクラ
省エネサーバー
1,352円/12L 417円 約756円
コスモウォーター
Smartプラス
1,900円/12L 0円 約465円
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
1,960円/12L 0円 約620円
信濃湧水
エコサーバー
1,500円/11.4L 300円 約470円
フレシャス
スラット
1,506円/9.3L 900円 約380円

アルピナウォーターは水代が安いですが、エコサーバーとスタンダードサーバーどちらもレンタル代がかかるため、水の使用量が少ない場合は他社ウォーターサーバーを検討するのがいいでしょう。

たとえば、コスモウォーターのOEMメーカーであるワンウェイウォーターでは、天然水だけじゃなく格安のRO水も扱っています。ワンウェイウォーターは水代が安い上にサーバー代無料で電気代も安いです。

逆に水の使用量が多くなるほどアルピナウォーターはお得です。水代が安いのでレンタル代分を補うことができ、48L以上の水を使う予定ならアルピナウォーターが最も安くなります。

ノルマと配送休止の比較

メーカー/機種 ノルマ 配送休止手数料
アルピナウォーター
エコサーバー
なし -
アルピナウォーター
スタンダードサーバー
なし -
アクアクララ
アクアアドバンス
なし -
ワンウェイウォーター
Smart
36L/月 800円
(40日以上)
クリクラ
省エネサーバー
72L/3ヶ月 1,000円
(3ヶ月72L未満)
コスモウォーター
Smartプラス
24L/月 800円
(2ヶ月目から)
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
24L/月 800円
(2ヶ月目から)
信濃湧水
エコサーバー
48L/3ヶ月 800円
(3ヶ月48L未満)
フレシャス
スラット
18.6L/月 1,000円
(2ヶ月目から)

月によって水の消費量に差が出るかもしれないなどノルマに不安がある人は、ノルマなしのウォーターサーバーを選ぶと自分のペースで注文でき安心です。

アルピナウォーターはノルマがないので、自分のペースで利用したい人向けです。

ただし、アルピナウォーターの場合、最低注文数は3本~となるのでその点は注意してください。

また、ノルマがある場合でも無料の配送休止サービスを使えば、ノルマの負担を減らすことは可能です。

解約金もチェックしておこう

メーカー/機種 契約期間 解約金
アルピナウォーター
エコサーバー
1年 4,762円
アルピナウォーター
スタンダードサーバー
1年 4,762円
アクアクララ
アクアアドバンス
1年 6,000円(6ヶ月未満)
3,000円(1年未満)
ワンウェイウォーター
Smart
2年 9,000円
クリクラ
省エネサーバー
なし 無料
コスモウォーター
Smartプラス
2年 9,000円
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
2年 10,000円
信濃湧水
エコサーバー
1年 5,000円
フレシャス
スラット
2年 15,000円(9ヶ月未満)
9,000円(2年未満)

何らかの事情でウォーターサーバーを解約することもあります。そうなったときのために事前に知っておきたいのが解約金です。

上の表のとおり、クリクラ以外は契約期間が決まっており期間内に解約する場合は解約金がかかります。

短期間の利用を考えているのであれば、契約期間が短く解約期間が安いウォーターサーバーを選びたいところです。

アルピナウォーターは契約期間1年で解約金も5,000円以下と比較的安いので、導入ハードルは低く気軽に始められそうですね。

アルピナウォーターはお得なキャンペーンを実施中

只今、アルピナウォーターは新規契約された人限定でお得なキャンペーンを実施中です。

キャンペーン期間中にアルピナウォーターを契約すると、以下のボトルが無料になります。

  • 12Lボトル×4本
  • 18.9Lボトル×3本
  • 2ガロンボトル×3本

さらに、利用開始月のサーバーレンタル代が無料になります。

ただでさえ料金が安いアルピナウォーターをさらに安くお得に始めるチャンスですよ。

アルピナウォーターと他社ウォーターサーバーの水を比較

ウォーターサーバーの水にこだわりたい人は、宅配水も比較したうえで選ぶといいでしょう。

アルピナウォーターはRO水ですが、ウォーターサーバーでは他に「RO水+ミネラル」と「天然水」の計3種類あります。

天然水とRO水の特徴・注意点

天然水とRO水それぞれの特徴と注意点を見ていきましょう。

RO水とは?天然水との違いは?ウォーターサーバーの水比較【安全性・味】

RO水と天然水の違いを分かりやすく解説! あなたに合っているのはどちらなのか解説します。

4,133view

天然水

【天然水の特徴】

  • 自然のミネラル豊富
  • まろやかな味わい
  • 採水地によって含まれている成分が違う
  • ワンウェイボトルが多い

【天然水の注意点】

  • コストがかかるから価格は高い

天然水は「自然の水そのまま」というイメージが強いですが、特定の地下水や河などから採水した天然の水に必要最低限の殺菌処理を施しています。

最低限の殺菌処理と聞くと不安に思う人もいますが、天然水はもとが不純物が少ないので安全性は問題ありません。

必要以上に殺菌処理しないからこそ、自然の恵みをそのまま味わうことができるのです。

ただし、天然水はコストがかかるため販売価格は高めとなります。

RO水

【RO水の特徴】

  • 不純物を徹底的に除去した安全性の高い水
  • 無味無臭でさっぱりした味わい
  • 低コストでつくれるから安い
  • リターナブルボトルが多い

【RO水の注意点】

  • おいしくない、違和感がある
  • 人工的というマイナスイメージがある

RO水は、水道水や河川水をRO膜と呼ばれる特殊なフィルターでろ過した水のことです。

RO膜は超微細なフィルターで、不純物はもちろんミネラルも除去し、純水に近い水にすることができます。

不純物を含まないので安全性が高く、医療現場にも採用されているほどです。また、ミネラルを含んでいないので赤ちゃんのミルクや離乳食にも適しています。

天然水のようにコストをかけずに作れるのでリーズナブルなのも嬉しいポイントです。

ただし、ミネラルも除去してしまうので天然水と比べると味はイマイチとの意見が多く、好みがわかれる水です。

選ぶ基準は水に「何を求めるか?」

天然水とRO水、結局どっちが良いのか?迷うところですが、選ぶ基準は水に何を求めるかです。

自然のミネラル豊富なおいしさを求めるなら天然水がいいでしょう。

料金の安さや安全性にこだわるならRO水がおすすめです。

このように基準をハッキリしたうえで選ぶと満足度が高くなります。

水を比較

メーカー/機種 水の種類 採水地 硬度
アルピナウォーター RO水 北アルプス 1mg/L
アクアクララ RO水+ミネラル 水道水・河川水 29.7mg/L
ワンウェイウォーター(RO水) RO水+ミネラル 富士・京都 15~34mg/L
クリクラ RO水+ミネラル 水道水・河川水 30mg/L
コスモウォーター 天然水 京都・静岡・大分 30~62mg/L
プレミアムウォーター 天然水 富士吉田・南阿蘇・朝来・金城 25~83mg/L
信濃湧水 天然水 北アルプス 16mg/L
フレシャス 天然水 木曽・富士・朝露高原 20~85mg/L

一般的にRO水は水道水や河川水を使用しますが、アルピナウォーターの場合は北アルプスの天然水をろ過して使用しています。

ただ、RO水の場合、不純物もミネラルもすべて除去するので、正直なところ原水は何でも同じです。

アクアクララとクリクラもRO水ですが、人工的にミネラル添加しているのでアルピナウォーターのRO水とは味わいや飲み口は異なります。

天然水を採用しているウォーターサーバーは、採水地が複数あるところが多く、それによって含まれているミネラル成分は異なり、味わいも異なります。

アルピナウォーターの水は、もとが天然水ですがRO膜でろ過するので限りなく純水に近いです。そのため、安全性は高いですがおいしさは正直イマイチです。

あくまでも、水に安全性を求める人、価格重視の人向けなのでその点を理解したうえで選ぶようにしてください。

アルピナウォーターと他社ウォーターサーバーのサーバーを比較

ウォーターサーバーは毎日使うものなので、使い勝手の良いサーバーを選びたいところですね。

また、衛生面や安全面にも配慮されている安心感があることも選ぶポイントです。

アルピナウォーターと他社ウォーターサーバーのサーバーを比較してみましょう。

使い勝手を比較

メーカー/機種 ボトル交換のラクさ
アルピナウォーター
エコサーバー
×
12Lボトル、ボトル上置き
アルピナウォーター
スタンダードサーバー
×
12Lボトル、ボトル上置き
アクアクララ
アクアアドバンス
×
12Lボトル、ボトル上置き
ワンウェイウォーター
Smart

12Lボトル、ボトル下置き
クリクラ
省エネサーバー
×
12Lボトル、ボトル上置き
コスモウォーター
Smartプラス

12Lボトル、ボトル下置き
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
×
12Lボトル、ボトル上置き
信濃湧水
エコサーバー
×
12Lボトル、ボトル上置き
フレシャス
スラット

9.3Lボトル、ボトル下置き

使い勝手で抑えておきたいのは「ボトル交換がラクかどうか」です。

ボトル交換が大変なサーバーは、必ずと言っていいほど口コミでの不満の意見が目立っています。

ボトル交換が大変な機種を選んでしまい「失敗した」「他の機種にしたい」という人もいるほどです。

アルピナウォーターは残念ながらボトル交換が大変です。エコサーバーとスタンダードサーバー、どちらもボトルは上置きタイプなので、特に女性や高齢の方は要注意です。

アルピナウォーターは他社ウォーターサーバーと比べると使い勝手はそこまでよくありません。

衛生面を比較

【ボトルタイプ / 衛生機能】 【メンテナンス周期 / メンテナンス・サーバー交換費用】
メーカー/機種 ボトルタイプ 衛生機能
アルピナウォーター
エコサーバー
×
リターナブルボトル

熱水循環
アルピナウォーター
スタンダードサーバー
×
リターナブルボトル

エアフィルター
アクアクララ
アクアアドバンス
×
リターナブルボトル

エアフィルターUV除菌
ワンウェイウォーター
ワンウェイボトル

熱水循環エアフィルター
クリクラ
省エネサーバー
リターナブルボトル
エアフィルター
コスモウォーター
Smartプラス

ワンウェイボトル

エアフィルター熱水循環
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ

ワンウェイボトル
×
なし
信濃湧水
エコサーバー

ワンウェイボトル

熱水循環
フレシャス
スラット

ワンウェイボトル

熱水循環
メーカー/機種 メンテナンス周期 メンテナンス・サーバー交換費用
アルピナウォーター
エコサーバー

4年毎
無料
アルピナウォーター
スタンダードサーバー

2年毎
無料
アクアクララ
アクアアドバンス

3年毎
月額1,500円
ワンウェイウォーター
Smart
×
メンテなし
2年未満は5,000円
クリクラ
省エネサーバー

1年毎
月額417円
コスモウォーター
Smartプラス
×
メンテなし
交換2年未満は5,000円
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
×
メンテなし
10,000円~5,000円
信濃湧水
エコサーバー

4年毎
無料
フレシャス
スラット
×
メンテなし
交換
5,000円

衛生面は「ボトルタイプ」と「衛生機能の有無」「メンテナンスの有無」を見比べてください。

ボトルタイプ

ウォーターサーバーのボトルは、リターナブルボトルとワンウェイボトルがあります。

リターナブルボトルは、水を出すときにボトル内に空気が入ってしまいます。空気に触れることで、雑菌繁殖の可能性が高まります。

また、リターナブルボトルは「使いまわし」ということで、あまり良くないイメージを持たれる人も少なくないです。

ボトルは洗浄しているので衛生面は何ら問題ないですが、気持ち的に苦手という人はリターナブルボトルは避けたほうがいいでしょう。

上の写真のようにワンウェイボトルであれば、水を使用するたびにボトルが収縮し内部に空気が入りにくい構造です。

衛生機能

衛生機能は、ウォーターサーバーを衛生的に保つ機能のことです。

「エアフィルター」は、サーバー内に取り込む空気をキレイにする機能です。リターナブルボトルの場合、内部に空気が入ってしまっても、この機能がついていればチリやホコリの侵入を防げます。

「熱水循環」は、熱水をタンクやサーバー内に循環させて殺菌させる機能。雑菌の繁殖を抑えることができます。

「UV除菌」、殺菌効果のある紫外線をサーバー内に照射し衛生的に保つ機能です。

いずれも、ウォーターサーバー本体や水を衛生的に保つための機能ですから、衛生面が心配な人はこれらの機能を搭載しているサーバーを選ぶといいでしょう。

定期メンテナンス

ウォーターサーバーは定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

上記で紹介した、衛生機能があればウォーターサーバーを衛生的ですが、完璧ではありません。

衛生機能が行き届かない部分は汚れや菌が付着してしまうため、メーカーによるメンテナンスを行うことでより衛生的に保てます。

メンテナンスがないウォーターサーバーでも、新しいサーバーと交換で対応してくれるメーカーもあります。ただし、交換手数料がかかるものもあるので注意してください。

アルピナウォーターはどちらのサーバーも定期メンテナンスがありますが、メンテナンス頻度が低いのが気になりますね。

安全面を比較

メーカー/機種 チャイルドロック 自動ロック
アルピナウォーター
エコサーバー

温水冷水

アルピナウォーター
スタンダードサーバー

温水

アクアクララ
アクアアドバンス

温水・冷水

温水のみ自動
ワンウェイウォーター(RO水)
温水・冷水

クリクラ
省エネサーバー

温水
コスモウォーター
Smartプラス

温水・冷水
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ

温水・冷水
信濃湧水
エコサーバー

温水・冷水
フレシャス
スラット

温水・冷水

赤ちゃんや小さいお子さんがいる家庭では、チャイルドロック必須機能です。

イタズラやご操作で火傷や水浸しになるのを防ぐためにも、温水・冷水にロック機能が付いているサーバーを選ぶようにしましょう。

また、操作後にロック設定を忘れてしまうこともあるので、自動でロックがかかるかどうかもポイントです。

アルピナウォーターのエコサーバーは、大元のロックを設定すれば操作パネルはすべてロックされます。仮にロック解除ボタンを押しても温水が出ない仕組みですので安全性が高いです。

ただし、アルピナウォーターのスタンダードサーバーは冷水にチャイルドロックがついていません。オプションで後付も可能なので、もしスタンダードサーバーを選ぶ場合はロックを付けてもらうといいでしょう。

アルピナウォーターのサーバーは使い勝手はイマイチ

アルピナウォーターのウォーターサーバーは、衛生面とチャイルドロックは及第点と言えますが、使い勝手だけはイマイチですね。

サーバー上部にボトルを置かないといけないので、女性や高齢の方は要注意です。

ボトル交換が嫌で他社へ乗り換えする人も少なくないですから、手間をかけたくない人は他社ウォーターサーバーを検討することをおすすめします。

アルピナウォーターと他社ウォーターサーバーの配達方法を比較

ウォーターサーバーはメーカーによって配達方法が異なり、「リターナブル形式」と「ワンウェイ形式」の2種類あります。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、自分にあう方を考えて選びましょう。

リターナブル形式

リターナブルボトル形式は、ウォーターサーバー会社が水ボトルを配送し、使用済みの空ボトルを回収します。

そのため、使用されるボトルはガロンボトルと呼ばれる硬い素材のボトルを使用します。

回収されたボトルは工場で洗浄・殺菌して繰り返し使用されます。

【メリット】

  • ウォーターサーバー会社のスタッフが配達するから、疑問点や不安点をその場で相談できる
  • 定期メンテナンスを実施しており、2~4年おきにメンテナンス済みのサーバーマシンと交換できる
  • 災害時でも配達してもらえる可能性が高い
  • 初回のサーバー設置を代わりにやってくれる
  • 故障時などのトラブルも対面で対応してくれる

【デメリット】

  • 空ボトルが回収されるまでの保管場所が必要
  • サーバー上部に設置する対応が多く交換が大変
  • 配達される曜日が地域ごとに決まっており、時間指定できない
  • 不在時は玄関前などにボトルを置かれてしまう、基本的に再配達はない
  • ボトルを「繰り返し」利用することに抵抗がある人も

ワンウェイ形式

ワンウェイ形式は、宅配業者が配送します。

使用するボトルは柔らかい素材でできており、使用した後は潰して捨てることができます。

また、ボトルによっては水を使用するたびに収縮するタイプもあります。

【メリット】

  • 空ボトルを捨てられるから保管場所を取られない
  • 使用中もボトルが収縮して空気が入りにくいから衛生的
  • デザインがオシャレなウォーターサーバーが多い
  • 配達は時間指定でき、再配達も可能と自分の都合にあわせて受け取りできる

【デメリット】

  • 宅配業者の値上げの影響を受ける
  • 災害時は配達してもらえない可能性が高い
  • 定期メンテナンスを実施していないメーカーが多い
  • 対応は電話orメールが多く手間と時間がかかる

配達方法を比較

メーカー/機種 配達方法
アルピナウォーター リターナブル形式orワンウェイ形式
アクアクララ リターナブル形式
ワンウェイウォーター ワンウェイ形式
クリクラ リターナブル形式
コスモウォーター ワンウェイ形式
プレミアムウォーター ワンウェイ形式
信濃湧水 ワンウェイ形式
フレシャス ワンウェイ形式

アルピナウォーターは他社ウォーターサーバーと違い、配達方法が2種類あります。

リターナブルで対応するのは関東エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城(一部除く))にお住まいの人のみです。

それ以外の地域にお住まいの人はワンウェイ形式で対応となります。

ワンウェイ形式対応のエリアでは、ボトルは2ガロン(7.6L)です。

関東エリア以外にお住まいの人で、リターナブル形式でアルピナウォーターを利用したいという場合は代理店に申し込む手もあります。

ただし、代理店契約にはデメリットもあるのでそのあたりをきちんと理解したうえで決めるようにしましょう。

「ウォーターサーバーはどこで契約するのがいい?店頭?電話ネット?」

ウォーターサーバーはどこで契約するのがいい?店頭?電話?ネット?「ウォーターサーバーを導入したいけど、どこで契約するのが一番お得なの?」そんなふうに悩んでいる方も多いのではないでしょうか …

アルピナウォーターと他社比較の結果!こんな人におすすめのウォーターサーバー

以上の比較の結果から、アルピナウォーターはどんな人におすすめなのか?またどんな人に向いてないのかご紹介します。

こんな人におすすめ

水をたくさん使いたいけど費用は抑えたい人

アルピナウォーターの一番のメリットとも言えるのが「料金の安さ」ですね。

他社と比較してもアルピナウォーターは低価格であることがわかります。

「宅配水を使いたいけど費用が気になって・・・」などと我慢してしまう人は多いのではないでしょうか。

アルピナウォーターは、一般的なウォーターサーバーよりも水代が安いので遠慮なく使えます。

ノルマが心配な人

アルピナウォーターは注文単位が3本と多いですが、ノルマがないので無理に水を購入する必要がありません。

水の消費が少ない人や一人暮らしの人でもノルマを気にしなくていいので、自分のペースで続けられます。

小さいお子さんがいる人

アルピナウォーターは、今回比較したウォーターサーバーの中で唯一、不純物もミネラルも含まないピュアウォーターです。

RO膜で不純物を99.9%除去した高い安全性の水なのです。

ミネラルは赤ちゃんの身体に影響を及ぼすこともありますが、アルピナウォーターにはミネラル成分が含まれていない硬度1mgの超軟水で安全です。

小さなお子さんがいる家庭では、より安全性の高い水を選びたいと思うもの。

安全性で選ぶならアルピナウォーターで決まりです。

気軽にウォーターサーバーを始めたい人

アルピナウォーターは契約期間が1年と短く、解約金も他社と比べて安いです。

そのため、万が一解約することになったとしても負担は少ないので、気軽にウォーターサーバーを始められます。

こんな人には向いてない

外出などで家にいないことが多い人

アルピナウォーターは、ウォーターサーバー会社の社員が直接水を届けに来るリターナブル方式のウォーターサーバーです。

配達の曜日が決まっており、時間してもできないので自分の都合に合わせてボトルを受け取ることができません。

配達日に不在だと、ボトルは外に置かれてしまいます。仕事などで家にいない時間が長いと、何時間、何日もボトルを外に置きっぱなし・・・なんてことにもなりかねません。

そのため、外出で家にいないことが多い人は、ボトルの受け取りができず使いづらさを感じるかもしれません。

水の味にこだわる人

アルピナウォーターの水にはミネラルが一切含まれていません。

安全性の高い水ではありますが、それと同時においしくないという欠点もあります。

水のおいしさに関係するミネラルを含んでいないので、スッキリとした飲み口で人によっては好みかもしれません。

しかし、口コミなどを見る限り、水のおいしさの評価は高くありません。

単純においしい水を飲みたいという人は天然水もしくはRO水+ミネラルの宅配水がおすすめです。

部屋が狭い人は要注意

アルピナウォーターはリターナブル形式なので、空ボトルは次回の回収まで保管しておかないといけません。

部屋数が少なかったり狭かったりすると、水の保管のためにスペースを取られてしまい暮らしにくくなるかもしれません。

新着記事


人気ランキング

コスモウォーター

天然水宅配No.1!累計出荷台数100万台超!グッドデザイン賞受賞の高機能サーバー!口コミ評価◎キャンペーンあり!

プレミアムウォーター

おしゃれママから高評価!豊富なサーバーバリエ、ママ向けプラン、選べる天然水に注目。新規契約プレゼントも!

アクアクララ

宅配水の超定番!誰もが好む独自製法のRO水が好評!サーバー種類も充実!低価格だから家庭・法人どちらにも。


PAGE TOP

チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!