アルピナウォーターは赤ちゃんも安心のウォーターサーバーなの?他社と比べてわかる選び方

「アルピナウォーターは赤ちゃんが飲んでも大丈夫なウォーターサーバーなの?」

アルピナウォーターの導入を考える理由の一つに妊娠や出産があります。

ウォーターサーバーは水道水よりも安心・安全というイメージを持たれる人は多いかもしれませんが、赤ちゃんに飲ませるとなると安全面や衛生面が心配という人もいらっしゃいます。

アルピナウォーターの宅配水は「RO水」「低価格」と赤ちゃん向けのウォーターサーバーという印象がありますが、実際のところはどうなのか。

今回は、アルピナウォーターが赤ちゃん向けのウォーターサーバーなのか解説していきます。

アルピナウォーターの水は赤ちゃんが飲んでも大丈夫?気になる安全性を解説

結論を先に言うと、アルピナウォーターの宅配水は赤ちゃんも飲める安全性の高い水です。

アルピナウォーターは採取した水に含まれる不純物を徹底的に取り除いているので、人体な有害な物質はほとんど含まれていません。

アルピナウォーター宅配水の安全性について

アルピナウォーターの宅配水は「RO水」と言います。その他には「純水」や「ピュアウォーター」とも呼ばれています。

簡単に言うとRO水は不純物を含まない純水のことです。

アルピナウォーターの原水は北アルプスのふもと長野県大町市の天然水です。

そこで採取した水は、そのままでも飲めるほど安全なものですが、アルピナウォーターでは活性炭フィルターを3ミクロンのフィルターでろ過して不純物を取り除きます

そうしてろ過した水を逆浸透膜というろ過膜を使って何重にも通過して、水以外の不純物を除去しています

一般の浄水器ではナノレベルの不純物や化学物質は除去できませんが、逆浸透膜は除去することができ、実は「NASA」でも採用されているほど高性能なろ過装置をアルピナウォーターでは使用しているのです。

ピュアウォーターとミネラルウォーターは別物

「赤ちゃんのミルク作りにミネラルウォーターは使用しないほうがいい」というのを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

これは、ミネラルウォーター含まれるミネラル成分が関係しています。

すべてのミネラルウォーターが赤ちゃんに使ってはいけないというわけではなく、あくまでも硬水のミネラルウォーターだけ使ってはいけないとされています。

つまり軟水のミネラルウォーターなら赤ちゃんのミルク作りにも使えるということです。

ミネラルウォーターは、含まれるミネラル成分の硬度で「硬水」「軟水」にわけられます。

この硬度とは、水1Lに含まれるカルシウムとマグネシウムの量を表した数値です。

硬水は120mg/Lを超える水、軟水は120mg/L未満の水となります。

アルピナウォーターはピュアウォーターですが、中にはミネラルウォーターと同じだから赤ちゃんのミルクには使えないと思ってしまう人もいますが、そんな事はありません。

アルピナウォーターの宅配水は、ROシステムを使って不純物を徹底的に除去しており、実はミネラルも除去しているのです。

粉ミルクには赤ちゃんに必要な栄養成分がバランス良く含まれているので、ミネラル成分を含んだ水を使用してしまうと、ミネラルバランスを崩してしまいます。

その結果、赤ちゃんに負担をかけ下痢などの体調不良を引き起こしてしまう恐れがあります。

軟水であれば赤ちゃんのミルクに使用できると説明しましたが、ミネラル成分は含まれているので、より安心できる水を与えたいというのであればピュアウォーターがおすすめです。

ピュアウォーターは、不純物を含んでいないので当然ミネラルも含まれていません。赤ちゃんへの負担もなく安心して与えられます。

市販の赤ちゃん向けの水には「和光堂 赤ちゃんの純水」「森永 やさしい赤ちゃんの水」「ピジョン 赤ちゃんのピュアウォーター」などが代表的ですが、いずれもピュアウォーター(純水)です。

このことからも、ミネラルを含んでいないピュアウォーターが赤ちゃんのミルクに適していることがわかりますね。

アルピナウォーターはミネラルを除去した限りなくピュアな純水(ピュアウォーター)なので赤ちゃんのミルク作りにも最適です。

放射性物質の定期検査を実施

東北大震災による福島原子力発電所事故を受けて、アルピナウォーターの宅配水に放射性物質が含まれていないか?と心配される人も少なくないでしょう。

アルピナウォーターでは宅配水の放射性物質検査を専門機関に依頼し実施しています。

引用:アルピナウォーター公式サイトより

こちらはアルピナウォーター公式サイトに記載されている内容の一部を抜粋したものです。

このように、アルピナウォーターの宅配水には放射性物質が含まれていないことがわかりますね。

また、1ヶ月おきに定期検査を行っていることもわかります。

不純物を含んでないからサーバーとの相性が良い

「ウォーターサーバーは雑菌が繁殖しやすいから・・・」とアルピナウォーターの衛生面を不安視している人もいるでしょう。

実はアルピナウォーターの宅配水はサーバーとの相性が良いのです。

というのも、アルピナウォーターのピュアウォーターはミネラル成分を含んでいないからです。

ミネラルは菌のエサになりやすくタンクやチューブに不純物がたまりやすいですが、アルピナウォーターならそういったこともある程度防げます。

もちろん、定期的なお手入れは必要ですが、ボトルを交換する際に差込口を拭いたり、注水口周辺とサーバーを拭く程度のカンタンな掃除で衛生的に保てるので安心です。

パパママも楽しめる水

アルピナウォーターを置きたいけど、「赤ちゃんのミルクや離乳食を作るだけなら要らないかな・・・」と考えている人もいるのではないでしょうか。

アルピナウォーターの宅配水はミネラル成分もすべて除去しているので、美味しくないと思っているかもしれません。

確かに、自然のミネラル豊富な天然水と比べるとまろやかさやおいしさは物足りなさを感じるでしょう。

しかし、ミネラルを取り除いたことで風味やクセがなくなり誰でも安心して飲むことができます。言ってみれば、アルピナウォーターの宅配水は飲む人を選ばない水だということです。

そのため、赤ちゃんのミルクや離乳食だけでなくパパやママ、家族の飲用水としても楽しむことができます。

アルピナウォーターを赤ちゃんに使用した場合の月額費用

アルピナウォーターを赤ちゃんのミルクに使用する場合、月々の費用はいくらぐらいになるのでしょうか。

主にミルク作りにだけ使う場合と家族で使う場合では、月々の水の消費量は全然違います。導入前にいくらぐらいの費用がかかるのか把握しておくと失敗を防げます。

赤ちゃんのミルクに使用する水の量目安

引用:「明治 ほほえみクラブより」

大まかな目安ですが、赤ちゃんのミルク作りには1日1L程度の水を消費する計算です。単純にそれを1ヶ月に換算すると、月々の水ボトルの消費量は約30Lということになります。

個人差はあるものの、赤ちゃんのミルクには月に30Lの水を使うと考えておくと良いでしょう。

アルピナウォーターの水ボトルは1本(12L)1,050円です。

月に30Lの水を消費するとなると、ボトル換算は約3本なので1,050円×3本=3,150円になります。

この他にサーバー代が872円、電気代が約470円かかるので、3,150円+872円+470円=4,492円になります。

あくまでも目安ですが、アルピナウォーターで赤ちゃんのミルクを作る場合の月額費用は約4,492円ということです。

家族で使用する場合の月額費用

アルピナウォーターを赤ちゃんのミルク作りだけでなく、パパやママなど家族で使用する場合の月額費用も計算してみましょう。

たとえば、1人が1日にコップ2~3杯の水を飲用として使用する場合、夫婦で月に24~36Lの水を消費する計算です。※

これに上記で解説した赤ちゃんのミルク作りに使用する場合も含めると、月々の水の消費量は54~66Lになります。

アルピナウォーターのボトルに換算すると、約5本~6本必要になる計算です。

つまりアルピナウォーターの月額費用は、

  • ボトル5本:水代1,050円×5本+サーバー代872円+電気代470円=6,592円
  • ボトル6本:水代1,050円×6本+サーバー代872円+電気代470円=7,642円

ということになります。

※コップ1杯を200mlで計算。

アルピナウォーターは赤ちゃん向けなの?他社ウォーターサーバーと比較!

アルピナウォーターの他にもウォーターサーバーはたくさんあります。

そのため、他社と比較してからアルピナウォーターに申し込むか決めたいという人もいるでしょう。

ここでは、アルピナウォーターと人気の他社ウォーターサーバーを赤ちゃん向けウォーターサーバーの基準で比較していきます。

赤ちゃん向けウォーターサーバーは何を基準にすればいいの?

赤ちゃん向けのウォーターサーバーを選ぶ際は以下の5項目を基準にすると失敗しにくいです。

  • ミルク作りがカンタンにできる
  • ボトル・サーバーの衛生機能
  • サーバーがイタズラされにくい
  • ボトルの交換がラクにできる
  • 月額費用が安い

ミルク作りがカンタンにできる

アルピナウォーターを始めとする多くのウォーターサーバーの宅配水は軟水です。

そのため、問題なく赤ちゃんのミルク作りや離乳食に使用できます。

また、基本的にどのウォーターサーバーも温水が出せるので粉ミルクを作るのにも使用でき、いちいちお湯を沸かす手間がありません。

そういった意味では、どのウォーターサーバーも水道水や市販よりもミルク作りが楽になります。

よりカンタンかつ便利にミルクを作りたいのであれば「片手給水」「エコモード時の温水温度」に着目するといいでしょう。

メーカー/機種 片手給水の可否 エコモード時の温水温度
アルピナウォーター
エコサーバー

ボタン式

65℃
アクアクララ
アクアアドバンス

ボタン式
70~75℃
クリクラ
省エネサーバー
×
コック式
×
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
×
レバー式
×
コスモウォーター
smartプラス

レバー式
×
フレシャス
スラット

ボタン式

70~75℃
サントリー
天然水サーバー

ボタン式

70~75℃
キララ
スマートサーバー

ボタン式

60~70℃

赤ちゃんを抱っこしながらミルクを作らないといけないときもありますが、そうしたときでも片手操作でミルク作りできるウォーターサーバーだとラクです。

アルピナウォーターは注水方法がボタン式なので、哺乳瓶をトレイに置いたままお湯を注ぐことができます。

次にエコモード時の温水温度ですが、エコモード作動中は通常時よりも温水の温度が低くなります。

粉ミルクを溶かす際のお湯は70℃以上が推奨されているので、エコモードで温水の温度が70℃以上かつそれに近いほど冷ます時間が短縮できるのでよりミルク作りがラクになります。

アルピナウォーターはエコモード搭載ですが、残念ながら温水の温度は70℃を下回ってしまいます。ミルクを作るときはエコモードを解除する必要があります。

【比較の結果】

他社と比較するとアルピナウォーターは、水道水を使用するよりかは便利でも特別カンタンというわけではない。よりカンタンにミルクを作りたい場合は他メーカーのウォーターサーバーを検討しても良さそう。

ボトル・サーバーの衛生機能

赤ちゃんにより安心・安全な水を飲ませたいなら衛生面も気になるところ。

最近のウォーターサーバーは、ボトル内やサーバー内を清潔に保つ仕組みや機能を搭載している機種が多いです。より衛生的に使用したいのであれば、衛生機能に着目して比較するといいでしょう。

衛生機能は主に「ボトル」と「サーバー」の2タイプにわけることができます。言わずもがなですが、両方を衛生的に保てるウォーターサーバーのほうがより安心です。

メーカー/機種 ボトルの雑菌対策 サーバーの雑菌対策
アルピナウォーター
エコサーバー
×
リターナブル式

熱水循環
アクアクララ
アクアアドバンス
×
リターナブル式

UV除菌
クリクラ
省エネサーバー

リターナブル式エアフィルター

定期メンテナンス
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ

ワンウェイ式ボトル収縮
×
コスモウォーター
smartプラス

ワンウェイ式ボトル収縮エアフィルター

熱水循環
フレシャス
スラット

ワンウェイ式ボトル収縮

熱水循環
サントリー
天然水サーバー

ワンウェイ式ボトル収縮

熱水循環
キララ
スマートサーバー

ワンウェイ式ボトル収縮

熱水循環

ウォーターサーバーのボトルは主にリターナブル(回収)とワンウェイ(使い捨て)の2タイプあります。

衛生的なのはワンウェイタイプのボトルです。ワンウェイタイプのボトルは、水を使用するたびに圧縮されて潰れていくのでボトルの内部に空気が入りにくい構造です。

空気中にはホコリやチリが含まれているので、それらがボトル内部に入ってしまえば雑菌が繁殖する恐れがあります。

ただでさえ、アルピナウォーターには塩素などの不純物が含まれていないため、水道水よりも傷みやすいので、ボトル内の衛生面にはやや不安が残ります。

リターナブルボトルは潰れないので空気が入りやすいです。ただし、エアフィルター機能搭載のウォーターサーバーであれば、空気に含まれるホコリ等をクリーン化するのでボトル内にはきれいな空気しか入りません。

残念ながらアルピナウォーターにはエアフィルターは搭載されていません。

アルピナウォーターにはサーバーのタンク内部を熱水循環させて熱湯消毒する「自動クリーニング」機能を搭載しています。

これによりサーバーのタンク内の水を清潔に保つことができます。

【比較の結果】

アルピナウォーターのボトルにはホコリやチリを含んだ空気が入りやすい。水道水よりも傷みやすいピュアウォーターなので、できる限り早めに使い切ること。自動クリーニング機能を搭載しているが、他メーカーの方が衛生機能が充実している。衛生面を重視する人にはあまりおすすめできない。

サーバーがイタズラされにくい

ウォーターサーバーを子供にイタズラされたり誤操作で床が水浸しに・・・なんて経験をされた人は少なくないです。

基本的に温水にチャイルドロックは標準装備ですが、機種によっては冷水には付いていないものもあります。

ウォーターサーバーの注水口やレバーは、つかまり立ちを始めた赤ちゃんの手が届く位置にあったりします。

安全面を考えるなら、チャイルドロックは温水・冷水両方に付いていること、操作部が子供の手が届きにくい位置にあるものを選びたいですね。

メーカー/機種 チャイルドロック
温水 冷水
アルピナウォーター
エコサーバー
アクアクララ
アクアアドバンス

※手動ロック
クリクラ
省エネサーバー
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
コスモウォーター
smartプラス
フレシャス
スラット
サントリー
天然水サーバー
キララ
スマートサーバー

アルピナウォーターは温水・冷水どちらにもチャイルドロックが付いているので安心です。

このように、通常の操作ボタンとは別の位置にチャイルドロックスイッチを設けています。スイッチを解除しない限り、操作パネルでロック解除ボタンを押してもお湯が出ない仕組みです。

また、アルピナウォーターの操作パネルは、赤ちゃんの手が届きにくい位置にあります。

こちらは、フレシャスデュオの参考写真です。

写真のとおり、操作パネルをサーバー上部に設けることで、子供が水を出すことが難しくなります。加えてチャイルドロックがかかっていればより安心ですね。

フレシャスデュオのサーバーサイズが高さ1125mm、アルピナウォーターが1000mmとやや低いですが、それでもつかまり立ちした赤ちゃんの手は届きにくい位置にあり安心です。

【比較の結果】

アルピナウォーターは他メーカーと比較しても、子供にイタズラされにくいので安心・安全。エコサーバーはチャイルドロックが温水・冷水に付いていてなおかつ、子供の手が届きにくい位置あるので、選ぶならスタンダードサーバーではなくエコサーバーがおすすめ。

ボトルの交換がラクにできる

ウォーターサーバーのネック部分と言えるボトル交換。水が入ったボトルは12kg前後と結構重いですから、特に女性が交換するのは大変な作業です。

ラクにボトル交換したいのであれば、軽量パックかサーバー下部にボトルをセットするウォーターサーバーを選ぶのが良いでしょう。

メーカー/機種 容量/ボトル位置 ボトル交換のラクさ
アルピナウォーター
エコサーバー
12L/サーバー上部
アクアクララアクアアドバンス 12L/サーバー上部
クリクラ
省エネサーバー
12L/サーバー上部
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
12L/サーバー上部
コスモウォーター
smartプラス
12L/サーバー下部
フレシャス
スラット
9.3L/サーバー下部
サントリー
天然水サーバー
7.8L/サーバー上部
キララス
マートサーバー
7.2L/サーバー上部

アルピナウォーターはボトル容量が12L、しかもサーバー上部にセットするタイプなのでボトル交換は大変です。

赤ちゃんは1日に何度もミルクを飲むので、ボトルの交換頻度は意外と高いです。

ボトル交換を主にママがやるのであれば、ラクに交換したいと考えるならアルピナウォーターは正直おすすめできません。

【比較の結果】

アルピナウォーターはボトル容量が12Lあり、その上サーバーの上部にセットするタイプです。持ち上げるという動作が大変、面倒という意見は多いのでボトル交換のラクさを重視するなら他メーカーを検討するのが良いでしょう。

月額費用が安い

ウォーターサーバーを導入する上で最も気になるのが月々の料金ではないでしょうか。

安全であることは大前提ですが、それを踏まえた上でやはり費用負担が少ないウォーターサーバーを選びたいところです。

月額費用は、月に水を24L・48L・72L消費した場合で計算しています。

24L換算 / 48L換算 / 72L換算 月額費用
メーカー/機種 24L換算 48L換算 72L換算
アルピナウォーター
エコサーバー
3,442円 5,542円 7,642円
アルピナウォーター
アクアアドバンス
4,250円 6,650円 9,050円
クリクラ
省エネサーバー
3,673円 6,173円 8,673円
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
4,540円 8,460円 12,380円
コスモウォーター
smartプラス
4,265円 8,065円 11,865円
フレシャス
スラット
5,167円 8,155円 12,019円
サントリー
天然水サーバー
4,546円 8,392円 12,232円
キララ
スマートサーバー
5,833円 9,666円 13,818円
メーカー/機種 月額費用内訳
水代 サーバー代 電気代
アルピナウォーターエコサーバー 1,050円/12L 872円 約470円~
アクアクララ
アクアアドバンス
1,200円/12L 1,500円 約350円~
クリクラ
省エネサーバー
1,250円/12L 417円 約756円~
プレミアムウォーター
スリムサーバーⅢ
1,960円/12L 0円 約620円~
コスモウォーター
smartプラス
1,900円 0円 約465円~
フレシャス
スラット
1,506円/9.3L 900円 約380円~
サントリー
天然水サーバー
1,250円/7.8L 0円 約700円~
キララ
スマートサーバー
1,250円/7.2L 1,200円 約800円~

天然水はもちろんですが同じRO水と比較しても、アルピナウォーターが月額費用を一番安く済みますね。

【比較の結果】

アルピナウォーターは水代が安いので、サーバー代がやや高めでもトータルで見れば費用は安いです。主にミルクだけに水を使用する場合だけでなく、家族で使用する場合でもトータルコストは安く済みます。安全な水を安く利用したいという人はアルピナウォーターを選ぶのはアリといえるでしょう。

アルピナウォーターを赤ちゃんに使ってみた感想をアンケート調査

実際に赤ちゃんのミルクや離乳食を作るのに使用するためアルピナウォーターを利用している人を対象にアンケート調査してみました。

どこが良くて、逆にどんなとこが不満なのか参考にしてみると良いでしょう。

調査方法 クラウドワークス
調査対象 アルピナウォーター利用者
性別分布 女性:23人
男性:4人
年齢分布 10代:1人
20代:9人
30代:14人
40代:3人

クラウドワークスでの質問内容は以下のとおり。

アルピナウォーターの口コミ評判


性別:男性 年齢:20代
評価:★★★★☆

はじめての子供ということもあり、とにかく安全な水が良いなと思ってネットで調べまくって決めたのがアルピナウォーターです。RO膜について詳しく調べていると、その浄水能力の高さに感動し選びました。あとは安全な上に料金が他より安いのが決め手です。

不満点はボトルが丸見えでちょっとダサいところかな(笑)別にイタズラされるとかはないので、ほぼ満足しています。


性別:女性 年齢:30代
評価:★★★★★

ウォーターサーバーは種類が多すぎて決められずにいましたが、ママ友でアルピナウォーターを使っている人がいたので、意見を参考にしながら、自分でもいくつか調べて料金が安かったので選びました。

夫婦でも水を使ってますが、思っていたよりも費用がかからないし、何よりも安全性が高いので今後も使っていこうと考えています。

不満点はチャイルドロックが温水にしかついてないことですかね、希望すればつけられるみたいですが、なんか面倒なので諦めてます。


性別:女性 年齢40代
評価:★★★☆☆

やっぱり、安全な水が飲めることが一番の理由ですね。他にもRO水を扱っているウォーターサーバーはあるけど、どうやらミネラル添加してるみたいでほんとうの意味での純水ではないなと思ってアルピナウォーターにしました。

知名度は高くないだろうけど、対応とかも良くていいかなと。

あえて言うなら、もう少しデザインをオシャレにしてほしいですね。


性別:男性 年齢:30代
評価:★★★★★

RO膜を使っていることと料金が他より断然安いとのことでアルピナにしました。夜中のミルク作りは私が造ることが多いですが、ウォーターサーバーがあると本当にラクですね。

容器を置いたままでもお湯が注げるから、娘を抱っこしたままでも作れて便利。

エコサーバーなので2重ロックが付いていて、娘が歩き始めてからも安心穴と思います。

不満点は今のところ無いです。


性別:女性 年齢:30代
評価:★★★☆☆

主人と相談して安全面とコスパ面を考慮してアルピナウォーターにしました。水道水を使っていた頃に比べて遥かに楽です。もっと早く導入していればと思うほど。

ただ、ボトル交換だけはちょっと嫌かな。重いので、できるだけ主人にお願いしています。

アルピナウォーターのミルクの作り方

アルピナウォーターでミルクを作る場合、以下の手順に沿って作ってください。

  1. 消毒済みの哺乳瓶を用意
  2. 哺乳瓶に粉ミルクを必要量入れる
  3. 温水を出来上がり量の約3分の2加えて溶かす
  4. ミルクを溶かし、出来上がり量まで温水を加える
  5. 哺乳瓶に冷水をあてるまたは冷水の入った容器に浸して人肌程度(約40℃)まで冷ます

ミルク作りの注意点

【ミルク作りの注意点】

  • 粉ミルクは70℃以上のお湯で溶かすこと
  • 調乳後2時間以上経過したミルクは破棄すること

ミルクを作る際は、必ず70℃以上のお湯で粉ミルクを溶かすようにしてください。粉ミルクは無菌ではないので、殺菌するためにも70℃以上のお湯を使用してください。

これは厚生労働省のガイドラインに明示されています。ミルク作りを行う前に一度確認しておくと良いでしょう。

アルピナウォーターの温水は約80℃~85℃なのでそのまま使用して構いません。ただし、エコモードにすると温水は65℃程度にまで下がってしまいますので、ミルクを作るときはエコモードは解除してください。

また、ミルクの作りおきは厳禁となります。作ってから2時間以上経っているミルクはもったいないですが破棄するようにしましょう。

新着記事


人気ランキング

コスモウォーター

天然水宅配No.1!累計出荷台数100万台超!グッドデザイン賞受賞の高機能サーバー!口コミ評価◎キャンペーンあり!

プレミアムウォーター

おしゃれママから高評価!豊富なサーバーバリエ、ママ向けプラン、選べる天然水に注目。新規契約プレゼントも!

アクアクララ

宅配水の超定番!誰もが好む独自製法のRO水が好評!サーバー種類も充実!低価格だから家庭・法人どちらにも。


PAGE TOP

チャット診断
スタート
ウォーターサーバー診断
診断中...
ウォーターサーバーを検討中でいらっしゃいますね。
質問にお答えいただく事で、あなたのウォーターサーバー選びをお手伝い致します!